HENO HENO: 2015年07月 アーカイブ

2015年07月31日 金曜日

●【うどん】馳走麺うどん濱家@中央区笹丘

オープンしてカレコレ2年。店頭の「和風カレーうどん」の貼り紙に惹かれ訪ねると、店内にはいろんなうどんメニューが写真入りで紹介されている。いずれ劣らぬ旨そうなご馳走うどんがいずれも600円オーバーと、うどん屋としては高値だが、午後2時半過ぎと、うどん屋にしては既にアイドルタイムのはずが、店内には先客5名。屋号通りの「馳走麺うどん」がちゃんと受け入れられて、しっかり顧客が付いたのか。

待つ事しばし、運ばれてきた和風カレーうどんは白飯付き。真っ黒なカレー風味すめに、素揚げの千切りごぼう天&半熟玉子天に旨さを確信。で、レンゲを持つ手ももどかしく、まずはすめを啜れば、和風カレーというよりドエラクカレー。かなりスパイシー、かつほの甘さも残す上出来カレー味が、おご馳走。

合わさる麺は中細&麺線が整ったハンサムボーイ。カレーすめが飛び散らぬよう細心の注意と共に啜れば、むっちりぃ、ぷりりんっなコシが味紛う事なき揚げたて美味。加えて、葱のシャリシャリと、素揚げゴボ天の芳ばしいカリッカリに、トドメは半熟玉子天のカリッとトロトロ×黄身の甘みがカレーのピリリと合体コラボ=ソリャもうチョベリわんだふぉ~。

元来この手の濃口カレーうどんは苦手だが、アレコレ創意工夫に釣られて一気完食&元来昼食では口にしない白飯まで手を出すテイタラク。うどんを啜り終えた後に残るカレーすめを塗しつつ、ガツガツ完食。

【馳走麺うどん濱家】
和風カレーうどん(白飯付き)750円
福岡市中央区笹丘1-31-3
11:00~17:00・不定休 Pあり(店向かいの駐車場に2台)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン125●チャンポン8●中華麺12●うどん38●そば13●その他23
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:12 | Comments [0]

2015年07月30日 木曜日

●【ラーメン】志士@北九州市戸畑区

現店舗からほど近い戸畑区から、先月移転オープンした「志士」。博多と同じく豚骨至上主義である北九州市で否豚骨一筋に営業してきたド根性ラ名店。

随分と小綺麗&広々とした店内は、午後2時前だというのに、8割方客で埋まっている。わずかに空いたカウンター席に座り、醤油ラーメンを頼むと、カウンターを隔てた厨房で若き店主の調理が始まる。ドンブリにタレを入れスープを注いだ瞬間、ぶわっと香り立つ鶏ガラだしの風味がおご馳走。このシアワセは、移転してカウンター越しに調理風景を楽しめるようになった役得か。

ほどなく供された醤油ラーメンは、相変わらずの丁寧盛りつけがナンとも美人。コリャ旨そうだとスープを一啜りすれば、ダシの旨いがストレートに生き生きな柔らかな甘みがグイグイ我がツボ。合わさる中太麺のイイ感じにガサゴソな啜り心地&ニチッとコシしかり、移転前と違わぬ優しい味わいに惚れ惚れ。

らーめん志士
醤油らーめん600円
北九州市戸畑区中原西2-3-26
11:00~17:00・日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン125●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他23
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 20:48 | Comments [0]

2015年07月29日 水曜日

●【ラーメン】油屋@みやま市高田町

昨年6月オープンの「油屋」@みやま市。アチコチの麺ブログで高評価=ずっと気になっていた宿題店。住所を頼りに訪ねると、柳川市から大牟田市へと抜ける国道208号線沿い&JR渡瀬駅にほど近いとは言え、国道沿いは駐車スペースで店舗は奥まったビルの一階。決して恵まれた立地とは思えないが、午後1時半過ぎの店内は満席で、順番待ち。地元ではシッカリ人気のラ店のようだ。

客の回転が早く、5分待たずに無事着席。卓上のメニューをいると、ラーメンが豚骨と味噌の2種類×基本・赤・白・黒の8種類。注文を取りに来た店員に色の違いを尋ねると、基本+辛味噌が「赤」、+背脂が「白」、+マー油が「黒」との事。なにせ初ラ店、なので味噌より豚骨。かつ基本でいくか!と思いきや、いずれも同じ460円ならばと、ついついラーメン(白)をたのむ我は心底貧乏性。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残す白濁スープ。ならばとレンゲで一啜りすれば、外連味は一切ナシ、これぞ豚豚豚ぁ、な豚テイストのスープがおご馳走。なれど、いや、だからスープの量は必要最小限に攻め込んだ感アリアリ=ほとんどスープ多めの和えスープ麺状態。

ドンブリの底へ向けパースが聞いた逆円錐形ドンブリの形状も手伝って、底へ向けギュギュッと詰め込まれた感ある麺を引き出しつつ、上面のスープに泳がせ&馴染ませ啜る、新食感な一杯がオモロ美味。しかもコレだけ旨くて460円とリーズナブル価格設定に、メロメロ。

なんでも熊本県荒尾市&大牟田市で人気のラ店「武蔵」出身の店主が独立開業した店なのだとか。うぬぅ、ならば近々、本家「武蔵」も啜ってみたひっ。

【ラーメン食堂 油屋】
ラーメン白460円
福岡県みやま市高田町濃施384-8
11:00~22:00・木曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン124●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他23
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 19:30 | Comments [0]

2015年07月28日 火曜日

●【ラーメン】博多翔龍軒@中央区大名

今月半ばにオープンした「博多翔龍軒」。6月上旬の時点では、博多ラーメンのルーツとなる老舗の一軒である「博龍軒」の 「大名本店オープン」なる貼り紙が、6月末には「博多博龍軒 大名本店オープン」に変更になる。しかも、本家である博龍軒@東区馬出は「うちとは関係ない」と言ったとか、いやいや「1948(昭和23)年に創業した初代「博龍軒」の山平進氏を父に持つ店主夫妻がオープンさせたラーメン店。」だとか、行き交うネット情報もナニやらきな臭い。

博多ソウルフードラーメン店である「元祖長浜屋」に続き、またも博多老舗ラーメン店のお家騒動なのだろか?など思いつつ入口右手に食券販売機に向かえば、ラーメンが具のバリエーションで4~5種類。迷わず基本の「ラーメン600円」のボタンを押す。

ほどなく運ばれてきたラーメンはマットな黄土色のスープが、ナルホド博龍軒っぽくはある。どらどらとレンゲで一啜りすれば、あっさりとした口当たりとともに、ふわっと広がる円やかな豚骨ダシの風味と、その味和の輪郭を丹念に描き出す醤油ダレのうま味が、コレまた博龍軒ベクトル。

合わさる麺も博龍軒同様の中細平麺。なのだが、固茹でだったのか?それとも原料の小麦の素性の違いなのか?博龍軒のそれより随分と元気がいい食味が印象的。これが博龍軒直系の味かと問われれば迷うが、コレはコレでチャンと旨い、博多イニシエラーメンの進化形的一杯。

店HPには「博龍軒創業者は店主の父」とある。と言う事は2007年から一年間ほど営業していた「博多博龍軒支店」の店頭に立っていた弟さんが独立開業したのだろうか??何はともあれ、この味わいベクトルのラーメンが身近に食べられるようになったことを喜びつつ、ズルズル啜る。

博多翔龍軒
ラーメン600円
福岡市中央区大名1-9-30
11:00~21:30(売切次第終了)1st&4th日曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン123●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他23
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 07:45 | Comments [0]

2015年07月27日 月曜日

●【麺】游@城南区荒江

ナニせ根っからの汁麺好きゆえ、汁なし担々麺や台湾まぜそばなどの汁なし和え麺系はついつい避けてきたが、「福岡麺通団」の「魯肉うどん」で開眼し、「麺道はなもこし」の「もこしのまぜ麺」でダメ押し=ならば、メニューのアレコレ麺がことごとく我がツボな「ラーメン屋 游」の期間定麺「まぜ麺」も啜らいでかっ。

待つ事しばし、カウンター越しに差し出されたドンブリには、茶褐色に男前な肉味噌に、太もやし、キャベツに、粗切りタマネギに、麺は中太偏平麺。「よく混ぜてから、どうぞ」との若き店主の言葉に従い、まずはグリングリンに麺と具を混ぜ合わせると、肉味噌の下から顔を出す生卵の卵黄。

コリャかつて啜った「チャンポン」と相通ずる、さり気ないのにその実ご馳走系だぞぉ、と旨さを確信し、ズババンッと啜れば、密に広がる肉味噌の甘み×山椒らしきシビれる辛み×肉味噌に潜んでいたカリッカリのナッツ×様々な野菜薬味の食感&味わい×卵黄のほのかな甘み×ムチっプリリンっな中太平麺=狂おしいほどの食感とうま味ラビリンスに、ソリャもう一発メロメロぉ。

アチラコチラに小技がちりばめてアルも、ヘンにアートへと走る事なく、味わいの芯は大衆麺。ナノだが、うま味クォリティーはソリャもう芸術作品。この見事な創意工夫加減こそ、游の真骨頂。この一杯で、取りあえず現行メニューは全制覇するも、来月には新作期間限定麺を発売予定とか。しかも、コレまたナンとも旨そうな、まーさん麺と聞けば自然募るがちまやぁスピリット。コリャえらく、発売が待ち遠しい待ち遠しいぃ。

IMG_9933

ナニせクセモノ・フェチ。
なので発見=即買いの「ぱくぱくパクチー」は
酸っぱい&辛い&甘いスープと、
イイ感じに効きマクリの乾燥パクチー風味が、夏は来ぬ。

IMG_9934

家でもパクチー。ケンミンの「即席焼ビーフンもっちり平めん」
パクチー盛りで啜れば、Ngon qua!

ラーメン屋 游
まぜ麺750円 ※期間限定
福岡市城南区荒江1-23-27
12:00~23:00・木曜日休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン122●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他23
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:53 | Comments [0]

2015年07月25日 土曜日

●【中華麺】めん屋 満月@南区長住

「酸辣湯麺」の謎を探る その十

今週21日にオープンした「めん屋満月」。ナニせ俺さんブログで高評価&「麺や そめいよしの」@東京都千代田区の関係店=否豚骨で、アレコレおもろそうなメニューが目白押し=ならば速攻啜らねばっ。

午後1時前、手作り感ある素朴な作りの店内は7割方客で埋まっている。子連れの家族客が2組も居るあたりが、さすが福岡市きっての住宅街の一角。

空いていたカウンター席に着きメニューを見ると、醤油ラーメン、とり塩ラーメンがそれぞれ500円に、寝かし醤油つけ麺やカレーまぜそばなど、オモロそうなメニューもずらり。イロモノ好きだがナニせ初来店、しばし迷って、我が好物メニューである「スーラーメン」をたのむ。

待つ事しばし、カウンター越しに差し出されたドンブリを眺めると、ナンだか違和感。ナンだか分からないが、ナニか違うよなぁと受け取ると、

「辛味はつけていませんから、そちらの調味料で、お好みにどうぞ。」

と、卓上のラー油を指し示す。

マジすかっ……、全く辛くないのぉ??と、レンゲでスープを一啜りすれば、あんとじスープならではのトロンと熱々な口当たりとともに、豊かに広がる鶏ガラらしきダシの旨み×炒め入れた具の甘み×醤油ダレの風味。

コレはコレで十二分に旨いのだが、ナニせ我の舌は酸辣湯麺モード。ラー油をグルリと5廻りかけ入れ、胡椒もバッバ、バサバサとかけ辛味調整。プラス、酢も3廻りかけ入れ、おっしゃ喰らうぞっとレンゲで一啜りすれば、美味ダシ×辛味×酸味のトロトロあんとじスープのうま味が、ウハウハにダイナマイト美味っ。

合わさる麺は中細ストレート。ぶるんっ、ぷるるっとナンとも楽しい食感然り、見た目もエラク白くて所謂中華麺とは別物のオリジナル麺なのだろうか??

コレでもかとアレコレ盛られた具がおご馳走で、これだけ旨くて、十二分に食べ応えもあって、650円ならウレシ旨しダイスキ。店頭看板に「東京ラーメン」を唄うも、博多で例えるならば「ニイハオ」@城南区友丘。いわゆる街の中華料理店の旨し麺的ほのぼの美味に、ぞっこん。

【めん屋 満月】
スーラーメン650円
福岡市南区長住5-16-11 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン122●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他20
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:21 | Comments [2]

2015年07月24日 金曜日

●【ラーメン】月天@北九州市小倉北区

んげぇ?!14年ぶりだったのか……!!

久方ぶりだなぁと訪ねた「月天」だが、このエントリーを書くにあたり拙ブログを顧みると、ナンと2001年8月に食べてっきりだったのか。

ナニせ魅惑的な麺揃いの北九州、ついつい他の麺に浮気して早14年。超久しぶり、なのだが一口啜れば、つい先日食べた錯覚に陥る、どこか懐かしい味わいこそイニシエ系の味力なのか。

店頭の純白暖簾に、キチッと整えられた店内に、美しく盛られた&外連味が一切ないスキッとラーメン。きちんと丁寧一筋がソコカシコに感じられる一杯にウットリ。

【月天】
ラーメン480円
北九州市小倉北区田町18-9
11:00~19:00・日祝休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン122●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他19
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 20:48 | Comments [0]

2015年07月23日 木曜日

●【ラーメン】正龍軒@古賀市青柳

そうそうコレコレ、この黄土色がかったスープの色こそ「正龍軒」の旨さの証。ワクワク気分で一啜りすれば、あっさりと円やかに広がるダシの自然なこの甘みがタマラン我がツボっ。そして合わさる麺のガサッと感ある口当たり&ナンとも絶妙な柔揚げ具合と、イイ感じにヘナチョコ食感のキクラゲとの食感コラボ。

前回が5年ぶりで、今回は2年ぶり。もっとチョクチョク啜りたいのに、ナゼか縁遠い正龍軒。次回こそ休日昼にハンドルキーパー確保して、ホルモン焼き&ビール経由ラーメン締めをば楽しみたいたいっ。

【正龍軒】
ラーメン500円
福岡県古賀市青柳2879-2
10:30~21:00・日祝休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン121●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他19
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:29 | Comments [0]

2015年07月22日 水曜日

●【ラーメン】うちだラーメン@筑紫野市永岡

かつては那珂川町で営業していた超人気ラーメン店「うちだラーメン」が、先月中旬、筑紫野市に移転オープン。1ヶ月経ちオペレーションも熟れた頃かと訪ねると、決して恵まれているとは思えない辺鄙な立地&午後2時前のアイドルタイム入口にあたる時間帯なれど、店内は8割方客で埋まっている。かつての熱心なファンに加え、新天地でも既に確かな地元客を掴んだのか。

入口横には食券販売機。ラーメンが具のバリエーションで6~7種に、チャンポンが2~3種。迷わずラーメン基本メニューである「ラーメン580円」のボタンを押す。

カウンター席に付き厨房を眺めると、年配と若手の見覚えある2名の男性店員がソレゾレに己の仕事をチャキチャキこなしている。ただ、ホールを担当する年輩女性は現地採用の新人さんなのか、先客が頼んだラーメン大盛り&白飯のセットを誤って我に供そうとしたり。

老舗人気ラ店でも新店舗に移転する=再び順調な営業軌道にのせるには、アレコレ大変な営業努力が要るのだなぁとシミジミ再確認しつつ待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、ド白濁なスープと多めのチャーシューのガテン系なルックスが、かつてのそれと寸分違わぬ男前っ。

ならば手強いに違いない!と覚悟を決めて、レンゲでスープを一啜りすれば、ぽったりと広がる豚豚風味とドヨヨンッと重量感ある脂の甘み。その重厚感は10才若いときの我であればソリャもう夢中美味っ。なれど、ロートル係数がうなぎ登りに右肩上がりな我には、十二分に猛烈なブロー・パンチ。

久留米ラーメンを唄うラ店だけに、合わさる麺は中太ストレート。ナンのオーダーもしてなかったんだが、出てきた麺はイイ感じに固揚げの絶妙仕上げ。厚切り&大振りなチャーシューを囓りつつカッ喰らえば、ソリャもう狂おしいほどに豚豚豚豚。

【うちだラーメン】
ラーメン580円
福岡県筑紫野市永岡163-4 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン120●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他19
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 17:31 | Comments [0]

2015年07月21日 火曜日

●【うどん】牧のうどん@城南区片江

うどんのはなしを訪ねて ~その二~

ナニせ久しぶりの「牧のうどん」。我が最愛の「もやしうどん」か?ソレとも全メニュー制覇で想定外に高いコスパ&味わいに惹かれた「たまごうどん」か??ワクワク&ウキウキ訪ねると卓上に「新じゃがコロッケ サクッ、うまっ。100円」のポップ。「九州産新じゃがコロッケが100円、食べるなら旬のいま!」だよねぇ、だよねぇ、旨そうだねぇと、コロリ心変わり。

牧のうどんにしては珍しくチト時間が掛かる。とは言っても5分ほどだが。運ばれてきたうどんにはコロッケに加え、ワカメもサービス。いやぁウレシイねぇと卓上のネギをこんもりと盛り、すでに減りかけているスメをスープやかんで補充し、戦闘態勢完了。

先ずはスメと一口啜れば、ググッときいた昆布らしきダシの旨みと気持ち強めの塩気が明快なるうま味を演出。ならばうどんと一啜りすれば、おやおや、以前よりチト細くなったような気が。プラス、コシも以前のゴリゴリ強ゴシからニッチリ&ネッチリな艶ゴシへシフトし、味わいが洗練た感ありありなのは、偶さかか?ソレとも久方ぶりに啜るが故の我が貧乏舌の錯覚か。

兎にも角にもエラク旨いぞっとコロッケを箸で割り一囓りすれば、ソリャもうアッツ熱カリカリホックホクの揚げたて美味っ。ナルホドだから提供までに時間が掛かったのかと納得しつつ、少しコロッケをスメに溶かし入れ味わいの変化を楽しみつつ、ズルズル。シャクシャク葱とワカメで味わいコントラストも描きつつ、モチのロンで追いスメ&追い葱も楽しみつつ、ガッツガツとカッ喰らうこの快感こそ大衆うどんの魅力&味力。

IMG_9908

後続の強みか、我が知る限りの杯麺では
コレがイッチャン、ニボニボニボ。

【牧のうどん】片江店
コロッケうどん410円
福岡市城南区片江4-1-20
10:00~23:30(土日~24:00)・無休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン119●チャンポン8●中華麺12●うどん37●そば13●その他19
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 22:10 | Comments [0]

2015年07月20日 月曜日

●【ラーメン】江ちゃんラーメン@早良区原

カン、カン、カン、カンッ!

麺をすくった平笊を茹で釜の縁に力強く打ち付け湯切りする。あまりに熱心に湯切りした結果腱鞘炎を患い右手に包帯を巻いていた、今は亡きお父さんの仕事姿がダブり、ナンだかシミジミ。

ソリャもうアッツ熱。フウフウ冷まし、おっかなビックリずずっと啜れば、軽やかな口当たりと共に、クイッと広がる豚骨ダシの純粋美味。必要最低限の醤油ダレの力も手伝って、ふくよかに旨いのにキレがある。これぞ「ふくちゃんラーメン」系のうま味全開。

合わさる中細麺のシュルリンっ&ポキポキ具合も抜かりなし。塩気強めのチャーシューを囓りつつ、シュルシュルルゥ。で、あまりに旨過ぎ→禁断の替え玉コールをしてしまうテイタラク…。あはは、まぁまぁ、しゃーない、しゃーない。明日から心入れ替えてダイエット!て、幾度誓ったんだ、俺?!

店頭に魅惑的な貼り紙。
なれど、やっぱ江ちゃんは豚骨っ!

【江ちゃんラーメン】
ラーメン550円+替え玉100円
福岡市早良区原3-10-16
11:30~22:00・火曜&水曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン118●チャンポン8●中華麺12●うどん36●そば13●その他19
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km
Posted by heno at 20:33 | Comments [0]

2015年07月19日 日曜日

●【つけ麺】やっちゃんち@中央区清川

おったまげぇ~~!

まず最初に供されたのは、縦長の湯飲みに入ったつけ汁。一軒ウケ狙いかと思いきや、ようよう考えると縦長=熱が縦方向に逃げにくい=つけ汁が冷めにくいっ!

コレまた、おったまげぇ~~!!

遅れて運ばれてきたドンブリには扁平縮れ麺プラス、炙りチャーシューに味玉、シナチク、白髪ネギに海苔、カイワレにレモン。我がツボな具&薬味がオンパレードで、ナハッ、ナハナハ!(えっ?それ誰でしたっけ??的せんだみつお調で!)。

温つけ汁に冷麺を潜らせズバンッと啜れば、ビロビロンッと踊る扁平縮れ麺の食感が楽し旨しっ。加えて温つけ汁の外連味一切ナシ=ストレート勝負な実直なる旨み旨みっ。

ほんじゃまかと、アレコレ具を湯飲み温汁につけ、ズルズル、ウハウハ。麺を半分ほど啜ったところでレモンを麺に搾りかけて啜れば、ぃやっほぉ~!コレまた奥深い旨み&あま味に、メロメロのメロリンキュー(今更山本太郎調で)。

いよいよ、おったまげぇ~~~!

ウキウキ、ウシウシ、旨い旨いっと一気盛んに啜り、ダメもとで「スープ割りって出来ますかぁ……?」と尋ねると、「モチロンです!器をお引きします。」とウレシイ返事。で、一旦引かれて再び供された湯飲み茶碗を持ち上げ啜れば、ぐいんっと力強く広がる鶏ガラらしきダシの旨み旨み旨みっ。

我はかつて、コレほど旨いスープ割りを飲んだ事はナイ。これぞナンちゃナイけどナンとも旨いの極みっ=ドストライクに我がツボツボっ。いやぁ参ったタマゲタ、旨過ぎヤンっ。心底惚れ惚れ、やっちゃんち。

やっちゃんち
つけ麺750円 ※夏季限定提供
福岡市中央区清川3-12-1
7:00〜15:30&17:30〜21:30
(木曜は11:00~15:00鶏白湯専門営業)・Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン117●チャンポン8●中華麺12●うどん36●そば13●その他19
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 22:56 | Comments [0]

2015年07月18日 土曜日

●【ラーメン】冨ちゃんラーメン@早良区飯倉

ナゼか知らねど、休日が来る度恋しくなるのが美味豚骨。んで、今日も

GOGO豚骨、「冨ちゃんラーメン」で啜ってみるかっ。樋井川から現在の飯倉へと移転して1ッヶ月。オペレーションも熟れてきたかと訪ねると、午後2時過ぎの店内は8割方客で埋まる人気ぶりが心強い。カウンター奥の厨房で麺を揚げる店主も移転開店当時ようなドタバタ感はナシ。おっしゃ、コリャ完全復活かっ?!ウキウキ気分でラーメンを頼む。

ほどなく差し出されたラーメンは、移転前絶頂期より白濁感が強し。うぬぬっ?と一啜りすれば、見た目通り。白濁感=脂の乳化が強め=ポテッと甘めで、我が好みの絶頂期冨ちゃんのソレとは味わいベクトルが異なっている。コレはコレで充分旨いのだが…。

まぁしかし、味わいが異なる=チャンと毎日スープ作りをしている証拠。いつの日かきっと、あの味わいスープにありつける日が来る事を信じて、コツコツと通い続けたひっ。

【冨ちゃんラーメン】
ラーメン600円
福岡市早良区飯倉4-1-38
11:30~21:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン117●チャンポン8●中華麺12●うどん36●そば13●その他18
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:25 | Comments [0]

2015年07月17日 金曜日

●【うどん】大地のうどん@西区上山門

うどんのはなしを訪ねて ~番外編~

本日めでたく発売の福岡うどんカルチャーブック「うどんのはなし」を求め「大地のうどん」本店@西区上山門。きっと「うどんのはなし」でも紹介されているだろう=「うどんのはなしを訪ねて ~その二~」も兼ねて。と思いきや、本をペラペラめくってみると、わぁお、大地のうどんは紹介されているも、その店舗はココ本店ではなく、2年前に出店した博多駅前店でないのぉ……?!

かれこれ10年前、北九州市小倉南区発祥の「豊前裏打会」のうどんを引っさげ、グループ初の福岡市出店。独自のモッチリ、プリリンうどんと名物巨大円形フリスビーごぼ天で着々とファンを獲得し、2年前には博多駅前店を、そして昨年11月には筑紫野店と、次々と支店を出店と、今、福岡市で最も元気なうどん店である。

本店メニューで我が大好物は、夜営業限定販売の「ごぼう三昧」と、この「具だくさん」。ワカメの潮の香が絶妙に映るキチンと熱々のスメと、プリンプリリンな細打ちうどんと、ゴボ天、キツネ、ワカメにカマボコと、正にメニュー名通りの具だくさんな一杯に大満足ぅ。

大地のうどん
具だくさん500円
福岡市西区上山門2-1-18
11:00~16:00&17:00~20:00・水曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン116●チャンポン8●中華麺12●うどん36●そば13●その他18
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:27 | Comments [0]

2015年07月16日 木曜日

●【うどん】なべちゃん@中央区渡辺通

IMG_9849

ドエラク我がツボだった「太さぶろう」の居抜き店舗に、先月オープンした「なべちゃん」。ナンでもカノ超人気うどん居酒屋「二○加屋 長介」@中央区薬院と関係ある新うどん店なのだとか。

午後2時前、太さぶろうの頃と寸分違わぬ店内には先客2名。対して店員は、厨房に店主らしき若き男性と年配の男性2名。そして担当の仕事を終えてカウンターで昼食を取っている若き女性が、突如5名のむくつけき中年男性客来店に、昼食を途中で切り上げ厨房へ。

カウンター席に付きメニューを見ると、温かけうどんが具のバリエーションで6~7種に、釜玉、釜揚げ。そして「冷たいうどん」として「醤油」「ひやかけ」「いやあつ」の3種。迷わず我が大好物である、ひやかけをたのむ。

IMG_9857

待つ事しばし、年配男性が運んできたうどんは、つの字型にたたみ盛られた細打ちうどんと、スッキリ澄んだスメが貼られた黒いドンブリとの見た目コントラストがナンとも美人。ならばと、卓上に置かれた桜色のエビ揚げ玉で更にお化粧し、いただきますっ。

先ずはスメと一啜りすれば、冷やっと食感とともに、ふっくら広がるダシの旨みと、みりんだろうか?まろやかな甘み。合わさるうどんは、扁平細打ちの麺線長め。スルルゥ、ルル、ルルルゥと啜り応えありマクリな食味がウレシタノシ。

唯一の誤算がエビ揚げ玉。ひやひや優し味のスメでは、旨みより脂分の方がヘンに強調されマクリで大失敗。コリャ次回はマストで温かけうどんで楽しみ直さねばっ。

【なべちゃん】
ひやかけ450円
福岡市中央区渡辺通2-9-17
11:30~15:00・土日祝休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン116●チャンポン8●中華麺12●うどん36●そば13●その他18
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:56 | Comments [0]

2015年07月15日 水曜日

●【つけ麺】ざいとん@東区香椎駅前

店に入った途端、クンクンと香る豚骨臭に旨さを確信。いつもはしてなかった=昨日から期間限定で提供している「つけ麺」由来の香りに違いないっ。

待つ事しばし、差し出された温つけ汁からは狂おしいほどに香り立つド豚骨臭。茶褐色=アリガチな濃厚豚骨魚介か?と極太冷麺をくぐらせズルルと啜れば、グワンッと広がる弩ストロングな豚骨ダシの旨みと、薬味に添えられたアオサの潮の香。グリングリンに荒ぶる豚骨ダシをアオサとネギの薬味ツートップが諫め、豊かなあま味へと昇華する様がお見事美味っ。

そして合わさる、ニチッとサクッとな極太麺の、コレまた豊かな風味との味わいコラボ。さらに、味玉&チャーシューに加え、つけ麺では滅多にお目にかからないキクラゲの食感&味わいが新鮮美味美味っ。

いやはや旨い、コリャ我がツボっ。ぬふふ、ならば次回はつけ麺と共用であろう「台湾まぜそば」を是非っ。

ざいとん
つけ麺740円 今週18日土曜まで期間限定販売
福岡市東区香椎駅前1-17-24 香椎名店街
11:30〜14:00&18:00〜24:00(日曜 11:30〜17:00)・不定休
Pなし(レガネット千早で買い物をすれば提携駐車場が40分無料)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン116●チャンポン8●中華麺12●うどん35●そば13●その他18
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 20:56 | Comments [0]

2015年07月14日 火曜日

●【うどん】侍.うどん@博多区博多駅前

うどんのはなしを訪ねて ~その一~

待望の福岡うどん本「うどんのはなし」が今週17日金曜発売。で、勝手に応援企画「うどんのはなしを訪ねて」。本に掲載されているうどん店を啜り歩きたひっ。

で、まだ発売前なので、本に掲載されているか否かは不確定なれど、まぁ間違いなく載っているのでは?!なぜなら、この店を紹介せずして現在進行形の福岡うどん事情は語れないから。

2013年1月にオープンした「侍.うどん」。若き店主は、かの超人気ラーメンチェーン「一風堂」出身。野菜を一杯食べられる麺が提供したいと、ラーメン店ではなく、うどん店として独立開業。様々な創作うどんを作ったり、ラーメン店やチャンポン店と1日限定コラボ営業したりと、アグレッシブに新しいうどん作りに励む、今最も福岡で元気なうどん店。

店名物は野菜たっぷりの「侍.スペシャル」なれど、福岡うどん本発売記念で啜るのならば、やっぱ「平和台球場」で決まり。イイ感じに透明感あるスメに透けて見えるうどんは茶色の殻の斑点が見て取れる=全粒粉で打ってあるのか?以前より殻の量が少なめ&うどんも細打ちになった気がするぞぉ。そして、うどんの上に生成りの丸天&ネギの緑。スキッと和服を着こなした博多美人的見た目に、まず惚れ惚れ。

ならばスメと一口啜れば、アッツ熱の口当たりとともにキリリッ、のちフワリっと広がるダシの深きうま味。我にとって博多うどんの定義は「うどんよりスメが主役の温うどん」。なのでコレは間違いない博多うどん!

と思いきや、するるぅと啜ったうどんが、コレまた旨いっ。おそらく多加水生地の茹で立てか?すべすべと艶やかに口に収まり、もっちりと解けるさまがソリャもう悦楽。そして更に噛み込むほどに広がる小麦の風味。となれば、スメに負けずうどんも主役=not 博多うどん!?

だがしかし、都度都度かじる丸天のニチニチ美味は真性博多うどん。て事で、我が結論は、THIS IS ネオ博多うろんっ。滋味にオモロ旨い一杯に、シアワセ一杯腹一杯。

うどんのはなし」7月17日発売

 

侍.うどん
平和台球場600円
福岡市博多区博多駅前4-36-20
11:30~15:00&18:00~22:00・月曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン116●チャンポン8●中華麺12●うどん35●そば13●その他17
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:12 | Comments [0]

2015年07月13日 月曜日

●【ラーメン】三九ラーメン@博多区上川端

博多祇園山笠追い山の廻り止め地点でもある、旧博多部・須崎町に創業の老舗「三九ラーメン」。2年前に福岡市郊外の篠栗町へ移転し、先々月、創業の地にほど近いここ川端商店街の一角に凱旋移転。

山笠期間中で賑わう商店街を歩き、午前11時過ぎに店に着く。創業店舗のこぢんまりとした作りとは真逆の広々とした店内には、先客4~6名。メニューはラーメンが具のバリエーションで4~5種。迷わず基本の「ラーメ500円」をたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンはシッカリと白濁したスープと、表面に浮く脂の層が印象的。レンゲで一啜りすれば、ポッタリ熱々の口当たりとともに、キリリと広がる明快なる旨み。濃密なダシの味わいの輪郭を塩気強めのタレがキッチリと描き出す。タレに蜂蜜も使っていたという創業店舗で啜った円やかに甘いそれとは明らかに異質な、イマドキな味わいにビックリ。

麺は中細ストレート。ぽっくりとしたコシこそイニシエ気分だが、合わさるチャーシューは大判&厚切りモッチモチで、やはりイマドキ。時代は移ろい、店舗移転を繰り返し、時代に合った味わいに進化したのだろうか。これこそ正しいラーメン店の進化。なのだが、アノ甘~い豚骨スープがツイツイ恋しい、ロートル麺喰いオヤヂ一匹。

【三九ラーメン】
ラーメン500円
福岡市博多区上川端町10-5
11:00~23:00・木曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン116●チャンポン8●中華麺12●うどん34●そば13●その他17
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 11:25 | Comments [0]

2015年07月12日 日曜日

●【ラーメン】ろくでなし@福津市中央

あっさりらーめんのベースのスープを更に豚のゲンコツと背脂で追い炊きしています。 刻々と変化するスープの状態を見極めながらの、スープの追い足し、古い骨と新しい骨の出し入れ、火入れと寝かせなど様々な工程により豚骨独特のあの香りと深みを演出しました。 一度食べたらクセになるパンチ十分のラーメンです。 ※店HPより引用

 

待つ事としばし、運ばれてきたドンブリには、どよんっと淀んだ茶褐濁スープに、プクプクと浮いた細かな気泡が、うっとり男前っ。うひゃひゃっコリャ旨いに違いなひっ!とワクワク&ドキドキ啜ってみると、ソリャもうアッツ熱の口当たりとともに、グインッと広がる迫力ある豚骨ダシ・パンチ。気持ちスイッと饐えた風味の後味がトドメ。呼び戻しスープ製法で評判の「大砲」@久留米も真っ青なウルトラ上出来ドス濃い豚骨風味に、一発メロメロぉ。

そして、合わさる中細麺の軽やか&小気味よい啜り心地&噛み心地&その小麦感ある風味っ。コレだけパンチ力あるスープなのに全然負けてない。いやむしろ、その軽やかさでスープの重量感をイイ感じに軽減=食べ進んでも重さはナシ=食べれば食べるほどその旨さを楽しめるぅ。加えて、豚肩ロースらしきチャーシューのモッチリに、キクラゲのシャキシャキに、ネギのシャクシャクと、具&薬味が完璧旨しっ。

いやぁ来る来るぅ&ドンズバ我がツボな一杯にメロメロ。あっさりに、こってりに、期間限定麺。いずれ劣らぬ美味ラーメン揃いのコノ一軒が是非とも我が家近郊に移転してくれないかなぁ、くれないよなぁ。

巷で高評価の「コキンヌ」@早良区祖原のフレンチは
糸島産野菜がソコカシコに生かされたベジ美味。

ろくでなし
こってりラーメン580円
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン115●チャンポン8●中華麺12●うどん34●そば13●その他17
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 22:41 | Comments [0]

2015年07月11日 土曜日

●【ラーメン】博多ラーメン膳@中央区小笹

ひねもすのらりくらりかな」で発売を知った「博多ラーメン膳」小笹店の「こんなラーメン」。「こんなにおいしいラーメン」の略で「豆板醤とにんにくを牛脂で香りを引き出したコクと、 豚肉と白菜の旨みが溶け込んだあっさりと引きのある フォンドボー仕立ての絶妙スープのハーモニーを 自家製太麺でお召し上がりください。」との事。

先ずはスープと一口啜れば、豆板醤的辛味はほぼ皆無。ほわんっと広がるこの甘みは、極上中華料理店の湯麺的柔らか美味。合わさる麺は太麺?いやいや中細麺では?スベスベと口に収まる滑らかな啜り心地と、もちんっと解けるコシが福岡県産ラーメン用小麦であるラー麦製チック。そして、合わさる具の白菜のシャキッと、豚肉のモチッ。

確かにこんなにおいしいラーメンではある。が、基本メニューである豚骨ラーメン「おいしいラーメン」は280円で、この一杯はその倍以上の580円。

膳の経営母体はカノ安早旨うどんチェーン「小麦冶」や蕎麦チェーン「玄」も営む昭和食品工業。小麦冶でも具を豪華にして客単価を上げる工夫をされているようだが、この一杯も同様なのか?など思いつつ店を出ると、「すみません、アンケートをお願いできますか?」。デフレ麺からの脱却を目指してのリサーチなのか??確かに味わい&満足感に見合えばチャンとした価格を取る=末永くその味わいを提供継続できるし、客も楽しめる=企業も客もWIN&WIN。

「洋風そば食堂」を唄う「グリチネ」@早良区西新は、
そばの実や蕎麦粉を生かした一品料理に加え、
〆の麺は細切りがオリーブオイルがきいたつけ汁のざるそばに、
扁平太切りはパスタ仕様と、トコトン洋風蕎麦。

博多ラーメン膳】小笹店
こんなラーメン580円
福岡市中央区小笹3-5-18
11:00~25:00・無休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン114●チャンポン8●中華麺12●うどん34●そば13●その他17
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 17:33 | Comments [0]

2015年07月10日 金曜日

●【ラーメン】やっちゃんち@中央区清川

外連味の一切ないシンプル丁寧味にゾッコンの「やっちゃんち」の、醤油に続き、味噌を啜る。

誤解を覚悟で訪ねるならば、極上サッポロ一番みそラーメン。アッツ熱の口当たりとともに、軽やかに広がる味噌の風味と円やかなダシの旨み。スープ表面を熱々ラードで覆ったり、味噌ダレを濃いめに利かしたり的な調理は一切ナシ、至って素直に=味噌とダシの旨さを豊かに感じる我がツボ美味っ。

合わさる麺は中細扁平縮れ麺で、塩&醤油の中太縮れ麺とはおそらく別物。加えて具も、チャーシュー、シナチク、味玉の塩&醤油に対し、ミンチ肉にモヤシ、ニンジンなど味噌仕様。いろんな具の豊かな食味が味噌味にベストマッチ。

うんうん、やっぱ好きだなやっちゃんラーメン。ならば次回は、木曜限定提供の「鶏白湯ラーメン」か?それとも夏季限定の「つけ麺」か?!

夜はオヤヂだらけの焼肉会、改め肉食会。
ちょいグルさんブログで惹かれた「トリッペリア コルテロ」。
臓モツイタリアンをアテにガブ飲みワインを正にガブ飲みし、
〆はケニでナシカタネギヤマ。

今日の一杯も絶妙のシャバシャバ薄々スープが不味旨いっ!
往年の元祖に想いを馳せつつ、
これぞ甲類でござい的甘い焼酎を飲みつつ、ズルズル啜る。

やっちゃんち
支那そば味噌700円
福岡市中央区清川3-12-1
7:00〜15:30&17:30〜21:30
(木曜は11:00~15:00鶏白湯専門営業)・Pなし

【元祖ラーメン長浜家】2
ラーメン450円
福岡市中央区港1-1-16
9:00~28:00 Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン113●チャンポン8●中華麺12●うどん34●そば11●その他17
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 11:27 | Comments [0]

2015年07月09日 木曜日

●【麺】麺道はなもこし@中央区薬院

店主ブログで新メニュー「鶏塩そば」の発売を知り楽しみ!but 最近は平日でも開店前のシャッター客待ち&午後1時にはスープが売り切れて閉店が常習という「麺道はなもこし」。社内での仕事が一段落し、午後からの打ち合わせを前に、午後1時前。ダメもとで訪ねると、わぁおぉ開いているヤッテいるぅ!ルンルン気分で入店すると、

「ヘノさん、ひょっとして鶏塩そばを食べに来ました?
スミマセンっ、売り切れましたぁ……」。

おぉまいがぁ…、ならばもう一つの昼麺メニューである「鶏だしラーメン」かと思いきや、「ヘノさん、まぜ麺なら食べていただけますが…」。汁なしのまぜ麺は我が興味の対象外。なれど、いやだからこそ、こんな機会が無ければナカナカ啜る事などないのでは?!とポジティブ指向で即オーダー。

待つ事しばし、差し出されたドンブリには中太平麺に肉味噌&シナチク&青菜&ネギ。「よく底からまぜてから食べてクダサイ」との助言通りにグリングリングリンっとかき混ぜ&和えて戦闘態勢完了。おっしゃ喰らうぞとズビズバンっと啜れば、ぶわんっと広がるオリエンタルな風味と、平麺のヒラヒラ&プリリンっと、一味遅れて顔を出す辣油&山椒のヒリリとシビれる辛み。

味わいのベクトルはカノ名作期間限定麺「魯肉うどん」@福岡麺通団。なのだが、タレ&中華香辛料&平麺食感&大切り肉片とシナチクと青菜とネギの食感コラボなどなどなど、更なるテイストバージョンアップ加減がソリャもうエラク旨い旨いっ。

いやぁ参った。コレほど旨いまぜ麺があるという真実に、コレまでいわれなくまぜ麺を毛嫌いしていた我の愚行に呆れるばかり。オッシャならば改心し、「ラーメン屋 游」の「まぜ麺」や「ざいとん」や「西新亭」の「台湾まぜそば」などアレコレ啜らねば?!

麺道はなもこし
もこしのまぜ麺(辛)800円
福岡市中央区薬院2-4-35
11:45~14:30&19:00~22:00(スープが亡くなり次第閉店)
日曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン111●チャンポン8●中華麺12●うどん34●そば11●その他17
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:54 | Comments [0]

2015年07月08日 水曜日

●【ラーメン】ざいとん@東区香椎駅前

豚骨博多の醤油ラーメン 七十五

滅多にない東区での仕事を前にサクッと昼麺、西鉄香椎駅前の「ざいとん」へピットイン。入口右手の食感販売機より、未食だった「台湾ラーメン」のボタンを押す。食券を渡すとスープを豚骨と醤油からチョイス出来るのだとか。迷うことなく「醤油でお願いしま~す」。

ビシッとクリアな醤油色のスープに浮かぶネギの緑とモヤシの白と、半熟玉子の黄色に、ググッと旨さを確信。先ずはスープと一啜りすれば、シッカリ熱々な口当たりとともに、フワッと鼻へ抜けるゴマ辣油の風味と共に、豊かに広がるダシのあま味と、一足遅れて顔を出す辣油のピリ辛味の見事なまでの味わいコントラスト比率が、タマラン旨いっ。

加えて中太麺のムッチン、ムチムチ食感と、肉みそのニチニチと、モヤシのシャキッと、ネギのシャクッと、トロリン半熟玉子のナンとも豊かな食感&味わいのコラボが半端なく悦楽悦楽ぅ。

おそらくスープと麺は「中華そば」と共用なのか?となれば、それをベースに具を盛り込んだこの台湾ラーメンこそ完成形!と思わずにはいられないほどにググッと我がツボな一杯に満足一杯腹一杯っ。

来週火曜から土曜までの5日間&15食@一日で「つけ麺740円」を販売するとか。機会があれば是非とも再訪したいのだが、はてさてついでがあるやなしや。

ざいとん
台湾ラーメン700円
福岡市東区香椎駅前1-17-24 香椎名店街
11:30〜14:00&18:00〜24:00(日曜 11:30〜17:00)・不定休
Pなし(レガネット千早で買い物をすれば提携駐車場が40分無料)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン111●チャンポン8●中華麺12●うどん34●そば11●その他16
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 22:33 | Comments [0]

2015年07月07日 火曜日

●【うどん】とも也@長崎県長崎市

昼麺を啜る間もなくセコセコ仕事した甲斐あって午後7時前、ようやっと無事終了。福岡まで2時間の帰路につく前にサクッとパワーチャージだと「まさ也」へ転がり込む。

「鍋焼きうどん」「中華あんかけうどん」と並ぶ、とも也の夜営業のみ提供メニューのひとつ「豆腐あんかけうどん」。スメ&豆腐に鶏卵も加えたのか?グリグリグチャグチャとかき混ぜつつ加熱した後、アンとじに仕上げたのだろうか?アッツ熱トロントロンの口当たりとともに広がる、豆腐の甘み。

合わさるうどんは中太むっちむちぃ。トロリあんを存分にまとい口に収まり、粘り腰で踊り唄う様がソリャもう悦楽。塩気強めで打たれているのだろう、うどん自体も明快に味わいがあって、タマラン美味っ。

やっぱ旨いわこのうどん、と3分の1ほど啜ったところで卓上のおろし生姜をドーピング。そしてさらに3分の1ほど啜ったところでスダチを入れて、味わいの変化も目一杯楽しみつつ、ウハウハ完食。

【讃岐手打ちうどん とも也】
豆腐あんかけうどん573円
長崎県長崎市賑町5-25-2
11:00~14:30& 17:00~21:00(木・土・祝は昼のみ)・日曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン8●中華麺12●うどん34●そば11●その他16
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 23:06 | Comments [0]

2015年07月05日 日曜日

●【ラーメン】有頂天@北九州市小倉北区

コチラで高評価=そりゃ旨いに違いなひっ、と「有頂天」。なんでも鳥取ご当地麺である牛骨ラーメンを出す店なのだとか。住所を頼りに訪ねると、てっきり二郎系の「だるま」の並びと思いきや、もう一本南側の通り沿いに、シアワセの黄色い暖簾。

正午過ぎ、なのに照明暗め&BGMはスタンダードジャズと、あたかもBARのごとき店内には先客1名。カウンター席に付き卓上のメニューを見ると、「牛骨ラーメン600円」「牛骨醤油ラーメン600円」「牛骨辛ラーメン600円」に「ご飯100円」と至って潔いラインナップ。鳥取牛骨ラーメンならば、やっぱ醤油だろうなと、牛骨醤油ラーメンをたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは醤油色に濁ったスープで、わずか三軒だが我が啜った鳥取牛骨ラーメンとは一見して全く異質。ではではとスープを啜れば、醤油ダレが立った甘辛な味わいは一瞬、同じく牛骨ラーメンのメッカ、山口県下松市のそれに近い。

が、カナリ細めのストレート麺の小粋食感は博多っぽいし、小皿で供された胡麻ニラ醤油をチョイとのせると、焼き肉屋で出てくる牛テールラーメンと味わいの芯が限りなく近い気がしてくる。

ポタッとダシ&脂の甘みがきいた美味スープに、目一杯大盛りの牛テールらしき肉のニッチリと旨い様もしかり。うぬぅ、ならばコノ牛骨醤油ラーメンも旨いが、メニュー筆頭の牛骨ラーメンの方がもっともっと大正解だったかもっ?!

牛骨ラーメン【有頂天】
牛骨醤油ラーメン600円
北九州市小倉北区京町2-4-9 林ビル1F
10:00~18:00・火曜休み Pなし

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン110●チャンポン8●中華麺12●うどん33●そば11●その他16
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:56 | Comments [0]

2015年07月04日 土曜日

●【ラーメン】七福亭@城南区南片江

あぁ、旨い豚骨が啜りたひっ。

目覚めた途端に超豚骨モード。で、「七福亭」。

あぁあ、なのになのに……。

カウンター席に座りかけつつ

ふと見上げた壁のメニュー書きの

「マー油ラーメン520円」にウッカリ浮気……。

ズズッと啜ると、ふわふわ、ふっくら広がる豚骨ダシのあま味っ!

と、その仄かなあま味の輪郭をクッキリッと強調するマー油の甘み…。

確かに旨い、しっかり旨い。

が、ソコハカと、さり気なく、ふ

んわりと、ジワジワと染み入るダシの滋味こそが

七福亭豚骨の味力&魅力。

七福亭
マー油ラーメン520円
福岡市城南区南片江2-30-24
11:30~22:00・月曜&2nd日曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン109●チャンポン8●中華麺12●うどん33●そば11●その他16
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 11:43 | Comments [0]

2015年07月03日 金曜日

●【うどん】讃岐絢うどん@長崎県長与町

6年前、長崎市の北隣、長与町にオープンした「讃岐絢うどん」。もとは洋食屋を営んでいた店主が讃岐うどんに魅せられ開業しただけあって、おすすめメニュー筆頭が「エスプーマ・トマトうどん960円」。ふんわりトマトの泡にケッカソース、カリフォルニア黒オリーブのタプナード、レモンの酸味の醤油だし」。我の苦手な装飾過多な創作うどんばかりかと腰が引けていた店だ。

正午過ぎ、広めの店内に大きく取られたオープンキッチン&それを取り巻くカウンター席のコジャレた店内は、7割方客で埋まっている。どうやら地元じゃカナリの人気店なのか?!と期待指数が急上昇。席に付き卓上のメニューを眺めると、創作うどんに加え、かけやぶっかけ、生醤油などオーソドックスなメニューもモチロン充実。

讃岐うどんなら生醤油か…?でもでもスメも啜りたひっ。

で、結局薬局、温かけうどん410円+ちくわ天100円。

待つ事しばし、運ばれてきたうどんは、洗面器大の超大振りドンブリ。うへっ?!とビビりつつ、つゆだくスメを一口啜れば、わぁお、抑揚が利いた様々なダシのバラエティ美味。ナンでも3種の昆布に、イリコ、焼きアゴ、燻製ウルメ、サバやカツオの節など12種の食材を、硬度0の超軟水で11時間に渡り水出ししたものなのだとか。加えて合わさるうどんは中太&麺線長めのムッチリムチムチ。で、コレって、讃岐うどんというよりも、途轍もなく「つるとんたん」チック??!!

うどんは、しっかりとおご馳走な旨さが超上出来優等生。なので、単品で頼んだちくわ天の出来がチト寂しっ。ならば次回は、いっその事うどん自体の旨さ勝負のシンプルメニュー、生醤油うどんか?それとも、両極の超創作「エスプーマ・トマトうどん」。

讃岐絢うどん
かけうどん410円+ちくわ天100円
長崎県西彼杵郡長与町高田郷719-8
11:00~15:00&17:00~21:00・火曜休み(祝日の場合その翌日が休日)Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン109●チャンポン8●中華麺12●うどん33●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離33km / 通年152km

Posted by heno at 12:29 | Comments [0]

2015年07月02日 木曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

福岡きっての創作ラーメン名店「行徳家」の最新作「麻辣麺」は、途轍もなく名作美味っ。赤茶色のスープを啜ると、味噌チック?かと思いきやナンとも円やかに甘い豊かなうま味と、すぐその後を追ってくるピリリな辛味、のち白髪ネギのピリリにパクチーのクセあるあの風味!

店主ブログに寄ると「麻が花椒、辣が唐辛子。ですが今回の行徳家の麻辣麺!第二弾は大量のピーナッツ、練り胡麻をふんだんに使用した串切りレモン入り、パクチー入り麺!」との事。

合わせた麺は中太ちぢれ麺。ぷりんぷりんな食味が独特スープと絡む絡むっ。コイツはタマラン旨いなぁとズルズル半分ほど啜ったところで、くし切りレモンをスープに絞り入れ啜れば、わぁお爽やかオリエンタル酸辣湯麺!コリャたまらんっ、ド直球我がツボな一杯に自然啜る速度が上がり、正に瞬食。

行徳家
麻辣麺780円 ※期間限定 
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン109●チャンポン8●中華麺12●うどん32●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離33km / 通年152km

Posted by heno at 13:05 | Comments [0]

2015年07月01日 水曜日

●【中華麺】RON@西区石丸

かつて四箇で「海猿」なる居酒屋を営まれて居た方が一念発起し、先月下旬にオープンした「中華と炭焼きRON」。昼は担々麺を始めとする中華麺と「エビめ」しなるオリジナル飯がウリ&夜は持ち帰りのみのケータリング店というオモロ営業形態のの新店。

午後1時過ぎに訪ねると、先客7名と開店1ッヶ月にして、そこそこの賑わい。こりゃイヨイヨ期待でけそうだっとメニューを眺めると、我がお目当ての麺類は屋号のキャッチコピーにも記されている担々麺が「マーボ」と「野菜たっぷり」に基本の3種に、中華そばが「チャーシュー湯麺」「海鮮五目湯麺」に、我が目当ての基本メニューである「中華そば」。

ほどなく運ばれてきたドンブリは、イイ感じに透明感アリアリのスープに、厚切りチャーシューの赤&白髪ネギの白&味付き卵の紅白。さり気ない美人さ加減に、きゅいんっとフォーリン・ラヴぅ。ワクワクドキドキで一啜りすれば、スパンッと広がる醤油ガエシ的な芳醇なる風味と共に切れある後味が斬新初体験。

けへぇ、こりゃオモロ旨いっと麺を箸で摘まめば、かなり麺線短めの中細縮れ麺。啜った途端、シュルッと瞬間口に収まる食感がアミューズメント美味。加えてモッチリ&ニッチリなチャーシューに、むりんっと弾ける味玉の美味しさが、ソリャもう贅沢美味っ。

Facebookで店の出自を知り興味津々で頼んだ餃子は、
生姜のなせる技??
コレまた後味の切れ味がお見事鮮烈なオリジナルな味わい。
いやはやイイねぇ、旨いねぇ。
ほな次回は最近個人的に苦手な担々麺に挑むっ。

中華と炭焼きRON
中華そば550円
福岡市西区石丸1-12-25
11:00~15:00(夜営業は持ち帰りのみ)・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン108●チャンポン8●中華麺12●うどん32●そば11●その他16
◎6月の総ジョ グ距離33km / 通年152km

Posted by heno at 21:55 | Comments [0]