HENO HENO: 2015年04月 アーカイブ

2015年04月30日 木曜日

●【中華麺】まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 その二十五

グランドメニュー汁麺が26品。そして今日の「光麺」が25品目。醤油スープに麺にネギのみ。いたってシンプルな光麺だが、だからこそ、ソレゾレの素性の良さを遺憾なく発揮。

まずもってスープがウンマイっ。アッツ熱の口当たりとともに、豊かに広がる鶏ガラらしきダシの旨みと、その味わいの輪郭を丹念に描き出す醤油ダレの風味に、生姜に中華香辛料も?仄かな中華フレイバーが味わいに奥行きを演出。具が皆無=ストレートにスープの味わいを遺憾なく満喫。

そして、中細麺の味わい。イイ感じにガサゴソ感を微かに残す啜り心地然り、ぽくっと解けるホッコリ感アリアリのコシ然り、噛み込むほどに広がる小麦の甘み然り。

まくりの作る中華麺の素性の良さが凝縮しきった感アリアリ。イヤハヤ参った。コレまた旨いなとウヒウヒ完食。

さすがに400円の光麺単品では申し訳ないとたのんだ白菜蒸し餃子は
小籠包も真っ青の熱々ジューシー&シャクシャク白菜にモッチリあんが
イカすイカすっ!!

 

黄金の福ワンタンまくり
光麺400円+白菜蒸し餃子240円
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00は準備中)・不定休(HPに掲載) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン66●チャンポン5●中華麺11●うどん21●そば6●その他9
◎4月の総ジョ グ距離24km / 通年88km

Posted by heno at 20:10 | Comments [0]

2015年04月29日 水曜日

●【ラーメン】七福亭@城南区南荒江

わあぉ、ワイルドだねぇ……!

いつもの穏やかな美男子ぶりとは一変、プクプクとカプチーノ間際の泡立ちスープに気持ちも沸き立つ。ウキウキ&ドキドキひと啜りすれば、おっしゃぁ~、キタキタキタァ~。円やかなうま味の輪郭をコレでもかと密に描き出す脂の甘みがガツン系美味っ。で、かつ、合わさる麺のナンともイイ感じのテロテロ柔柔加減。いやぁ旨いね、こりゃタマランねぇと、ゆるゆる&ズルズル啜る祝日午後の束の間のシアワセ。

七福亭
ラーメン500円
福岡市城南区南片江2-30-24
11:30~22:00・月曜&2nd日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン66●チャンポン5●中華麺10●うどん21●そば6●その他9
◎4月の総ジョ グ距離24km / 通年88km

Posted by heno at 22:13 | Comments [0]

2015年04月28日 火曜日

●【チャンポン】龍食堂@長崎県雲仙市

雲仙市小浜町へ日帰り出張。午前中の仕事が一段落したところで、地元の方に連れられ「龍食堂」で小浜ちゃんぽん。

地元の方曰く、小浜ちゃんぽんは正にソウルフード。ちょっとした集まりで何か食べようとなると、決まってチャンポンに寿司をセットにして食べるのだとか。田植えなど知人の力を借りての農作業の際も、田んぼまで出前でチャンポンを振る舞うのが慣わしとの事。

地元の方オススメの店だけに、さすがの旨さ。なれど、グイッと鶏ガラらしきダシがきいたストロング美味なスープ然り、麺線短めのチャンポン麺然り、かつて食べた&今は変転してしまった小浜ちゃんぽん有名店「蛇の目」とは、ことごとく異なる仕様。唯一共通するのは具の殻付きの小エビ。カリッとした食感&豊かな風味が味わいの好アクセント。店ソレゾレにソレゾレの旨さ。これぞソウルフードのソコジカラ。

【龍食堂】
チャンポン+寿司セット(価格失念)
長崎県雲仙市小浜町北木指725
11:00〜22:30・月曜休み(祝日の場合は翌火曜)Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン65●チャンポン5●中華麺10●うどん21●そば6●その他9
◎4月の総ジョ グ距離24km / 通年88km

Posted by heno at 13:26 | Comments [0]

2015年04月27日 月曜日

●【ラーメン】MEN LABO@中央区西中洲

昼はセコセコ働き蟻で、夜は打ち合わせをかねて飲み会。昨年のオープン以来惹かれていたジビエ料理居酒屋「CARNE」でガブ飲み。

で、〆は同じく西中洲の創作ラ店「MEN LABO」。期間限定らしき「はまぐりとアスパラの潮ラーメン」をばズルズルと。コレでもかとスープに滲み出たハマグリとアスパラのうま味が、「パネーパネー」と思わず若者用語を使いたくなるほどにイマドキ。同行スタッフのほとんどが「こりゃ東京ラーメンだねっ」と感服するほどに完成度が高い否豚骨メニューが目白押し。

いやぁ、オモロイ&旨い旨いっ!とラーメンと共に東一経由の黒霧と、コレまたシコタマ飲んで&啜ってお腹一杯。なれど、腹ごなしにと歩いて帰る途中、ついつい長浜方向へ足が向かいそうになる我を戒めつつ、ドウヤラコウヤラnot元祖で帰宅出来た我を、心の底から褒めてやりたひっ。

MEN LABO
はまぐりとアスパラの潮ラーメン980円
福岡市中央区西中洲3-1 デルタウエスト1F
12:30〜14:30、20:00頃〜27:00頃 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン65●チャンポン4●中華麺10●うどん21●そば6●その他9
◎4月の総ジョ グ距離24km / 通年88km

Posted by heno at 23:56 | Comments [0]

2015年04月26日 日曜日

●【ラーメン】心生麺商人@熊本県熊本市

期せずして「最愛麺店をめぐる」3日目は「麺生麺商人」。お目当ては、来月20日までの期間限定「鶏だしのぼしそば」。店正式ブログによると『今回のテーマは...
「日本のどこかで、長きに渡り愛され続けている中華そば」
をイメージして作りました。

鶏ガラベースに大量のいりこを炊き上げて仕上げました。
後味のいりこの余韻が僕は好きです!
今回も結局、一杯あたり75グラムほど、いりこを入れています。
ただ、いりこですので、これくらい使用しても、

ゴツゴツした苦味やエグミ主体の煮干しだしではなく、
強くもなく、弱くもなく、染み渡るいりこだしです。
スープを吸ったお麩も、なかなかいいと思います。
麺は平打ち麺でいきます。』との事。

さぁさ、どんなラーメンが啜れるのか?!とウキウキ気分で待っていると、先に入店した燐客に「熊本豚骨ラーメン」が運ばれてくる。カウンターへと置かれるその瞬間、ナンとも豊かなスープの香りが漂っている。

いやぁタマランねぇ、確かに旨かったよなぁ、熊本豚骨ラーメン。やっぱ今日も豚骨で行けば良かったかなぁ、など思っていると、「お待たせしま したぁ」と鶏だしにぼしそばが運ばれてくる。と、豚骨に勝るとも劣らぬ、ナンとも豊かな香りは、ライトなニボニボ×マイルドな鶏ガラ風味。

あははぁ、前言撤回!やっぱ大正解のニボニボに違いなひっ、と一気に戦闘モード。先ずはスープとひと啜りすれば、香り×見た目通りのデラックスにマイルド、かつ奥ゆかしくキンキンと我がうま味を主張する煮干しの風味。優しそうで戦闘的のようで、やっぱり優しい。いやゆるイニシエ中華そばの味わいを煮干しと鶏ガラの最大公約数で今風にリボーンした感ありありの、ネオ・イニシエ旨しッ。

合わさる麺は家系チックな中太偏平麺。ツルルゥと口に収まり、コリッと弾けるコシがオモロ美味。なれど、この絶品スープは中太丸麺のもっちり麺で啜ってみたひっ。

具は、相も変わらず絶品のもっちりチャーシューに、ナンとお麩。かつて「さつき食堂」北海道帯広市でお麩入りラーメンを啜った事があるが、なるほどアリアリ。極美味スープを吸ってもっちり旨い麩は、ラーメンと同じく小麦粉を練って結晶したグルテンを焼いたり揚げたりしたものだから、ラーメンとの相性が悪いはずもナシ。

いやぁ旨いッ、今回も完膚なきまでにその味旨さに叩きのめされた麺商人。「煮干中華そばを熊本のソウルフードに!」を謳う、その力強さに、参った、ダイスキ。

心生 麺商人
鶏だしにぼしそば730円 ※4/22(水)~5/20(水)・1日限定20食
熊本県熊本市中央区出水3-4-18
11:30~14:30&18:00~21:00 不定休(店blogで告知) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン64●チャンポン4●中華麺10●うどん21●そば6●その他9
◎4月の総ジョ グ距離24km / 通年88km

Posted by heno at 19:07 | Comments [0]

2015年04月25日 土曜日

●【つけ麺】入船食堂@博多区住吉

長年の宿題麺である「入船食堂」の「グリーン麺」は、恋い焦がれていた甲斐が十二分にアリアリの旨さ。冷水でいい頃合いに締められた太麺を潜らせ啜れば、ココナツミルクらしき甘みとスパイスの豊かな風味が生きた温スープと、どっさりの鶏肉、ナス、オクラなどの具との味わいコラボ。

特筆すべきは麺の旨さ。イイ感じに柔揚げで、かつキンキンに冷たく締めすぎてないので、麺の旨さが生き生きと口の中で踊る様が、ソリャもう悦楽。

壁一面に置かれた漫画の単行本が象徴的。かなりの独創創作麺なのだが、気取る事無く大衆的店造り&価格で提供するスタンスに惚れ惚れ。先日の「黒門」に負けず劣らず良いラーメン屋になったなぁとスタンディングオペレーション気分でズルズル啜る。

【入船食堂】
グリーン麺650円
福岡市博多区住吉4-15-6
12:00~15:00&18:30~22:00・日曜&祝日の夜営業ナシ Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン63チャンポン4●中華麺10●うどん21●そば6●その他9
◎4月の総ジョ グ距離16km / 通年80km
Posted by heno at 21:18 | Comments [0]

2015年04月23日 木曜日

●【ラーメン】 南京ラーメン黒門@福岡県遠賀町

わぁお、チャーシューが変わっている?!

バラ肉とモモ肉のチャーシューがそれぞれ1枚ずつのった透明感ある白濁スープが名物の「黒門」の「ラーメン」だが、久方ぶりに訪ねると、ナンとチャーシューが豚肩ロースが2枚に変更になっているでないのぉ…。

先ずはスープをひと啜りすれば、柔らかな口当たりとともにふわりと広がる豚骨ダシの自然な甘み。そして麺のベルベット感ある優しい啜り心地と、ほっくりゴシが、相も変わらぬイニシエ滋味。

ならばチャーシューは?と囓ってみれば、いやぁ合うね、こりゃどんぴしゃ。もっちり優しいこの食味が、スープと麺にベストマッチ。伝え聞いた話しによると、納得のいくバラ肉が入らなくなり悩んだ結果、今月から豚肩ロースに変更したとか。ピンチをチャンスに変え、更なる進化&深化を遂げる一杯に、めろめろ。

午後1時半の店内は、ほぼ満席状態。いずれの客も寡黙に、ただひたすらズルズルとラーメンを啜り楽しんでいる様に、ふと映画「タンポポ」の1シーンを思い出す。好きな店の味を後世に残したいと脱サラし12年、ホントに良いラーメン店になったなぁと感慨ひとしおで、ズルズル啜る。

【南京ラーメン黒門】
ラーメン600円+バラ干し100円
福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12
11:00~19:00・月曜&3rd日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン63チャンポン4●中華麺10●うどん21●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離16km / 通年80km

Posted by heno at 13:24 | Comments [2]

2015年04月22日 水曜日

●【ラーメン】おいげん@中央区警固

豚骨博多の醤油ラーメン 七十二

「伊都商店」を引継ぎ独立した「おいげん」。てっきり中華そばも伊都商店そのままの味わいかと思いきや、スキッと透明感あるスープにみじん切りのタマネギと、一見して全くの別物?!

どらどらとスープをひと啜りすれば、熱々の口当たりとともにふわりと広がる煮干しの風味と仄かな甘みが正統イニシエお江戸中華そばチック。なのだが、合わさる中太麺はむちんっと抗うサイボーグ的コシ+提供寸前に炙るチャーシュー+薬味のタマネギの甘みが新味のネオ中華そば。「ざいとん」@東区香椎の「中華そば」にも相通じる、レトロなのだがヤングでナウな一杯に元気をもらい、さぁさ午後からの仕事もガンバンベェ。

おいげん
中華そば600円
福岡市中央区警固1-13-1
ni11:30~16:00&18:00~26:00・日曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン62チャンポン4●中華麺10●うどん21●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離8km / 通年72km

Posted by heno at 08:23 | Comments [0]

2015年04月21日 火曜日

●【うどん】福すけ@久山町久原

待望の21日。たまたま見つけた店主ブログの熱いエントリーに惹かれ、開店を心待ちにしていた「うどんと鶏めし 福すけ」。住所を頼りに訪ねると、かつては「久山ラーメン」だった店舗が、コザッパリとした白にリニューアル。

アレコレ並んだ花輪を愛でつつ店内へ。コレまたコザッパリとオサレなインテリアの店内は7割方客で埋まっている。そしてカウンター奥ではブログで見慣れた若き女性店主が真剣モードでうどん作りに取り組む。

席に置かれたメニューを眺めると、冷うどんがぶっかけ4~5種に、温かけうどんが同じく4~5種。いの一番に惹かれたのは「鶏なんばんうどん」。なれど、メニュー写真のキリッとゴボ天にヤラれて「肉とごぼう天うどん」に浮気。

と、コレが大正解&大失敗。

先ずはスメとひと啜りすれば、キュッと絞られ感×醤油ダレの風味な、ある意味お江戸的味わい。の様で、その実ひたすらキチンと創意工夫された感が溢れ出る、謙虚×ド派手滋味。いやぁサプライズ、この派手地味滋味なる味わいのスメは全くもって初体験。いやぁ旨いっ、こりゃタマランと、もうひと啜り、更にひと啜り。

合わさる麺は中細ストレート。ズルルと啜り噛み込めば、ニッチリぃと解けグイグイ旨い、コレぞ半端ナイほどの独創的美味うどんは、店主ブログによると、カノうどん製麺機名店である「大和製麺所」より仕入れているとか。今は惜しくも閉店してしまった「うどん太さぶろう」@中央区渡辺通も同社の製麺機を導入していたが、このうどんの旨さってナンだかミラクル。

加えてコレでもかとカリカリに揚げられたスライスごぼ天フライと、多めのタマネギと共にシッカリ煮込まれた牛肉が、それぞれに想定外の旨さ炸裂。

いやぁ旨いね、コリャ旨いっと啜っていると、当然の如く牛肉の甘辛煮汁がスメに映り、味わいが変化してくる。通常ならばこの変化具合が楽しいのだが、ナニせサプライズ美味なるスメ。なので、純粋にそのままの味わいを啜りたひっ。であれば、美味スメで鶏肉を煮込んであると思われる、鶏なんばんうどんの方が大正解か?!などツイツイ考えてしまうほど、このスメは半端なく我がツボだぞぉ。

「万平」@城南区七隈と同じく、生麺うどん作りはアウトソーシングして、スメと具の料理に専念する。製麺所製茹で置きうどんを使ったイニシエ博多うどんの謂わば発展系うどんに、うっとり。いやぁ惚れた、惚れ惚れだ。こりゃ是非とも再訪し、是非とも全メニュー制覇したひっ。

うどんと鶏めし 福すけ
肉とごぼう天うどん750円
福岡県糟屋郡久山町久原2634-1 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン61チャンポン4●中華麺10●うどん21●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年64km

Posted by heno at 11:00 | Comments [2]

2015年04月20日 月曜日

●【チャンポン】いまきん食堂@熊本県阿蘇市

IMG_8982

えらく人気の店とは聞いてはいた。が、いくら正午過ぎのランチタイムとはいえ、阿蘇山北部の温泉街。かつ平日午後だというのに、店の周りには順番待ちの客がたむろ。ホンマかいなソウかいなぁ、こりゃピンチ!と店の引き戸を開け、店員に尋ねると

「30分は待った頂きますが宜しですか?」

たまさか午後からの打ち合わせ約束時間まで、1時間ほど空き時間が出来て困っていたところ。渡りに船と待つ事に。

周辺の店を冷やかしつつ待つ事ちょうど30分、「お待たせしましたぁ、待ち番号46番の方はいらっしゃいますかぁ?」と招かれ店内へ。注文を済ませて10分弱で、まず運ばれてきたのは同行スタッフI田さんオーダーの、この店一番人気の「あか牛丼」。客の7割は注文するという大人気メニューは、イイ感じにレア感を残す赤牛がドンブリ一面を覆い尽くすデラックス仕様で1200円。ナルホドこりゃ人気店のはずだ。

そして間もなく運ばれてきた、あか牛丼と並ぶ人気メニューである「チャンポン」は、大振りのドンブリにみっちりと盛られた麺と具のナンとも男前な見た目に、まずビックリ。

コイツぁ手強そうだと覚悟を決め、まずはスープとひと啜りすれば、ソリャもうアッツ熱の口当たりと共に軽やか、かつ密にひろがるダシの風味と味噌チックな熟成味と脂由来たしき甘味が、どこかラード系熱々札幌味噌ラーメンチック。合わさる麺はポクポク、ネットリな中太チャンポン麺。この食味からして、ひょっとして本場長崎の唐アクを使った麺なのか??

具は野菜がキャベツじゃなく白菜なのと、コレでもかと盛られたイカがサプライズ。人気メニュー故、多くのオーダーが集まってから一気に大人数分作っているのか、先述の白菜にニンジン、ピーマンなどの野菜が、既にテロテロヤワヤワ状態で、ちとイタダケナイ。が、でもコレだけの分量を平らげるには、これぐらい柔らかく煮込まれてないと食べられないかも。

味量ともにがっつり旨い一杯に大満足。そしてあか牛丼を食べたI田さんの感想も全く同じ。あぁ腹一杯、シアワセ一杯と腹をさすりつつ、午後の打ち合わせへと向かう。

【いまきん食堂】
チャンポン780円
熊本県阿蘇市内牧366-2
11:00~14:30・水曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン61チャンポン4●中華麺10●うどん20●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年64km

Posted by heno at 12:51 | Comments [0]

2015年04月19日 日曜日

●【ラーメン】麺屋あおい@八女市蒲原

八女市きっての人気ラ店らしき「麺屋あおい」。で、午後2時過ぎに訪ねるも、店内はほぼ満席状態。幹線道路からひっこんだ筋道沿いと決して恵まれた立地とは思えないが、コリャ大したものだなぁと店に入ると、すぶに食券販売機。

「赤」や「黒」などアレコレとボタンがあるが、ナニせ真性面倒臭がり。よくよく読まずともすっと目に入る「ラーメン470円」と「あおいラーメン550円」が目に留まる。

違いを店員に尋ねると、ラーメンがチャーシューで、あおいラーメンがスジ肉チャーシューとのこと。シンプルにラーメンの旨さを味わいたいので、迷わずラーメンのボタンを押す。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、素直に白濁したスープから香る、コレまた素直な豚骨ダシの香り。ならばとひと啜りすれば、正にファーストインプレッション通りの素直味。いろんなものを足し算してヘンにゴテゴテすることなく、あくまでもさりげなく、素直に、美味さを感じる要最小限のダシのコクが、いやぁニクイニクイっ。

合わさる麺は短め細麺。その形状ゆえ、シュルッと瞬間口に収まるライト食感。かつ硬質な啜り心地とムチッと抗うコシが福岡県産ラーメン用小麦粉「ラー麦」製チック。てな具合に麺も存在感あるのだが、合わさる具のチャーシューに、キクラゲ、ネギもハンパなく存在感アリアリ。ナニげナサげなのに、その実ドエライ各アイデンティティの共演にお腹一杯シアワセ一杯。

IMG_8883

パクチー即席麺にセロリの葉をてんこ盛りで、エスニック二郎。

IMG_8978

リアル二郎的極太麺をカレーつけ麺で。


【麺屋あおい】
ラーメン470円
福岡県八女市蒲原176-3
11:00~24:00・無休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン61チャンポン3●中華麺10●うどん20●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年64km

Posted by heno at 20:44 | Comments [0]

2015年04月18日 土曜日

●【ラーメン】堀田食堂@佐賀県浜玉町

JR浜玉駅の正に駅前。歩いて30秒ほどの正に目と鼻の先に、イイ感じに草臥れた外観と、ラーメン、チャンポン、うどん、カレーなどメニュー名が染め抜かれた真新しい紺の暖簾のコントラスト。そして、正午過ぎの店内は先客7~8名。若いカップルや親子連れに、午後休憩のタクシー運転手などバラエティ溢れる客層。うん、コリャ名店に違いなひっ。

「ラーメンくださぁ~い」。注文しながらテーブル席に座り店内を見渡すと、店奥の厨房もホールもスタッフは全員女性と、コレまた正統イニシエ食堂。厨房への入口横に置かれた稲荷寿司やおにぎりを入れた木製箪笥の渋さに惚れ惚れしつつ出来上がりを待つ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残すスープに豚肉と太もやしの具。先ずはスープとひと啜りすれば、ソリャもうアッツ熱の口当たりとともに、豊かに広がる魚介ダシ由来らしきうどんのスメのような和テイスト×鶏ガラ?もしくはラードだけなのか??ちとバタ臭い獣系なコク。そして、合わさる麺は中太ストレート。スルスルと口に収まり、ぽくほくと跳ねるコシが、中華麺と言うよりチャンポン麺。

具然り、スープ然り、麺然り。コレって、近畿地区では「黄そば(きぃそば)」と呼ばれ愛されている、イニシエ始原的なラーメンでないのぉ!

昭和30年代、巷にラーメンが親しまれるようになると、うどん店がうどんのスメに中華麺を合わせ「中華そば」として提供するようになったとか。北九州市門司区のご当地麺である「チャンラー」や、「池田屋」@佐賀市など、ここ九州にもアチコチに残存する、ノスタル美味なる一杯に、うっとり。となれば、是非とも再訪し、うどんとチャンポンも啜ってみたひっ。

【堀田食堂】
ラーメン500円
佐賀県唐津市浜玉町浜崎1002−11 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン58チャンポン3●中華麺10●うどん20●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年64km

Posted by heno at 19:27 | Comments [0]

2015年04月15日 水曜日

●【ラーメン】長浜ラーメンじろう。@早良区西新

ほっくり広がる豚骨ダシのうま味と、シュルッと小気味よい中細麺に、もっちりチャーシュー。加えて今日はシナチクまで追加で奢ったものだから、ソリャもう旨いのナンのっ。コレぞラーメン界のちょい悪オヤヂ、ジロウマルの真骨頂。

【長浜ラーメンじろう。】
ラーメン500円+シナチク
福岡市早良区西新5-4-1
12:00~15:00&18:00~27:00(日曜12:00~24:00)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン57チャンポン3●中華麺10●うどん20●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年64km

Posted by heno at 19:04 | Comments [0]

2015年04月14日 火曜日

●【ラーメン】せたが屋@博多区博多駅中央街

ようこそ博多へ、「せたが屋」!日本全国を席巻した第二次ラーメンブームの落とし子(?)せたが屋が、今年の2月にJR博多駅ビルの博多デイトス2階「博多めん街道」に期間限定オープン。そう言えば「ろまん亭」@長崎県佐世保もせたが屋プロデュースて事だし、最近せたが屋の九州進出が目覚ましい。

かつて「せたが屋品達店」@東京都港区でつけ麺を啜っていたので、今日は汁麺の基本メニュー「らーめん」。レンゲで一啜りした瞬間、ガインッと広がる節感と、その風味をマイルドにまとめる豚骨らしきダシの風味と甘みと、それらを一纏めにする醤油ダレの旨み。合わさる麺は中太アンドロイド系。ムチッとシコッと、きっと伸びる事など決して無いであろう優等生。

で、せたが屋と言えば、がつん汁。節や煮干し×醤油ダレと、みじん切りタマネギ。半分ほど啜ったところで加えれば、その瞬間に全味わいが蘇生する様が、コレまたアンドロイド。

かつて海外出張の帰路、羽田空港国際空港へ着き国内線へと向かっている時に見かけた「せたが屋羽田国際空港店」。へぇ~、スゲっ!とつくづく感服した記憶と中太アンドロイド麺を反芻しつつ、ズズッと完食。

【せたが屋】
らーめん720円
福岡市博多区博多駅中央街1番1号博多デイトス麺街道
11:00~23:00・無休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン56チャンポン3●中華麺10●うどん20●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年64km

Posted by heno at 12:45 | Comments [0]

2015年04月13日 月曜日

●【ラーメン】ゆうゆう@糸島市前原中央

いつかは啜ってみたひっ!と思っていた「糸島ラーメンゆうゆう」。住所を頼りに訪ねると、えぇ~~っ、こんな場所にぃ?!

JR前原駅から幹線道路を海側に渡った一帯の飲食街の奥の奥の奥。何気なく店頭を通る人などあり得ない、正に知る人ぞ知る存在であろうディープな立地にビックラこ。

正午半過ぎの店内は先客ナシ。そして卓上に置いてあるメニューには「営業時間11:00~26:00」の表記。まぁまぁ、そうだろうな。この立地で昼時に啜りに来る客などほぼ皆無、なれど夜は飲んだ後の来店客が結構あるのかも。

席に座りメニューを見ると、「ラーメン」と「ピリ辛ラーメン」のスープ麺2種に、和え麺系の「ピリ辛旨メン」が2種。迷うはずも無く、初ラ店は基本メニュー=ラーメンをたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、黄土色に濁るスープが印象的。こりゃ濃い味系か?と覚悟を決めて一啜りすれば、ナンのソノ。まるんっと広がり感ある味わいこそ見た目通りだが、口当たりはひたすら軽やか。見た目とのギャップが異例に大きいサプライズ味。合わさる麺は、つるっつるな啜り心地とコリッと感が半端ナイ細麺が、コレぞ福岡産ラーメン用小麦であるラー麦製。そして具はもっちり厚切りなチャーシューと、パリパリなネギ。確かに飲んだ後だとタマラン旨いだろうなぁ的味わいに納得しきり。

【糸島ラーメンゆうゆう】
ラーメン550円(?)
糸島市前原中央3-20-19
11:00~26:00 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン55チャンポン3●中華麺10●うどん20●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年64km

Posted by heno at 12:47 | Comments [0]

2015年04月12日 日曜日

●【うどん】みしま@熊本県熊本市

トホホな休日出勤の〆は、旨しうどんっ。午後2時半過ぎに、めっきり我がツボな「みしま」で遅い昼麺。「勝一」@山口市をふと思い出す讃岐指数高めのカウンターで、しばし迷いつつ「しょうゆかけうどん」をオーダー。

すると「今から生地を伸して茹でますが、お時間大丈夫ですか?」。よっしゃラッキー、茹で立てうどんが食べられるとお願いすると、生地を伸した後、おもむろに麺切り包丁を手に持ち、生地を切り出すではないか?!今や本場讃岐でも機械切りが主流で、包丁切りは「宮武うどん」だけと言われているが、こちらの店主は宮武うどん出身。師匠の教えを守っての包丁切りうどんだったのか。

キリッと角が立ち、軽くねじれた感あるこのルックスこそ、包丁切りうどんの証。大根おろしを追加し、卓上の醤油をチョロッとかけて啜れば、むちむっちりぃ、むりんむりんと踊るコシがソリャもう楽し旨しっ。この本格讃岐うどんが、九州内で啜れるシアワセも噛みしめつつ、一気完食。

【みしま】
しょうゆかけうどん300円+大根おろし50円
熊本県熊本市北区植木町木留34-2
9:00~20:00・水曜日 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン54チャンポン3●中華麺10●うどん20●そば6●その他8
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年64km

Posted by heno at 14:27 | Comments [0]

2015年04月11日 土曜日

●【ラーメン】大吉@西区徳永

西区での買い出しを終えサクッと昼麺。久方ぶりに訪ねた「大吉」は、今日も相変わらずの旨さが大吉!

まずもってスープがウンマイっ。口当たりは軽やかなれど、クイッと顔出す豚骨ダシの密なる風味と、ふっくら広がる甘みの後味。そして、中細ストレート麺の解け感。箸で摘まめば絡まる事なくスルッと上がり、ススッと啜ればスルルと収まる、ナンとも鯔背な啜り心地×嚙んだときのホックリ感が、グイグイ我がツボっ。

ナンちゃナイけどナンとも旨い極上普通味豚骨に、もうメロメロで一気啜れば、わぁおメニューに「トッピング しなちく」の文字。確か以前は無かったが、ここでシナチクラーメンが啜れるのならば、わざわざ姉妹店である「まる勝」@西区元岡まで行かずとも「めんまラーメン」に似たラーメンが啜れるという事か?!

大吉ラーメン
ラーメン550円
福岡市西区大字徳永843-1
11:00~19:30・木曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン54チャンポン3●中華麺10●うどん18●そば6●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 13:22 | Comments [0]

2015年04月10日 金曜日

●【そば】かくれ庵@八女市立野

町の電器屋さんの麺ドラと温泉!」でその存在を知り、ずっと気になっていた「かくれ庵」。そらから早2年、住所を訪ねると、幹線道路沿いから一段下がった住宅街。その存在を知りわざわざ訪ねないと行き着かないであろう立地が、まさに「かくれ庵」。

午後2時半過ぎ、思いっきり手作り感溢るるインテリアの店内は先客ナシ。2卓あるテーブル席のひとつに座り卓上のメニューを眺めると、うどん&蕎麦とも自家製手打ちで、蕎麦は殻をとった丸抜きの「白」と、挽きぐるみの「黒」の2種アリ。そしてメニューは、うどん蕎麦とも「かけ」「鶏南蛮」「ザル」「ぶっかけ」「釜揚げ」「鶏セイロ」に、プラス蕎麦には「そばがき」があり。

うどんか?蕎麦か??ちと迷うも、屋号に「庵」が付く=蕎麦が自慢の店だろうから、鶏南蛮そばを「黒」でたのむ。と、ホール担当のお母さんが「こちらは初めてですか?初めての方には名刺を差し上げております、よろしくお願いいたします」とご丁寧なご挨拶をいただく。

ご主人が福岡県職員を60才で定年退職後、老後の生きがいを求めてうどん屋開業を決心。1年間、大阪のうどん職人学校に通い、さらに2年間、自宅で試作を繰り返し、そば打ちサークルで蕎麦も勉強し、5年前、自宅の横にこの店を開いたとのこと。

お店に来てくださる方とのふれ合いがナニよりやり甲斐なんですよと気さくで明るい語り口に、そりゃテレビ番組「人生の楽園」に出られたらいいじゃないですか?!など会話が弾んでいると、厨房からお父さんが顔を出し、「もう少しで閉店時間なんですけど今日は蕎麦が多めに残っているから、もし宜しければ大盛りにされませんか?サービスしますよ」とウレシイお言葉。ハイハイそれでは大盛りでお願いしマス!

待つ事しばし、運ばれてきた蕎麦はシュッと麺線が整った男前。コリャ旨そうだと先ずはスメを一啜りすれば、豊かに香るダシの風味と、少し甘めの優し味。イロイロ試した結果、昆布とカツオやサバなど5種の削り節でダシをとり、ミリンで甘みも足したこのスメに辿り着いたのだとか。

そしてそのスメに気持ち太打ちの蕎麦がベストマッチ。豊かにスメを絡め取りつつ口へと収まる啜り心地に、ざくざっくりぃと解けるコシに、噛み込むほどに広がる蕎麦の風味。よく「人柄が味に出る」と言うが、正に朗らかなご夫婦の人柄そのものの味わいに、ほっこり。

「初めての方にはご飯もサービスしてるんですよ」と、タケノコご飯。さらに店内済みには、ヨモギ茶とコーヒーも無料サービス。加えて食後はお茶菓子まで出てきてビックラこ。こりゃ是非とも近所に来たときには再訪せなばっ。

【かくれ庵】
鶏南蛮そば750円
福岡県八女市立野488-1
11:30~15:00・月火水休み(4月中は多忙で不定期営業&日曜も休み) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン53チャンポン3●中華麺10●うどん18●そば6●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 14:36 | Comments [0]

2015年04月09日 木曜日

●【中華麺】吉呈@長崎県長崎市

昨年11月にオープンした「吉呈」では、中国五大麺のひとつである「武漢熱乾麺」が啜られる。待つ事しばし、運ばれてきた武漢熱乾麺は、加熱後水で軽くしめられたのか、温めの太麺に、芝麻醤と辣油と五香粉が効いたタレを和えて啜る。

wikipediaによると「武漢熱乾麺は、山西省刀削麺広東省伊府麺四川省担担麺、および中国北部の炸醤麺とともに『中国の五大麺』といわれ」、「茹でた小麦芝麻醤搾菜ネギ、およびコショウを食べる直前に混ぜ加えて調理される。武漢の典型的な朝食であり、通常朝の食堂か通り沿いの屋台で販売される。中国の最高の麺と評価された。」とのこと。

吉呈
武漢熱乾麺680円
長崎県長崎市花丘町14-9
11:30~15:00&17:00~23:00・月曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン53チャンポン3●中華麺10●うどん18●そば5●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 22:26 | Comments [0]

2015年04月08日 水曜日

●【ラーメン】游@城南区荒江

豚骨博多の醤油ラーメン 七十一

念願の醤油ラーメンを目当てに訪ねると、店頭には「サンラーメン750円」の貼り紙。ええっ、スッパ辛い麺ダイスキ!なれど、まずはその土台ともなったであろう醤油ラーメンを啜っておくか……。

 

カウンター越しに配された瞬間、キュンッと一目惚れ。

イイ感じに透明感を残す醤油色のスープに、大判のチャーシュー2枚の赤に味玉の貴、ネギの白、海苔の黒に、スープに浮かぶ刻みタマネギの透明白。コレだけ美人なのだ、旨くない事などあり得ないともんどり打ってスープを啜れば、まず広がる様々なダシ由来らしき滋味なる甘みと、それらをキュンッとひとまとめにする仄かな酸味。

「ざいとん」@東区の滋味さと、「潤」@早良区西新の「中華そば」をふと思い出す、その後味酸味。そして自家製麺らしき中細ストレート麺の、ソリャもうビックラな、デラックスに滑らかスルスルの官能的啜り心地&プニュッと愛らしいヒキに、一口惚れ。

そして更に、まるで超上質ロースハム・チックなモチモチ&キシキシなチャーシューに、トロリ黄身がウットリな半熟味玉に、シャキ辛白葱と、シャク甘な刻みタマネギ。

ナニせ昨年の「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2014年・麺大賞」the Rookie of the year awardである「游」。一見ナニげナサそうで、その実アレコレコリコリ懲りまくりなこの味わいこそ、我が麺嗜好にドバンッとヒット。精算時に伺うと、ラーメン、チャンポンにこの醤油ラーメンが定番メニューで、今後は2週間単位でいろんな限定麺も提供していくとの事。うぬぬっ、コリャちょくちょく通わないわけにはイカンイカンっ!

ラーメン屋 游
醤油ラーメン700円
福岡市城南区荒江1-23-27
12:00~23:00・木曜日休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン53チャンポン3●中華麺9●うどん18●そば5●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 12:35 | Comments [0]

2015年04月07日 火曜日

●【ラーメン】鈴木商店@中央区赤坂

久しぶりに訪ねた「鈴木商店」で、てっきり期間限定メニューだろうと思い込んでいた「塩トマトらーめん」と想定外&感動の再会。往時よりレタスの量が減り&炙りベーコンが豚バラロールチャーシューに変更になってはいるが、その旨さは相も変わらずオンリーワン。

おそらく鶏ガラ×魚介らしきダシの、必要充分&最小限な滋味なる味わいの塩スープ+ネギ油と揚げネギの香ばしい風味=うげげと我がツボ。加えて具のトマトやレタスが崩れると共に、スープの味わいがより芳醇に変化する様にシミジミ感動。加えて合わさる麺のシュルリラな啜り心地。

旨い麺がソリャもうアチコチ散在するココ福岡市は、やっぱ麺天国だなぁと、ウシウシ、ズルズル、あぁシアワセ。

【鈴木商店】
塩トマトらーめん750円
福岡市中央区赤坂1-1-17
11:30~14:30&17:00~26:00(日祝は11:30~15:00)・無休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン52チャンポン3●中華麺9●うどん18●そば5●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 12:57 | Comments [0]

2015年04月05日 日曜日

●【ラーメン】心生麺商人@熊本県熊本市

うっかり出遅れて正午半、店に着くと順番待ちの列が10人ほど……。とほほ、なれど熊本くんだりまで楽しみに訪ねてきたのだ。大人しく列の最後尾に付き並んでいると、店内から漏れ香る煮干しの風味。そして10分後、無事店内の順番待ちの椅子に座ると、店内には津軽三味線らしきBGM。さすが青森津軽の煮干しラーメンが人気のラ店である。が、今日の我のお目当ては、「熊本豚骨ラーメン」なのさ。

店主ブログによると、以前の白濁豚骨×ニンニクの焦がし油「マー油」だったラーメンを、清湯豚骨×少量の揚げニンニクに変更したとのこと。で、出てきたラーメンのスープは、なるほどイイ感じに透明感を残しているが、店主ブログの写真よりは白濁具合が高め。

どらどらと一啜りすれば、柔らかな口当たりとともにグイッと力強いダシのうま味。なれど脂分少なめなのでクドさは皆無。コレってヒョッとして無化調?と思えるほどに、シンプルに、かつ芳醇に豚骨ダシの旨さが香り立つ滋味なるその味わいに、天晴れ。

合わさる麺は、ひょっとして煮干し中華そばと共用なのだろうか?気持ち太めながらも唯我独尊チックに我が味わいを主張するタイプとは正反対の、クニっなのに、ふんわりとスープと馴染む優しい食味がコレまた我がツボ。

繊細なスープだからと揚げニンニクは少量だけを海苔の上にのせてある。麺の3分の1ほどを滋味スープで堪能したのち、揚げニンニクを海苔からスープへと移し啜れば、ほわんっと香るニンニク風味が味わいに厚みを演出。熊本豚骨ラーメンの経験値はさほどない我だが、未だかつて、コレほど繊細な味わいの熊本豚骨ラーメンを、私はかつて啜った事がない。いやぁオモロイ、こりゃ旨いっと、感動&完食。

心生 麺商人
熊本豚骨ラーメン630円
熊本県熊本市中央区出水3-4-18
11:30~14:30&18:00~21:00 不定休(店blogで告知) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン51チャンポン3●中華麺9●うどん18●そば5●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 23:28 | Comments [0]

2015年04月04日 土曜日

●【うどん】釜喜利@中央区大名

ナニせ半年ぶりの「釜喜利うどん」、さぁてナニを啜ろうかとメニューを眺めると、「みぞれ(大根おろし)」にビビビっ。みぞれ鍋が大好物の我ゆえ、絶対ツボに違いなひっとオーダーすると、「ちょうど麺が切れたところなので、茹で上がるのに7~8分いただきますが、よろしいですか?」あぁお、揚げたてうどんにありつけるのか?!待ちます待ちます、喜んで待ちますよぉ。

待つ事しばし、運ばれてきたうどんは、表面を一面覆う大根おろしの白と中央にもまれたネギの緑が、ソリャもう猛烈美人っ。美人麺にハズレなしが我が麺喰い経験則、こりゃ楽しみだっとレンゲでスメを一啜りすれば、いわゆる讃岐的なイリコの風味はほどほどに、昆布や削り節らしきうま味がイイ感じにきいたスメと、大根おろしのアノ辛味と甘みがグッジョブ&グッコラボぉ。

合わさるうどんはエッジが丸めで、むっちりゴシ。以前は角が立ったキリリと讃岐チックなうどんだったが、今日のうどんは加水率高めの優し系な味わいなのは、たまさかか?兎にも角にも、この滋味みぞれスメにはこの優しうどんがドンピシャ、ベストマッチ。

いやぁ旨いなぁとズルズル半分ほど食べ進んだところで、卓上に置いてある「ゆず七味」と干し海老の揚げ玉をドーピングし、味わいの変化も存分に楽しみつつ、ズルルしああせ。

【釜喜利うどん】
みぞれうどん600円
福岡市中央区大名1-7-8
11:00~22:30・火曜&第3水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン50チャンポン3●中華麺9●うどん18●そば5●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 22:58 | Comments [0]

2015年04月03日 金曜日

●【ラーメン】エルボー@北九州市八幡西区

ぽったりと広がる豚骨ダシ感アリアリの密なれど、嫌味は一切ナシ。純粋に己の旨みを強固に、なれど控えめに主張する様が、ある意味、和食。合わさる麺のイイ感じに粗野なれど、ふっくらと味わい深い様も然り。加えてチャーシュー3枚に、味玉3欠に大判海苔が2枚と目一杯おご馳走な具。いやぁ旨いな、コリャ旨いっとウハウハ啜り、ついつい禁断の替え玉コール。なれど、ダイエットを目指す我ゆえ、さすがに一玉はイケねーイケねー、もうイケねー、で半替え玉。

拉麺エルボー
あじたまらーめん650円(月替わりラーメン)+半替え玉50円
北九州市八幡西区光貞台1-1-1
11:00~14:30&18:00~22:00
(土日祝 11:00~15:00&18:00~22:00)・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン50チャンポン3●中華麺9●うどん17●そば5●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 22:01 | Comments [0]

●【そば】酒菜だんだん@早良区西新

よかトピア通りの西新通り交差点、ボンラパス百道店の向かいの2階建て雑居ビルの片隅に「酒菜だんだん」と白木の看板。生成り色の壁と茶色の引き戸とのシックなコントラストの店造りが、偶然にもかつての西新店と似通っている。

8席ほどのカウンター席のみのこぢんまりとした店内には先客1名。席に着きカウンターに置いてあるメニュー書きをながめると、冷たい蕎麦とあたたかい蕎麦がそれぞれ6種に、小鉢や前菜がついた「蕎麦御前」も。そしてもう一枚のドリンクメニューがあり、7~8種載っている日本酒の筆頭に「王録」と、コレまたかつての西新店と、まんま同じ。そしてカウンター奥には、若き店主の横で、笑顔で仕事に励む蕎麦屋「両国」の店主。

福岡の蕎麦屋酒の楽しめる店としては老舗の一軒「両国」。西新の「はちや通り商店街で営業していたが、2004年の6月に天神渡辺通りの雑居ビルの2階に移転。チョイ飲み蕎麦屋酒や、冬期の鴨鍋&〆のそばがきが楽しくて、時たま通っていたが、昨年末、西新店の頃から共に店を支えてきたお母さんの体調が優れず、このまま倒れられては大変だと、閉店。そして今月より、義理の息子さんが営むここ酒菜だんだんの昼営業で蕎麦を打つ事にされたとの事。

コリッと小気味よい蕎麦のコシと、ぐいんっカエシがきいた辛口のツユ。うんうん、これぞ両国の蕎麦。この味が、しかも我が職場のすぐ近くで再び啜れるシアワセよ。夜の居酒屋営業のメニューも見せてもらったが、我が好みのアテがずらり。そして〆には「かけ」か「ざる」のみではあるが、蕎麦が用意されている。おっしゃ、次回は夜だ!

【酒菜だんだん】
茄子蕎麦850円+消費税 ※ランチ営業のみ販売
福岡市早良区西新6-10-58
11:30~15:00 は蕎麦屋&夜は居酒屋営業・水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン49チャンポン3●中華麺9●うどん17●そば5●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 07:10 | Comments [0]

2015年04月01日 水曜日

●【そば】なべ山@早良区西新

福岡アンテナのタネ」で知った「両国」@中央区渡辺通の閉店。いやはやショック!と呟くと先週末、酒肆ちろり@中央区渡辺通が「両国さんは、百道にできた「酒菜 だんだん」という義理の息子さん(?)の店でランチタイムに蕎麦を打ってるという噂です。 」とのアリガタき情報呟き

なれど週明けもずっとタボーで寄れず仕舞いだったが、ようやっと少し仕事に余裕が出来たので立ち寄ると、おーまいがぁ、水曜は定休日との事。

なれどソリャもう口の中は目一杯蕎麦モード。なので昼休み中で行ける「なべ山」を訪ねると、かつては幅をきかせていた幅3センチはあろうかという超扁平うどんや、極太ざるそばラーメンなど色モン的なメニューはスッカリ姿を消し、いわゆる王道蕎麦屋でございっ的ラインナップ+夜はイイ感じのアテと酒がラインナップ。

さぁて何の蕎麦を啜ろうか?!とウキウキ気分でメニューを眺める。も、自然と我が目線は「ごぼう天」の文字へと引き寄せられる。ならば逆らう事なく、麺神様のお導きに従うのみ。

待つ事しばし、運ばれてきたドンブリには「田」の字型のゴボ天が、横分けハンサムボーイ。その見た目についついウハウハ気分でスメを啜れば、いわゆる関西以西の薄口醤油仕立て×ダシ命の滋味スメ。そして合わさる蕎麦は、ほっくりコシコシな食味が味紛おう事なき手打ち&揚げたて。

いやはやナンちゃナイけどナンとも旨い普段着&上出来蕎麦。

かつては西新で営業していた両国の蕎麦が、西新から北へ1㎞ほどの百道浜で啜れるようになるシアワセ。かつ西新には「様風そば食堂 グリチネ」なるオモロ蕎麦屋も。ナンだか一気に西新がオモロ蕎麦天国に!?ウハウハこりゃもう全店制覇。

【なべ山】
ごぼう天そば520円
福岡市早良区西新4-6-5
11:30〜20:00(水曜〜18:00、日祝〜17:00)無休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン49チャンポン3●中華麺9●うどん17●そば4●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 12:34 | Comments [0]