HENO HENO: 2015年05月 アーカイブ

2015年05月31日 日曜日

●【つけ麺】ろくでなし@福津市中央

その存在を知って早10日過ぎ、ようやっとこ啜った「ろくでなし」の期間限定「つけそば」は、オーディナリー関東つけそばのDNAがビシバシの王道ネオな味わいに、むふふっ。

まるできしめんのような冷扁平麺を温つけスープにくぐらせズズッと啜れば、キュインッと広がる酸味&濃口醤油カエシの風味&一味の辛味×すぐその後を追ってくる様々な節感ある魚介ダシのうま味。「六厘舎」@東京都に代表されるイマドキ濃厚豚骨魚介つけ麺とは明らかに一線を画する、シュッと鯔背な味わいがイニシエお江戸風で、ググッと我がツボ。ふと「丸長」@東京都新宿区の味わいを思い出しつつ、うっとり完食。

ろくでなし
つけそば700円 ※期間限定
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン88●チャンポン7●中華麺11●うどん27●そば10●その他13
◎5月の総ジョ グ距離31km / 通年119km

Posted by heno at 18:06 | Comments [0]

2015年05月29日 金曜日

●【うどん】手打天神@春日市春日原東町

太宰府市での打ち合わせを終え、サクッと昼麺。オッシャ今日こそは!と、長年の宿題店である「手打天神」。住所を頼りに訪ねると、西鉄大牟田線の春日原駅にほど近い、住宅街の一角に「手打ちうどん」の幟。

「はい、ぃらっしゃいませぇ~!」

正午前の店内は先客ゼロ。開店準備を終えた老夫婦の屈託の一切ない朗らかな笑顔に迎えられ、一気にシアワセ一杯。L字型で15席ほどのカウンター席のLに曲がる直角席に座り、壁に掲げられたメニュー書きをザッと見ると、うどんが具のバリエーションで十数種。チラッと「カレーうどん」に惹かれるも、やっぱ初う店はゴボ天。

で、オーダーすると、わぁおまさか……!店主が既に打ってある生地から一人前を取り分け、伸し、切り、茹でる。一見イニシエ&正統博多うどん的店構えなれど、うどんは「製麺所製茹で置き=テロテロヤワヤワうどん」じゃさなそうだ。

待つ事しばし、カウンター越しに差し出されたドンブリ一面に、拍子切りゴボウの姿揚げ。おやおや?とスメを啜る。と、昆布ダシらしき滋味なるダシがきいた熱々スメは、ナルホド想定内。なのだが、合わさるうどんは、嚙んだときのニッチリィと猛烈に抗う強コシが超ウルトラ・サプライズ。そんじょそこらの讃岐うどんに勝るとも劣らぬストロング剛力うどん。噛み込むほどに、ぶっちんっぶりんぶちんっと踊るコシと共に広がる小麦の風味が半端ナイ。

コレ正に羊の姿を借りたオオカミ、店の造り&昆布ダシ際立つスメこそイニシエ博多うどんだが、剛力うどんは見紛う事なき讃岐タイプ。カリッカリのゴボ天を囓りつつ、コシコシ&ニチニチな剛力うどんとのハーモニーも楽しみつつ、うっとり平らげ精算時に、かの美味うどん名店「手打天神@中央区大手門」との関係を尋ねると、修業先が同じ「手打天神」だったが、師匠店は既に亡く、大手門店とも直接会った事も無いし、食べた事もないとの事。ナルホドだから、ゴボ天の形状も目の字型だった大手門店とは似ても似つかないのか…。あな興味深きイニシエうどん店の相関図。

【手打天神】春日原店
ごぼう天うどん450円
春日市春日原東町3-24 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン87●チャンポン7●中華麺11●うどん27●そば10●その他12
◎5月の総ジョ グ距離31km / 通年119km

Posted by heno at 11:43 | Comments [0]

2015年05月28日 木曜日

●【ラーメン】らぁめんシフク@博多区榎田

「塩らぁめん」と「鶏白湯(塩)らぁめん」で勝負してきた「らぁめんシフク」の新メニュー「醤油らぁめん」は、想定外の旨さダラケでビックラこ。

まずもってスープ。我にとってシフク=ぽってり&濃密に白濁した鶏白湯なのだが、出てきた醤油らぁめんは、漆黒なれど深い透明感を残すスープ。ほぉほぉコリャ世間一般のメジャー認識である「醤油ラーメン」そのものの見た目だなぁとレンゲで一啜りすれば、ダイナマイトにアッツ熱々な口当たり共に、キュッとソリッドなダシのうま味と、香味油も手伝ってかボワンッと膨らみ感ある醤油ダレの甘み。

そして更に麺もビックリ。スープは典型的醤油ラーメン的だった。であれば、麺も典型的醤油ラーメン的中太縮れとばかり思っていたのだが、カナリ細めの縮れ麺で、かつカナリの柔揚げ。そして、具は鶏肉炙りチャーシューと大振りシナチク。

かつて、とある麺好きさんとの会話で「シフク店主と話したら『うちは鶏白湯じゃなくて、塩らぁめんが基本ですから』とおっしゃってました」。ナルホド、店主の目指すラーメンはシンプルにその旨さを追求する、ストロング滋味タイプの一杯か。

シフク=鶏白湯一筋だった我だが、再認識の必要性を痛感。コリャ次回は久方ぶりにフラッグシップメニューである「塩らぁめん」を啜れねばっ。

らぁめんシフク
醤油らぁめん650円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~16:00&18:00~22:00(水曜は昼営業のみs)・日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン87●チャンポン7●中華麺11●うどん26●そば10●その他12
◎5月の総ジョ グ距離27km / 通年115km

Posted by heno at 13:55 | Comments [0]

2015年05月27日 水曜日

●【そば】ゑつ@大分県豊後高田市

今や春蕎麦の生産量日本一を誇る大分県豊後高田市。我がお気に入りの蕎麦店である「ゑつ」で啜る。

かつて、冷せいろのノーマル粗挽きは既に啜った。ならば、今日は温そば。果てさてナニを啜ろうかとアレコレとメニューを眺めると、「オススメ やさいそば880円」なる写真入りメニューに、一目惚れ。

待つ事しばし、運ばれてきたドンブリは、アスパラやパプリカ、インゲンやエリンギなどの焼き野菜。それぞれのフレッシュな味わいと、手打ち十割蕎麦との食感コラボ。想定外なのがスメ。ざるそばの付けツユは関東タイプの辛汁なので温かけツユも濃口醤油の真っ黒スメかと思いきや、薄口醤油の関西タイプ。

春の新蕎麦の収穫は今週末から始まる予定との事。て事は来週末には、緑の色味と高い香りが楽しめるのか?!いやはや楽しみ楽しみ。

夜は、月に一度の家族揃っての外食チャンスで「一鉄」。
以前よりひとまわり大きくなった感のある焼き餃子と
ナンちゃナイけどドエラク我がツボなポテサラで
芋ロックをクイックイ。

そして〆はモチロン、チャンポン。
山盛りの具と、ドヨンと迫力満点のスープを
ガツガツとカッ喰らう快感よ。

十割蕎麦 ゑつ
やさいそば880円
大分県豊後高田市玉津374-1
11:00~15:00&17:00~20:00・火曜休み
Pなし(近くに商店街の共同駐車場アリ)

【一鉄】
チャンポン630円
福岡市中央区六本松2-3-21
11:30~14:30&17:30~23:00・火曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン86●チャンポン7●中華麺11●うどん26●そば10●その他12
◎5月の総ジョ グ距離27km / 通年115km

Posted by heno at 12:34 | Comments [0]

2015年05月26日 火曜日

●【ラーメン】一連@熊本県熊本市

この夏、冷やし中華 ~その二~

「お待たせしましたぁ~」

カウンター越しに差し出されたその瞬間、まるで初恋に心焦がす若人のごとくキュンッと胸が疼く。シュッとティアドロップ型の白磁に、丹念に盛られた具がソリャもう美人美人っ。ソリャもう惚れてまうやろぉ~!(←モチのロンでチャンカワイ調で)

「一連」の夏季限定「夏野菜の酢っきりラーメン」は、冷たいスープ×冷たい麺=冷やしラーメン。ウキウキ、ドキドキ、まずはスープ。と、鶏ガラと煮干しなどで取ったという優しい&どこか和風な優しい味わいに、微かに映る具の野菜ピクルスの酸味。うへっ、シャレとんしゃぁ~、うへへ、旨か旨かぁ。ホンジャマカと麺を啜れば、中太偏平&軽縮れ。ビチビチ踊り、シュルルを口に収まる快感触感と、ムチッと抗うコシがコレマタ楽し旨し。

加えて端正に甘酢漬けされた野菜ピクルスの、ソレゾレに己の旨さと食感を主張する元気味+焼きナスのトロリ+蒸し鶏チャーシューのふんわり+冷凍シャーベット・プチトマトのシャリシャリ冷え冷え。

若き女性店主ならではの、隅々までキチンと仕事が行き届いた感アリアリの、ヘルシー志向超美味冷やし中華にゾッコン命 by シブがき隊。

【博多麺屋 一連】
夏野菜酢っきりラーメン800円 ※期間限定
熊本県熊本市中央区大江4-10-4
11:30~14:30&17:30~22:00・月曜休み(祝日の場合は営業)Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン86●チャンポン6●中華麺11●うどん26●そば9●その他12
◎5月の総ジョ グ距離21km / 通年109km

Posted by heno at 20:23 | Comments [0]

2015年05月25日 月曜日

●【麺】游@城南区荒江

この夏、冷やし中華 ~その一~
口コミにハズレなし。せっさんInstagramで絶賛の「游」の「冷やし中華」は、ナルホド感動的ですらある旨さ。

待つ事しばし、差し出されたドンブリの一見シンメトリーかと思いきや、その実アシメトリーな盛りつけに、まずヤラれる。ちっきしょー(←今更小梅太夫調で)!こりゃタマランなぁと、そのまま麺を一啜りすれば、わぁおわぉわぉ、マーベラス!キュッと冷たく締められた偏平麺のぬらっと瑞々しい啜り心地&コリッと適度なコシ&ナンとも自然に甘い食味。
テレの甘酸っぱい調味具合も正に最大公約数的ギリギリに攻め込んだ、適度な甘みと酸味。いやぁ旨いね、コリャたまらんと無意識に啜っていたら、ついつい麺ばかりで具が残りがち。普通、具ナシの冷やし中華の旨さを実感した経験がない。が、この一杯は具ナシでもOK牧場。ひたすら旨い麺をツイツイ啜る。私はかつてコレほど旨い冷麺を啜った事はないっ。
大興奮で思わず麺半分まで一気に啜ってしまい、ふと我に帰る。コレからはチャンと具込みで味わいたひっ、とドンブリ端に添えられた柑橘を搾り入れ、別に供された和辛子も少量搾り入れ、ズズッと啜れば、これぞ冷やし中華で御座い的、はったり感一切皆無の極上普通美味に、ソリャもうゾッコンLOVE。
ラーメンチャンポン醤油ラーメンと、いずれも抜かりない極上普通味に仕上げる若き店主の仕事ぶりに脱帽。うぬぅ、ならば我が苦手な麺の食べ方であるもう一つの夏季限定メニューである「まぜ麺」にも挑戦するか?!
ラーメン屋 游
冷やし中華600円
福岡市城南区荒江1-23-27
12:00~23:00・木曜日休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ)
◎2015通年麺喰い◎
ラーメン86●チャンポン6●中華麺11●うどん26●そば9●その他11
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 12:36 | Comments [0]

2015年05月24日 日曜日

●【うどん】大助うどん@城南区別府

最近飲み会続きで胃がお疲れモードなためなのか?ナゼか途轍もなくフツーに旨いフツーのうどんが啜りたくて、超久方ぶりに「大助うどん」の別府店。「大助うどん」@早良区藤崎が総帥の、大助系列店ならではの、いか天やキス天などソソられる魚介天ぷらに後ろ髪引かれつつも、やっぱフツーにごぼ天か。

待つ事しばし、運ばれてきたうどんは大振りドンブリに目一杯つゆだくなスメ。相変わらず添えられた白いプラスチック製のレンゲはいただけない。さっさとハズし、アッツ熱の触感を楽しみつつドンブリを両掌でかかえ、ズズッとスメを一啜りすれば、ソリャもうメッサ熱々な口当たりと共に、ふわりひろがる甘めのダシ。アゴだしでも使っているのだろうか?コレ正に大助系列の味わいに、ニヤリっ。

合わさるうどんはエラク細め。ぷにゅんっと踊る愛らしいコシが癒やし系。ガリッと揚げられたホロ苦ゴボウ天との食感&味わいのハーモニー。

フツーに旨い博多うどんを啜りに来たつもりだったが、大振りのドンブリ然り、アゴだしらしきダシの味わい然り、かなり細めのうどん然り、コレって所謂オーディナリー博多うどんとは異なる、正に大助系列ならではのオリジナルな旨さである。かつ、ごぼ天の揚げ方もかつての大助系列共通の細切りキンピラタイプから、気持ち太めの拍子切りに変わっている。

フツーのうどんをいつまでも美味しく仕上げるには、日々絶え間ない進化&深化が不可欠と言う事か。いやぁ、ありがたい。お陰様で今日もフツーに旨いうどんを啜れるシアワセよ。

【大助うどん】別府店
ごぼ天550円
福岡市城南区別府2-9-24
11:30~15:30&18:00~22:30・金曜休み(祝日の場合は営業&翌月曜日を振替休業) Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン86●チャンポン6●中華麺11●うどん26●そば9●その他10
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 22:13 | Comments [0]

2015年05月23日 土曜日

●【ラーメン】味のまるい@福津市宮司

大体ならば「ろくでなし」で期間限定新作「つけそば」を啜るつもりでハンドルを切って、店舗まで100mの交差点「太郎丸」で信号待ち。いよいよ「つけそば」!なれど、昨夜はエラク楽しい宴で呑みすぎた=汁麺が恋しい恋しいっ……。で、右に切るべきハンドルを急遽左へ切り返し、久方ぶりの「味のまるい」。

小ぶりのドンブリにスープ少なめ&ネギ多め。コレぞイニシエラ店正統の見た目に旨さを確信。レンゲでスープを一啜りすれば、ソリャもうアッツ熱の口当たりと共にカキンッと広がる硬質な豚骨らしきダシのうま味うま味!気持ち強めの塩気がダシのソリッド感を助長。クイッとフック感アリアリのストロング滋味に一発ノックアウト。

合わさる麺は、中細軽縮れ。イイ感じにガサゴソな啜り心地&噛み込んだときのニチッとホックリ感然り、ストロング滋味だしスープと相性抜群。シャクシャク葱と、コレマタ塩気強めのチャーシューのモッチリと。店主が病気で一時期ゴタゴタしたらしいが、見事完全復活美味なる一杯にシアワセ一杯腹一杯っ。

味のまるい
ラーメン450円
福岡県福津市宮司2-1-10
11:00~21:00・水曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン86●チャンポン6●中華麺11●うどん25●そば9●その他10
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 13:36 | Comments [0]

2015年05月22日 金曜日

●【つけ麺】魚雷@熊本県合志市

IMG_9298

午後からの打ち合わせを前に、念願の「魚雷」の光の森店。2ヶ月前のオープン当時はアレコレ物議をかもしたが、きっと今は大丈夫なはずと立ち寄ると、午後1時前の店内は先客3名。

熊本市坪井の本店ならば、この時間帯は満席必至なのにと席に付きメニューを見れば、麺メニューは「辛い!魚雷つけ麺800円」と「辛くない!つけ麺(カレールー付き)850円」の2種に絞り込んである。魚雷つけ麺は本店で啜ったしと、つけ麺をたのむ。

IMG_9291

待つ事しばし、差し出されたつけ麺は、ツヤツヤと光輝く極太ゆる縮れ麺の冷麺と、茶褐色のつけ温スープ+茶褐色のカレールーが色っぽい旨っぽいっ。まずはシンプルにとつけ麺スープでズルルと啜れば、瑞々しい麺の啜り心地と、ぶわんっと広がる豚骨魚介的なつけスープの甘みが、しっかり旨ひっ。

ほほぉ、コリャイイねぇとズルズル啜り、途中、別小皿に供されたカレールーを麺に和えて×温つけスープにくぐらせ啜れば、ヤッホーこりゃ旨いっタマラン旨いっ。食欲大魔神であるカレーの風味に、プラスゴマ辣油?オリエンタル+チャイニーズな風味が温つけスープとガッチリ合体し、コレでもかと己の旨さを主張する様に、うっとり。

唯一の不満は具の乏しさ。気持ち厚切りのチャーシューと、薬味野菜がアレコレで、850円はチト寂し。せめて「兼虎」@福岡市中央区よろしく、さいころ切りチャーシューゴロゴロと大判海苔くらいは奢って欲しい。

とは言いつつも、基本はキチンと旨い支店が、ココ含め2店舗。going my wayなトンガリ若き店主がアチコチへ支店を展開する力強さが、ロートル&オンボロ麺喰いオヤヂにとっては、ソリャもう眩く頼もしい。

夜は来週25日で現店舗での営業を終える「いっとく食堂」で呑む。奇しくも同席したnonopapaさん&nonomamaさんと、美味しく楽しいウダ話を交わしつつ&芋ロックもしこたま飲んだくれ、〆はかつていっとく食堂が「まんぼ亭」だった頃の人気メニュー復刻「豚骨らーめん」。

再来週には店内改装を終え再営業スタートとのことだが、厨房設備の都合で麺はナシとの事。「深夜食堂」よろしく、様々なキャラクターの顧客が次々と訪れ、店主とふれあう様が嬉しくて&楽しくて。いつの日か新たな場所で&設備も整えて、この美味ラーメンをば完全復活して欲しひっ。

【魚雷】光の森店
つけ麺(カレールー付き)250g 850円
熊本県 合志市幾久富1866-1116
土曜休み? Pあり

いっとく食堂
豚骨ラーメン600円?
福岡市中央区赤坂1-9-18赤坂商店街内
11:30~23:00・日曜休み Pなし

※来週25日で現店舗は閉店、その一週間後には現店舗横で居酒屋営業を再開予定とのこと

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン85●チャンポン6●中華麺11●うどん25●そば9●その他10
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 13:05 | Comments [0]

2015年05月21日 木曜日

●【うどん】山ちゃん@北九州市小倉北区

久方ぶりの北九州市日帰り出張。午前中の仕事を正午半前に終え、午後からの仕事は14時半。おっしゃ、ならばイザ啜らんっ、超長年宿題麺である「山ちゃん」のどぎどぎうどんをっ。

モノレール北方駅の脇に紫の暖簾。入口に貼られた地図をたよりに駐車場に車を駐め暖簾を潜ると、店内には先客ナシ。入ってすぐのカウンター席に座り、真正面の壁に貼ってあるメニューから迷わず「肉うどん小600円」をたのみ目線を移すと、カウンター席の高い位置に「ボチボチ辛いよ」と「けっこう辛いよ」。

ナンじゃコリャ?とカウンター奥の若き女性店員さんに尋ねると、鷹の爪とは違う黄色い唐辛子が「けっこう」で、その未熟唐辛子が「ボチボチ」で、そりゃ辛さが半端ナイとのこと。けへへぇ、コリャ楽しみだっ。

ほどなく差し出さた一杯は、イイ感じに透明感を残す醤油色のスープから透けて見えるうどんの量が、いわゆる「どぎどぎうどん」諸店より、随分と少なめ。まぁ旨きゃソレで良いもんねとスメを一啜りすれば、濃口醤油独特のコクあるうま味と、その味わいベクトルを強力にサポートする椎茸ダシらしき、明快芳醇&滋味なる味わいに、一口惚れ。合わさる麺は扁平中太麺。茹で置きらしいがネットリと抗う深コシが旨いね癒やされるねぇ。

そしてソレらより増して感動的ですらあるのが、牛ホホ肉=どぎどぎ肉の旨さ。キチンと下処理後、キチンと煮込まれての提供なのであろう、嫌味は皆無、ただひたすらに肉の旨さをストレートに確認出来る旨さに、コレマタ惚れてまうやろぅっ。

で、「ボチボチ」をかけ啜れば、いやいや余裕余裕。カナリ辛いがチャンと旨し。ならば「けっこう」を一振りすれば、スメを啜った途端ビリリっと辛味が唇を刺激。で、ガッツガツと平らげればビリビリとシビれる唇が、ひょっとしてドナルドダックのくちばし状態か」?!

このエントリーを上げるにあたりgoogleってみるおと、ナナ、ナンと、食べログ「北九州市 うどんランキングTOP100」の第7位?!そして、山ちゃんと同じくどぎどぎうどんを出す「留さん」が3位。かつては北九州市小倉南区の隠れご当地麺だった「どぎどぎうどん」を出す店がトップ10内に2軒もランクインしているとは…。

【山ちゃん】
肉うどん小600円
北九州市小倉南区北方3-34-18
6:30~15:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン84●チャンポン6●中華麺11●うどん25●そば9●その他9
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 01:04 | Comments [0]

2015年05月20日 水曜日

●【ラーメン】龍の羽@博多区銀天町

今年の正月21日にオープンした「龍の羽」。アッちゅう間に早くも4ヶ月経ち、ようやっと訪ねる。雑餉隈銀天町のアーケード商店街のはずれに、およそ新ラ店とは想えない、イイ感じに遣れた外観。

そして店内も、アチコチにメニュー書きが貼り巡られていて、ほっこりと下世話な店造りが、ロートル麺喰いオヤヂには居心地抜群。

午後1時前の店内は先客1名。そしてカウンター奥の厨房には店主らしき若者男性と、その母なのか?年配女性。カウンターに置かれたメニューを見ると、ラーメンが4種類。グランドメニューである「長はまラーメン 臭みのない豚骨ラーメン450円」に、一週毎に週替わり提供の3種。

龍ラーメン:醤油魚介豚骨ラーメン
のラーメン:鶏魚介醤油ラーメン
羽ラーメン:鶏水炊き風ラーメン

縦読みすれば「龍の羽」って、オサレに楽し。加えて味の濃さ、脂量、背脂量、魚介量、麺ストレートor縮れ、麺の固さを指定出来るカスタマイズの自由さ。因みに今週は「のラーメン」で、その翌週は「龍ラーメン」で、更に翌週が「羽ラーメン」なのだとか。ならば「のラーメン」を魚介だし増しでイッてみようっ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、言霊のような模様が入った鳴門がインパクト大。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、外連味が一切ないシンプルかつ上出来なる鶏ガラのうま味×ギュンギュンの魚節ダシ×踊る醤油ダレの風味×一呼吸置いて顔を出す柚子皮の爽やか柑橘味の、ド派手でイヒッと滋味なる味わいがグインッと我がツボっ。

合わさる麺は中太縮れ。むっちりぃと抗う深いコシがコレマラ我がツボなれど、欲を言えば麺線が短すぎる。最近アチコチで口にするコノ手の短麺は、女性や子供には啜りやすくて好評なのかも知れないが、真性麺喰いオヤヂにとっていは、ずるるぅぅ~と啜り上げる快感が得られぬ不完全燃焼感。

とは言いつつも、全てひっくるめれば、我が好みな一杯。となれば、翌々週、我が好物の鶏白湯ラーメンであろう「羽ラーメン」をば、魚介ましで啜らねばっ。

【らーめん龍の羽】
のラーメン魚介まし650円
福岡市博多区銀天町1-3-53
12:00~27:00(日曜月曜早終わり)・火曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン84●チャンポン6●中華麺11●うどん24●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 12:50 | Comments [0]

2015年05月19日 火曜日

●【ラーメン】えびえびそば@筑紫野市杉塚

昨年8月にオープンした「えびえびそば」。味噌風味の一杯が旨かったのだが、あまりにも味噌味が海老ダシと合いすぎていて、折角ならばもっともっと海老ダシが際立った一杯を期待した。そしたらナンと塩味が発売に?!コリャ啜らいでかっ。

塩味発売を知って1ヶ月後に訪ねると、店頭には「一流ホテルシェフが作る極上の中華が390円&490円」なるド派手な看板。個性派海老だし中華そば店から、リーズナブル大衆中華料理店へと、新たな店造りがなされたようだ。

なれどカウンター席に座りメニューを見ると、筆頭はえびえびそば。最上段が味噌味で、あれれ?次の段のメニューは白テープが貼られて消されていて、その下に醤油味。どうやらお目当てだった塩味は発売1ヶ月足らずで廃番メニューとなったのか??ならば醤油をば啜ってみるか。

待つ事しばし、運ばれてきた醤油のスープはエラク白濁していて、前回の味噌と限りなく似た見た目。清湯醤油色を期待していたのだが、こりゃヒョッとして同じスープ&タレか??とおっかなビックリ啜ってみると、さに非ず。口当たりこそ円やかなれど、クイッと華ある海老風味が香る香るっ。前回の味噌は海老ダシの脇を味噌ダレが円やかにまとめ上げ、結果一体感ある芳醇なうま味に昇華していたが、この醤油は良くも悪くも海老勝負。脇腹はスカスカノーガードな海老ダシがスタンドアローンに暴れる様がオモロ旨しっ。

合わさる麺も扁平太麺で、前回の味噌とは別物。スルッと口に収まり、ムッチリ抗う食味の存在感が高めで、暴れん坊海老ダシスープと相性良し。具は茹で卵とチャーシューに、ピリ辛赤味噌。赤味噌を溶かし入れると、味わいが一変し、一気に前回の味噌に近い=よく言えばチャンと旨いが、悪く言えばありがちな味わいに。

個性際立つ海老海老味は大歓迎。ならばピリ辛赤味噌など添える事無く、トコトン海老海老味で勝負味と思われる塩味復活を期待。加えて、以前はのっていた海苔&2枚へと減ったチャーシューが以前通りの3枚へ復活期待期待。

【えびえびそば】
えびえびそ醤油690円
福岡県筑紫野市杉塚2-6-15
11:30~22:00・無休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン83●チャンポン6●中華麺11●うどん24●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 14:38 | Comments [0]

2015年05月17日 日曜日

●【ラーメン】にし村@東区箱崎

JR香椎駅近くのエラク目立たぬ立地で営業していたらしい「にし村」。いつかは啜ってみたひっと思い続けていたが、今年の1月に箱崎の住宅街の一角に移転オープン。

IMG_9255

住所を頼りに訪ねると、随分とモダンな造りのビルの一階に「ラーメン」の幟。なれど周辺は目一杯住宅街なので、以前は詳しく知らないが、この立地なら以前とマンマ同じく、多くの人に知られることを拒否してると思わずにはイラレナイ…?!

正午過ぎの店内はテーブル席の先客2名。ばらば我はカウンター席にと着席しメニューを見ると、「ラーメン500円」を筆頭に具のバリエーションで7~8種。加えて「地獄らーめん」なる貼り紙もアリ。迷う事無く、基本メニューであるラーメンをたのむ。

IMG_9251

ほどなく運ばれてきたラーメンはナンともイイ感じに透明感を残すスープに旨さを予感っ。さぁさ楽しみ楽しみっ!とレンゲで一啜りすれば、スイッと瑞々しい口当たりと共に、控えめに、なのだがコレでもかと確かに主張する豚骨ダシの滋味なるうま味。我が最愛豚骨の一軒「未羅来留亭」@早良区西新に相通ずる博多イニシエ系優良豚骨が、ナンチャナイ。けど、ナンとも旨い旨ひっ。

合わさる麺は自家製中細麺。イイ感じにガサゴソと無骨な啜り心地然り、噛み込んだときのコリッと感&噛み込むほどに広がる小麦の素朴な風味然り、いやはやコレマタ我がツボですバイッ!

先客と店主の話によると、香椎で26才から20年間営業していたが、駅前再開発で移転が余儀なく、結果ここ箱崎でリオープンしたのだとか。イマドキ時代遅れのイニシエ&不器用ストレート勝負の一杯に、思わず「ファイト~、一発!」と心で叫ぶ、ロートル&イニシエ・フェチな麺喰いオヤヂ一匹。

【にし村】
福岡市東区箱崎2-17-11シャトー宮前1階
ラーメン500円
11:30~14:00&16:30~22:00(日祝11:30~21:00)Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン82●チャンポン6●中華麺11●うどん24●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 12:52 | Comments [2]

2015年05月16日 土曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

創作ラーメンの雄「行徳家」待望の期間限定麺新作は「鯖ラーメン」。

差し出された瞬間、ふわりと香り立つ鯖節らしきダシの香りに旨さを確信。先ずはスープと一啜りすれば、クイックイと節感全開の鯖節らしきダシのうま味&ギュインッとドライブする醤油ダレの深い風味。そしてそれらを柔らかくまとめ上げる鶏ガラらしきダシのうま味。昨年の「サバ正油ラーメン」を節、醤油ともにグレードアップした、いわば「鯖だしブラック」な味わいに、うっとり。

合わさる麺は中太縮れ麺。以前よりエッジが立った扁平角麺の形状の成せる技か?それとも全粒粉の比率を減らしたのか??スルッと口に収まる小粋な食味が、あたかも二八そば。節感&醤油感ギンギンのスープと喰らえば、気分は江戸そば。薬味の山椒で味わいの変化も楽しみつつ、メロメロ完食。

行徳家
鯖ラーメン700円 ※期間限定 
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン81●チャンポン6●中華麺11●うどん24●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 12:58 | Comments [0]

2015年05月15日 金曜日

●【中華麺】めん工房 富貴亭@北九州市八幡西区

ひょんな事からその存在を知り、麺好きがグッと惹かれる屋号がズッと気になっていた「めん工房 富貴亭」。昨年4月にオープンしてから早1年経ち、ようやっと来店が叶うシアワセ。

午後2時前と既にアイドルタイムなれど、カウンター席のみ7~8席の店内はほぼ満席。わずかに空いた席に滑り込みメニューを見ると、筆頭の「担々麺」に「醤油ラーメン」、「海鮮湯麺」など王道中華汁麺が5~6種に、焼きそば2種とご飯類と餃子。因みに店の一押しは筆頭の担々麺との事なれど、ナニせスッパ麺大スキ体質、迷う事無く「酸辣湯麺」をたのむ。

注文が入るや否や調理が始まる。麺は専用釜で茹でつつ、中華鍋で具をスープで加熱しつつ、一旦手で溶き片栗粉を受けて鍋に落とし入れることで、まんべんなく溶き片栗粉を回して上手くスープにとろみをつける様を目の当たり。いやぁ凄いね楽しいね、職人技!

待つ事しばし、カウンター越しに酸辣湯麺が差し出される。大振りのドンブリを埋め尽くす、あんかけツヤツヤ&数々の具がシズル感ありあり。おっしゃ、コリャ旨くないハズがないっ、とレンゲでスメを一啜りすれば、ソリャもうアッツ熱のトロリな口当たりと共に、適度にキュイッな酸味と辛味と、ふわりと鼻へ抜けるダシ&ゴマ油の風味。

加えてビックリ旨いのが、気持ち扁平した中太麺。むりりぃと深く抗いつつも、ある瞬間サクッと解け、噛み込むほどに広がる小麦の風味が、へぇへぇへぇ~、こりゃドンズバ我がツボっと食欲ターボエンジン全開でズリズリ啜り一気完食。

いやぁ旨いね&ハマルね。ならばルーツ店である「富貴亭」にも惹かれチャウチャウ・トレイン。機会を作り是非とも啜ってみたひっ。

めん工房富貴亭
酸辣湯麺730円
北九州市八幡西区竹末2-4-1
11:00~15:00&17:00~21:00・水曜休み

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン80●チャンポン6●中華麺11●うどん24●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 14:32 | Comments [0]

2015年05月14日 木曜日

●【うどん】きむら家@北九州市小倉北区

小倉経済新聞でその存在を知り、ずっと気になっていた「きむら家」。昨年12月にオープンしてからカレこれ半年、ようやっと訪ねる。

店入口へ登る階段左手の複数ある駐車スーペースの一角に車を駐めて店内に入ると、かつて「留さんうどん」だった頃と、まんま同じ。そして店奥の壁には留さんうどんの頃に使われていた暖簾がかけてある。

ナンでも「店主の木村圭佑さんの祖父、木村留雄さんが約20年前に同じ場所で創業。戦後から小倉の地元グルメとして知られる牛の頬肉を使った肉うどんを改良し、麺に「よもぎ」を練り込んだ「よもぎうどん」を編み出した。後に体調を崩し、いったん店を人に譲るが、移転に伴い空き店舗となった同店を孫の圭佑さんが再スタートする形でオープンした。」との事。

席に着きメニューを見ると、肉うどんは、普通のうどんの「しろ肉うどん」と「よもぎ肉うどん」の2種に、天ぷらトッピングが「ちくわ、ごぼう、たまねぎ」の3種。加えて「さばのぬが優良どぎどぎテイスト。かだき」も載っているあたりが、如何にも留さんうどんチック。なのだが、加えて「しょうがおにぎり」なるおにぎりも載っているし、卓上には「こしょう味噌」なる薬味が置いてあったりと、新たなる創意工夫がそこかしこ。

レジ横に置いてある切り干し大根と昆布のぬか漬けを囓りつつ待つ事しばし、運ばれてきたうどんは、透明感ある黒いスメに透ける、キリッとエッジが立った真緑のよもぎうどんが、ナカナカのハンサムボーイ。

卓上のおろし生姜と鷹の爪をトッピングして、先ずはスメと一啜りすれば、クイッとフック感あるうま味とカエシの風味。こりゃ旨いとうどんを啜れば、むっちり抗う深いコシと噛み込むほどに広がるよもぎの風味がマーベラス。そしてシッカリと煮込まれたサイコロ状の牛ほほ肉の甘み。

そうそうコレコレ!この食味のハーモニーこそが優良どぎどぎテイスト。なにせ久方ぶりのどぎどぎうどん、あぁ旨い、やっぱ旨いわと一気完食。

【きむら家】
よもぎ肉うどん並650円
北九州市小倉北区泉台3-10-10
6:00~14:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン79●チャンポン6●中華麺11●うどん24●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離17km / 通年105km

Posted by heno at 13:52 | Comments [0]

2015年05月13日 水曜日

●【ラーメン】白龍軒@筑後市羽犬塚

昨日は、お目当ての麺屋に次々とフラれフラれて「龍の家」の久留米インター店。ホクッと香り立つ豚骨スープに、きっと今現在の日本全国スタンダードの豚骨ラーメンは、所謂一風堂系のコノ手の味わいなのだろうなぁと感慨ひとしお。

そして今日も、フラれ続けて「白龍軒」。気持ち薄めのダシ感と、スキッと後味良い食味が相変わらずの老舗美味。コリャ旨いなと啜っていると、おそらく近所の九州新幹線「羽犬塚」駅で下車したばかりか、滑車付きのスーツケースを引きずりつつ入店してきた、旅帰りらしき老夫婦。見知らぬ土地の旅=楽しい、が、疲れる。その疲れを癒やしに行きつけのラ店に立ち寄る=コレ正にソウル麺。その現場を目撃できたそれだけで、ナンだかエラクしあわせ気分全開で、ほっこり完食。

【龍の家】久留米インター店
ラーメン純650円
留米市御井旗崎1-11-1
11:00~26:00・無休 Pあり

【白龍軒】
中華そば550円
筑後市羽犬塚山ノ井189-2
11:30~24:00・不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン79●チャンポン6●中華麺11●うどん23●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 13:19 | Comments [0]

2015年05月10日 日曜日

●【ラーメン】二代目けんのすけ@東区舞松原

かれこれ7~8年の宿題店である「けんのすけ」。トレードマークである「ラーメン」「ホルモン」「ファンキー」と染められた白い暖簾は健在なれど、赤点との「博多ラーメン」の肩に「二代目」の文字。

正午過ぎの店内は、8割方客で埋まっている。小さな子連れの家族客に、既に酩酊状態の年配客と、バラエティ溢れる客層=地元で愛されている証拠。プラス、入口の扉を開け放っているにもかかわらず、カウンター奥の厨房よりグイグイ香り立つ豚骨臭。こりゃ期待出来そうだっ!と、基本メニューの「ラーメン550円」をたのむ。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンはドヨンッと淀んだ茶褐色スープからクンクンと香り立つ豚骨臭が、ワイルドだろぅ~~?!(今更スギちゃん調で) こいつぁナカナカ手強そうだ……、とおっかなビックリ腰が引けつつ一口啜れば、アッツ熱の口当たり共にぽったり広がる脂の甘みと豚骨ダシのうま味と、その味わいの輪郭を描き出す醤油ダレの風味。

合わさる麺は中細ストレート。オーダー時、麺の固さを問われr「普通で」とこたえたが、ポリポリとした食味がカナリの固揚げ。合わさる多めの葱&キクラゲとの食感コラボが男前な、スープに負けず劣らず男前な味わい。

気持ちザラッと舌に残るスープの随感に、勢いある具の触感。唯一の違いは麺の形状のみで、味わいの印象は往年の「赤のれん」@東区箱崎に酷似で、以前啜った「けんのすけGoGo志免店」のそれとは全く別物。

赤テントの「二代目」の文字は伊達じゃない。どうやら代替わりして、新たな味わいのラーメンを提供するようになったのか。そして壁には「新メニュー スタミナ!赤ラーメン」なる貼り紙も。アレコレと新しい味わいにチャレンジしているらしきその姿勢にウキウキしつつ、ズズッと完食。

二代目けんのすけ
ラーメン550円
福岡市東区若宮4-1-36
11:30~14:00&18:00~28:00(日祝:11:30~15:00&18:00~27:00)・月曜休み(祝日の場合は翌火曜休み) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン77●チャンポン6●中華麺11●うどん23●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 12:35 | Comments [0]

2015年05月09日 土曜日

●【チャンポン】食堂英々@早良区城西

おやぁ?随分と盛りが良くなってないかぁ……!

半年ぶりに啜る「食堂英々」の「チャンポン」は、大振りのドンブリに、こんもりと盛られた具。おっしゃ、気合いを入れて喰らわねばっ、とスープを啜れば、ぽってりとうま味が濃厚美味。合わさる麺も太め&量多めで濃厚スープと相性。シャキシャキ野菜に加え、豚肉やイカと豪華な具と共に口へ放り込み、ガシガシ喰らうガツン系快感よ。

食堂英々
チャンポン680円
福岡市早良区城西3-2-23
11:30~15:00&17:00~22:30(日曜11:30~20:00)・月曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン76●チャンポン6●中華麺11●うどん23●そば7●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km
Posted by heno at 13:28 | Comments [0]

2015年05月08日 金曜日

●【ラーメン?】つどい@中央区薬院

夜9時半、春吉での仕事が無事終了し、ライトな打ち上げ。「その一杯が食べたくて。」で惹かれた「つどい」を訪ねる。

IMG_9171

住所を頼りに訪ねると、薬院の住宅街の一角のオンボロ・アパートに「夜の匂い」と描かれた怪しいピンク提灯。おっかなビックリ入口を開けると、かつての長浜店舗と同じく、目一杯昭和感溢れまくりの店内は先客4~5名。そしてカウンター奥の厨房には見慣れた若き店主が、客と会話を交わしつつ、料理を仕上げている。

IMG_9163

店主に示された通り、入口近くのカウンター席に座り卓上のメニューを眺めると、「汁ありのアレ」だの「夜の匂い」だのナニやら意味深なメニューがずらり。ナルホド「その一杯がたべたくて。」のリポ通り、その怪しさが楽しいぞぉ!

※なので以降は詳細リポは白文字伏せ字にいたします。楽しさより実情が知りたい方は、その部分をドラッグすれば見ていただけます。

IMG_9165

まず頼んだのは「夜の匂い」と「煮込み」の卵入り。店主の感性でチョイスした4~5種の酒を合わせて炭酸で割ったという夜の匂いは、ハーブ感あるシュワシュワ食味がオモロなカクテル。5種のホルモンを煮込んだアテも、ホルモン自体の新鮮食味と、どて焼き風のぽってり旨いタレの味わいがナイスナイス。

こりゃ旨いね!とついついピッチが上がり、早々に芋ロックにリレー。クイクイ&ガツガツカッ喰らい、追加で「浅漬け」&再芋ロックも注文し、一気に極楽気分で、〆の麺。

IMG_9170

我がたのんだ「汁ありのアレ」の正体は、カップうどん「赤いきつね」を如何に美味しく作り上げるかと腐心した極上オリジナル味。カキンッと魚介の節がきいた熱々スメに、あたかもうどんの如き扁平麺のコリッと食味。ぽってりと煮上げられたキツネも添えて食べると、コレ正にウルトラ極上な赤いきつね味。

IMG_9167

そして、同行のY内さんがたのんだ「汁なしのアレ」の正体は、日清焼きそばUFOリスペクト。ピリッと生姜の風味が効いたソース味のタレと、汁ありのアレより細目の偏平麺のしなやかなコシに、コレマタやられまくり。

アレコレと食の楽しみ満載のリ・ボーンつどい。この近郊で飲んだ後の〆に、また是非立ち寄りたいぞっ。

【つどい】
汁ありのアレ700円
福岡市中央区薬院3-7-30
19:00〜26:00・日曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン76●チャンポン5●中華麺11●うどん23●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 22:03 | Comments [0]

●【ラーメン】やっちゃんち@中央区清川

今日は終日、春吉で仕事。午前中の仕事が一段落したところで、さぁさ昼麺。歩いて10分ほどの「支那そば やっちゃん」を目指す。

かつては、ネオ博多うどん店「むぎ麦」だった店舗に昨日グランドオープンした支那そば やっちゃん。正午半過ぎに訪ねると、店内は先客6~7名。入口横の食券販売機を見ると、ラーメンは塩と醤油の2種類×具のバリエーションが3~4種。「オススメは塩味」との貼り紙を頼りに「支那そば 塩600円、のボタンを押す。

空いていたテーブル席に座り卓上を見ると、塩と醤油それぞれのタレに加え、魚粉が置いたある。合わせて置いたあった能書き書によると「※魚粉を入れると和風になります。入れすぎにご注意ください」。おっしゃ、コリャ味変が楽しみだっ。

ほどなく運ばれてきたドンブリは随分と大振りで、スープも麺も所謂博多ラーメンの1.3倍はありそうだ。コリャ600円にしては随分とおご馳走だなぁとレンゲでスープを一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、ジワジワジワァと広がる鶏ガラらしきダシのうま味が、上出来水炊きスープ。店ブログによると「スープは、国産の豚、鶏、海産物を使いあっさりながらもコクのある仕上がり♡ 素材の旨味を活かしたスープです(^^)」との事。

合わさる麺は中太縮れ麺ぷりんぷりんと抗い、むちんっと解けるコシが自然に楽しい我がツボタイプ。多めの葱とシナチクのシャキ&シャク感とのコラボが、またひとしお。チャーシューは提供直前に炙ってあって、スモーキーな風味と、とろりんモッチリな食味が、滋味スープと相性抜群。

半分ほど食べ進んだところで卓上の魚粉をふりかければ、おっと味わい一新。イイ感じにクイクイ感ある魚介ダシに食欲再チャージ。うへへコリャたまらんっとズルズルズバンっと一気完食。

取り立てたド派手な個性とは無縁の、実直美味なる一杯に惚れ惚れ。同行スタッフY内さんの頼んだ醤油味も一口お裾分けいただいたが、コレマタ力石徹の両手ぶらり戦術的ノー演出な滋味ストレート勝負な味わいがタマランタマランっ。次回は是非ともまるまま一杯楽しむぞっ。

支那そば やっちゃんち
支那そば塩600円
福岡市中央区清川3-12-1
5月 7日~10日まで11時~16時
5月11日から朝7時~16時・水曜&木曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン75●チャンポン5●中華麺11●うどん23●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 12:32 | Comments [0]

2015年05月07日 木曜日

●【ラーメン】元祖長浜屋@中央区長浜

この一杯こそ超デンジャラス・ドランカー・ソウルフード。ナゼかシコタマ恋しくなって、「ナシカタネギヤマぁ~」。

移転後は随分とまともなラーメン店になったと思っていたが、2年ぶりに訪ねると調理カウンターに腰掛け、互いにちょっかいを出してジャれ合う若者店員の接客態度が、かつての元祖でちょっとウレシイ。なれど、来客があるや否や「らっしゃいませぇ~!」と元気に迎え、突如仕事モード。ある者は注文を取り、ある者は麺を揚げ、ある者はテーブルを回り薬味の擂りゴマの補充を始める。いやはや、やっぱりまともなラ店。

ほどなく運ばれてきたラーメンはオーダー通りの葱てんこもりと、コレマタまともな接客が、ウレシクもアリ寂しくもアリ。

ほんじゃまスープと一啜りすれば、ソリャもうアッツ熱々な口当たりとともに軽やかに広がるダシのうま味。おっしゃと卓上の擂りゴマを5回振り、紅ショウガをのせ、仕上げに胡椒を3振りして戦闘開始、ズルズルガツガツとカッ喰らう。途中、焼き豚の塩気がスープに映り、味わいが変化する様も存分に楽しみつつ、一気完食。

【元祖長浜屋】
ラーメン500円
福岡市中央区長浜2-5-38
年末年始のみ数日休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン74●チャンポン5●中華麺11●うどん23●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 22:17 | Comments [0]

2015年05月06日 水曜日

●【ラーメン】しる商人@田川市夏吉

GW最終日。ナニせ甲殻類と貝類がソリャもう好物な我。朝にたまさか見かけた「もの喰う日々 もの思う日々」のエントリーに惹かれ&焦がれ、ひょこひょこと「しる商人」@田川市の期間限定「あさり貝塩らーめん」。

おそらくグランドメニューである「塩らーめん」と共用のスープであさりを煮上げて作られたのだろうか?鶏ガラ×魚介ダシらしきベース味に、あさりのうま味がバチコンっときいた滋味&派手ヤンチャ味。

合わさる麺もおそらく塩ラーメンと共用らしき中太縮れ。ぷりんぷりんっの跳ねるコシが、ソリャもう元気元気!

アサリの身を殻から外し、スープ&薬味の葱&麺と共にいただけば、シャキシャキ、ムニムニ、ぷりんぷりんで、いやぁ旨いねタマランね。最小公倍数的に手を加え、最大公約数的に極自然なれど、十二分に膨らみ感ある豊かな味わいに、めろめろ。

週替わりでアレコレと創作ラーメンを提供予定とか。うぬぬ、ならあ毎週末はしる商人詣でをしてみたひっ。

しる商人
あさり貝塩らーめん630円
田川市夏吉1424-5
11:00~15:00・火曜休み(祝日の場合は翌水曜日) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン73●チャンポン5●中華麺11●うどん23●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 16:47 | Comments [0]

2015年05月05日 火曜日

●【ラーメン】元斗好軒@鹿児島県鹿児島市

IMG_9120

朝5時半、スッキリ起床しGo 開聞岳!
山頂に向けスキッとそそり立った男前ぶりは、
正に
薩摩富士。

IMG_9126

なれど、山頂に向けそそり立つ=山頂路が険しくなる。
傾斜に加え、岩場が一気に増えてもうヘロヘロで、
ナンとかカンとか山頂着。で、息ぜぇぜぇ。

IMG_9127

下山後は、西郷どんも浸かったという「鰻温泉」で
地元の方と共に一汗流し、やっほー昼麺。

まず向かったのはヌードルライター山田さん溺愛の「リラクラーメン」。住所を頼りに訪ねると、鹿児島市一の繁華街の一角のビル入り口に、あたかも来客を拒否するかのような、エラク目立たぬ「riraku」の電照看板。どらどらと看板横の階段を降りると地下一階の店舗前には、順番待ちの長蛇の列……。

アカン!今日は子供の日だし、夕方には帰福し子供達と食事をするのだっとトットと諦めて次ぎに向かったのは、これまた山田さんオススメの「元斗好軒」。

リラクラーメンから北へ2~3㎞の鹿児島市教育総合センター横に、いい感じに日焼けした「らーめん」の黄色い電照看板。すぐ隣のコインパーキングに車を駐めて入店すれば、カウンター席のみ10席ほどのこぢんまりした店内は、ほぼ満席状態。

わずか2席空いたひとつに滑り込みセーフ!でメニューを眺めると「ラーメン680円」と共にならぶ「金色山椒らーめん750円」がエラク気になる気になるぅ。が、やっぱ「初ラ店は基本メニュー」かなぁと、ラーメンをたのむ。

カウンターの高い位置には食品パックに入ったキュウリと大根の漬け物。
これぞ正統鹿児島ラーメン店だよなぁと4~5切れいただき、
ポリポリ囓りながら出来上がりを待つ。

待つ事しばし、カウンター奥から奥さんが運び出してくれたドンブリは、イイ感じに透明感を残す醤油褐色スープに旨さを確信。どれどれとレンゲでスープを一啜りすれば、瞬間心許ない感さえあるあっさり味だが、すぐその後に顔を出す、クイックイのダシ感こそ丁寧滋味スープの勲章。嫌味は一切ナシ、ダシのうま味を遺憾なく発揮しまくる確実な仕事の跡に感動すら感じる極上我がツボ美味。

そしてそして、そのスープに負けず劣らず麺がデラックス&マーベラス美味美味っ。しゅるりぃと艶っぽく口に収まる触感と、むりりんっ、むちんっと踊るコシ&ヒキが、昨日の「麺人佐藤」と相通じるものを感じつつ、その味あじわいに感動しっつ。加えて角切りチャーシューの旨さが好アクセント。

一見ナンちゃナサげな鹿児島ラーメンだが、その実唯一無二のネオ鹿児島ラーメン。GWで保育所が休みだったのか、健気に両親の仕事を手伝う2~3才の女の子の「ありがとうございましたぁ~!!」との元気な声に送られて、シアワセ一杯腹一杯。

夜は子供達のリクエストに応え近所の焼き鳥屋へ連れて行くも、全然イケてない……。で、早々に切り上げて「大大 別府店」へ。キチンと旨い豚バラ焼き鳥&餃子を楽しみ、〆はラーメン。シュルッと小気味よい啜り心地の極細偏平麺と軽めの醤油豚骨スープに、今は閉店してしまった「大大 上山門店」を思い出すしつつ、ズズッと大満足。

【元斗好軒】
らーめん680円
鹿児島県鹿児島市山下町8-6
11:00〜17:30・日曜休み Pなし(有料駐車場100円キャッシュバックあり)

【大大 別府店】
ラーメン550円
福岡市城南区別府3-1-4
夕方から営業

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン72●チャンポン5●中華麺11●うどん23●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km
Posted by heno at 22:10 | Comments [0]

2015年05月04日 月曜日

●【ラーメン】麺人佐藤@鹿児島県鹿児島市

再び下道を鹿児島へ。熊本県松橋町で「武蔵系魚介 らーめん一喝」なるラ店にも惹かれるも、ナニせロートル&ポンコツ麺喰いゆえ無茶な連食はケガの元。iPhoneからランダム再生される旧譜の数々を当時の思い出と共に楽しみつつ4時間弱、鹿児島市へ着く。

さぁさ夜麺とまず向かったのは「大連飯荘」。「天門」@宮崎県宮崎市と同じく手延べのラーメンが楽しめると訪ねるも店舗が見当らず、そこには真新しい建物が。どうやら廃業されたのか?ならば予定変更と「麺人佐藤」へ向かう。

鹿児島市南部の新興住宅街の一角。周りは全て普通の一軒家で、ラーメン店とするとナンとも辺鄙な立地だが、食べログの鹿児島県ラーメンランキングで1位を獲得するほどの超人気店。

夕方は18時からの営業と思いきや、GW対応か既に営業中で店内はほぼ満席。わずかに空いたカウンター席へ滑り込みメニューを眺めると「鶏白湯」 が醤油、塩、味噌に「鯛あらダシスープ」が醤油と塩。そして鶏白湯の「つけ麺」が醤油、塩と並ぶ。いずれ劣らぬ魅惑的ラインナップにしばし迷うも初志貫徹、お目当ての鯛アラだしスープを塩らー麺でたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンはドンブリ一面を覆う大判のチャーシューがインパクト大。茹でキャベツが添えてあるあたりは如何にも鹿児島ラーメンだなぁとスープを啜れば、軽やかな口当たりとともに豊かに広がるダシのうま味。

瞬間豚骨か?と思いきや、ふわっと香り立つ後味は「臨機」@熊本市「JAZZ家」@福岡市と同じく、鮮魚系スープ。鯛で刺身を取った後の頭やカマや中骨などのアラを酒蒸しで食べる時と同様の、あの旨さが乳化する事によって円やかさがプラス。加えて葱の焦がし油の香ばしい甘みも加味されナンとも旨い旨いっ。

そして更に麺が旨いっ。気持ち扁平した中太麺は、ぬらっと艶っぽい啜り心地然り、モッチリとしたコシ×びよんっと弾力感あるヒキ然り、噛み込むほどに広がる甘み然り、ドンズバ我がツボ。

加えて大判チャーシューのもっちりに、茹でキャベツのシャキシャキに、シナチクとキクラゲのシャクシャクと、おご馳走感も満載で、ナルホドこりゃ人気なわけだとウハウハ気分で啜っていると、隣の客がたのんだつけ麺が運ばれてくる。見るとつけ汁の薬味としてレモンが添えられているではないか?!コレまたエラク旨そうっ!!と連食を考えるも、イカンイカン。この美味しさの余韻を充分に楽しむ為にも、コレ一杯で終わらせておこうと泣く泣く勘定して店を出る。

途中コンビニで酒を買いだし車で1時間。指宿市の開聞岳山麓の道の駅で車中泊。明日は超久方ぶりの山登り、しっかり寝て挑まねばと焼酎炭酸割りを駆けつけ3杯あおり、ことり就寝。

【麺人佐藤】
鯛アラだしスープ塩らー麺650円
鹿児島県鹿児島市宇宿8-13-18
11:30~15:00&18:00~21:00・火曜日(祝日の場合翌日) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン70●チャンポン5●中華麺11●うどん23●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 18:15 | Comments [0]

●【ラーメン】びーだま@熊本県熊本市

なにせGW!ナニがナンでも遊ぶぞと、早朝からの仕事を御前9時半で片付け、Go South!創作麺を訪ね&開聞岳に登る1泊2日の旅が始まり始まりぃ。

ナニせ開聞岳山麓に今夜着けばいい=時間はたっぷりあるので高速道路は使わず下道を思うままにハンドル切りつつ、ブラブラと。コノ店か?いやいやアノ店!ありゃGW休業か…。アチコチ迷走しつつ、「びーだま」へ辿り着く。

福岡市南部・川尻の塩ラーメン専門店「けんだま」の姉妹店である「びーだま」は、とことん女性指向の創作ラーメンが楽しめると評判の店。

噂に違わぬオサレな店内。ロフト風の高い天井&チープシックなインテリアの店内では、黒の上下&前掛け&カスケードを被った女性店員の明る接客。

窓際の二人がけハイテーブルに座りメニューを見ると基本の「塩とオリーブのラーメン」に具のバリエーションで「びーだまラーメン」や「花火ラーメン」など愛らしいメニュー名が並ぶ。

カフェ気分で待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは透明感あるスープに透ける白磁にベビーリーフの緑が映えてコレまたオサレ。先ずはスープとひと啜りすれば、鶏ガラらしき円やかなうま味を鮮やかに描き出すオリーブオイルの風味と、葱油ならぬエシャロット油の香ばしい甘み。

合わさる麺は中太縮れ。スルスルと口に収まる触感ともっちりと解けるコシが優し旨し。鶏むね肉の薄切りチャーシューとベビーリーフと共に食べ進むと気分はベトナムの麺料理フォーの西洋版。かつてベトナムがフランス植民地だった頃、ベトナムの食に触れたフランス人が、ひょっとしてこんな食べ方もしていたのでは?など思えるほどにエラク美味しい取り合わせに感服。

【川尻ヌードル食堂びーだま】
塩とオリーブのラーメン590円
熊本市南区近見8-6-101
10:00~15:00&18:00~22:00・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン69●チャンポン5●中華麺11●うどん23●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 12:54 | Comments [0]

2015年05月03日 日曜日

●【うどん】祇園いちばん@博多区祇園

豚骨ラーメン「ナンバーワン」を福岡市内に4店舗+香港と台湾にもFCで各1店舗展開する(株)テイクワンが、新業態店としてチョイ呑みうどん屋「祇園いちばん」を先月23日オープン。

開店時間間もなく入店すれば、30~40席はあろうかL型カウンター席のみの奥深い町屋作りの店内は先客ナシ。有線だろうか?Jポップが鳴り続く中、メニューを眺めると、「博多うどん 温」は「丸天600円」「かき揚げ600円」や「カレー650円」など、いわゆるフツーのメニューが若干価格高めの設定。やっぱ「初う店はゴボ天」かなと、「ごぼう天480円」をたのむ。

ほどなく運ばれてきたごぼ天は、気負いのないフツーのごぼ天うどんルックス but キチンと仕事だれた感アリアリの見た目に旨さを確信。こぢんまりしたドンブリを両手で抱えると、予めドンブリを温めてあったのか、ジンジンと両手に伝わる温かさがナンともウレシイ。

先ずはスメとひと啜りすれば、ソリャもうアッツ熱の口当たりなれど、キチンと香り立つダシの、イイ感じに抑揚感ある効き具合にコレまたウットリ。

ならばうどんとズズッと啜れば、カナリ太めの中太麺の存在感ある啜り心地然り、噛み込んだときの芯に向けボワンッと密になる懐深いコシ然り。おそらく自家製手打ち&揚げたてうどんのようだが、ヘンにムッチムチなコシを主張すること無く、ボワンボワンと優しいコシ。なるほどコリャメニューにある通り「博多うどん」のネオ版やねっ。

大振りの笹がきゴボウの天ぷらも熱々カリカリの揚げたてと、トコトン&アチコチ&キチンと作り上げられた丁寧美味なる一杯に大満足。うどんメニューと共に酒&アテのメニューが立ててあったので精算時に尋ねると、酒&アテとも昼間からオーダー可能との事。おでんや肉豆腐など惹かれるアテもズラリ並んでいるし、コリャ次回は是非とも呑み系うどん屋でチョイと昼飲み。

GWの夜は家族揃って「ゴールデン食堂」で外食。
相も変わらぬ絶品ホルモン焼きを堪能し……

〆はすぐ近所の「行徳家」で「塩らーめん」。美しく澄んだ黄金スープは、鶏ガラ×魚介ダシらしき外連味一切ナシの純粋なうま味に、もう惚れ惚れ。合わせた中太縮れ麺も、プラス気持ち扁平感 &マイナス縮れ感=チモチ感×ソリッド感のハイブリッド食感が、昨年までの一杯と明らかに一線を画する、新たなうま味満載に、ほっと一息。

人手不足で新たな店造りを余儀なくされて、苦労が絶えないようなれど、さすがのこの味わい。ならば早期に名物の期間限定創作ラーメンの再開も楽しみ楽しみっ。

博多麺道酒家 祇園いちばん
ごぼう天うどん480円
福岡県福岡市博多区祇園町4-58
11:30~23:00 Pなし

行徳家
塩らーめん680円
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン68●チャンポン5●中華麺11●うどん23●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 20:54 | Comments [0]

2015年05月02日 土曜日

●【ラーメン】麺や兼虎@中央区赤坂

豚骨博多の醤油ラーメン 七十三

なぁにぃ~~、ヤッチまったなぁ!(今更クールポコ調で)

たまさか「兼虎」の前を通りかかると店頭に「GW限定ガツン煮干し中華そば700円」の貼り紙。ナニせニボニボ大好物の我ゆえ、素通りなど出来るはずも無く即入店。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、ぶ厚いチャーシューに、ぶっといシナチク、細かいタマネギみじん切りに、ざっくり三つ葉。コレまたおご馳走な一杯だなぁとスープを啜れば、グインッと広がる粉感ある魚介ダシと円やかにその味わいをまとめ上げる豚骨だし=コレぞ兼虎。プラス、一足遅れて顔を出すクイッとフック感ある煮干しのうま味の、味わい三重奏。

合わさる麺はコレでもかとシンプル食味の中太ストレート。重奏スープを軽く受けるさり気なさが新鮮美味。なれど、数々のゴージャスな具と食べ合わせると、再び三度、アレコレと味わい協奏曲を奏でる様がいやはやお見事。どこかお江戸チックなスマートな味わいの煮干し味。いやオモロイ、同じニボニボでの店ソレゾレの味わいに感服。

【麺や兼虎】
ガツン煮干し中華そば 700円
福岡市中央区赤坂1-1-18
11:45~14:30&18:00~22:30
(土日 11:45~16:00&18:00~21:00)  火曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン67●チャンポン5●中華麺11●うどん22●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km
Posted by heno at 19:17 | Comments [0]

2015年05月01日 金曜日

●【うどん】満月@北九州市小倉西区

豊前裏打会全店制覇 その二十二

JR陣原駅前のショッピングモールの一角にズラリ並んだ花輪。先週グランドオープンした「うどん満月」の陣原駅前店である。午後1時過ぎの店内はほぼ満席。わずかに空いたカウンター席に滑り込みメニューを見ると、豊前裏打会名物のぶっかけうどんが7~8種に汁うどんが14~15種、つけ麺が5~6種とフルラインナップ。満月の名作「肉ざる」に惹かれるも、ナニより長年の宿題麺である「にくそぼろうどん」を啜らなねばっ。

待つ事しばし、運ばれてきたうどんは、少なめのスメ&こんもり盛られた鶏肉そぼろが印象的。先ずはスメとひと啜りすれば、イイ感じに抑揚の効いたダシの鯔背なこの味わいこそ正にうどん満月。

合わさるうどんの、サクッと歯が通った後にむっちり、ぷるるんと踊る二段ゴシも正統豊前裏打会。そして具の鶏ソボロはゴボウと共に煮込まれていて、地鶏チックなコリッと感とゴボウのシャクッと感と、モチモチプルルンうどんとの食感のコラボ。スメが少なめに盛られているので、より豊かにうどんと具の味わいのハーモニーが感じられる。一見ナンちゃないそぼろうどんなれど、その実キチンと計算された感アリアリの創作うどんにひたすら感服。

同じく豊前裏打会の「大地のうどん」の筑紫野店に負けず劣らずの大型店舗。おそらく4~50人ほど入った客のうどんを、7~8人のスタッフに指示を出しつつ、次々と仕上げていく若き店主の仕事ぶりに、惚れ惚れ。もとの三ヶ森店は現在改装中で、チョイ飲みうどん屋として再オープン予定との事。合わせて経営する「もつ鍋丸幸」と3店舗で、本日「株式会社 五合」を法人化。その元気さが見事に反映した味わいに勇気をもらい、さぁさ午後からの打ち合わせ、ガッツリがんばんべぇ!

うどん満月
とりそぼろうどん550円
北九州市八幡西区陣原1-2-7
11:00~16:00&17:00~21:00
Pあり(店裏手のエコ・フレンドリータウン陣原内駐車場が90分無料)
◎2015通年麺喰い◎
ラーメン66●チャンポン5●中華麺11●うどん22●そば6●その他9
◎5月の総ジョ グ距離9km / 通年97km

Posted by heno at 13:11 | Comments [0]