HENO HENO: 2015年12月 アーカイブ

2015年12月31日 木曜日

●【つけ麺】久屋@南区大橋

♪ 今年の宿題 今年のう~ち~に ♪ で、全麺制覇で唯一残る「大江戸つけ麺」を啜りに「久屋」。ひょっとして既に年末年始休業に入っているかも…?とイチかバチか訪ねると、おっしゃぁ、開いている!しかも、年始も明日元日から昼のみではあるが、営業するとのこと?!

待つことしばし、運ばれてきた大江戸つけ麺は、白磁の器に美しく盛られたつけ麺に一発フォーリンラヴっ。コリャ期待以上にイケるかも?!と、イイ感じに透明感を残す醤油色の温つけスープに極太冷麺を潜らせ、ズズッと啜れば、瞬間広がるふくいくたるダシのうま味甘み。

おそらく「煎り酒」=江戸時代に醤油が普及する前に使われた調味料で、日本酒でカツオ節と煮干しを煮だした元ダレの成せる技か?「醤油つけ麺」の醸造感ある醤油ダレも旨かったが、それとは確実に一線を画する、円やかうま味な味わいに、思わずムフフと頬が緩む。

そして極太麺のムッチリ&モッチリ。噛み込むほどに広がる小麦の風味もシミジミ我がツボ。加えて、具のチャーシューにシナチク、味玉に加え、特筆すべきは青菜の旨さ。シャキッと食感&ホロ苦風味が味和の好アクセント。そしてさらに、温つけスープに潜んでいる、大切りキクラゲ。シャクッシャクな食感が、ナルホドこりゃイイ!と最後まで食べ飽きること無く一気完食。

あぁ旨かったぁと、割りスープを楽しむと、それまでは微かにしか存在感を主張しなかった梅干しの酸味と風味がグッと前線にしゃしゃり出る楽しさ&旨さよ。

コレで目出度く全麺メニュー制覇したが、いやぁ旨い、どの麺もハズレなし&ナンとも我がツボ。ならば来年は是非とも念願のラーメン屋酒も楽しいたいぞっ。

IMG_1905

年越しそばは、「麺道はなもこし」@中央区薬院のつけ麺×「游」@城南区荒江の低温調理チャーシューで、チャーシュー南蛮そば。かつて「博多だるま」で、店長を務めるはなもこし・広畑さんの下で働いていたという游・平山さん。我がママ勝手に兄弟共演麺を作り、啜る。

がごめ昆布とカツオ節でダシをとって温つけ汁を作り、白葱を茹で、游チャーシューを軽くしゃぶしゃぶして具に盛り込み、気持ち柔らかめに茹でたはなおこし麺を冷水で締め啜れば、いやぁ旨いっ、コレめっさ旨い旨いっ!途中、山椒をふればソリャもう完璧美味っ、でナンともシアワセな年の瀬よ。

ラーメン居酒屋【久屋】
大江戸つけ麺850円
福岡市南区大橋1-19-18ロワールマンションⅠ1階
11:30~14:00&18:00~25:00・不定休(

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン220●チャンポン11●中華麺22●うどん62●そば16●その他38
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

休むなら日曜が多い?)Pなし ※要確認

Posted by heno at 19:44 | Comments [0]

2015年12月30日 水曜日

●【ラーメン】游@城南区荒江

8ヶ月ぶりに啜る「游」の「醤油ラーメン」は、あたかも蕎麦つゆのカエシが如くキュンッと躍る醤油元ダレの風味がグレードアップ。ビチビチと跳ねつつ口へと収まる中太麺の食味も相まって、あたかも鴨南そば的旨さがナンとも鯔背。

午後1時の店内は満席状態と、開店1周年にしてすっかり人気店。豚骨ラーメン店としてスタートするも、数々の創作ラーメンを発売し、そのひとつである「豚ソバ」をグランドメニューに昇格させたりと、精力的なラーメン作りがナンとも魅力。来年も更なる活躍を楽しみに、ちょくちょく啜りにお邪魔したひっ。

夜は我がソウル麺のひとつである「元祖めんちゃんこ」。
ちゃんこ鍋+麺=元祖めんちゃんこ。
和テイストのソップと様々な具と、
プリップリの中太麺に、ほっこり。

 

ラーメン屋 游

醤油ラーメン700円
福岡市城南区荒江1-23-27
12:00~23:00・木曜休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ)※要確認

めんちゃんこ亭】六本松店
元祖めんちゃんこ600円
福岡市中央区六本松2-6-9
11:30~27:00(金土&祝前日~29:00)・無休 Pなし(近隣指定駐車場へ停めた方へ、1hのコインサービス)※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン220●チャンポン11●中華麺22●うどん62●そば16●その他36
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:08 | Comments [0]

2015年12月29日 火曜日

●【ラーメン】長浜御殿長尾本店@城南区長尾

昼は「南京ラーメン黒門」。明日で現店舗の営業は終了し、新年は新天地、北九州市若松区で営業予定なので、現店舗での食べ納め。

ラーメン自体も相変わらずの旨さだが、特筆すべきは佐賀県産の一番摘み秋芽の焼き海苔。あたかも今焼き上がったかのごとく薫り立つ香ばしさと、噛み込むほどに広がる潮の香とふくいくたる甘み。そして、滋味豚骨スープと合わせることでトロンと広がる更なる薫りうま味。あぁこりゃタマランぞぉっと一気完食。

夜は「行徳家」の歳末恒例居酒屋「太平楽」営業で旧友と飲み交わす。店主こだわりの焼酎ラインナップをアレコレ飲みつつ、サバ生干しやキミナゴの一夜干しなど突きつつ、たわい無い昔話に花を咲かせる楽しさよ。

3時間ほど飲んだところでお開きし、徒歩で自宅へ直帰するつもりが、「長浜御殿」の長尾本店に引っかかる。芋焼酎のお湯割りを飲みつつ出来上がりを待っていると、カウンター奥の麺茹で釜で、最近雇われたらしきバイト生が麺を茹で、店長らしき人物が横で見守る。

「いいか、麺の茹であがりは時間じゃなくて、目で見て判断するんだぞ。どうだい?」

「もう少し茹でなきゃいけないと思います!」

「いやいや、もう既に茹ですぎだぞ。ほら麺に透明感が出てるだろ?すでに柔麺の状態だぞ。」

と、急いで麺を揚げてドンブリに盛る。そして「お待たせしましたぁ!」と、カウンター越しに我に差し出す。

えぇ?オーダー時に麺の固さを問われ、確か「普通で」とたのんだはずだが……。胡麻、紅ショウガ、胡椒をぶっかけ、ズズッと啜れば、プニュンとおどる見事な柔麺が、ダシのコクあるスープを密に絡めて口に収まる。

いや別に柔麺が嫌いでもないし、チャンと旨いのでイイのだが、普通麺をオーダーした客の目の前で、その会話はないだろう?と苦笑しつつ、ズルズル完食。

IMG_1882

あぁ旨かったと、再び帰路につくと、遠目の夜空に見慣れぬピンクの看板。近づき見ると、かつてはダイエー笹丘店だったところに、ピンクのイオンの看板が。昨年末、イオンに完全子会社化され、徐々にダイエー各店舗がイオンへと切り替えが進んでいたが、今年でその作業も完了し、ダイエーの屋号が消えるのか…。

福岡発のスーパーマーケット、ユニードを吸収合併し、かつてはプロ野球球団ホークスも所有した、福岡に馴染みの深い企業の屋号が消える寂しさを感じつつ、寒空の師走をとぼとぼ歩く。

南京ラーメン黒門
ラーメン600円+焼き海苔100円
現店舗での営業は30日で終了し、1月11日(月・祝日)下記へ移転オープン 北九州市若松区青葉台南3-1-5
毎週月曜&第4火曜休み(定休日が祝日の場合は翌日を振替休業)Pあり ※要確認

【長浜御殿】長尾本店
ラーメン490円
福岡市城南区長尾1-10-11
11:00~24:30・不定休 Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン219●チャンポン11●中華麺22●うどん62●そば16●その他35
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 21:42 | Comments [0]

2015年12月28日 月曜日

●【つけ麺】筑豊麺道場@飯塚市柏の森

この歳末は珍しく先週末の26日で早々に仕事納め。ならば思いっきり好きな麺を啜る休日!と先日一口惚れした「はちや」@田川市へ向かうも、焼山峠を越えたところでふとイヤな予感。で、先日アップしたブログ記事を確認すると、

おぉまいがぁ!今日月曜は定休日でないのぉ。

こりゃイカン、どこか他の麺屋に軌道修正せねば……。おぉ、そうだ、昨日の俺コレ!に、飯塚市の良さげなつけ麺屋が載っていたぞ!とブログをチェックすると、

なぬ?ここも月曜日が定休日?でも「※12/28は営業」!!

いつながらの痒い所に手が届く情報が満載で助かった!ならば、いざ啜らんっ「筑豊麺道場」。

飯塚市では珍しい濃厚魚介豚骨のつけ麺店である「つけ麺や一歩」が、「筑豊麺道場」と屋号を変えて、先月この地へ移転オープン。メニューはつけ麺、油そば、らーめん×麺の量と具のバリエーション。

迷わずたのんだ「つけ麺 普通盛り」はあたかもうどんのような極太扁平麺が、もっちり旨し。温つけスープも脂分は必要最小限で、魚介のダシが効いた醤油味がベースで、コレまた我が好み。

具も定番の厚切りチャーシューに、つけ麺にしては珍しくキクラゲも入っていて食感の変化も存分に楽しめるし、卓上には豊富な調味料。刻み玉葱や一味、黒胡椒や酢と、アレコレ入れて存分に味わいの変化も楽しめる。そして調味料の横には「冷めたつけスープは温め直しいたします」との貼り紙が。

至れり尽くせりのサービスがウレシイ一杯に大満足。ならば次回はつけ麺の釜揚げあつ盛りか?いや、らーめんも気になるぞっ。

 

筑豊麺道場
つけ麺 普通盛り 650円
飯塚市柏の森153-5
11:00~14:30&17:30~22:00・月曜休み Pあり ※要確認
※12/30~1/4は年末年始休業

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン217●チャンポン11●中華麺22●うどん62●そば16●その他35
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:47 | Comments [0]

2015年12月27日 日曜日

●【ラーメン】かね庵@北九州市小倉北区

煮干し恋し その五

今年の福岡の麺トレンドのひとつが、ニボニボ煮干し系ラーメン。ウルメやセグロなど、イワシの稚魚である煮干しが味の要のラーメンで「ラーメン凪」@東京都新宿区を筆頭に、関東では5~6年前から流行っていたが、九州では長崎の「ながさき煮干しラーメン」や、熊本の「心生麺商人」と、福岡以外の県が先行するも、今年に入って「JONPAN」に「兼虎」、「鶏麺」と、煮干しラーメンを出す店が続出。

そして北九州市では「かね庵」。普段は豚骨ラーメン店「泰玄」として営業するも主に週末の2日間は中華そば「かね庵」として営業。店facebookによると、ここ最近、煮干しの量を随分と増やしてスープを取っているとのこと。 ソリャ楽しみ!とひとくち啜れば、口当たりは魚介ダシと香味油が勝つ以前の味わいに近いが、すぐその後を追ってくる、密なるキンキンと金気あるダシ感は正に我がツボなニボニボ系煮干しラーメン。

合わさる麺は中太ストレート。イイ感じにボソッと感ある食味が金気スープと相性抜群。チャーシューは厚切りバラ肉。もっちり旨いが、煮汁の醤油ダレがもう少し控えめな方が、この美味スープをもっと存分に味わえる気がする。

兎にも角にもニボ度高いラーメンが増えることはウレシイ限り。来年も新たなニボニボとの出会いが楽しみ楽しみ。

支那そば専門店かね庵(らーめん泰玄)
中華そば650円
北九州市小倉北区末広2-3-2
不定休 Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン217●チャンポン11●中華麺22●うどん62●そば16●その他34
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:14 | Comments [0]

2015年12月26日 土曜日

●【うどん】長住うどん@南区長住

ナンとも便利な時代になったものだ。一ヶ月間無料で映画やドラマが見放題のインターネット動画配信サービス「netflix」。気の向くままに映画のネットサーフィンを楽しんでいると、「南極料理人」と出会う。

極限の地に勤務する南極観測隊員の生活を、食を通して紹介するその一シーン。夜中に隊長が料理人の部屋を訪ね訴える。「眠れないんだ…。僕の身体はラーメンで出来ているんだ。ラーメンを食べないと眠れないんだ」。

勤務期間中保つようにと貯めこんでいた即席ラーメンだが、夜中に無断で食べる者が続出し、底を突く。そこで料理人は中華麺作りに欠かせない潅水の代わりにベーキングパウダーを使ってラーメンを作り、供す。と、出来上がったラーメンを一心不乱に啜る隊員たち。

だよねだよね、分かる分かる、その気持ち!

麺にはかように、何としてでも食べたい常習性がある。かつ、思い出したら啜らずにはおられない味力がある。で、昨日の「味一番」に続き、超久しぶりに訪ねる麺屋の第二弾は「長住うどん」。ナンともイイ感じにダシのきいた気持ち甘めのスメに、むっちり、もちもちの手打ちうどん。サクッと上がったゴボ天と鷹の爪が好アクセント。うんうんコレコレ、やっぱり旨いっと一気完食。

【長住うどん】
ごぼう天うどん440円
福岡市南区長住1-1-51
11:00~20:30・水曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン216●チャンポン11●中華麺22●うどん62●そば16●その他34
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:08 | Comments [0]

2015年12月25日 金曜日

●【ラーメン】味一番@早良区高取

気がつけば7年ぶり?!超久方ぶりに啜る「味一番」は、屋号通りの旨さに、うっとり。啜った瞬間ほんわり広がる豚骨ダシの自然な甘みと、一足遅れて顔を出すコクが、正統イニシエ豚骨の味力。

合わさる麺は中細ストレート。麺線が極短めなので、ズズッと勢いよく啜れば、シュルッと口に収まり、ともに口に収まるスープのダシが豊かに鼻腔へと抜ける様がタマラン我がツボ。

残念ながら閉店してしまった未羅来留亭なき後、西新界隈で啜られるイニシエ系は、ここ味一番のみ。どうぞこの一杯を、いつまでも。

【味一番】
福岡市早良区高取1-4-1
11:00~16:00(土日祝~15:30)・木曜休み Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン216●チャンポン11●中華麺22●うどん61●そば16●その他34
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 14:02 | Comments [0]

2015年12月24日 木曜日

●【つけ麺】鶏麺@中央区渡辺通

メニューの写真で惹かれていた極太偏平麺は、イイ感じに生成り色×ムリッと角が立った見た目がタマラン、タマラン。こりゃ旨いに違いないと、まずは麺だけ啜ってみると、むりゅんっと躍るコシ然り、噛み込むほどに広がる甘み然り、期待以上に旨いぞ、製麺屋 慶史の特注麺。

温つけスープは、圧力寸胴鍋で炊きあげた鶏白湯に魚介をミックスしたという濃厚美味。スープの中には大型角切りシナチクが潜んでいて、麺との食感コラボが、コレまた悦楽。

加えて、低温調理されたシットリもちもちチャーシューに半熟味玉との食べ合わせも楽しめるし、トドメは薬味のカボス。麺に搾りかけて啜れば、爽やかな柑橘風味が濃厚つけ汁の旨さを一新。なので最後まで食べ飽きることもなくガツガツ完食。

食べている途中のスープの温め直しに、食後のスープ割り。そして更に割りスープと共に食べる小飯のサービスもアリ。飯の上には練り梅が添えられていて、スープ割りをかけてお茶漬け風に喰らえば、梅の酸味がイイ仕事しマクリの新鮮美味っ。アレコレと創意工夫されたメニュー作りに感心しきりでウットリ完食。

2ヶ月前のオープン当初より、オペレーションも随分と熟れてきた感あるし、味わいもひとランク上がったか?!ならば是非とも店の看板メニューである「鶏白湯ラーメン」を再食してみたひっ。

鶏麺
チャーシュー濃厚鶏魚介つけ麺1030円
福岡市中央区渡辺通2-3-8
11:30〜24:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン215●チャンポン11●中華麺22●うどん61●そば16●その他34
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 23:26 | Comments [0]

2015年12月23日 水曜日

●【ラーメン】一風堂@南区塩原

一風堂塩原本舗の冬のお楽しみ「焦がし味噌ラーメン」。ソリャもうアッツ熱のスープはダシと味噌の円やかな旨味×スープ表面を覆う焦がし脂の芳ばしい甘さがソリャもう悦楽。

今年の3月に啜った時も旨かった。が、おそらくキチンと中華鍋をカンカンに加熱した後、脂やタレを入れ存分に焦がした結果=作る人間の調理力の違いだろか?今日の一杯の方が格別旨しっ。

今やワールドワイドに事業を展開する世界企業・一風堂とて、その企業力の源は現場で働く人のマンパワー。いやぁ愉快、こりゃ痛快とウハウハ完食。

一風堂】塩原本舗
焦がし味噌ラーメン850円 ※冬季限定
福岡市南区塩原3-21-4
11:00~24:00・無休 Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン215●チャンポン11●中華麺22●うどん61●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:56 | Comments [0]

2015年12月22日 火曜日

●【中華麺】桂林米粉 山水家@早良区西新

西新のリアカー部隊が出店する通り沿いに先週オープンしたという「桂林米粉  山水家」は、中国桂林省の米粉=ビーフン専門店。

メニューは汁なし和え麺タイプの卤菜粉=ルーチャイフン「秘伝桂林ビーフン」に、汁麺タイプの湯粉=タンフン「スープ桂林ビーフン」、焼きそばタイプの炒粉=チャオフン「桂林ビーフン炒め」の3種類。メニュー筆頭の「秘伝」を啜るべきだが、なにせ真性汁麺フェチ。で「スープ」をたのむ。

ほどなく運ばれてきたドンブリには肉味噌に青梗菜、太もやし、椎茸に、揚げた大豆と具だくさん。更に別皿でインゲンのピリ辛酢漬けと粉唐辛子が供される。

先ずはスープとひと啜りすれば、仄かにダシのきいた清湯はメニュー書きによると「あっさりトンコツスープ」との事。合わさる米粉は断面が円形タイプのツルツル食感でコシ弱め。プニンと解ける食感がシンプルで、様々な具の食味を生かす感じが、和食での「ごはん」=白飯のような存在感。

wikipediaによると『日本では「麺類」という言葉で、主に細長く加工した、主食用の食品を総称するが、中国語の「麵」は小麦粉をこねて作る製品を指す[1]。一方、中国語で米を原料に作るものは「粉」と称する。』ナルホド、「米」を細かく砕く・分けるで「粉」なのか?!そしてひとくちに米粉といっても、台湾や中国福建省では極細タイプ、香港や広東省では幅広扁平、そして桂林や昆明では太めの丸麺と、地域によっていろいろあるらしい。

そして、よくよくメニュー蘊蓄書きを読むと、桂林米粉の最もポピュラーな食べ方は、汁なし和え麺タイプの卤菜粉=ルーチャイフンで、「秘伝桂林ビーフン」は「18種類の漢方薬や香辛料・香草でじっくり仕上げた秘伝のタレ」で「カリカリ叉焼、牛肉、こってり叉焼の3種類の肉」などの具と混ぜ合わせて食べる「日本初の本場桂林ビーフン」なのだとか。

やっぱり初麺店は店のオススメに従うべき。次回は是非とも「秘伝」を啜らねばっ。

桂林米粉 山水家
スープ桂林ビーフン・2玉650円
福岡市早良区西新4-8-36
11:00~24:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン214●チャンポン11●中華麺22●うどん61●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:26 | Comments [0]

2015年12月21日 月曜日

●【ラーメン】まさちゃん@中央区薬院

今年の夏にオープン以来、アチコチのネット情報で惹かれていた「まさちゃん」だが、ふと目にしたとある呟きがトドメ。

「たぶん今年最後」=よほど通ったのか?
「シンプルな安定の一杯」=絶対我がツボ??!!

で、ノコノコ訪ねると、薬院の裏通りにコテコテのイニシエ夜営業専門的、チョイ飲み博多ラーメン店店構え。この一帯は「JONPAN」が象徴的、ラーメン屋とてオサレに創造的な店造りの飲食店がほとんどなのに?

コレっていよいよチャレンジャーな新ラ店だなぁと暖簾を潜ると、店内もコテコテの大衆ラーメン店。FMラジオが声高に響く店内の、手作り感溢るる素朴なインテリアのとどめは、カウンター奥の高い位置に祀られた神棚。さぁてどんなラーメンが啜れるのか?ワクワクドキドキ出来上がりを待つ。

午後2時前で既に麺茹で釜の火が落とされていたのだろうか?思いの外待つことしばし、運ばれてたラーメンは、イニシエ系にしてはコレまた思いの外大振りのドンブリにタップリとツユダクのスープ。どらどらとレンゲでひと啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱な口当たりと共に、自然に広がるダシの甘みと、一足遅れて顔を出すコクが半端なく旨い旨いっ。

合わさる麺は、あたかも博多うどんが如きテロンっとハリの無い食味に、ふと「一楽」@東区名島を思い出す。バリカタ至上主義のヤングな麺好きには恐ろしく物足りないだろうが、ロートル&ポンコツ麺喰いオヤヂにとっては、十二分にアリ!密にスープを絡め取りつつ、プニュンッと優しく解ける様に、惚れてまうやろぉ~。(えっ?「タビ好キ」出演で福岡の住人にはまだ馴染みあるえとう窓口の相方である、ダブルエンジンのチャンカワイってダレ?)

福岡麺伝道師ブログによると、この店は博多屋台発の超人気店「やまちゃん」からの暖簾分けとの事。店造り然り、ラーメン作り然り、イマドキここ薬院でどエラクどイニシエ。なのに、いやだから魅力&味力満載のウルトラ普通に上出来な一杯にメロリンキュー。こりゃ擂りゴマが似合うね、それと紅ショウガに、別皿で供されるキクラゲも。そして、胡椒も気持ち多めにかけた方が、味わいの真価を堪能できるねと、存分に味わいの変化も堪能し、うっとり完食。

【まさちゃん】
ラーメン550円
福岡市中央区薬院3-12-12
11:30~15:00&18:00~24:00・日曜休み Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン213●チャンポン11●中華麺22●うどん61●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:50 | Comments [2]

2015年12月20日 日曜日

●【中華麺】有吉商店@中央区渡辺通

以前啜った「昭和醤油そば」がキュンと我がツボだった「有吉商店」の、秋冬期間限定麺である「味噌担々麺」は、我が期待を遙かに超えるドエライ旨さ炸裂っ。

何てったってスープが秀逸。恐らく昭和醤油そばのスープと共用か?表

面こそ目一杯味噌色だが、その表層を掬うと下は醤油色×摺り胡麻色のフレッシュな見た目。コリャ間違いなく我がツボだっと確信しつつズズッと啜れば、クイッと軽やか、なれど確かに鼻腔へと抜ける味噌の旨味と、すぐその後を追ってくるダシと元ダレと胡麻の風味。そして更にもう一歩遅れて顔を出すピリ辛の「辣」+山椒らしき痺れる「麻」。ナンとも深い、かつ軽い味わいがソリャもうズバンっと我がツボツボっ。

麺の中太縮れ麺のムッチリもっちりもイカしてるし、具の肉味噌の塊肉を粗く刻んだ感に、担々麺にしては珍しい、が、この食感&味わいがイイ仕事しマクリの太もやしとシナチク。

改めてその味力に感嘆しきり。ならば初心に戻り、豚骨やチャンポンなど、アレコレ全麺制覇したいじゃないのぉ。

IMG_1801

ウルトラ楽しみにしていた春風亭一之輔独演会。えっ?まだ30代?!3年前、21人抜きの大抜擢で真打ちに昇進した勢いそのままの話術が遺憾なく発揮された「ガマの油」と「味噌蔵」に、ソリャもう涙がチョチョ切れるほどに大爆笑。まちっと年月を経れば、人情噺「芝浜」も、もっと泣かせてくれるはず。

有吉商店
味噌担々麺820円
福岡市中央区渡辺通1-8-18
11:30~25:00・1st日曜日休み Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン212●チャンポン11●中華麺22●うどん61●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 11:20 | Comments [0]

2015年12月19日 土曜日

●【ラーメン】中華そば かなで@博多区東比恵

正月むけの買い物に博多駅へ向かう前に、ズズッと昼麺。「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2015年・麺大賞」塩ラーメン of the yearである「中華そば かなで」で、旨し塩そば。

まずは鶏ガラだし×魚介と椎茸の元ダレの醸すナンとも滋味なるスープを心ゆくまま堪能し、7割ほど食べ進んだところで具のロースト・トマトを割り、スープに馴染ませ味変。以前啜ったときの激変イタリアン度合いより大人しめだが、これぐらいの味変具合の方が、本来の滋味美味スープの良さが生きていて、より我が好みっ。

ひねもの素麺チックな麺の旨さに加え、今日のチャーシューは以前にも増して低温調理の良さが生きたモッチモチにジューシー美味っ。いやぁ旨い、コリャたまらんっとウハウハ啜るシアワセよ。

IMG_1792

夜はFacebookの「博多うどんを愛する会」グループクラウドファンディングで供されたうどんを啜る。茹でた後急速冷凍したといううどんは、イイ感じにテロンテロンだが芯にモッチリとヒキも残す食味が博多うどん率高し。加えて冷凍スメとゴボ天も、加熱すれば見事に博多に里帰り。

たまさか入会したFacebookグループの会長が中学時代の同級生で、かつ今は東京に住む会長から、現在も博多に住む私に博多うろんが供される巡り合わせを楽しみつつ、ズルズル啜る。

中華そば かなで
塩そば 650円
福岡市博多区東比恵2-8-23
11:00~22:30・火曜日休み Pあり(店の真ん前の2台のみ) ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン212●チャンポン11●中華麺21●うどん61●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:46 | Comments [0]

2015年12月18日 金曜日

●【ラーメン】やっちゃんち@中央区清川

ひとくち啜れば、ほっこり広がるダシのうま味と醤油ダレの風味。と、合わさる中太縮れ麺のビチビチな啜り心地と、プリンっと解けるコシとヒキ。に、風味が抜群の炙りチャーシューに、パリパリ旨いシナチクに、トロロン閻魔様な半熟玉子。そして「侍.うどん」とのコラボ企画で開眼したのか、お麩ものる。

気取りは一切ナシ、ひたすらシンプルに我が思う旨し麺作りに邁進する若き店主の一途な仕事ぶりがキチンと味に出た一杯が、ヤッパリ我がツボ。で、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2015年・麺大賞」the Rookie of the year awardは、やっちゃんちで決まりっ。

やっちゃんち
支那そば醤油600円
福岡市中央区清川3-12-1
7:00~15:30(木曜11:00~15:00)しばらく昼営業のみ・水曜休み Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン211●チャンポン11●中華麺21●うどん61●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 20:25 | Comments [0]

2015年12月16日 水曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

「香草」に「酸辣湯麺」。我が大好物二単語が合体した「香草酸辣湯麺」が、我が好みに合わないハズもナシ。トロンとアッツ熱のスッパ辛いスープと共に口にダイブするパクチーとセロリのW香草濃密風味&食感バトルの楽しさと、あたかも細めのうどんが如き食味の偏平麺の美味しさが、やっぱ唯一無二の旨さ炸裂っ。

行徳家
香草酸辣湯麺750円 ※期間限定 
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00
(日祝11:30~22:00)・月曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン211●チャンポン11●中華麺21●うどん61●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 19:21 | Comments [0]

2015年12月15日 火曜日

●【ラーメン】味楽@長崎県佐世保市

長崎県佐世保市の中心街から少し離れた住宅街の入口に、イイ感じに陽に焼けた赤い看板と、出前用のスーパーカブ。地元で人気のイニシエ・ラーメン店「味楽」で昼麺。

午後13時過ぎの店内は先客2名。それぞれ新聞を読んだり、テレビを眺めたりしながら、ゆるゆるとラーメンを啜っている。カウンター越しの厨房には夫婦らしき年配男女。出前用の料理だろうか、ラーメンに焼きめしと、それぞれ忙しく調理している。

厨房の反対側のカウンター席に座りメニューを見ると、麺は「ラーメン」「味噌ラーメン」に「チャンポン」の3種。迷わず基本のラーメンをたのむ。

待つことしばし、供されたラーメンはイニシエ・ラ店にしては珍しく随分と大振りのドンブリ。ナンともイイ感じに透明感を残す白濁スープに旨さを確信しつつズズッと啜れば、アッツ熱の口当たりとともに瑞々しく広がる豚骨ダシの確かなうま味に、ふと「横綱ラーメン」@福岡市西区を思い出す。

合わさる麺は気持ち太めの細麺。これまたイイ感じに柔茹でで、スープを密に絡め取りつつ口へと収まり、ほっこりと解ける様がググッと我がツボ。具のキクラゲやモヤシとの食感コラボも楽し旨し。イニシエ系にしては珍しくチャーシューも冷蔵庫臭さがなくチャンと旨いし、ナルホドこりゃ人気のはずだと納得しきりで一気完食。

夜は仕事関係の忘年会。
博多すずろ」で会席&酒をシコタマ楽しみ、
〆は「唄う稲穂」で「すじ釜うどん」。
あな美味悦楽な夜がふける。

【味楽】
ラーメン550円
長崎県佐世保市高天町4-1
11:00~21:00・日曜休み Pなし ※要確認

唄う稲穂

すじ釜うどん 価格失念
福岡市中央区薬院1-10-10
16:00~27:00・日曜休み Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン210●チャンポン11●中華麺21●うどん60●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:56 | Comments [0]

2015年12月13日 日曜日

●【ラーメン】ろくでなし@福津市

昨今、福岡市東部は濃霧警報ならぬ濃脂警報発令中か?昨日の「ふくちゃん英美」@宗像市に続き、今日の「ろくでなし」@福津市の「ラーメンあっさり」も、以前啜った一杯と比べると、随分と脂濃いめ。なれど、ほんわか甘いダシの風味と、ナニよりスルルと小気味よく解ける麺の啜り心地が悦楽美味。派手さはないが、チャンと&着実に旨い安定感が味力&魅力。で、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2015年・麺大賞」豚骨ラーメン of the yearは、ろくでなしで決まり。

ろくでなし
ラーメンあっさり550円
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み) Pあり ※要確認

ラーメン209●チャンポン11●中華麺21●うどん60●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:44 | Comments [0]

2015年12月12日 土曜日

●【ラーメン】ふくちゃん英美@宗像市野坂

どうやら麺茹で釜の水替えタイミングに当たったようだ。しばらく待ったの後、ラーメンが供される。と、

おやおやぁ?コリャ随分と、ぽってりぃとオイリーだぞぉ……。

以前食べた時もソコソコ脂感があったが、今日のスープはスープ表面が脂の層で濃霧注意報発令。コリャ手強そうだぞぉと覚悟を決めてひと啜りすれば、とろんっと甘い脂の甘み。ダシのうま味は脂層の下部に閉じ込められていて、さっと掬うと脂脂脂。

ならば麺と箸を突き立てドンブリ底から麺を摘まみ上げ啜れば、もちんっと心地よい柔揚げの中太麺の旨味がググッと我がツボ。そして底部にたまっているスープのダシの風味も密に絡んで、コレまた旨ひっ。

途轍もなくぶ厚い脂の層さえなければ、きっと先日同様の我がツボな一杯。だが、ブレある出来上がりも、ある意味初代店主の持ち味そのまま。そう言えば、麺が茹で上がるまで、釜の蓋に平笊を突き立て、背筋を正して待つ姿勢然り、茹で上がったと判断するや否や、ザザッと平笊で麺をすくい、窯の縁へカンッカンッカンッカンッと打ち付け茹で汁を切る所作然り、限りなく初代店主の仕事ぶりそのままな姿に感動。

ふくちゃん英美
ラーメン600円
宗像市野坂2648-1 ユアーズプラザ
11:00~22:00・日曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン208●チャンポン11●中華麺21●うどん60●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:23 | Comments [0]

2015年12月11日 金曜日

●【ラーメン】游@城南区荒江

次々と期間限定麺を提供する「游」の新作は「酸担麺」。その名の通り、トロンとスッパ辛いスープはあたかも酸辣湯麺だが、黒い肉味噌を混ぜれば担々麺へと変身。かつ、スープをからませず麺と肉味噌だけで食べれば、あたかも盛岡じゃじゃ麺の味わいと正にオモロ美味三昧。オープン一周年で6つの新作を提供する若き店主のアグレッシブな麺作りに感嘆しきりで一気完食。

来週17日木曜まで、Facebook、Twitter、Instagram 見たの一言で、酸担麺特別トッピング温玉100円をサービスとの事。

ラーメン屋 游

酸担麺700円 ※期間限定販売
福岡市城南区荒江1-23-27
12:00~23:00・木曜休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ)※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン207●チャンポン11●中華麺21●うどん60●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:49 | Comments [2]

2015年12月10日 木曜日

●【チャンポン】鈴凜@城南区神松寺

毎度毎度の福岡新麺店伝道師呟きに導かれ「鈴凜」。かつてはお好み焼き屋だったが、先月末に一念発起し、チャンポンセンターへ業態変更とか。

午後2時前とランチタイムからすると随分と深い時間帯なれど、店内は8割方客で埋まっている。そして若き店主との会話のやりとりから察するに、そのほとんどが常連さん。新業態店になってから僅か2週間ほどなので、おそらく皆さん、かつてお好み焼き屋だった頃からのファン客か?!

僅かに空いたテーブル席に座り卓上のメニューを眺めると、チャンポン、皿うどん、五目焼きめしに唐揚げの4種に、壁の黒板には砂ずり炒めなど3種。モチのロンで我が目当てであるチャンポンをたのむ。

待つことしばし、ようやっと供されたチャンポンは、エラク大振りのドンブリにコレでもかと大盛り?!うへぇ、コリャ食べきれるかなぁと、おっかなビックリでスープを啜れば、アッツ熱の口当たりとともに鶏白湯ベースらしきスープの瑞々しい甘み。

コリャ独創オモロ美味だぞっと、箸をドンブリ底まで突き立てて麺を掴むと、見るからにテロンっと腰折れ状態で上がってくる。イカン、ハズしたかぁ??とひと啜りすれば、イヤハヤどうして最後の砦は堅牢死守。確かに柔らかめなれど、ムニュンッと躍るコシが僅かに残存する。そして、麺以上にテロテロに茹で上げられた野菜と練り物の独自食感。

こりゃ唯一無二のランニング・オン・エンプティ状態。いやオモロイ、こりゃ是非とも調理風景を拝見したいなぁと、ズルズル完食。

鈴凛
チャンポン680円
福岡市城南区神松寺2-13-18
11:00~15:00&17:00~21:00・水曜休み Pあり

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン206●チャンポン11●中華麺21●うどん60●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:32 | Comments [0]

2015年12月09日 水曜日

●【ラーメン】鶏麺@中央区渡辺通

煮干し恋し その四

先々月末にオープンした「鶏麺」がメニューを充実、「台湾まぜそば」に続き今週月曜から「煮干しそば」を販売。ナニせ幼い頃のおやつがイリコだった真性煮干ラーゆえ、みすみす見逃すわけにはイカンでしょう。

待つことしばし、運ばれてきたドンブリのスープは、想定外の透明感ある黄金色with背脂。てっきり醤油or豚骨×煮干しかと思いきや、コリャひょっとして鶏ガラ清湯×煮干しなのか??

ならばと先ずはスープをレンゲでひと啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、柔らかく広がる鶏ガラらしきダシの旨味と背脂の甘みに、一足遅れて、フワッと広がる煮干しの後味。キュンキュン醤油ダレ×煮干しや、ドカンと豚骨×煮干しとは一線を画する、自然に煮干しがきいた塩ラーメン=「たちばなや」@山口県周防大島に代表される「いりこそば」の今風版。

いやはやスープは、アリそでその実なかなかお目にかかれないオモロ美味だが、合わさる麺も超扁平なきしめんチックな形状の食味が、コレまたオモロ旨い。加えて低温調理ならではのロース・チャーシューの牛タン的シャクッと食味。

屋号は鶏麺=鶏白湯がウリの店だが、我が好みは、断然この煮干しそば。とは思いつつも、前回惹かれたもうひとつの麺、つけ麺も近々啜ってみたひっ。

鶏麺
煮干しそば780円(13時以降、一日15杯限定)
福岡市中央区渡辺通2-3-8
11:30〜24:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン206●チャンポン10●中華麺21●うどん60●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:45 | Comments [0]

2015年12月07日 月曜日

●【中華麺】満正苑@早良区西新

西新の裏通りに、幸せの黄色い看板。ナンでも本拠地・鹿児島ではJR鹿児島駅構内にも店舗を出店しているという人気の中華麺店「満正苑」が福岡市へ進出。

午後2時前、真新しいインテリアの店内は先客ナシ。テーブル席に着きメニューを見ると、麺メニューは「満正苑名物 担々麺」に「五目餡かけ拉麺」「海老入り塩拉麺」に「光麺」の4種。最近めっきり担々麺が苦手だが、なにせ「名物」。ならば啜らん訳にはイカンでしょう、とオーダーすれば「普通、中辛、激辛とスーパーがありますが?」。わぁお、くわばらくわばらと、普通でたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたドンブリには担々麺には珍しく温泉玉子がのっている。そして肉ミンチも辛味タレに合わされること無く、毅然として己のすっぴん姿を晒す様が、コレまたユニーク。

まずはスープとレンゲで表面を掬うと、辣油と芝麻醤の下には醤油色のスープが見て取れる。おっと、となるとヒョッとして、久方ぶりに我が好みのタイプかも?!とひと啜りすれば、軽やかな辛味のすぐその後をグイッと押し出し感ある鶏ガラらしきダシのうま味が追ってきて、すぐまたその後にキュンと広がる仄かな酸味。いやコレコレこれなのよ、コレぞ我がツボ担々スープ。

そして麺がコレまた旨ひっ。軽くブルンッと躍りつつ口に収まり、モチッと抗いサクッと解ける小粋コシに、もう夢中。そして具の肉ミンチのニチッと食味と、小松菜か?青菜のソリャもうシャキシャキと、トロロン甘い卵の黄身と。巷の担々麺と一味違うオリジナリティが心強い一杯にウットリ完食。

担々麺が名物の中華料理店『頤和園」の天神支店や、水炊き「とり田」の新業態店「博多担々麺」など、ナゼか最近担々麺が幅を利かせるここ福岡市。加えて宮崎発の辛麺出店もアチコチと。辛麺ブームが今年の福岡麺トレンドのひとつかと。

【満正苑】
担々麺・普通800円
福岡市早良区西新1-8-7
11:00~15:00&17:30~22:00 Pなし ※要確認

【頤和園】天神店 CHINA GARDEN
担々麺900円
福岡市中央区今泉1-17-22
11:30~15:00&17:00~23:00 Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン205●チャンポン10●中華麺21●うどん60●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:54 | Comments [0]

2015年12月06日 日曜日

●【うどん】万平@城南区七隈

うどんのはなしを訪ねて ~その十三~

3年前の3月に丸天うどん専門店としてオープンした「万平」。元は和食職人だったという店主が作る、旬の食材を使った創作丸天とダシのきいたスメに、うどんは人気うどん店「ほり野」@那珂川町から仕入れる、ぷにゅぷにゅ、もちもち。

開店当初は丸天うどんにプラスして、チョイ飲みがたのしめる酒やアテに力を入れていたが、久方ぶりに訪ねると、うどんもかけ、カレー、鍋焼きと種類が増えているし、加えてドンブリ類が随分と充実している。そしてそれが功を奏したのか店内は常に満席状態の人気ぶり。

我がチョイスは、カレーうどんに今月おすすめという「蓮根と柚子皮の丸天」。カレーはあくまでも風味付けで、自慢のダシの味わいが存分に楽しめるスメに、蓮根の柚子皮の根菜vs柑橘風味と食感のコラボが悦楽な丸天と、やっぱり旨いぞ万平の丸天うどん!

万平
蓮根と柚子皮の丸天カレーうどん600円
福岡市城南区七隈4-8-19
11:00~15:00&17:00~22:00・火曜休み Pあり(近隣コインパーク駐車時には100円バックのサービスもアリ) ※要確認

Posted by heno at 13:26 | Comments [0]

2015年12月05日 土曜日

●【ラーメン】一骨入魂@春日市若葉台西

先々月にオープンした「一骨入魂」。2ヶ月ぶりに訪ねると、おやおや早くもバージョンアップ?!オープン当時の「脂を極力おさえた濃厚とんこつ」から、脂分もグイグイ迫り来る濃厚とんこつへ。常に味わいの進化を目指す若き店主の姿勢に感服。

夜は最近天神にオープンした「四文屋」。西東京の西武線と中央線沿線を中心に27店舗ほどある「焼きとん」の中規模チェーンが九州・福岡へ出店。関東ならではの豚ホルモンの串焼きである「焼きとん」が1本100円均一。そして名物の「四文屋オリジナル・ハイボール」と「金宮焼酎」はいずれも梅シロップ味と、コレまた正統関東B級呑み屋味=ドンズバ我がツボっ。天神で仕事が早く終わったときのチョイ飲みはモチロン、土日は午後3時から営業しているらしいし、休日買い物終わりに立ち寄るのも楽しいぞっ。

浅漬け、串4本に酒2杯で1500円でおつりをもらい、麺友忘年会へ移動。お久しぶり&お初の方々とナンちゃナイ話しが楽しくて、ついつい飲みすぎ3軒はしご。〆に啜ったらしき「JON PAN」の「ニボ神」の味は、ほとんど記憶にないというテイタラク。参加者の皆さま、もしかしてご迷惑をおかけしてませんかぁ~?スミマセンでしたぁ、次回は年相応の分別を持って参加しますので、平にご容赦願いますぅ。(^_^;)

一骨入魂
ラーメン580円
福岡県春日市若葉台西1-7-2
11:00~15:00&17:00~22:00・火曜休み(祝日の場合は営業)※要確認
P:北隣のコインパークが40分無料

JON PAN
ニボ神980円
福岡市中央区薬院4-2-12
20:00~29:00・  Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン205●チャンポン10●中華麺19●うどん59●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:27 | Comments [3]

2015年12月04日 金曜日

●【ラーメン】久屋@南区大橋

豚骨博多の醤油ラーメン 八十一

昨日啜った「粋と野暮」でふと思い出し、思い出したからには啜らずには到底おれない「久屋」。なにせ「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2015年・麺大賞」醤油ラーメン of the yearだし!と訪ねると、わあぉ麺神様のお導き??醤油ラーメンの新メニュー「あっさり醤油ラーメン」が発売になっているでないのぉ~??!!

わぁお、わおわお、同じ醤油ラーメンでも
コレほど異質な味わい?!ナノにいずれもエラク旨いっ??!!

良い感じに透明感を残すスープは、一口啜った瞬間に、ふわっと、かつ密に広がるダシの甘みが、ソリャもう半端ないっ。香味油由来かと想像する「醤油ラーメン」の醸す感アリアリな濃密美味とも、「大江戸ラーメン」の煎り酒タレの独創美味とも異質な、しこたま素直な正統醤油ラーメン味に、ソリャもう目尻がデレデレに下がりっ放し。

合わさる麺は細麺ストレート。シュルッと口に収まり、ホックリと歯切れ良いコシが直球醤油スープと合いまくり。夜は居酒屋営業するらしいが、呑んだ後の〆の一杯は、このあっさり醤油ラーメンで決まりっ。

そして具もチャーシューの脂分の絶妙なる甘みに、シャキッとホウレン草に、パリッと海苔。これぞ極上普通味醤油ラーメンなり。この新メニューに加え、醤油ラーメンや醤油つけめんは、プラス50円で背脂こってり魚粉入りにバージョンアップするサービスもスタート。さすが創作ラーメン名店の一軒、元「元次」(現「JONPAN」)出身だけのことはある。アレコレ楽しい創意工夫満載の醤油ラーメン&つけめんに、ぞっこん。

ラーメン居酒屋【久屋】
あっさり醤油ラーメン600円
福岡市南区大橋1-19-18ロワールマンションⅠ1階
11:30~14:00&18:00~25:00・不定休(休むなら日曜が多い?)Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン203●チャンポン10●中華麺19●うどん59●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:00 | Comments [2]

2015年12月03日 木曜日

●【ラーメン】粋と野暮@熊本県熊本市

先々月末に、熊本市上通り外れのオサレなビルの1階奥にオープンした「江戸麺屋 粋と野暮」。によると若き店主は東京出身でカノ「大勝軒」でも修行した経験を持つ超イケメン。

メニューは筆頭の「特製つけめん」に「中華そば」と、それぞれ「しょうゆ」「しょうゆやさい」「みそやさい」の3種に、つけめんのみ「辛(数量限定)」もアリ。フツーなら筆頭の特製つけめんのしょうゆ。なれど、ナニせ今日はドエラク寒いっ。で、温スープ恋しさに中華そばのしょうゆ。

スープを一口啜れば、じょわんっと芳醇なる醤油ダレの風味が、ふと「久屋」@福岡市南区の「大江戸ラーメン」を想い出す。合わさる麺は中太偏平麺の、ゴリブリっな強ゴシ。プラス、大切りシナチクと薄切りチャーシューに、白髪ネギと博多ネギに、海苔。

おそらく先入観。なれど食後の印象はいみじくも屋号と同じく、粋だけど野暮。独創的なオモロ醤油ラーメンがオープンする熊本市は、今が旬のベスト・オブ・オモロなラーメン・シティ in 九州!

【江戸麺屋 粋と野暮】
中華そば しょうゆ780円
熊本市中央区南坪井町5-4 ドルハウスビル 1F
11:30~14:30&18:00~24:00・水曜休み Pなし ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン203●チャンポン10●中華麺19●うどん59●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 13:22 | Comments [0]

2015年12月01日 火曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

行徳家名物の期間限定麺の最新作は「わんこらーめん」。岩手の「わんこそば」感覚で、自慢の麺を次々と食べて欲しいと考案されたとか。よって、麺、タレとも食べやすく冷たくしてあり、調味も醤油ダレに魚粉に白髪ネギと至ってシンプル。

うどんのように幅広に打たれた麺を箸で摘まみズズッと啜れば、ビチビチと踊れつつ口に収まる啜り心地と、嚙んだときの確かなコシと広がる小麦感が、うっとり我がツボ。そして、醤油ダレに香味油か?甘辛いタレと魚粉の風味が、和&中華な冷製油そば的味わい。ナルホドこれならついつい、さらに一杯、もう一杯とお代わりしたくなる旨さ。

前回のスープも具も懲りまくった「牛肉麻辣節麺」とは対極の、シンプルに麺の旨さを食べさせる一杯。若き店主の自由な麺作りの発想に感服しきりで一気完食。

行徳家
わんこらーめん350円 
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00
(日祝11:30~22:00)・月曜休み Pあり ※要確認

◎2015通年麺喰い◎
ラーメン202●チャンポン10●中華麺19●うどん59●そば16●その他33
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年152km

Posted by heno at 12:30 | Comments [0]