2015年04月03日 金曜日

●【そば】酒菜だんだん@早良区西新

よかトピア通りの西新通り交差点、ボンラパス百道店の向かいの2階建て雑居ビルの片隅に「酒菜だんだん」と白木の看板。生成り色の壁と茶色の引き戸とのシックなコントラストの店造りが、偶然にもかつての西新店と似通っている。

8席ほどのカウンター席のみのこぢんまりとした店内には先客1名。席に着きカウンターに置いてあるメニュー書きをながめると、冷たい蕎麦とあたたかい蕎麦がそれぞれ6種に、小鉢や前菜がついた「蕎麦御前」も。そしてもう一枚のドリンクメニューがあり、7~8種載っている日本酒の筆頭に「王録」と、コレまたかつての西新店と、まんま同じ。そしてカウンター奥には、若き店主の横で、笑顔で仕事に励む蕎麦屋「両国」の店主。

福岡の蕎麦屋酒の楽しめる店としては老舗の一軒「両国」。西新の「はちや通り商店街で営業していたが、2004年の6月に天神渡辺通りの雑居ビルの2階に移転。チョイ飲み蕎麦屋酒や、冬期の鴨鍋&〆のそばがきが楽しくて、時たま通っていたが、昨年末、西新店の頃から共に店を支えてきたお母さんの体調が優れず、このまま倒れられては大変だと、閉店。そして今月より、義理の息子さんが営むここ酒菜だんだんの昼営業で蕎麦を打つ事にされたとの事。

コリッと小気味よい蕎麦のコシと、ぐいんっカエシがきいた辛口のツユ。うんうん、これぞ両国の蕎麦。この味が、しかも我が職場のすぐ近くで再び啜れるシアワセよ。夜の居酒屋営業のメニューも見せてもらったが、我が好みのアテがずらり。そして〆には「かけ」か「ざる」のみではあるが、蕎麦が用意されている。おっしゃ、次回は夜だ!

【酒菜だんだん】
茄子蕎麦850円+消費税 ※ランチ営業のみ販売
福岡市早良区西新6-10-58
11:30~15:00 は蕎麦屋&夜は居酒屋営業・水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン49チャンポン3●中華麺9●うどん17●そば5●その他8
◎3月の総ジョ グ距離22km / 通年64km

Posted by heno at 2015年04月03日 07:10
コメント
コメントしてください




保存しますか?