2015年10月15日 木曜日

●【ラーメン】中華そば かなで@博多区東比恵

先週オープンした「かなで食堂」@春日市南須玖のセカンドブランド「中華そば かなで」の旗艦メニューである「中華そば」。メニューの蘊蓄書きによると『あっさりした口当たりですが、濃い旨味、深いコクを感じる醤油ラーメンです。透き通った清湯鶏がらスープに奥出雲 井上醤油屋の「天然醸造・丸大豆仕込 古式しょうゆ」を合わせました』との事。

ほぉら、やっぱしっ。イイ感じに透明感を残す醤油色のスープから湯気と共に香るダシの風味に、極細麺と大振りチャーシューとシナチクと。イヤハヤ思った通りにスキッと男前の盛りつけに一目惚れ。

おっし、こりゃ旨いに違いなひっ!ともんどり打ってレンゲでスープを一啜りすれば、ほわんっと軽やか。なれど、啜るほどに加速度的にうま味を増すその味わいこそ、実直滋味系。かつて本家「かなで食堂」で期間限定提供の「鶏ガラ中華そば」と同じ味わいベクトルな、ナンとも気持ちよい、シンプルなのに深い味わいに、うっとり。

そして合わさる極細麺の印象の、前回の「塩そば」とは全く異なる印象にもビックラこ。 今回はガサッとポリッと感はほぼ皆無、とぅるんっと収まりモチッと抗う食味が滋味醤油味スープと馴染む旨さ。おそらく麺は共用のようだが茹で上げ加減の差なのだろうか?兎にも角にも、それぞれのラーメンにベストマッチな、それぞれ食感の麺にも惚れ惚れ。

加えてチャンと旨い大振りの低温調理もっちりチャーシューに、さくさくメンマに、パリパリ海苔。至って王道に&丁寧に整えられた端正な中華そばに、若き店主の心意気を感じる。塩そばに加え、この中華そばもドンズバ我がツボ。おっしゃならば、残る「汁なし担々麺」も是非とも必食。

中華そば はなで
中華そば630円
福岡市博多区東比恵2-8-23
11:00~16:00・火曜休みプラス不定休 Pあり(店の真ん前の2台のみ)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン175●チャンポン10●中華麺16●うどん51●そば16●その他29
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 2015年10月15日 12:53
コメント
コメントしてください




保存しますか?