HENO HENO: 2015年11月 アーカイブ

2015年11月30日 月曜日

●【中華麺】中華そば かなで@博多区東比恵

ほどなく運ばれてきた「汁なし担々麺」は、我が乏しいそれの食経験に比べると、随分と汁だく。担々麺お約束の芝麻醤に辣油にダシスープも少量入っているのだろうか?根拠のない推測で、ぐりんぐりんと麺を汁を和えて、ずばんっと啜れば、ヒリリとした辛さと、円やかなダシ&芝麻醤?の甘みと、シャキシャキのシナチク&ネギと、ニチッと肉味噌と、むちんっの偏平麺で、あぁ悦楽の食感ラビリンス。あぁコレ、いぃよぉ~!(アキ@吉本新喜劇調で)

麺を完食後、ドンブリに50ccほど入れて食べるという「追いスープ」が、ドンブリより先に供される事が象徴的。既存の本格中華麺をベースにしつつも、更なる独自の創意工夫がソコカシコに光る力作が、うふふと我がツボ。

中華そば かなで
中華そば630円
福岡市博多区東比恵2-8-23
11:00~22:30?・火曜日休み? Pあり(店の真ん前の2台のみ)

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン201●チャンポン10●中華麺19●うどん59●そば16●その他33
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 19:36 | Comments [0]

2015年11月29日 日曜日

●【ラーメン】みそ膳 仁科家@東区和白台

ナニせ真性麺好き&牡蛎好きゆえ、こんな写真を見せられちゃ、そりゃ啜らん訳にはイカンでしょう!と「仁科家」。その存在は知っていたが、未だ食べたことがなかった味噌専門のラ店である。

午後1時過ぎの店内はほぼ満席と、かなりの人気店。店内に所狭しと貼られた写真入りメニューの貼り紙に、普通なら何を食べるか迷いそうだが、初志貫徹で「かき味噌ラーメン」をたのむ。と、「味噌は何で行きましょうか?」。

なんでも札幌、仙台、名古屋、京都に九州・玄海など全国各地の味噌に、焦がしや豚骨味、ねぎに韓国風などオリジナル調理の味噌と、全部で十数種の味噌から選べるとの事。

こりゃ難題、とてもじゃないが選べない。で、オススメを聞くと「濃い味の味噌が合いますよ。北国か仙台、札幌あたりがお勧めです」。ならば北国でお願いしマス!

出てきた一杯は、ソリャもうプリンプリンッの牡蛎がゴロッと6個。専用に小鍋で加熱し、茹で汁と共にスープと合わせ、それでドンブリに入った味噌を溶かし込む製法。なので、調理鍋に味噌を入れ加熱する製法よりも味噌自体の風味がストレートに生きていて、味わいに切れある。

合わさるは、札幌味噌ラーメン・チックな真っ黄色の中太麺。ゴチッと強ゴシの男前な食感に、具の牡蛎のプリンプリンと太もやしのシャキシャキ。牡蛎料理の定番のひとつである「どて鍋」然り、牡蛎と味噌は鉄板の取り合わせ。卓上の一味唐辛子やおろしニンニクで味わいの変化も存分に楽しみつつ、ほっこり完食。

【みそ膳 仁科家】
牡蠣みそラーメン860円
福岡市東区和白丘4-16-53
11:00~21:00・火曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン201●チャンポン10●中華麺18●うどん59●そば16●その他33
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:02 | Comments [0]

2015年11月28日 土曜日

●【うどん】はちや@田川市猪国

ここ数日の厳しい冷え込みで、気分はスッカリうどん。しかもアッツ熱トロトロの「あんかけ」が恋しいぞと「はちや」。おそらく福岡県で唯一、 本格的な京都うどんが食べられるという宿題店である。

メニューを見ると「あんかけ」や「けいらん」に「にしん」もあるし、「たぬき」は「(あんかけ甘ぎつね入り)」だし、こりゃ間違いなく京都うどん&そば店である!こりゃイヨイヨ出来上がりが楽しみだと、あんかけをたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたあんかけは、透明感ある黄金色のダシをあんでとじて、おろし生姜が添えてある。ネギこそ添えてあるが、もうもうと立ちんぼる湯気とダシの薫りが、かつて啜った「今井」@大阪市のそれとまんま同じで旨さを確信。

共に供されたレンゲでスメを啜れば、トロントロンっ、で、アッツ熱っな口当たりとともに、ナンとも豊かに広がるダシのうま味。微かな酸味さえ感じるほどに存分にきいたダシの甘みの輪郭を、おろし生姜の爽やかな辛味が丹念に描き出す様が、ググッと我がツボ。

そして更に、うどんが旨いっ。てっきり製麺所製の茹で置きタイプかと思いきや、むっちりと抗うコシ然り、とろんと絡むあんかけスメに負けじと小麦の風味を主張する風味然り、コレまたドンピシャ我がツボツボぉ。

あぁ旨い、こりゃタマランと一気に完食すれば、熱々あんとじ×おろし生姜効果で、ソリャもう身も心もポッカポカ。で、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2015年・麺大賞」うどん of the yearは「うどん秀まる」@東区馬出と同一首位で、ここ「はちや」。

きっとこの店にハズレはなし。本格京都うどんと言うことは、「きつね」は甘きつねではなく刻みあげだろうし、ラーメンやカレーラーメンにチャンポンもアリ。こりゃ是非とも機会を見つけ全麺制覇してみたひっ。

はちや】
あんかけうどん 500円
田川市猪国1218-1
11:000~19:30・月曜休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン203●チャンポン10●中華麺18●うどん59●そば16●その他33
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:22 | Comments [0]

2015年11月27日 金曜日

●【ラーメン】はちばん食堂@佐賀県唐津市

唐津市の湾岸工業団地の一角に、昼時は店周辺が駐車車両が溢れる人気食堂。午後1時過ぎに訪ねると、ちょうど客の入れ替わりタイミングに合ったのか、僅かに空いたスペースに無事駐車。

店内はまだまだ満席状態。カウンター席に空きを一席見つけて滑り込む。カウンター上部にズラリと並ぶお品書き札が、まさに圧巻。なにを食べるかアレコレ悩む楽しさ満載。そして奥の小上がり席の壁一面には、食事のお供である漫画の単行本がぎっしり並ぶ。これぞ正統なる町の食堂。

とかく町の食堂は、定食やうどんは旨いがラーメンはイマイチ。なれど、ここのラーメンは随分と本格美味との噂。その証が、カウンター奥のガラス張りの厨房からもれ伝わる豚骨臭。こりゃ楽しみだと出来上がりを待つ。

ホールで次から次へと来店する客の注文を受けるお母さんだが、なんと注文書きは一切なし。30名ほどの客の全てのオーダーを記憶し、厨房で調理に専念するお父さんへ口頭で伝え、自らも調理。そして料理が出来上がると、それぞれの注文客へと運ぶ。これぞ町の食堂おかみさんの凄ワザだっ!(←NHK「超絶 凄ワザ!」のナレーション調で)

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、褐色スープに脂なし。クンッと薫り立つ豚骨臭が心強い。そしてスープに透ける麺は随分と太麺。ひょっとしてチャンポンの麺としても共用しているのだろうか?

先ずはスープとひと啜りすれば、熱々の口当たりとともにぶわりと広がる元ダレの醤油の旨味と、一足遅れて顔を出す豚骨ダシの風味。脂っ気のない切れある醤油豚骨がググッと我がツボ。そして合わさる太麺のコシと風味の存在感。この取り合わせって、横浜市の家系ラーメンに相通ずるものを感じるぞぉ。

てっきりイニシエ系かと思いきや、具のチャーシューもチャンと旨いし、ナニよりラーメン自体がオリジナル美味。こりゃ是非とも再訪し、アレコレ啜りたひっ。先ずはコロッケラーメンか?それとも中華そば??

【はちばん食堂】
ラーメン550円
佐賀県唐津市二夕子3-13-11
11:00~21:00・日曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン203●チャンポン10●中華麺18●うどん58●そば16●その他33
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:24 | Comments [4]

2015年11月26日 木曜日

●【つけ麺】麺屋サキマサ@熊本県熊本市

 

いやぁ旨いっ!やっぱベラボー旨いな、この一杯っ。

今年も残すところ40日弱。で、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2015年・麺大賞」つけ麺 of the yearの「麺屋サキマサ」で「つけ麺・並+味玉」。

つけ麺の食べ方
1.まずは、麺だけ食べる

店内に掲げられた食べ方指南書に沿って、麺だけ食べてみる。と、ぬらりと艶っぽい口当たり然り、嚙んだときのクニィっと抗う烈なるコシと、ある瞬間にサクッと解ける二段ゴシの悦楽と、嚙むほどに豊かに広がる瑞々しい甘味と小麦感が、コレ正に絶品美味。

「非売品の最高級国産小麦」=店主がリスペクトするカノ店と同じものを使用しているらしいが、熊本の美味しい水も味に味方しているのだろうか?福岡市で営業していた頃より断然美味しくなっている気がする。

2.麺をつけ汁に入れて食べる

おやおや、コレまた前回より更に美味しくなっているぞぉ?!「一般的濃度の約3倍」という濃厚豚骨スープは、なるほど極太麺に密に絡み、ダシのうま味が存分に楽しめるが、濃厚ならではのしつこさがが皆無。ただひたすら密に旨い。

そして「サバ節、煮干し、カツオ節を大量に使用」した結果、豊かに広がる魚介ダシ。濃厚魚介にありがちな魚粉感は皆無なのは、大量のダシを事前に水へ長時間漬けた後、丁寧に煮出した結果だろうか?

加えて具もバージョンアップ?温つけ汁に潜んでいるチャーシューが以前より極厚切りになっていて、しかも事前に肉叩きされているのか、極厚なららサクッと解け食べやすいし、旨味も濃い。加えて大切りシナチクに海苔、柚子皮と、味わいの変化が存分に楽しめる。

そして追加で頼んだ味玉が大正解。事前に割って、麺と共に食べればトロンと半熟黄身の甘みと温つけ汁の旨味のコラボが旨い旨いっ。

3.麺を食べた後はスープ割り(煮干しのダシ)

そして〆のスープ割りがまたまた旨いっ。アッツ熱に加熱されたものがポットに入って供されるので、出来るスープ割りもアッツ熱。ふぅと吹いて一啜りすれば、豊かに広がる煮干しの旨味と円やかに広がる豚骨の甘み。思わずほっと一息つきつつ、ふと思う。次回は麺を少し残しておいて、早めにスープ割りを作り共に食べれば、中華そば的な食べ方も楽しめそうだ。

オープン3ヶ月でメニューも再考されたのか、つけ麺が並、中盛、大盛りの3種になり、「濃厚中華そば」や「カルボナーラ麺」の食券ボタンは消えている。本命メニューに絞り込み、更に旨いつけ麺作りに専念する姿勢にコレまた惚れ惚れ。来年も機会を見つけちょくちょく啜りたひっ。

麺屋サキマサ
つけ麺(並)800円+味玉100円
熊本県熊本市南区田迎6-2-20
11:00~15:00&18:00~21:00・水曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン202●チャンポン10●中華麺18●うどん58●そば16●その他33
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:18 | Comments [0]

2015年11月25日 水曜日

●【うどん】博多あかちょこべ@博多区冷泉町

うどんのはなしを訪ねて ~その十二~

2008年、「古式胚芽麺もみじうどん」として早良区西新で産声を上げ、当初から「ずぼらうどん」などアイデア懲らしたメニューを展開。そして翌2009年4月には、店主の里でもある現在の博多区冷泉町へ移転し、チョイ飲みうどん店として再オープン。

それから早6年、最近は店facebookによると、韓国や中国のブログで紹介された結果なのか、それらの国からの来店客が急増なのだとか。ならば今日も満席か?とおっかなビックリ訪ねると、1階のカウンター席こそほぼ満席ながら、2階の座敷席が空いているとの事。

あぁ良かったと2階へ上がり、最近売り出したという「選べるトッピングうどん500円」。①温かいうどんor冷たいスメのうどんorぶっかけうどんをチョイスし、②ごぼう天or丸天orきつねorわかめor温玉orえび粉いり揚げ玉or大根おにおろしor納豆or生玉子or肉から好みの3品をトッピングし、かつ卓上のとろろ昆布が入れ放題で、価格はマーベラスな500円で、うどんはモチのロンで胚芽挽きぐるみの揚げたて=プリプリ&風味抜群。

いやはやナルホド、この味でこの量でこの価格ならば、日本人のみならず万国大人気だろねっ。

博多あかちょこべ
選べるトッピングうどん500円
福岡市博多区冷泉町7-10
11:30~15:00&18:00~24:00(日祝~21:00)年中無休(日祝は休むことも) Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン202●チャンポン10●中華麺18●うどん58●そば16●その他32
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 22:25 | Comments [0]

2015年11月24日 火曜日

●【ラーメン】侍.うどん×やっちゃんち

常に新たな麺作りに精進する、正に屋号通りの麺作り侍「侍.うどん」@博多区博多駅前と、地に足が着いた等身大のラーメン作りが味力の「やっちゃんち」@中央区清川がコラボして、一夜限りのONE NIGHT LOVELY 麺「寒い冬にはうどんも良いが侍.は貴方のそばが良い。」。福島県の本場の味を確かめて欲しいと、材料の全てを本場から取り寄せて作る、喜多方リスペクト・ラーメン。

今朝喜多方より届いたという麺と、やっちゃん&侍.共同制作のスープ。あたかも千葉県の竹岡式ラーメン・チックに、旨味&甘味満載の醤油ダレが効いたスープに、プリンプリンの中太偏平麺。加えて、やっちゃんち十八番の炙りチャーシューに、シナチク、お麩とそれぞれに食感&味わいが楽しいラーメン・シンフォニー。

その味わいもさることながら、嬉々として一夜限りのラーメン作りに情熱を燃やす若き両店主の心強さに、ついつい目尻が下がりっ放しの真性ロートル麺馬鹿親父一匹。

寒い冬にはうどんも良いが侍.は貴方のそばが良い。
醤油800円 ※今夜限りの限定販売

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン202●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他32
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 19:44 | Comments [10]

2015年11月23日 月曜日

●【ラーメン】福岡ラーメンショー2015

IMG_1555

今月12日から福岡市役所前広場で行われている「福岡ラーメンショー2015」。なんやかやあって千秋楽にようやっと来場。

IMG_1557

ナニせ醤油好き、なのでまずは福島ラーメン組 獅子奮迅隊。
漆黒スープと極太麺と、揚げネギと。

IMG_1558

ナニせロートル麺喰いゆえ、食べてもあと一杯。
煮干しラーメンの凪も惹かれるが東京新宿店で既食だし、
ナニより豚骨が啜りたひっ。
で、佐賀ラーメン会の豚骨に生海苔をトッピング~。

IMG_1553

今年はラーメンにプラス、チョイ飲みも楽しめる。
ならばとsoba&sodaをクイッとね。

会場には「黒門」@遠賀町の店主や、かつて「Anyone」@博多区冷泉町を営んでいたアニーさんに、福岡吉本のブルーリバー青木さんの姿も(アニーさんは来年1月に川端通りに新ラ店をオープンさせるとの事)。皆が楽しみにしているラーメンのお祭りイベント、来年も楽しみにしております!

【福岡ラーメンショー2015】
福島ラーメン組 獅子奮迅隊 750円
佐賀ラーメン会 750円+生海苔150円

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン201●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他32
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 11:33 | Comments [0]

2015年11月22日 日曜日

●【ラーメン】ろくでなし@宮若市山口

2年前の年末に福津市にオープンした「ろくでなし」。豚頭骨を16時間強火で炊きあげる取り切り製法の「あっさり」と、あっさりのスープに豚のゲンコツと背脂を足して作る呼び戻し製法の「こってり」の豚骨ラーメン2枚看板に加え、様々な期間限定麺も発売し、あっという間に人気店に。そして今月1日には、福津市のお隣宮若市に支店をオープン。

住所を頼りに訪ねると、福津市から宮若市へ入って間もなく看板が見えてくる。鶏卵生産者・地黄卵の直売所「若宮たまごの里」の一画に「ラーメン」の赤い暖簾。

午後1時過ぎの店内は僅かに空席が残るもすぐに満席、表に順番待ちの列が出来る人気ぶり。入口横には食券販売機。麺はあっさりと、こってりに加え、ここ若宮店のみ提供の「チャンポン」の3種で、本店で販売中の期間限定麺「味噌」の提供はナシ。迷うこと無く我が目当てであるチャンポンのボタンを押す。

待つことしばし、運ばれてきたチャンポンは、ナンとも良い感じに透明感を残す白濁スープから漂うダシの薫りに旨さを確信。

こりゃ間違いない!とレンゲで一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに円やかに広がる鶏ガラたしきダシのうま味甘みっ。外連味は一切ナシ、ダシの旨さが素直に十二分に生きた味わいに一発ノックアウトぉ。

合わさる麺も旨いっ。気持ち細めながら、チャンポン麺とするとズシッと重量感があり、もちっと抗う粘いゴシと、解けた後のポワンポワンと躍る食味が楽し旨し。

いやぁこの麺は旨いなぁとドンブリから目を厨房へ移すと、「ラーメン龍の家」のロゴが印刷された段ボール。送り状が貼ってあり、箱の横には「チャンポン」とマジックで書かれている。て事は、このチャンポン麺は龍の家製なのか??

そして合わさる具。多めのイカゲソと、キャベツや太もやしなどの野菜の火の通し具合がナンとも絶妙で、食感と味わいのコラボが完璧美味っ。かつ、チョロッとかけられた辣油の辛味。必要最小限に己の存在を主張=自然な麺と具とスープの味わいを生かしつつ、ほんの少し味わいのアクセントを付ける=食べても食べても食べ飽きることがない。

いやぁ旨いな、このチャンポンは。箸で麺を啜り野菜を囓り、レンゲに持ち替えスープを啜り、あぁ旨い、こりゃタマランなぁ。スープの一滴さえ残す事なく、一気完食。

夜は珍しく一家揃っての外食が成り、ウルトラ久しぶりに「だるま」@中央区大名。どうか有りますようにと訪ねると、やっほー!店頭にこの季節限定の「牡蠣天定食800円」の貼り紙。

ひとかたまりの客毎に揚げたて天ぷらを提供するのが、だるまスタイル。にわのうぐいすの冷酒を呑みつつ、我が家の順番を待つ。

「はい、次はコチラの4名さん。定食1に野菜2に、牡蠣が1~!」

「はいはい、分かってますよぉ、分かってますっ。」

相変わらずのお母さんとお父さんの丁々発止。冷酒徳利が残り3割ぐらいになったところで、天ぷらが供される。まずは大振りの牡蠣がゴロッと3個。チョイと温つけ汁につけて囓れば、カリッと熱々衣の中からジュワッと牡蠣の旨味。うははコリャたまらんっと、旨味を冷酒で追いかける。

1個と半分食べたところで、冷酒が切れる。なにせ家族連れだし、なによりだるまに長居は似合わない。早々に白飯に切り替え、残りの牡蠣1個半と、ナスと玉葱の天ぷらをおかずに食べ進む。追加で新レンコンを一個頼み、シャクシャクとうっとり完食。

良い感じに甘めのつけ汁と、卓上に取り放題のイカの塩辛と高菜が、最強のご飯のお供。加えて、チャンとダシのうま味が感じられる味噌汁と。普段は呑んだ後に白飯など決してあり得ない我なれど、ついつい箸が進む進む。

「いかがでしたか、お腹一杯になったぁ?」

食べ終えたところで、カウンター越しにお母さんが息子達に声をかけてくれる。これ幸いと、かれこれ20数年ぶりに来ましたと応えると、「お陰様で三連休のせいか、そういうお客さんが良く来てくれたんですよ」。久しぶりのだるまだが、かつての味力のそのままに改めて惚れ惚れ。お父さんにお母さん、いつまでもお元気で。是非また家族揃って頂きに参ります。

ろくでなし】若宮店
チャンポン680円
福岡県宮若市山口 2533-1 若宮たまごの里内
11:00〜21:00・月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン199●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他32
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:24 | Comments [0]

2015年11月21日 土曜日

●【ラーメン】博多豚十郎@筑紫野市二日市

ラーメン天竺」や「ひでまる家」と、いろんな屋号のラーメン店をスクラップアンドビルとしてきた店主が、今年の4月にオープンしたという「博多豚十郎」。住所を頼りに訪ねると、以前の2軒と同じく住宅街の一画にぽつんと営業中。

暖簾を潜ると午後2時前の店内は先客2名。どうやら常連客なのか、カウンター奥の店主と親しげに会話しつつラーメンを啜っている。通されたテーブル席に着き壁に書かれたメニューを見ると、ラーメンは「豚骨ラーメン500円」に「塩だれ豚骨600円」と「豚骨ラーメンカレー味600円」。表の看板の屋号の下に「元祖 塩だれ豚骨のお店」とあった。ならば店のオススメに従うのみ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、僅かに透明感を残す白濁スープの表面に細かな背脂と気泡が浮いた、なかなかの男前。こりゃ思いの外手強いか?とレンゲで一啜りすれば、表面の脂の半端ナイ熱さの奥に、ほんわり広がる豚骨ダシのうま味と、その味わいの輪郭をシャープに描き出す塩だれ。

合わさる麺は細めの中太ストレート。シュルッと小気味よい啜り心地と、ぽっくりとしたコシがパンチ力ある切れ味スープと相性良し。大振りのチャーシューの塩味と、大切り&多めのキクラゲとネギとの食感が、博多の超人気ラ店「住吉亭」チックで楽し旨し。

同行の次男が隣で啜っている「豚骨ラーメン」も、気泡満載の茶褐色スープから漂う豚骨臭がエラク旨そうっ。こりゃ是非とも近々再訪し、カレーラーメン含めて全品啜ってみたひっ。

【博多豚十郎】
塩だれ豚骨600円
福岡県筑紫野市紫2-7-18
11:00~15:00 17:30~21:00(金土祝前~22:00)
不定休 Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン198●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他32
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:13 | Comments [0]

2015年11月20日 金曜日

●【麺】韓国チャンポン@韓国慶尚北道麺尚州市

IMG_1518

韓国中部へ4泊5日の出張の全行程を無事に終え帰国前。かねてから念願の韓国のチャンポンを啜る。慶尚北道麺尚州市の高速道路インターチェンジの入口にある料理屋に惹かれる看板を発見。

IMG_1517

「手」の文字が入った料理人が手で麺を伸ばしている=かつて釜山でも食べたが、手延べ麺を食べさせる店なのか?!

オンドルでホッカホカ温かい床に座り、座卓の上のメニューを見ると、麺は韓国ソウルフード麺であるジャジャ麺に、チャンポンと韓国版うどん=カルグクス が、それぞれ具がノーマルと海鮮の2種に、加えてチャンポンのみ激辛仕様がアリ。かつて釜山で食べた手延べのジャジャ麺がすこぶる旨かったので、海鮮ジャジャ麺に浮気心が騒ぐも初志貫徹。海鮮チャンポンをノーマル・スープでたのむ。

どっぱん、どっぱん。

残念ながら店奥の閉鎖された厨房で料理されているので見ることは出来ないが、この音は間違いなく、手延べ麺を作るにあたり生地をまな板へ打ち付けている音だっ。こりゃいよいよ出来上がりが楽しみだっ。

IMG_1520

待つことしばし、運ばれてきたドンブリには赤みがかったスープに、こんもりと盛られた具に、良い感じに麺線が不揃いな麺は、見るからに手延べ。

先ずはスープと一啜りすれば、思いの外辛さは控えめで、日本のチャンポン的な円やかな旨味は、鶏ガラ?それとも牛骨??対して具は、キャベツじゃなく白菜だし、ジャジャ麺の具として定番のズッキーニやマッシュルームものっている。加えて海鮮もイカゲソに加えてイイダコやムール貝が大量に入っていたりと、オリジナル・コリアン仕様のおご馳走。そしてトドメは手延べの麺のムチッムチの、プルンプルン。

ナンでも『ジャージャー麵とともに20世紀のはじめ頃に朝鮮に居住していた華僑たちによって紹介され、次第に庶民に愛されるようになった外国の料理」という韓国チャンポン。ジャジャ麺は韓国では甘味で、日本の盛岡じゃじゃ麵は塩気の効いた味噌の辛味なのに対し、チャンポンは韓国で辛くて、日本で甘い。隣国同士の食文化の違いを楽しみつつ、ガツガツと麺を喰らうシアワセよ。

韓国=赤くて辛い料理のイメージがあるが、
この旅でそれが大間違いであることを改めて実感。

3日目の朝食は、ビナ貝をヒジキや椎茸と甘く煮た具をのせ、
生の白菜をも添えて食べるビビンバに、
ビナ貝でダシをとった
へジャン・ク=「二日酔い覚ましスープ」の取り合わせが、ソ
リャもう滋味美味。

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン197●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他32
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 11:35 | Comments [0]

2015年11月15日 日曜日

●【ラーメン】ろくでなし@福津市中央

「こってり」と「あっさり」の豚骨ラーメン2枚看板で営業する「ろくでなし」の、更にもう一枚の看板が期間限定麺。「中華そば」や「つけそば」に「ふくま鯛出汁ラーメン」と、ここ半年で3つもの名作を発売。そして11月からは冬季限定らしき「味噌」を新発売。

ソリャもうアッツ熱のスープは、ナンとも豊かな味噌の味わい。醸造発酵感さえ感じるほどに薫り立つ味噌の旨味に、思わずホッとため息一つ。やっぱ日本人は味噌だねぇ、など癒やされつつも、後味にピリリと顔を出す辛味に食欲を掻き立てられ、ガッツリ喰うぞモードがスイッチオン。

合わさる麺は中太縮れ。味噌の旨味を豊かにまといつつも、己の味わいもシッカリと主張するブリンッ、ブリンッ美味。そして野菜と厚切りチャーシューのおご馳走と、食い応えあるラインナップに我が食欲は大満足。

なるほど焼きチーズねぇ、確かに合うし旨いかも?!など、味噌ラーメンのチラシを見ていると、横に「」若宮店OPEN!!」のチラシ。ココ本店には置いていないチャンポンが、しかも鶏白湯100%のスープで食べられるの??!!こりゃ近々是非とも啜りたひっ。

ろくでなし
味噌・中辛720円
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み) Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン197●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 23:11 | Comments [0]

2015年11月14日 土曜日

●【ラーメン】まはり家@博多区博多駅南

福岡麺通twitterでその存在を知り惹かれていた「まはり家」。アチラコチラのブログでも好評だし、コリャいよいよ啜らねばと住所を頼りに訪ねると、博多駅南のこぢんまりした住宅街の一角に「ラーメン」の暖簾。

二階建ての民家を改装して、今年の8月にオープンしたというまはり家。オッカナビックリ入口に立つと「そのまま靴を脱がずにおすすみください」との但し書き。なのでそのまますすむと、イイ感じに手作り感溢れる木造の店内は逆L字型のカウンター席。そしてL字の長い辺の席の正面はガラス張りで外の庭を眺めることが出来る。

壁に張られたメニュー書きには「魚介とんこつ」の味噌との醤油に、ラーメンのトッピングが数種と、替え玉、ライスと至って潔い。この冬の気分は味噌。

どこぞの麺屋で働かれていたのだろうか?どこかでお見かけした気がしてならない若き店主の仕事ぶりを横目で見つつ、仕事の返事メールを打っていると、ラーメンが運ばれてくる。

味噌ラーメンにキクラゲとは珍しい取り合わせだなぁ、など思いつつレンゲでスープを一啜りすれば、円やかな味噌の旨味とダシの甘みがストレートに生きた、実直美味なる味わいに、ふと「やっちゃんち」の味噌ラーメンを想い出す。

麺は中太縮れ麺。ブリン、ブリンと踊るコシがナンとも楽し旨し。加えてチャーシューにキクラゲと、その下に隠れていた白菜の、それぞれの食感と味わいの豊かなコラボ。

そして更に「無料・お気軽にオーダーください これは絶品!タカのツメ」。壁に張られた貼り紙のキャッチコピーに惹かれ頼むと、生唐辛子なのか?特有の豊かな風味と辛味が、マイルド味噌にベストマッチ。

飛び道具は一切ナシの実直美味×具のチョイスや薬味で等身大の個性を主張。そのラーメン作りの姿勢が、再びやっちゃんちと重なる=ドンピシャ我がツボな一杯に惚れ惚れ完食。こりゃマストで「醤油」も近々啜りたひっ。

まはり家
豚骨魚介みそラーメン550円
福岡市博多区博多駅南6-6-10
11:30~14:00&18:00~24:00 Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン196●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 14:53 | Comments [0]

2015年11月12日 木曜日

●【ラーメン】冨ちゃん@早良区飯倉

久方ぶりの「冨ちゃん」は、現地へ移転前の店舗時代のドエラク旨い豚骨ラーメンに完全復活。口当たりは軽やかなれど、ふわりと広がる豚骨ダシの風味と、クイッとフック感ある後味のコク。そうそう、これぞ冨ちゃんで御座い的、旨しスープに、もうメロメロ。
そして、モチのロンで麺の揚げ具合も完璧美味。スルルと口に収まり、ホクッと解けるコシに、もう夢中。いやぁ旨い、これこそ冨ちゃんと、一気に瞬食。替え玉オーダーしたい!スープを完飲したい!!激しくスタンディングオベーションする、我が麺煩悩を懸命になだめつつ、でも会心の一杯に思わずニヤニヤ頬を緩めつつ店を出る。

 

【冨ちゃんラーメン】
ラーメン600円
福岡市早良区飯倉4-1-38
11:30~21:00・火曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン195●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 15:56 | Comments [0]

2015年11月11日 水曜日

●【ラーメン】林家@筑紫野市二日市

豚骨博多の醤油ラーメン 八十

Facebookでその存在を知りググッと惹かれた「魚介醤油中華そば」は、あたかもうどんのスメのようなホッコリと旨いスープ。さらに背脂の甘みと、揚げタマネギか?添えられた薬味の芳ばし甘みが、味わいに奥行きを演出。プラス中華麺の取り合わせが、関西地区でいう「黄そば(きぃそば)」的オモロ美味っ。

さらに中華麺は厚さ1ミリ弱×幅1センチほどの超扁平麺。なので、ピロピロと口に収まる啜り心地と、むにんっと抗うコシがコレまた楽し旨し。そしてさらに多めに盛られた白葱のシャキシャキなピリ辛との食感&味わいコラボ。

どこか懐かしイニシエ系かと思いきや、その実、ナンともユニークで新しいオンリーワンな中華そば。3年前に訪ねたときは豚骨ラーメンだけだった「林家」二日市店だが、この中華そばに加え、ゆず辛ラーメンやチャンポンなど、麺メニューが大充実。うぬぬ、ならば次回はチャンポンをば啜りたひっ。

林家】二日市店
魚介正油中華そば600円
福岡県筑紫野市二日市中央6-2-10
11:00~14:00&18:00~25:00(金土は26:00まで、日曜は昼のみ)
月曜休み Pなし

ラーメン194●チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:30 | Comments [0]

2015年11月10日 火曜日

●【うどん】大助うどん@早良区藤崎

うどんのはなしを訪ねて ~その十一~

名店に名物あり。

大きな洗面器ほどある大きなドンブリから 溢れんばかりに盛られた野菜が、あたかもチャンポン。なれど、その正体はうどんをチャンポン風に仕上げた、 その名も「どんちゃん」。

茶褐色の見た目が如何にもチャンポンのスープだが、 味わいは、まるんっとしたあま味の奥に魚介ダシのうどんのスメ。 そしてエビ・カニなど甲殻類チックなコクある旨味の後味が オンリーワン。

合わさるうどんは、おやおやこんなに太い麺だったかな?!かつては割り箸大の四角断面うどんだった記憶があるも、 今日のソレは扁平太麺。しかも扁平の太さと、縁の角立ち感がイイ感じに不均一。 なので、スルスル、びろんびろん、それぞれ個性的に躍る啜り心地と噛み心地が、ソリャもう楽し旨しダイスキ。

モチのロンで具の加熱具合も絶妙美味っ。結果、野菜のバリバリに、イカやエビのプリプリに、豚肉のモッチリと、それぞれの具の旨いトコ取り×美味うどん=ソリャもう大満足。

かれこれ十数年前に聞いた話しなのでうろ覚えだが、店主は長崎県五島出身で、縁あって筑豊きっての人気店「大助うどん」で修行し独立。
筑豊のうどん屋ではポピュラーなチャンポン風なこのうどんを店の名物にしようと創業当時から売り出したのだとか。

加えて、カツ丼や天丼にホタテ丼など、 うどん以外のメニューに力を入れたのも功を奏し今や食事時は満席必至の人気店。

価格は少々張るが、この旨さとこの食べ応えからすれば十二分に納得価格、「でも・しか」グルメの最たるうどんにキチンと付加価値を付け提供。「全品手作りの店」を看板に、丁寧なうどん作りに励み、城南区別府西区姪浜中央区唐人町に、久留米市佐賀県唐津市
多くの弟子を独立させる。

これを「うどん名店」と言わずして、何と言う、早見優。

 

大助うどん
どんちゃん830円
福岡市早良区藤崎1-1-4
11:00~23:00・不定休(年に数日) P:店頭に2台 ※要確認

ラーメン193チャンポン10●中華麺18●うどん57●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:08 | Comments [0]

2015年11月09日 月曜日

●【ラーメン】三味@中央区大名

pmaajさんの呟きに惹かれて「トマトラーメン三味」。住所を頼りに訪ねると、大名紺屋町の名物のひとつ、塩大福が旨い「駒屋」の2軒南隣に最近出来たらしきモダンなビルのその一階。

表からはとてもラーメン屋があるとは思えない、ある意味都心の秘境的立地に今月1日にオープンしたという新ラ店は、かのヌードルライター山田さんがKBCドォーモのラーメン特集で紹介していた「DOPO」@福津市の関係店なのだとか。

奥に長い、キャパ40名は優にありそうな、いわゆる町屋的な広大な店内の入口右に食券販売機。ラーメンは「トマトラーメン」と「辛めん」の2種×具やトッピングのバリエーション。モチのロンで初ラ店は基本メニュー。で「トマトラーメン670円」のボタンをポチり。

最近はラーメン600円オーバーは決して珍しくないが、やっぱチト割高感があるよなぁとラーメンの出来上がりを待っていると、「当店のFacebookに『いいね』をしていただきますと、100円キャッシュバックしております」。ですかですか、そうですか?!ならば喜んで『いいね』!

オーダーが済むと間もなくサラダが運ばれてくる。
大して期待せず箸をのばせば、
コレがドエラク旨い旨いっ。
野菜の旨さもさることながら、
ナンともイタリアンなドレッシングがタマラン旨いっ。
さすがイタ飯屋の姉妹店関係店だっただけのことはある!

待つことしばし、運ばれてきたドンブリは真っ赤っか。我が初体験トマトラーメンは「信濃路」@大阪府大阪市だが、ソレと比べるとスープのトマト濃度高め&具の野菜濃度低め。

ならば先ずはスープと一口啜れば、口いっぱいに広がるトマト、トマト、トマトな味わいがイタリア~ン!(今更あべこうじ調で)合わさる麺は気持ち太めな細麺。啜っても啜ってもヒタスラ熱い触感と、ぽくっと素朴に解けるコシが個性的美味。

具はひとかけの豚肉&トマトに少量のセロリとほうれん草。対して麺とスープはエラク大盛り。で、十二分に食べ応えこそあるが、まちっと具の量orヴァリエーションが豊かならば言うことなし。

兎にも角にもオモシロ旨い新ラ店がまた一軒。新ラ店開店ラッシュが目まぐるしいココ福岡は、やっぱりラーメン天国さっ。

【トマトラーメンと辛めん 三味】
トマトラーメン670円
福岡市中央区大名1-11-27
10:00~29:00 Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン193チャンポン10●中華麺18●うどん56●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:46 | Comments [0]

2015年11月08日 日曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

「行徳家」の最新期間限定麺「牛肉麻辣節麺」は、創作ラーメン名人である若き店主の面目躍如的名作美味っ。鶏白湯?×味噌?胡麻??×辣油×山椒?×中華香辛料??口当たりのファーストインプレッションは「旨い!辛い!!」だが、その後に豊かに広がる様々な味わいがナンとも深い。そして更に加えて、具として添えられた節の魚介ダシ。重厚なる味わい協奏曲を奏でつつも、ベートーベンの「運命」的に万人に&明快にその旨さが分かる仕上がりに、もう惚れ惚れ。

そして合わさる麺が、コレまた半端なく旨いのだ。誤解を覚悟で例えるならば、超上出来な「どん兵衛」的、極太扁平縮麺。これ以上的確な揚げ具合はナイとも思える絶妙柔揚げなので、ピロピロと口に収まる艶っぽい弾性然り、むにゅり、むにゅるんっと躍るコシ然り、コレ正に正統中華麺的うどんチックな食味がタマラン我がツボっ。


夜は家族揃って「餃子李」@中央区薬院で旨し大衆中華。
青菜炒めやチャーハンも旨いが、ナンと言っても屋号通り、李は餃子。
焼き、水、蒸しと3種餃子にメロメロの夜。

行徳家
牛肉麻辣節麺850円 
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00
(日祝11:30~22:00)・月曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン192チャンポン10●中華麺18●うどん56●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 18:26 | Comments [0]

2015年11月07日 土曜日

●【ラーメン】麺や兼虎@中央区赤坂

煮干し恋し その三

今月から夜営業再開&メニュー一新の「麺や兼虎」。我が目当ては、イリコの名産地・香川県伊吹のイリコを目一杯使ったという「濃厚煮干しそば」。

なるほどイイ感じにドス黒い、迫力満点スープからは、湯気と共に立ち上るイリコの薫り。こりゃ手強そうだぞ!とウキウキ気分で一啜りすれば、円やかな豚骨らしきダシと脂の、すぐその後を追ってくるニボニボ、キンキンなイリコの風味。後味にザラリと粉感を感じるほどに、大量のイリコを使っているのだろうが、決してイリコが突出することなく、後味は円やかな旨味にまとめ上げてあるあたりが、如何にも兼虎。

合わさる麺は気持ち扁平気味の中太ストレート。モチッと抗いザクッと解ける引きが楽し旨し。圧巻なのが厚さ1センチは優にある極厚チャーシュー。箸で持ち上げた時の重量感も半端ナイ。加えて、コレまた大振りのシナチクと、具が大振りかつキチンと旨いのも兼虎風。結果、食べ終えたときの満足感もすこぶる高い。

旧元次(新店舗名は「jonpan」で決定か?)の「ニボ神」に続き、ココ福岡市にニボニボ煮干し系ラーメンが登場。ナニせ真性ニボニボ好きの我ゆえ、ナンとも嬉し旨し。これでニボニボ煮干しの濃厚ではなく醤油系も増えてくれれば、もっと嬉しいのだが?!

【麺や兼虎】
濃厚煮干しそば 770円
福岡市中央区赤坂1-1-18
11:00~15:00&18:00~21:00
(土日祝 11:00~16:00)  火曜休み Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン191チャンポン10●中華麺18●うどん56●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 11:13 | Comments [0]

2015年11月05日 木曜日

●【ラーメン】一輝@中央区六本松

六本松の、車が1台どうやら通れるかの細い路地に先月末オープンしたという「札幌ラーメン一輝」。福岡新麺店情報通に導かれて来店すると、店頭に札幌ラーメン大手製麺所である「西山ラーメン」の屋号が書かれた麺箱がうずたかく積まれている。

こりゃ期待できそうだと暖簾を潜り、空いたカウンター席に座ると卓上にメニュー書き。ラーメンがみそ、しお、正油の3種×具のバリエーション3種。基本のラーメンではチト具が寂しそうなので、奮発して基本+海苔と味玉の一輝ラーメンの味噌をたのむ。

縦長店舗の奥の厨房で調理が始まる。ホール担当の若き男女に加え、厨房には2名の若き男性の人影。うち一人が指南役のようで、もう一人にアレコレ指導しながらラーメン作りが進む。と、突如、厨房奥から中年男性が顔を出す。

「あれっ?ひょっとして、今は閉店してしまった『えぞっこ』@城南区荒江の店主じゃないのぉ~??!!」

ほどなく運ばれてきたラーメンは、チト軽い感じの茶褐色スープに、ちと厚切りのチャーシューの取り合わせが、これまたかつての『えぞっこ』チック。ならば啜るかとレンゲでスープを一啜りすれば、外連味は一切ナシ、あしたのジョーの力石徹的、両手ブラリン戦法的、弩ストレートなオーソドックス札幌みそラーメンな味わい。

合わさる麺は真っ黄色の中太縮れ麺=コレまた正統札幌みそラーメンの麺。噛み込んだときのブリンッとコシあるダンス具合が愉快愉快。加えてチャンと美味い厚切りチャーシューと太もやしに、プラスの海苔と味玉と。

ドンブリ自体も大振りで麺&スープの量が多めな効能か、チャンと美味くて、食べ応えも充分にあり。なのだが、これで850円はチト高めの価格設定か。オープン直後でメニューを絞り込んでの営業とのことだが、どの時期に、どのようなメニューが増えていくのだろうか?高くてもチャンと旨ければ客がつくご時世、今後の展開が楽しみなラ店が、また一軒。

札幌ラーメン一輝
一輝みそ850円
福岡市中央区六本松2-5-15
11:30~14:00&18:00~ ・不定休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン190チャンポン10●中華麺18●うどん56●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:38 | Comments [0]

2015年11月04日 水曜日

●【ラーメン】久屋@南区大橋

開店後3ヶ月経ち営業が落ち着いたのだろうか?「久屋」が期間&数量限定メニューとして発売した「昔ながらのみそラーメン」は、正に名は体を表す味わいが、ほっこり美味。

まずもって、スープ。熱々の口当たりとともに円やかに広がる味噌のあま味と、その甘みを円やかに包むダシのうま味。塩気など尖ったところが一切ない、ナンとも優しいその味わいに、思わずホッとため息ひとつ。

合わさる麺は中太ストレート。目一杯の具と頬張っても、麺線短めで収まり良し。ムチッとッモチッと優しゴシと、厚切りチャーシュー、太もやし、ニラ、超大切りキクラゲにコーンと、様々な具とのコラボがソリャもう楽し旨しっ。

気取ったところが一切ない、さりとて何気ない創意工夫で豊かな味わいを実現した、「昔ながら」ながらもシッカリと店の個性も感じる味噌ラーメン。いよいよ好きです、久屋のラーメン。

ラーメン居酒屋【久屋】
昔ながらのみそラーメン750円 ※期間&数量限定販売
福岡市南区大橋1-19-18ロワールマンションⅠ1階
11:30~14:00&18:00~25:00・不定休(休むなら日曜が多い?)Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン189チャンポン10●中華麺18●うどん56●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 22:15 | Comments [0]

2015年11月03日 火曜日

●【つけ麺】大名ちんちん@博多区博多駅前

昨日の「無邪気」からほど近い、博多駅前のビル街の一角に今年の秋オープンした「大名ちんちん」の博多駅前店。こちらも直線20mほどの通りに中華料理の「源中縁」や、うどんの「博多麺処 翔」(改装中)が並ぶ、麺屋激戦区。こぢんまりした通りにゴチャゴチャと飲食店が並ぶ風景に、ふと東京世田谷駅周辺の飲食街を想い出す。今や天神よりもJR博多駅周辺地区の方が元気で、その結果、多くの飲食店がオープンしていると言うことか?

我が目当ての期間限定「担々つけ麺」は、想像以上の旨さにウハウハっ。

チャンポン麺大の中太丸麺を温つけスープに潜らせ啜れば、ピリッと辛くて、酸っぱくて、かつ円やかで、ビリッと痺れて、中華香辛料的エスニックな後味風味も効いていて、ナンとも豊かな広がり感あるその味わいに一発ノックアウトぉ。ここ数年はナゼか担々麺嫌いの我なれど、アマリの旨さに、その愚行をヒシヒシと後悔。やはりどんな料理でもそうなのだろうが、美味い担々麺はトコトン美味いっ。

アレコレとリッチテイストは担々麺だけに、自然食べ飽きることが多々あるが、この一杯はいやはやどうして。肉も肉味噌とサイコロ切りチャーシューの2種に、味玉に、野菜も太もやしとニラとにネギと、アレコレ盛られた具を麺と共にレンゲに取り、温つかスープに浸して口へとはこべが、都度々々異なる味わいコラボに、もう夢中。あっという間に平らげると、残った温スープがモッタイナイ。白飯を入れてトコトン食べ尽くしたいっ!が、カロリー取り過ぎは命取りなロートル麺馬鹿オヤヂ一匹。泣く泣く残して店を出る。

大名ちんちん】博多駅前店
担々つけ麺870円 ※期間限定販売
福岡市博多区博多駅前3-18-1
11:30〜14:30&17:30〜23:30・日曜休み Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン188チャンポン10●中華麺18●うどん56●そば16●その他31
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 16:55 | Comments [0]

2015年11月02日 月曜日

●【ラーメン】無邪気@博多区博多駅前

豚骨博多の醤油ラーメン 七十九

「サバ節、昆布、干ししいたけ等でダシを取ったあっさり魚介スープに背脂を合わせた、あっさりだけどコクのある醤油ラーメンです」?!福岡麺通さんの呟きの看板写真にググッと惹かれ、「無邪気」の博多駅店で夜営業限定15食の「中華そば」。

濃いめの味付けのラーメン+100円で食べ放題の白飯。ガッツリ食べさせる横浜家系ラーメンとして3年間に城南区七隈にオープンした無邪気だが、今年の5月にここ博多駅前に支店をオープン。住所を頼りに訪ねると、三軒隣は「博多麺屋台た組」だし、道向かいは「天下一品 博多駅前店」と、半径10mにラーメン屋3軒の超過密ラーメン店トライアングル

えぇ?コレって醤油ラーメン??

待つことしばし、出てきたラーメンは薄い茶褐色の、いわゆる背脂豚骨的見た目。ひょっとしてオーダーミスか?と訝しみつつレンゲでスープをドンブリ底から掬い上げると、瞬間ぶわっとスープ一面が醤油色。

ナルホド醤油スープの上に大量の背脂がのせてあったのかとレンゲで一啜りすれば、ソリャもうアッツ熱の口当たりとともに、醸した感ある醤油のナンとも芳醇な風味とダシのうま味と、それらをまるく包み込む脂の甘み。同じく脂の層でアッツ熱の北海道ラーメン系とも異なる、新感覚のオモロ旨さに、思わずにんまり。

合わさる扁平ストレート太麺は基本の「ラーメン」と共用か。かなりの固揚げでボリッと感あるコシが男前。具がチャーシュー1枚+海苔3枚のスタイルもラーメンと同様。多めの海苔をスープに溶かし込み味わいの変化を楽しむのも、また一興。

「行徳家」@南区野間が久方ぶりに発売の期間限定麺は、
カツオ節がコレでもかとてんこ盛りの熟成黒味噌ラーメン。
大量カツオ節がスープで塊となり、
あたかもカツオの味噌煮を食べてるかの如き錯覚に陥るラビリンス美味。

 

【無邪気】
中華そば750円 ※夜営業のみ15杯限定
福岡市博多区博多駅前3-26-10
11:00~15:00&17:00~23:00・日曜休み Pなし ※要確認

行徳家
黒武士ラーメン950円 
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は11:30~22:00)・月曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン188チャンポン10●中華麺18●うどん56●そば16●その他30
◎11月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 18:47 | Comments [0]