2015年08月01日 土曜日

●【ラーメン】らぁめん一白@熊本県熊本市

先月18日オープンした「一白」は、地産地消食材による無化調ラーメン。小粋な白い暖簾を潜ると、正面に食券販売機。さぁてナニを啜ろうかと眺めていると奥から店員が現れて「醤油ラーメンがお好きなら『海苔らぁめん850円』がオススメです」。基本メニューらしき「地元系らぁめん700円」の醤油に、バラ干し海苔をトッピングしたものらしい。確かに旨そうっ、なれど850円はあまりに高いし、ナニよりスープ本来の味わいが楽しめないのでは??と、地元系 醤油らぁめんのボタンを押す。

待つ事しばし、運ばれてきたラーメンは、香味油多めの醤油色スープに、茹で卵の黄色、プチトマトとチャーシューの赤、カイワレの緑に大振りキクラゲの黒+シュッと逆円錐状にそそり立ったオサレなドンブリが、如何にもフェミニン。

先ずはスープと一啜りすれば、ポタッと熱い香味油の口当たりと共に、ふんわり、後、グイグイ広がるダシの旨み。おそらく鶏ガラ+豚骨+魚介+野菜にタマネギ香味油か?優しく、かつ豊かな風味とうま味が上出来美味。

合わさる麺は中太ストレート。妙にアッツ熱な啜り心地&モチッと食感が印象的。一見量が少なめか?と思いきやさに非ず。逆円錐形のドンブリ底に密に詰まっていて、啜れど啜れど次々現れる様が、ある意味「牧のうどん」の無限増殖麺状態。

モチッとロースハム・ベクトルの上出来チャーシューに、大振りキクラゲのパリパリに、プチトマトのチュチュっとスッパ甘い食味が味わいに豊かな奥行きを演出。これで、我がラーメンの薬味として一番苦手なカイワレがのっていなければパーペキ美味っ。

ひょっとして先行部隊である「てしお」の存在が大きいのだろうか?「麺空間灯り」然り、「びーだま」然り。昨今の熊本は如何にも女性をターゲットとしたらしきフェミニンなラーメン新店が目白押し。加えて、ガツンッと男味のラ店も豊かだし、今、おもろラーメン九州一は熊本県か。

【らぁめん 一白】
地元系・醤油らぁめん700円
熊本県熊本市中央区白山2-11-19
11:00~17:00・年中無休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン126●チャンポン8●中華麺12●うどん38●そば13●その他23
◎8月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 2015年08月01日 21:34
コメント
コメントしてください




保存しますか?