2015年04月26日 日曜日

●【ラーメン】心生麺商人@熊本県熊本市

期せずして「最愛麺店をめぐる」3日目は「麺生麺商人」。お目当ては、来月20日までの期間限定「鶏だしのぼしそば」。店正式ブログによると『今回のテーマは...
「日本のどこかで、長きに渡り愛され続けている中華そば」
をイメージして作りました。

鶏ガラベースに大量のいりこを炊き上げて仕上げました。
後味のいりこの余韻が僕は好きです!
今回も結局、一杯あたり75グラムほど、いりこを入れています。
ただ、いりこですので、これくらい使用しても、

ゴツゴツした苦味やエグミ主体の煮干しだしではなく、
強くもなく、弱くもなく、染み渡るいりこだしです。
スープを吸ったお麩も、なかなかいいと思います。
麺は平打ち麺でいきます。』との事。

さぁさ、どんなラーメンが啜れるのか?!とウキウキ気分で待っていると、先に入店した燐客に「熊本豚骨ラーメン」が運ばれてくる。カウンターへと置かれるその瞬間、ナンとも豊かなスープの香りが漂っている。

いやぁタマランねぇ、確かに旨かったよなぁ、熊本豚骨ラーメン。やっぱ今日も豚骨で行けば良かったかなぁ、など思っていると、「お待たせしま したぁ」と鶏だしにぼしそばが運ばれてくる。と、豚骨に勝るとも劣らぬ、ナンとも豊かな香りは、ライトなニボニボ×マイルドな鶏ガラ風味。

あははぁ、前言撤回!やっぱ大正解のニボニボに違いなひっ、と一気に戦闘モード。先ずはスープとひと啜りすれば、香り×見た目通りのデラックスにマイルド、かつ奥ゆかしくキンキンと我がうま味を主張する煮干しの風味。優しそうで戦闘的のようで、やっぱり優しい。いやゆるイニシエ中華そばの味わいを煮干しと鶏ガラの最大公約数で今風にリボーンした感ありありの、ネオ・イニシエ旨しッ。

合わさる麺は家系チックな中太偏平麺。ツルルゥと口に収まり、コリッと弾けるコシがオモロ美味。なれど、この絶品スープは中太丸麺のもっちり麺で啜ってみたひっ。

具は、相も変わらず絶品のもっちりチャーシューに、ナンとお麩。かつて「さつき食堂」北海道帯広市でお麩入りラーメンを啜った事があるが、なるほどアリアリ。極美味スープを吸ってもっちり旨い麩は、ラーメンと同じく小麦粉を練って結晶したグルテンを焼いたり揚げたりしたものだから、ラーメンとの相性が悪いはずもナシ。

いやぁ旨いッ、今回も完膚なきまでにその味旨さに叩きのめされた麺商人。「煮干中華そばを熊本のソウルフードに!」を謳う、その力強さに、参った、ダイスキ。

心生 麺商人
鶏だしにぼしそば730円 ※4/22(水)~5/20(水)・1日限定20食
熊本県熊本市中央区出水3-4-18
11:30~14:30&18:00~21:00 不定休(店blogで告知) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン64●チャンポン4●中華麺10●うどん21●そば6●その他9
◎4月の総ジョ グ距離24km / 通年88km

Posted by heno at 2015年04月26日 19:07
コメント
コメントしてください




保存しますか?