HENO HENO: 2015年06月 アーカイブ

2015年06月30日 火曜日

●【うどん】福岡麺通団@中央区渡辺通

蛍の光 窓の雪、本日で提供終了の期間限定「魯肉うどん」。先日啜るもアマリの旨さに限定終了間際に滑り込みで再食。最終日だからなのか?それとも単なる偶然か?今日の一杯は肉味噌と炒め辛子高菜の量が半端ナイ。

うっしゃっ、コリャ旨くないハズもナシ!ともんどり打ちつつグリングリンと味噌にうどんを絡ませて、ズビズバンっと啜れば、オリエンタルに旨辛な肉味噌と辛子高菜がニッチリ釜揚げ中太うどんと踊る、跳ねる、唄う。固茹で卵が味わい&食感の好アクセント。そして、ある意味味の要であるパクチーのクセある風味にゾッコンLOVE!

力ある他飲食店とのコラボ企画が今後も楽し旨し大スキっ。今後もきっと新たなコラボうどんを提供してくれるだろうと期待を膨らませつつ、一気完食。

福岡麺通団
魯肉うどん480円 ※本日までの期間限定
福岡市中央区渡辺通4-11-3
11:00~24:00 (日祝日は~23:00) Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン107●チャンポン8●中華麺12●うどん32●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離33km / 通年152km

Posted by heno at 00:23 | Comments [0]

2015年06月28日 日曜日

●【ラーメン】海鳴食堂@博多区博多駅南

「海鳴」@清川の4店舗目の支店として先月末にオープンした「海鳴食堂」。海鳴のラーメンは確かに旨いが巷の超高評価ほどには我がツボではなく、オープンが気になりつつもツイツイ来店が延び延びで早1ヶ月。なれど、アチラコチラのブログに惹かれ啜った「ベジトンラーメン」は、わぁお、わおわぉソリャもう我がツボ、旨ひ旨ひっ。

メニュー名から察するにベジタブル+豚骨か?赤みがかったスープを一口啜ると、瞬間広がるトマト?+ジャガイモ?+タマネギ?+パセリ?的なイタ~リアンな旨みは濃密ミネストローネ。なれどフワッと広がる後味はナゼか甘味噌風味??

合わさる麺は最近流行?の麺線短めの中細麺。シュッと口に収まる感じが通常の豚骨ラーメンでは心許ないが、先日の「辛 冷製味噌麺」@「麺アトリエ行」然り、このベジトン然り、創作ラーメンで啜ると全く違和感がない。と言うより、この手のラーメンには短麺の方が合っている気がする。イタリアン気分だった我をグッとラーメン気分に引き戻す。

具は炙りチャーシューに白髪ネギで、なおさらラーメン気分になったところで、卓上の調味料に目を移すと、おうおう、ヤッパリ置いてあるよタバスコがっ!ならばと3~4回ふり啜れば、ヤッホー気分は再びイタ~~リアンっ!いやぁコリャなんともオモロ旨ひ旨ひっと、ボーノ完食。

コレまでの店舗に比べると断然広めの店内の奥には「海鳴工房」。出身の一幸舎よろしく、系列店の製麺工場を併設したのか?兎にも角にも、この旨さの一要因は、店舗の広さ。ドエラク狭い本店では、スープを煮立てる熱気+チャーシューを炙る燻煙が店中に充満し、純粋にラーメンの味わいを楽しめない。ならば次回は海鳴自慢のフラッグシップメニュー「魚介とんこつ」を、この店舗で改めて啜ってみたひっ。

海鳴食堂
ベジトンラーメン700円
福岡市博多区博多駅南5-9-30
11:30~18:00・水曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン107●チャンポン8●中華麺12●うどん31●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離29km / 通年148km

Posted by heno at 21:20 | Comments [0]

2015年06月27日 土曜日

●【ラーメン】龍の羽@博多区銀天街

3週ローテーションで、「龍」=醤油魚介豚骨ラーメン、「の」=鶏魚介醤油ラーメン、「羽」=鶏水炊き風ラーメンを提供する「龍の羽」。で、今週ようやっと、我が念願の「羽ラーメン」にありつく。

醤油色強めのスープは、見た目以上に鶏白湯率高し。ぽったり甘いダシ×醤油ダレの味わいに、ほっこり。魚介ダシもソコソコきいていて、文句なく旨い様は、「シフク」と「麺道はなもこし」の中間的味わい。

合わさる麺は中太ストレート。前回の「のラーメン」とは明らかに別物の麺線長め&ねっちりと抗うゴシがオモロ旨いっ。

薬味のザク切りタマネギが好アクセント、チト小ぶりなのが寂しいもモッチリ旨い鶏肉チャーシューも囓りつつ、ドンブリ縁に添えられた柚子胡椒を徐々に溶かし味わいの変化も存分に楽しみつつ、うっとり完食。

【らーめん龍の羽】
羽ラーメン魚介まし650円
福岡市博多区銀天町1-3-53
12:00~27:00(日曜月曜早終わり)・火曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン106●チャンポン8●中華麺12●うどん31●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離29km / 通年148km

Posted by heno at 21:39 | Comments [0]

2015年06月26日 金曜日

●【ラーメン】天和@熊本県熊本市

イニシエ熊本豚骨名店の一店「天和」。数年前に繁華街・新市街から現在の場所へ移転営業。古くから自家製麺を信条にラーメンを作っていた店だけに、店に入るとすぐ右手に製麺機。おっしゃ、コリャ期待出来そうだっ。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、ドンブリの柄、透明感を残すスープ、バサバサ感見え見えのチャーシューと、移転前の店舗で啜ったそれと寸分違わぬルックス。

そして味わいも然り。透明感を残すスープは一見軽やか美味かと思いきや、キリリっとニンニクのパンチ風味がきいた男前。バサバサ&醤油味がきいたチャーシューも然り。なのだが、麺の印象は随分と異なる。以前はスベスベ食感が良くも悪くもスマートすぎたが、今日の麺はブルンッと跳ねる啜り心地然り、噛み込んだときのムッチンムリリンッなコシ然り、ナンとも艶っぽい。うはは、老舗の看板に甘んずる事なく進化&深化し続ける一杯に、うっとり。

【天和】
ラーメン600円
熊本市中央区九品寺5-15-5
12:00~24:00・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン105●チャンポン8●中華麺12●うどん31●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離29km / 通年148km

Posted by heno at 20:55 | Comments [0]

2015年06月25日 木曜日

●【ラーメン】けん翔@東区多の津

半年ぶりに訪ねると、おやおやラーメン3種がいずれも100円値上げになっている。

と言ってもフラッグシップメニューである「拳翔ラーメン」400円が500円なので、充分にリーズナブル。かつ値上げ分を賄ってあまりある鶏白湯ダシの旨み旨みっ。拳=豚骨の旨みを遙かに凌駕する、羽=鶏白湯の円やかな味わいに、心底惚れ惚れ。

値上げに伴ってかチャーシューもそれまでのロールタイプから平切りタイプへ変更になったが、コレもドエラク旨いっ。かつ、拳翔ラーメンを頼んだ我には薬味として辛子高菜が供されるも、拳ラーメン=豚骨ラーメンを頼んだ客には一味唐辛子が供される。それぞれの味わい特性に合わせ薬味を変えてサービスしているようだ。

コレまでは具抜きで100円安くなる「素ラーメン」は拳翔ラーメンのみだったが、拳ラーメン600円、翔=鶏白湯ラーメン600円も、それぞれ500円で対応するとのこと。オッシャならば、次回は拳を素ラーメンでっ。

けん翔ラーメン

拳翔ラーメン500円
福岡市東区多の津1-13-1
11:30〜15:00 ※スープ等なくなり次第終了・不定休
Pなし(店舗向かって右手のコインPが30分無料)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン104●チャンポン8●中華麺12●うどん31●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離29km / 通年148km
Posted by heno at 20:19 | Comments [0]

2015年06月24日 水曜日

●【うどん】誠屋@南区曰佐

「さぬきうどん誠屋」の「はかた地どりのカレーうどん」は、先日啜った和風と今日の洋風の2種。ナンとも円やかな口当たりと共にフワフワと香る香辛料と、一足遅れて顔を出す和風ダシのほのかな風味が、タマランタマラン。このカレーうどんには柔揚げのもっちりうどんがベストマッチ。ルーを豊かに絡め取りつつ口へと収まり、豊かな香辛料の風味と共にモッチリ解けるコシが悦楽。

あぁ旨いなぁとズルズル啜り、追加で小ご飯を入れたい衝動を懸命に抑え、金時豆のかき揚げ。ほっこり甘いデザートに一気に満腹感&満足感が広がり、ご馳走様と店を出る

さぬきうどん誠屋
はかた地どりの洋風カレーうどん690円
福岡市南区曰佐4-39-30
11:00~14:30&18:00~21:30・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン103●チャンポン8●中華麺12●うどん31●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離29km / 通年148km

Posted by heno at 13:57 | Comments [0]

2015年06月23日 火曜日

●【ラーメン】大輪@熊本県玉名市

時の移ろいよりもグッと早く変化するラ店事情。ここ熊本県玉名市とて例外なし。かつては「天琴」や「桃苑」など老舗が名物。なれどそれら老舗ラ店に勝るとも劣らぬ元気な新ラ店が「大輪」。

住所を頼りに店に着くと、時すでに午後3時前。なのに店内には先客十数名?!こりゃいよいよ人気店だなぁと空いていたカウンター席機に着き、壁に掲げられたメニューを見ると、麺がラーメン、チャーシュー麺に、味噌ラーメンに、ご飯類。モチのロンで迷う事など一瞬も無く、「スンマセ~ン、ラーメンくださぁ~い。」

ほどなくドンブリが運ばれてくる。イイ感じに透明感を残すスープに旨さをビシバシ予感していると、「はい、ニンニクはいかがしましょう?」と、揚げニンニクが入った瓶を片手に、若き店主。勧められる=入れるべきか?でも最初から入れてない=選択してもバチが当たらないのか??根っからニンニクが苦手な我は瞬間戸惑い、「あぁ、いやニンニクは結構デス……」。

まずはスープと一啜りすれば、ぼわんっと広がるド派手な甘みと、すぐその後を追ってくる正真正銘の豚骨ダシのフック感ある風味。口にした瞬間、「旨いっ」の感動!と、「ありゃコレはニンニクチップを入れてもらうべきだったなぁ」の後悔と……。

合わさる麺は気持ち太めの細麺ストレート。ナンとも絶妙に柔揚げで、噛み込んだときのブルンッと踊るコシがソリャもう悦楽。具のチャーシュー、海苔。キクラゲ、ネギも抜かりなし。ソレゾレの具&薬味の食感&味わいのコラボがマーベラス。

巷の噂では、若き店主は玉名ラーメン老舗「天琴」出身なのだとか。ナルホドだから、ヘンに新鮮味を出さす、王道&極上な豚骨ラーメンなのかな。いやぁ旨いね、タマランねぇと一気盛んに啜り上げ、次回の訪問を心に誓い店を出る。

【大輪ラーメン】
ラーメン600円
熊本県玉名市中1177-4
11:00~23:00(月曜~15:30分)・木曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン103●チャンポン8●中華麺12●うどん30●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離29km / 通年148km

Posted by heno at 20:03 | Comments [2]

2015年06月22日 月曜日

●【ラーメン】麺アトリエ 行@中央区天神

この夏、冷やし中華 ~その六~

名は体を表す。店facebookで発売を知った「辛 冷製味噌麺」は、正に商品名通りの味わい。ヒンヤリと冷やされたスープは、豆板醤とニンニクと生姜の風味がきいた味噌スープ。と言っても味噌の効き具合もカナリ控えめで、後味爽やかな夏仕様。

合わさる麺はカナリ麺線短めの中太麺。心底長い麺好きの我なれど、この冷製ラーメンには、長い麺は似合わない。スルッとサッと軽やかに口に収まる短い麺がベストマッチ。

具は山椒と一味風味の肉味噌に、水菜、タマネギに薬味がネギに糸唐辛子。ジャクジャクとした野菜と、ピリ辛肉味噌と、麺との食感コラボが楽しくもアリ、美味しくもアリ。

イイ感じに肩の力を抜いた創作具合が、麺アトリエ行の味力。こりゃ是非リメイクしたという鶏白湯はじめ、アレコレと全メニュー啜ってみたひっラ店がまた一軒。

麺アトリエ 行
辛 冷製味噌麺800円 ※7月末までの期間限定販売
福岡市中央区天神3-5-8
鶏白湯らぁ麺650円
11:45~14:30&18:30~22:30・日曜 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン102●チャンポン8●中華麺12●うどん30●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離29km / 通年148km

Posted by heno at 21:21 | Comments [2]

2015年06月21日 日曜日

●【ラーメン】季樹魚@山口県下関市

下関市唐戸から関門海峡沿いの国道9号線を長府へと向かうと、最近整備されたらしきショッピングモールの一角に「瀬戸内海活魚 季樹魚」の看板。同じく山口県の宇部市で営業していた活魚料理店「季樹魚」が、昨年3月にこちらへ移転オープン。

入口横の生け簀を眺めながら店内へ入ると、広く開かれたオープンキッチンがナンとも気持ちよい。カジュアル感と高級感がいずれももソコソコあるセンスを感じの店造りに、自然料理に対する期待が募る。

由緒正しき活魚料亭の佇まいなれど、人気メニューはラーメン。「特濃A級 天然魚介豚骨らーめん」と「天然魚介醤油らーめん」の2種に、夏季限定販売の「冷やし つけ麺」もアリ。醤油ラーメンにギンギン惹かれるも、やはり初ラ店は基本メニュー、筆頭の豚骨ラーメンをたのむ。

ほどなく運ばれてきたドンブリは、ソリャ見事に小さい泡がプクプク浮いたカプチーノ豚骨。ドラドラとレンゲでスープを一啜りすれば、コレ正にカプチーノ効果!?特濃Aなる商品名に恥じる事なき濃密豚骨ダシと、濃厚だけど活魚料理屋で出すだけに嫌味&臭みは一切ナシ、キリリと己のうま味のみを主張する魚介ダシの、深く密なる味わいを、泡に含まれた空気が甘さとフレッシュさを演出。濃いがフレッシュ、すぱっと昇華した感ある味わいに感服。

合わさる中細麺もナンと自家製?!シュルッとコリッと勢いある食味が軽快感を演出。加えてブ厚い but ほろほろモッチリなチャーシューの塩気多めの味付けが、濃厚スープの調味料。濃い味スープなれど最後までアキさせる事なく喰わせてくれるでないのぉ。

若き店主のラーメン作りセンスをヒシヒシと実感する一杯がドンズバ我がツボ。ならば是非とも機会を作り、9種類の魚介でダシを取るという「天然魚介醤油ラーメン」も恋しいぞぉ。

あぁ旨かったと国道9号線を唐戸に戻り、
市場をあちこち冷やかして、〆はやっぱり「桃太郎」。

下関市民のソウルフードである「天ぷらうどん」をズルズルと。

季樹魚】キジュウ
特濃A級 天然魚介豚骨らーめん650円
山口県下関市長府外浦町2-20
10:00~15:00&16:00〜20:30・木曜休み Pあり

【桃太郎】本店
天ぷらうどん390円
山口県下関市唐戸町1-13
9:00~18:00・水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン101●チャンポン8●中華麺12●うどん30●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km

Posted by heno at 12:42 | Comments [0]

2015年06月20日 土曜日

●【ラーメン】双葉ラーメン@糟屋郡粕屋町

粕屋町の旧道の「道徳」交差点にある「双葉ラーメン」。ナンともイニシエな店構えが気になりつつも未食だった店だ。最近掛け替えたのだろうか?外観より随分と真新しい赤い暖簾を潜る。

「いらっしゃいませぇ~!」

元気な笑顔に迎えられ、まずシアワセ。ナンともイイ感じに草臥れた店内は変形コの字のカウンター席が10席ほど。カウンター奥の厨房には夫婦らしき年配男女と、その息子らしき中年男性。先客2名はおそらく常連さん。カウンター越しに店員と親しげに会話を交わしつつ、ラーメンを啜っている。

メニューもラーメン、チャーシューメン、ワンタンメン、チャンポンと焼き飯にチャーハンと白飯、おにぎりと、至って正統イニシエ・ラーメン食堂。モチのロンで基本メニューであるラーメンをたのむ。

ほどなく差し出されたラーメンは、表面の脂感皆無なマットな茶濁色スープにググッと期待感アップ。両掌でドンブリを抱えズズッとスープを一啜りすれば、ほわりと素直に甘い豚骨ダシのうま味に、ほっこり。この優しさ、さり気なさって、ドコでもアリそで、その実ナカナカお目にかかれない昭和豚骨遺産。

ならば麺はチト太めの中細麺柔揚げか?と思いきや、ナンのソノ。カナリ細めのストレート固揚げで、シュルッと口に収まり、コリッと解ける鯔背な食味に想定外のビックラ美味っ。そしてチャーシューも、イニシエお約束の冷蔵庫臭は皆無、チト厚切りでシットリ&モッチリ、ウットリ旨くて、マーベラス。そして価格はイマドキ驚愕の400円。

コレ正に跡継ぎがいる心強さか。近所にあればチョクチョク寄りたい名門普段着ラ店に惚れ惚れ。こりゃ是非とも機会を作り、次回はチャンポン500円?それともワンタンメン500円?!

【双葉ラーメン】
ラーメン400円
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2751-2

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン100●チャンポン8●中華麺12●うどん29●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km

Posted by heno at 13:55 | Comments [4]

2015年06月19日 金曜日

●【ラーメン】たんぽぽハウス@熊本県西原村

カレコレ一年前、「お休みの日のお昼はラーメンです」でその存在を知り、ずっと恋い焦がれていた「たんぽぽハウス」。ナニせ所在地は熊本県西原村だし、営業は毎週金曜日の11:30~14:00のみと、ドエラク高いハードルに願い叶わず、早1年。

Dream comes true ! 熊本市南部での打ち合わせを終えると正午過ぎ。ココから西原村までは車で30分かからない……?!おっしゃ行くぞ&啜るぞ、たんぽぽハウス!!

住所を頼りに訪ねると、幹線道路からズイッと入り込んだ、一見客はとても訪れそうにないディープな立地に「ラーメン」の赤い幟。障害者自立支援センターたんぽぽハウス。きっかけはASO世界農業遺産マルシェ。自ら作る農産物で加工品を作る六次産業に従事していた久保田裕則さんが施設の応援団長となり、産業廃棄物となっていた阿蘇赤牛の牛骨をダシにしたラーメンを制作。施設の人々と共に毎週水曜日、ラーメンを販売。

入口で靴を脱ぐと食券販売所。テーブル状のメニュー書きを見ると、「阿蘇赤牛牛骨ラーメン」が醤油と塩に、「黒マー油豚骨」、「ベジラーメン」や「台湾まぜそば」など、充実のラインナップ。アレコレどれも惹かれるも、初ラ店はヤッパリ基本メニュー、筆頭に書いてある「阿蘇赤牛牛骨醤油ラーメン」をチョイス。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、白磁の器にイイ感じに透明感を残す醤油スープに、ドエラク大振りのチャーシュー&シナチクに、茹で卵に海苔にアサツキと、メッサ端正かつラグジャリーな男前。

イケ麺にハズレなし、こりゃいよいよ期待出来そうだとレンゲを持つ手ももどかしくスープを一啜りすれば、ふわり広がる牛骨ダシと魚介ダシの軽やかな風味と、ネギ香味油独特の甘い風味と、それらを優しく束ねる醤油ダレの旨み……??

うわぁ……、
コレって「信兵衛」の醤油ラーメンでないのぉ……!!

かつて福岡市中央区の薬院六つ角近くで営業していた、博多否豚骨の超名店「信兵衛」。元々イタリア料理店を手がけていた店主が独学で作り上げた中華そばは、多くの博多麺好きを虜にした。が、その製法を誰に伝えることもなく店主が急死し閉店、その味は伝説となったが、まさかその味わいと同ベクトルの一杯と再会できた感動に、もうメロメロ。

合わさる麺は中太軽ちぢれ。信兵衛の蕎麦チックなジャクジャク&ニチニチ食感とは異なるも、コレはコレで十二分に我がツボ。そして大判チャーシュー&シナチクの、キチンと仕事された感アリアリの半端ナイ旨さっ。そしてそして、こんなにデラックス美味なる一杯が、まさかのワンコイン500円!!!

いやはや参った、こりゃタマランっ。福岡市に住む我にとって再食は、あまりにもハードルが高すぎるも、いつかまた都度都度再訪し全メニュー制覇出来る事をただひたすらに祈るのみ。

【たんぽぽハウス】
阿蘇赤牛牛骨醤油ラーメン500円
熊本県阿蘇郡西原村大字小森3264
毎週水曜日の11:30~14:00のみ営業 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン99●チャンポン8●中華麺12●うどん29●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km

Posted by heno at 13:13 | Comments [2]

2015年06月17日 水曜日

●【ラーメン】シフク@博多区榎田

先日、新発売の醤油らぁめんを啜り、こりゃ改めて啜り直さねばと思い居ていた「らぁめんシフク」のフラッグシップメニューである「塩らぁめん」。

このエントリーを上げるにあたり再確認するとナンとオープン当時の3年前に啜ったきりだった塩らぁめんは、一見してその進化ぶりがヒシヒシと。当時は今と鶏チャーシューこそ共通だが、あとは白葱&白髪葱にシナチクが少しとシンプル仕様なれど、今日の一杯は加えて鳴門、海苔、キクラゲ、アサツキにタマネギ粗切りとエラク豪勢。

そして味わいも然り。イイ感じに透明感を残す清湯系スープは、心地よい鶏ガラだしの旨みも充分なれど、後味のキレも冴えまくり。旨いんだけど重くない。その後味がある意味芸術。

合わさる中太偏平縮れ麺もスーパー・バージョンアップ。歯当たりはイイ感じに柔目なれど、麺の奥にいくに従いムチッとコシが加速する奥深い食感然り、噛み込むほどに広がる瑞々しい小麦感もメロメロ我がツボ。

先日啜った醤油らぁめんと味わいベクトルがビチッと一致。ナルホド若き店主の目指す旨さは、こちら向きベクトルの味わいだったのかっ。我が好物の鶏白湯も忘れがたいし、この清湯塩らぁめんも味力たっぷり。あぁあ、次回からはドレを啜るかアレコレ悩む事になりそうな、ウレシイ予感。

らぁめんシフク
塩らぁめん600円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~16:00&18:00~22:00(水曜は昼営業のみ)・日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン98●チャンポン8●中華麺12●うどん29●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km

Posted by heno at 13:50 | Comments [0]

2015年06月16日 火曜日

●【麺】ラーメン仮面55@中央区薬院

この夏、冷やし中華 ~その五~

美人麺にハズレなし。我が麺経験則を地で行くシャキッと旨い冷麺が、清々しい。「ラーメン仮面55」の夏季限定「冷やしヌードル」は、端正に盛られたキュウリ、パプリカ、鶏チャーシュー、トマト、だし巻き、リーフ、半熟玉子と彩り鮮やかな美しい盛りつけ。

くぅ、こりゃタマランっと具を一角崩し、その下の麺&タレと共に啜れば、ソリャもう爽やか美味っ。気持ち細めの中太縮れ麺はシッカリと冷水で締められていて、ヒヤッヒヤの口当たりとともに、コキコキ&ニチニチなオモロ食感&噛み込むほどに広がる小麦の風味。加えて、具のシャキ、ムチ、トロリな食感&味わいコラボと、それらを丸くまとめあげる、酸味控えめの円やか醤油冷麺ダレ。

具もシッカリと冷やされていてシャキシャキと瑞々しい食味が食欲増進。ナンちゃナイけどナンとも旨い一杯が楽し旨しダイスキ。

ラーメン仮面55
冷やしヌードル750円
福岡市中央区 薬院2-13-30
11:30~22:00・月曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン97●チャンポン8●中華麺12●うどん29●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km

Posted by heno at 21:01 | Comments [0]

2015年06月15日 月曜日

●【ラーメン】一本座@早良区室見

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン その四十

先月末にオープンした「一本座」は、最近福岡市でも急増殖中の鶏白湯ラーメン店。パチンコ店「玉屋」の一角=パチンコ客目当ての出店か?かつ、巷のラーメンブログでもイマイチの評価記事。で、来店モチベーションが上がらす、オープン1ヶ月にしてようやっと来店。

だがしかし、供された鶏白湯らーめんはチャンと旨い旨いっ。アッツ熱のスープは鶏ガラだしのうま味と白湯の脂の甘みがストレートにいかされた直球美味。昨今の鶏白湯ブームは、専門にスープを提供する会社の存在があるとの記事もあったが、ココももしかして??
合わさる麺は最近流行?の麺線短めの中太縮れ。プチコリっなコシが小気味よい。が、この滋味ストレート美味スープには、もちっと柔揚げモッチリ麺の方が相性が良い気もする。が、鶏肉チャーシューにアオサ、白髪葱、糸唐辛子に鳴門カマボコと、具&薬味もアレコレ盛られていて、食味の満足感もアリ。

思いの外美味なる一杯にビックリ&うっとり。ダレでも一家言あるラーメンは正に個人の嗜好が全て。地道にアレコレ食べ歩き、自分の嗜好に合うラーメンを見つける事こそ、幸福ラーメン・ライフの王道か。

【一本座】
鶏白湯らーめん680円
福岡市早良区室見5-1-24
11:30~23:00・無休 Pなし

ラーメン97●チャンポン8●中華麺12●うどん29●そば11●その他15
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km

Posted by heno at 12:36 | Comments [2]

2015年06月14日 日曜日

●【ラーメン】やっちゃんち@中央区清川

豚骨博多の醤油ラーメン 七十四

ナンとも気持ちの良いスープにメロメロ。

先月上旬にオープンした「やっちゃんち」で「醤油支那そば」。大振りのドンブリにツユダクたっぷりに注がれたスープを一啜りすれば、外連味は一切ナシ、コレでもかとド直球&丁寧な仕事の跡をビシバシ感じる素直に滋味美味スープがタマラン我がツボっ。

合わさる麺は中太縮れ。プリンップリンッ&コツコツと跳ねて&抗うコシがコレまたイケまくり。シャックリシナチクと、モにッチリチャーシューに、トロリ完熟卵と必要最小限の具の加減も気持ち良い。

店ブログによると、若き店主は根っからのラーメン好きで、全国のラーメンを食べ歩きつつ、独学で学び、この店をオープンさせたのだとか。ひたむきなラーメンLOVEがキチンと味に生かされた感アリアリのシミジミ染み入る一杯に、ゾッコン。

オープン当時は塩と醤油だったが、味噌に鶏白湯に塩つけ麺と精力的にメニューを増やすバイタリティにも惚れまくりぃ。おっしゃならば、ヤッちゃうぞ、全汁麺メニュー制覇!!

やっちゃんち
醤油支那そば600円
福岡市中央区清川3-12-1
7:00〜15:30&17:30〜21:30(木曜は11:00~15:00鶏白湯専門営業)・Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン96●チャンポン8●中華麺12●うどん29●そば11●その他15
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km

Posted by heno at 13:31 | Comments [0]

2015年06月13日 土曜日

●【うどん】福岡麺通団@中央区渡辺通

 


「福岡麺通団」と「檳榔の夜」@中央区警固のコラボ企画「魯肉うどん」。うどんは温or冷から温をチョイスし、台湾風肉甘辛煮である魯肉(ルーロー)をのせ&味玉とパクチーものる、エスニック風味全開の、ある意味真性「台湾まぜ麺」。
温うどんをチョイスをチョイスするとコレが大正解!太うどんのホカホカが魯肉の豊かな中華香辛料の風味を際立たせる。けへへ、コリャ旨そうだと肉あんとうどんをグリグリと混ぜ合わせ、ずるるぅっとひと啜りすれば、豊かに広がる魯肉フレイバーと豚肉らしき具の旨味と、むっちりムチムチな温釜揚げうどんの食味。加えて、炒め辛子高菜のシャク辛食味と、固茹で味玉の密なる旨み。
ちょいと添えられたパクチーが味わいの好アクセントでオリエンタル気分が一気に加速。ズリズリと半分ほど啜ったところで、レジ横に置いてあったおろし生姜をグリンっと混ぜ入れ啜れば気分は一気に盛岡じゃじゃ麺。
いやぁ旨いコリャ旨いっとガツガツカッ喰らい、〆にレジ横の温かけつゆをドンブリへ注ぎ、ドンブリに残った魯肉味噌を溶かし入れ啜れば、ほっこりと満足感アリアリ。
根っからの汁なし和え麺はとかく濃い味でナンとも苦手な我だが、この一杯は別格美味! 今月末までの期間限定提供との事だが、こりゃ是非とも再食したいしたい!
福岡麺通団
魯肉うどん480円 ※期間限定
福岡市中央区渡辺通4-11-3
11:00~24:00 (日祝日は~23:00) Pなし
◎2015通年麺喰い◎
ラーメン95●チャンポン8●中華麺12●うどん29●そば11●その他15
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km
Posted by heno at 11:30 | Comments [0]

2015年06月12日 金曜日

●【ラーメン】冨ちゃんラーメン@早良区飯倉

昨年の11月、道向かいの駐車場が使えなくなったことを理由に、突如閉店してしまった「冨ちゃん」。「移転先が決まり次第営業を再開する」との張り紙を頼りに待つこと半年、飯倉4丁目の区画整理された一角に、本日めでたく移転営業開始。

午後1時過ぎに訪ねると、店頭に順番待ちの客3名。おそらく昔からの常連さんか?営業再開を楽しみにされていたのだろう。待つこと10分弱で無事入店。以前は奥に長いカウンター席のみだったが、新店舗は横に広く、カウンター席が正面と入り口横に2箇所に、入り口右手奥にはテーブル席もあり、家族連れも来やすい店作りに。

正面カウンター奥には、店主と奥さんに加えて、店が広くなったので雇われたのか、見知らぬ女性。 営業再開を祝う客に笑顔で挨拶しつつ、キビキビとそれぞれの仕事をこなしている。

待つことしばし、ラーメンが運ばれてくる。雷文と鳳凰が描かれた以前と同じ柄&形のドンブリが新調されている。まずはスープとレンゲで一啜りすれば、まさに本日営業再開的なナンともフレッシュな豚骨だし。シュルッと小気味よい啜り心地&ニチッと腰の麺に、モチッと旨いチャーシューをカッ喰らうこの快感を再び楽しめるシアワセよ。

「いやぁ、自分でもまだ何してるか分からん状態で…」

他の客が頼んだチャーシュー麺にチャーシューを入れ忘れ、恐縮しきりの店主。なにせ新たな厨房で、半年ぶりのラーメン作り。ならば次回は、店主がかんぜんに勘を取り戻し、広くなった店舗でのオペレーションもこなれるであろう一ヶ月後!

【冨ちゃんラーメン】
ラーメン600円
福岡市早良区飯倉4-1-38
11:30~21:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン95●チャンポン8●中華麺12●うどん28●そば11●その他15
◎6月の総ジョ グ距離23km / 通年142km

Posted by heno at 13:52 | Comments [0]

2015年06月11日 木曜日

●【ラーメン】臨機@熊本県熊本市

この夏、冷やし中華 ~その四~

長年の宿題麺だった「臨機」の夏季限定「LL COOL 麺」は、期待以上にキチンと滋味なる味わいが際立つ名作冷やしラーメン。

トロンと黄金色の冷スープのダシは煮干しだろうか?嫌味無く&派手さもなく、ただただキチンと素直に旨いっ。加えて海老の香味油らしき優しダシ&油のコラボが味わいに膨らみを演出。

合わさる麺はカナリ麺線短めの中細縮れ。キンキンに冷水で締められていてコリッコリな食味を噛みしめると、ほのかに素朴に広がる小麦の風味がコレまた我がツボっ。そして具の鶏むね肉のほぐし肉にトマトの角切り、水菜の食感コラボ。

こりゃ旨いなっと半分ほど食べ進んだところで、ドンブリと共に供された酢をひとかけしてみると、鮮やかに味わいがリセットされ、あたかも一口目を食べたかのような、鮮明な旨さが口中に広がる悦楽よ。

以前啜った「らぁめん」も旨かったが、この冷麺もシコタマ旨いっ。
ならばイクか、全品制覇?!
まず次回は、是非とも「イルパクチーノ」!

らぁめん臨機
LL COOL 麺 750円
熊本県熊本市中央区西子飼町8-23
11:30〜15:00&17:30〜22:00・水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン8●中華麺12●うどん28●そば11●その他15
◎6月の総ジョ グ距離16km / 通年135km

Posted by heno at 19:20 | Comments [0]

2015年06月10日 水曜日

●【チャンポン】次郎長@筑紫野市山家

佐賀県基山町から筑豊へと抜ける国道200号線旧道沿いの山家集落の外れに「次郎長」の看板。屋号や店の造りは如何にも寿司屋なのだが、テーブル席に付きメニューを眺めると、寿司は一切なし。焼肉やホルモン、鶏唐揚げなどの肉料理定食がズラリと並ぶ。そして先客のほとんどが食べているのはチャンポン。

待つ事しばし、お盆にのって運ばれてきたチャンポンは、30センチは優にある大振りなドンブリに、おそらく2人前は楽にある、たっぷりの麺。対してスープはえらく少なめで、あたかも汁チョイ多めの皿うどん状態。

先ずはスープと一啜りすれば、ぽったり濃密な口当たりと共に力強く広がるダシのうま味。ざらりと骨随感ある後味さえ感じるほどに超ド級ストロング濃い味。

合わさるチャンポン麺は製麺所製茹で置きタイプ。これまたシッカリと加熱されていて、ぽわんぽわんっと小気味よく跳ねる食味があな楽し。具の加熱具合も絶妙で、シャキシャキ野菜との食感コラボがコレマタ我がツボ。

割り箸の紙袋には「お寿司とお食事の店 次郎長」の文字。て事は、元は寿司プラス定食の店だったのだろうが、今や大盛りチャンポンが人気の「チャンポン二郎」。まぁしかし、チャンポンが人気の寿司屋って意外と多いよなぁなど考えつつ、ガツガツ喰らう。

【次郎長】
チャンポン680円
福岡県筑紫野市山家4335-1
11:30~14:00&17:00~21:00・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン8●中華麺12●うどん28●そば11●その他15
◎6月の総ジョ グ距離16km / 通年135km

Posted by heno at 13:14 | Comments [0]

2015年06月07日 日曜日

●【ラーメン】エルボー@北九州市八幡西区

昨年の10月に発売されるも期間限定に間に合わず啜れなかった「拉麺エルボー」の「マサラカレー拉麺」がウレシイ再発売で涙チョチョ切れっ。

まずもってスープが抜群っ。熱々の口当たりと共にアレコレ広がる香辛料の風味とルー具のトマトの甘さ&酸味と、それらをナンとも円やかにまとめ上げる豚骨ダシのうま味。

そして合わさる中太縮れ麺がコレマタ抜かりなし。ソリャもうモッチモチモチな柔ゴシがスープと馴染みマクリで、その味わいをターボ加速。そしてイイ感じにしっとり、かつ適度にキシキシな後味のチャーシューも加担して、啜るほどに&囓るほどに、あぁ旨い!あぁぁ~旨っ!!と宮川大輔ばりに叫びたくなる衝動を懸命に抑えつつ、ズルズル、うはうはっ。

成人男性の「一日あたり」の食塩摂取量の目標量は9g未満。そして一般的にラーメンの塩分はおよそ7g程度と、ラーメン一杯で一日で摂って良い塩分の大半をクリアしてしまう』とのナンとも恐ろしいデータを知ってから「スープの半分は残す」を実践してきた我なれど、このスープを残す事など絶対不可能。せめてもの救いにと、白飯の別注文こそ我慢するも、スープは一滴残さず、正に嘗め回したかの如くレンゲで丁寧に掬い、うっとり完食。

拉麺エルボー
マサラカレー拉麺700円
北九州市八幡西区光貞台1-1-1
11:00~14:30&18:00~22:00
(土日祝 11:00~15:00&18:00~22:00)・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン91●チャンポン7●中華麺12●うどん28●そば11●その他15
◎6月の総ジョ グ距離12km / 通年131km

Posted by heno at 22:56 | Comments [2]

2015年06月05日 金曜日

●【ラーメン】まんてん@久留米市東町

おやおや、こりゃカナリ想定外。ここ「まんてん」の若き店主は、久留米の老舗ラーメン店「ひろせ食堂」の出身と聞いていたので、てっきり昔ながらのラーメン店をイメージしていたが、住所を頼りに訪ねると、久留米市の繁華街のハズレにコジャレた外観&こぢんまりした店内もナカナカにオサレ&BGMはジャズ。

そしてラーメンも然り。クイッとフック感あるダシのきいたスープの味わいのベクトルこそ、如何にも久留米ラーメン・チックではあるが、かなり大振りなドンブリにタップリつゆだくスープ×カナリ太めの中太麺の食感が新しいネオ久留米ラーメンに、お腹一杯のシアワセ。

夜は、日本一の春蕎麦の産地、大分県豊後高田市で、新そば。
春蕎麦ならではの色合いと新そばならではの風味に、うっとり。
大分特産のカボスを搾り啜れば、あぁ悦楽っ。

春新そばは来週末より、豊後高田市の手打ちそば認定店
別府市の蕎麦屋「恵びす」で提供開始とのこと。

 

【まんてん】
ラーメン550円
久留米市東町27-1
11:00~15:00&17:00~21:00・水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン90●チャンポン7●中華麺12●うどん28●そば11●その他15
◎6月の総ジョ グ距離12km / 通年131km

Posted by heno at 22:59 | Comments [0]

●【中華麺】まくり@早良区飯倉

汁麺全制覇計画 完結

わぁお、随分とワイルドだぞぉ…。

久方ぶりに啜る「カレー福ワンタン麺」は、ドヨンと濁り感あるスープ&ドンブリの縁にはカレー香味油?がくっついていて迫力満点。で、味わいも然り。以前は醤油スープに淡くカレーの風味が映る美人味だったが、今日はブワンッとカレー風味が際立つ男前味。

そしてワンタンも然り。かつての繊細な包み方ではなく、まるっと力強く束ねられた皮から中のアンがはみ出ている。まくりのワンタンは、肉、海老、カレーとソレゾレ専用に作られていて、カレーは肉あんベースにカレーの風味をプラスしてあるが、なるほど、そのアンが皮からはみ出した分、そのカレー風味がスープに味付けしたカレー風味にプラスされて、こんなにカレー×カレー味のスープになったのか…?コレはコレでオモロ美味。なれど我は以前の美人味が恋しいぞぉ。

で、今日の一杯で「黄金の福ワンタンまくり」のグランドメニュー汁麺全制覇完了。で、最も我が好みのメニューは「カレー福ワンタン麺」!のハズだったのだが、突如「完熟トマト玉の黒酢風味ラーメン」に決定。

      ~以下、期間限定~

黄金の福ワンタンまくり
カレー福ワンタン麺750円
福岡市早良区飯倉5-18-5
11:30~22:00 (平日14:30~17:00は準備中)・不定休(HPに掲載) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン89●チャンポン7●中華麺12●うどん28●そば10●その他15
◎6月の総ジョ グ距離12km / 通年131km

Posted by heno at 22:58 | Comments [0]

2015年06月04日 木曜日

●【中華麺】大名ちんちん@中央区赤坂

この夏、冷やし中華 ~その三~

ヒャッヒヤッ&コリッコリッなオモロ旨い冷製細麺×ニチニチ旨肉味噌&シャキシャリな葱、モヤシ、ニラなどなどの野菜×プチジャクな胡麻と、ひょっとして細かなナッツ??かつ、酸っぱ辛いタレ+鶏ガラらしきダシのうま味と、ふわっと微かに鼻に抜けるこの風味は八角??冷麺なれど、ソリャもうアレコレと風味豊かな味わいと、とどめはトロリ甘い半熟味付き卵。いやぁタマラン、やっぱコノ一杯がないと博多の夏は始まらない。

大名ちんちん
冷やしサンラー麺720円 ※期間限定販売
福岡市中央区赤坂1-7-27
11:30~22:30・日曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン89●チャンポン7●中華麺11●うどん28●そば10●その他15
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年119km

Posted by heno at 14:03 | Comments [0]

2015年06月03日 水曜日

●【つけ麺】ワンズワンズ@博多区博多駅前

今月1日、博多駅前にオープンした「ワンズワンズ」は、宇都宮が本拠地で東京にも数店舗展開するつけ麺店。ほぼ全メニューがワンコイン500円のオープン記念価格も手伝ってか、正午前にもかかわらず、店頭には順番待ちの列。しかし、意外と回転が速く、ほどなく無事着席。出来上がりを待つ。

これまたほどなく運ばれてきた「肉野菜つけ麺」。別皿にもらえた厚さ3センチほどの極厚の炙りチャーシューがインパクト大。

我がオーダーは「あつもり」、釜揚げ熱々の極太麺を温つけスープにくぐらせズズッと啜れば、ぽてり濃いめの豚骨スープの自然な甘みと、ほくほくぷりんぷりんの極太麺。外連味のないストレート勝負な味わいに、ほっこり。別皿の茹で野菜や、ほぐした極厚チャーシューを温スープに入れ、極太麺とカッ喰らえば、食べ応えも十二分に満足。

メニューは、つけ麺が2種×具のバリエーションに、ラーメンが3種。あの方がおっしゃる通り、確かにメニュー巻末の「淡麗醤油ラーメン」が気になる気になる…。

【ワンズワンズ】博多駅前店
肉野菜つけ麺500円(今週末までのオープン価格・通常は830円)
福岡市博多区博多駅前1-22-2
11:00~15:00&18:00~22:00・無休 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン89●チャンポン7●中華麺11●うどん28●そば10●その他14
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年119km

Posted by heno at 11:50 | Comments [0]

2015年06月02日 火曜日

●【ラーメン】未羅来留亭@早良区西新

うっしゃぁ~、こりゃ間違いないっ!

イイ感じに透明感を残すスープ表面にはイイ感じにオゲレツな豚骨ダシのアク。そうそうコレコレ!とウキウキ啜れば、軽やかな口当たりと共に、ふんわり、のちクイッと広がるフック感あるダシのうま味。

前回啜ったときに往年絶頂期の旨さの完全復活を実感したが、「定休日前日の未羅来留亭はドエラク旨いっ」なる都市伝説をも完全復活。

唯一の変化は麺線の短さ。最近の流行か、麺線短めのラーメンを出す店がエラク増えた気がしていたが、未羅来留亭もご多分に漏れずtoo short。ロートル麺喰いオヤヂは長麺をズルルぅと啜りたひっのだが、あまりに我がツボなスープの前ではノープロブレム。

いやぁ旨いっ、やっぱ好きだなと一気に啜り、思わず禁断の替え玉コール。卓上の辛子高菜をドーピングして、あはは、うへへとコレマタ一気完食。

【未羅来留亭】
ラーメン480円
福岡市早良区西新4-7-17
11:30~20:00・水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン89●チャンポン7●中華麺11●うどん28●そば10●その他13
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年119km

Posted by heno at 11:39 | Comments [6]

2015年06月01日 月曜日

●【うどん】十金@中央区大手門

寝違えのご馳走」でその存在を知った「十金」の大濠公園店。住所を頼りに訪ねると、「サンラインホテル福岡大濠」なるビジネスホテルの1階に「うどん」の白提灯。

おそらく朝はホテル宿泊客の朝食を提供しているのだろうか?カジュアルな内装の店内は6割方客で埋まっている。空いているテーブル席に着きメニューを見ると、博多駅前本店の看板メニューであるらしき「海老ごぼう天」が載っている。

ならばと頼んだ海老ごぼう天は、大振りのドンブリにタップリ汁だくスメと、こんもりうどん。先ずはスメと一啜りすれば、昆布だしらしき滋味メインの、ほのぼの旨い博多うどん。合わさるうどんは、3ミリ角ほどの細め正方断面の形状然り、ぷにゅんっと抗う愛らしいコシ然り、今は閉店してしまった我が最愛博多うどん店「玉三郎」のそれを、ふと思い出す。

昨今オープンするうどん店の多くは讃岐チックなうどんが主役な店が多いが、このうどんはスメが主役の博多うどん。ロートル麺喰いオヤヂには、この染み入る博多加減がお似合いか。ならばいっそ、盛る具も博多うどん定番の丸天が正解かも。

すぐ近くには「志成」や「ゆうのや」など、讃岐チックなうどん人気店が営業する激戦区に遅れて参戦。なれどこのうどんならば少なくてもオーディナリー博多うどんファンは支持する事間違いナシ。最近始めたという夜営業ではチョイ飲みも楽しめるとか。うん、ならば次回は夜に寄る。

【うどん処 十金】大濠公園店
海老ごぼう天うどん550円
福岡市中央区大手門3-3-14 サンラインホテル1F
◎2015通年麺喰い◎
ラーメン88●チャンポン7●中華麺11●うどん28●そば10●その他13
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年119km

Posted by heno at 13:04 | Comments [0]