2015年06月28日 日曜日

●【ラーメン】海鳴食堂@博多区博多駅南

「海鳴」@清川の4店舗目の支店として先月末にオープンした「海鳴食堂」。海鳴のラーメンは確かに旨いが巷の超高評価ほどには我がツボではなく、オープンが気になりつつもツイツイ来店が延び延びで早1ヶ月。なれど、アチラコチラのブログに惹かれ啜った「ベジトンラーメン」は、わぁお、わおわぉソリャもう我がツボ、旨ひ旨ひっ。

メニュー名から察するにベジタブル+豚骨か?赤みがかったスープを一口啜ると、瞬間広がるトマト?+ジャガイモ?+タマネギ?+パセリ?的なイタ~リアンな旨みは濃密ミネストローネ。なれどフワッと広がる後味はナゼか甘味噌風味??

合わさる麺は最近流行?の麺線短めの中細麺。シュッと口に収まる感じが通常の豚骨ラーメンでは心許ないが、先日の「辛 冷製味噌麺」@「麺アトリエ行」然り、このベジトン然り、創作ラーメンで啜ると全く違和感がない。と言うより、この手のラーメンには短麺の方が合っている気がする。イタリアン気分だった我をグッとラーメン気分に引き戻す。

具は炙りチャーシューに白髪ネギで、なおさらラーメン気分になったところで、卓上の調味料に目を移すと、おうおう、ヤッパリ置いてあるよタバスコがっ!ならばと3~4回ふり啜れば、ヤッホー気分は再びイタ~~リアンっ!いやぁコリャなんともオモロ旨ひ旨ひっと、ボーノ完食。

コレまでの店舗に比べると断然広めの店内の奥には「海鳴工房」。出身の一幸舎よろしく、系列店の製麺工場を併設したのか?兎にも角にも、この旨さの一要因は、店舗の広さ。ドエラク狭い本店では、スープを煮立てる熱気+チャーシューを炙る燻煙が店中に充満し、純粋にラーメンの味わいを楽しめない。ならば次回は海鳴自慢のフラッグシップメニュー「魚介とんこつ」を、この店舗で改めて啜ってみたひっ。

海鳴食堂
ベジトンラーメン700円
福岡市博多区博多駅南5-9-30
11:30~18:00・水曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン107●チャンポン8●中華麺12●うどん31●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離29km / 通年148km

Posted by heno at 2015年06月28日 21:20
コメント
コメントしてください




保存しますか?