HENO HENO: 2016年01月 アーカイブ

2016年01月29日 金曜日

●【うどん】因幡うどん@中央区渡辺通

うどんのはなしを訪ねて ~その十五~

なんやかやで、あれ?17時過ぎ。遅麺は肥満のもととは分かちゃいるけれど、どエラク腹減ったぁ…。で、帰社の通りすがら「因幡うどん」へ緊急避難。

なにせこの時間ゆえ、先客ゼロ。椅子に座るのももどかしく頼んだゴボ天だが、よっこらしょと席に座るや否や、すっとうどんが運ばれてくる。両手にすっぽり収まる小ぶりのドンブリからジンジンと伝わる熱気に癒やされつつスメを啜れば、クイッと魚介ダシがきいたご馳走味。

テロンっと柔揚げのうろんばツルるンっと啜り、かき揚げゴボ天をスメに溶かし、味わいの変化を存分に楽しみつつ、ズルッと瞬食。小腹を満たすこのイイ感じの満腹感こそ博多うろんの真髄かと元気をもらい店を出る。

【因幡うどん】渡辺通店
ごぼう天うどん480円
福岡市中央区渡辺通2-3-1
10:00~20:30(日祝~20:00)・無休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン14●チャンポン4●中華麺3●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 17:04 | Comments [0]

2016年01月28日 木曜日

●【うどん】和讃@中央区大手門

ナンとも辺鄙な場所なれど、食事時は平日&休日お構いなしで行列必至の超人気「志成」が、店舗からわずか300mほどの近場に今月5日にオープンさせた「和讃」。午後1時半過ぎに訪ねるも、志成の倍の広さがありそうな店内は、ほぼ満席状態。

僅かに空いた空席に滑り込み、卓上のメニューを見ると、温うどんが「かけ」「わかめ」「きつね「肉」に、冷うどんが「ぶっかけ」「醤油」×ランチ限定天ぷらセットが「和讃」「志成」「海鮮」「野菜」の4種類。

かけうどんが480円とかなり高価だが、志成は、ちくわ、かしわ、半熟玉子、大葉の4種の天ぷらが250円と割安感を演出。480円+250円=730円はうどんの価格とすると超高価だが、うどんとタネを分けて価格表示されると、さほど高価な感じがない不思議。

待つことしばし、運ばれてきたうどんは本店ゆずりの丁寧綺麗。オーダーが入ってから茹でられたらしき麺線生き生きの太めうどんに、カツオ節由来らしきダシが燻し銀に効いたクリーンに澄んだスメに、熱々カリカリの天ぷら。

屋号の一部に讃岐の「讃」が入ってはいるが、この丁寧上級なうどんは、およそ讃岐らしからぬベッピンさん。独自の味わいを創出した若き店主が、オープンしばらくは本店を閉め、カウンター奥の厨房で天ぷらを揚げ、食事を終えた客には丁寧にお礼のご挨拶。いやはや見事に志成イズムを継承した新店舗に感服しきりで店を出る。

【うどん和讃】
かけうどん480円+志成250円(ランチ限定天ぷらセット)
福岡市中央区大手門3-7-9-1 We大濠公園 2F
11:00~23:00・月曜休み(祝日の際は営業、翌火曜日休み) Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン14●チャンポン4●中華麺3●うどん5●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:24 | Comments [0]

2016年01月27日 水曜日

●【中華麺】中国菜 四合院 凛丹@中央区西中洲

2年前の正月に開業以来、大人気でナカナカ予約が取れない「中国菜 凛丹」@中央区六本松が、昨年9月にオープンさせた「中国菜 四合院 凛丹」@中央区西中洲。こちらもオープン早々大人気で、昼は人通りが少ない西中洲の、しかもコジャレた造りで、一見さんでは入口がどこか分からないビルの2階ながら、ランチタイムは順番待ちの客さえ出来る繁盛ぶり。

午後1時半過ぎに訪ねると、ちょうどランチ客が一巡したタイミングに当たったようで、ほんの5分ほどで早々に着席。テーブルに置かれたメニューをめくると、一品料理メニューの一角に「湯麺」?!ズラリ9種類、いずれも魅惑的なメニュー名が並ぶ。通常ならば選ぶのはメニュー筆頭=店一押しらしき「四川担々麺800円」だが、「腐乳」の文字にググッと惹かれ「浅利とキャベツの干し海老風味腐乳塩湯麺1000円」をたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたのは、直径が35センチはありそうな大きな平皿に、まずサプライズ!×生成り色のスープに浮かぶは、浅利やキャベツ、しめじ、干し海老に加えてこんもりと高く盛られた我が大好物のパクチー。

否が応でもワクワク・ドキドキと高揚する味わいへの期待感を懸命に納めつつ、先ずはレンゲでスープを一啜りすれば、ソリャもう円やかに広がる鶏ガラのらしきダシのうま味と、すぐその後を追ってくる腐乳由来らしきクセある発酵感風味が、グググッと我がツボっ。

麺は気持ち細めの中太麺で、イイ感じに柔揚げでスープとの馴染みも抜群。なのだが、平皿に盛られた=スープにほだされない弊害か、麺同士がくっつき気味で、啜る前によくよく箸で解く手間がチト残念。なれど、アレコレ盛られた具との食感&味わいのコラボ加減は、ソリャもう絶品。特筆すべきは、やっぱりパクチー。その独特なクセある風味が腐乳と極上味わいのハーモニーを奏でる様に、もう目尻がデレデレとたれまくり。

中華麺が1000円は確かに高価。なれど、この旨さ&食べ応えならば、喜んでお支払いさせていただきたいっ。いやはや巷の人気びりも大納得の美味中華麺。ならばコツコツと機会を見つけ、是非とも全麺啜ってみたひっ。

昨日はナンと12年ぶりに「麺屋 わ」@志免町。
「珍竜軒」@北九州市小倉北区のDNAを受け継ぐラ店のはずだが、
確かにオーダー時に「ニンニク入れますか?」と問われるし、
卓上には赤唐辛子辛味噌も置かれているし、麺も中太麺なのだが、
珍竜軒とは一味違うオリジナルな味わいに。

中国菜 四合院 凛丹
浅利とキャベツの干し海老風味腐乳塩湯麺1,080円。
福岡市中央区西中洲3-6 連スクエア2階
11:30~14:00&18:00~22:00・火曜休み Pなし ※要確認

【麺屋 わ】
ラーメン550円
福岡県糟屋郡志免町志免4-15-1 Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン13●チャンポン4●中華麺3●うどん4●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:34 | Comments [0]

2016年01月25日 月曜日

●【チャンポン】鉄蔵@博多区博多駅前

かつて長崎県佐世保に住んでいたチャンポン好きさんより推薦いただいた「鉄蔵」@博多阪急は、さすがの旨さ。

博多阪急の開業時に入居した鉄蔵。野菜鉄板焼きがウリの「ほっこり家」@中央区薬院が新業態店としてオープンさせた長崎・小浜ちゃんぽんの店。どらどらと訪ねると、デパート地下一階のフードコートの片隅&厨房コンロはガスじゃなく電化IH。

こりゃナンだか望み薄では?と疑心暗鬼で出来上がりを待てば、ナンのソノ。ソリャもうアッツ熱の口当たりながら、軽やかなコラーゲン感を残すスープはイイ感じにダシがきいていて、一発一口惚れ。

合わさる麺は麺線がカナリ長めの真性小浜ちゃんぽんタイプ。ぽわんっと軽やかに跳ねる食味がズインッと我がツボ。イイ感じにくったりな野菜と、イカと豚肉に、パリポリ旨い殻付き小エビはLIKE A 「たろめん」@佐賀県大町町。で、ご当地麺のようで、その実無国籍ハイパー麺な一杯に惚れ惚れ完食。

長崎雲仙小浜ちゃんぽん鉄蔵
ちゃんぽん648円
福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多阪急地下1階フードコート
9:00~21:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン12●チャンポン4●中華麺2●うどん4●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:14 | Comments [0]

2016年01月24日 日曜日

●【うどん】うどん日和@中央区六本松

雪降る中、イロイロと所用を終えて「うどん日和」で「あげ卵とじうどん」。アッツ熱の滋味スメに、甘く煮た肉厚揚げと卵とじ。どエラク寒い今日こそドンピシャ我がツボな癒やし系美味なる一杯に、束の間のシアワセを満喫至極で、うっとり&ほっこり。

うどん日和
あげ卵とじうどん800円
福岡市中央区六本松4-4-12
11:30~15:00&17:30~21:00(土日祝は昼のみ営業)・火曜休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン12●チャンポン3●中華麺2●うどん4●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:36 | Comments [0]

2016年01月22日 金曜日

●【ラーメン】支那そば やっちゃんち@中央区清川

わぁお、コリャ更に旨くなっているぅ……。

初めて啜った時も大感動した「やっちゃんち」の「支那そば塩」だが、今日の一杯は更に更に旨さ倍増。まずナンてっタッてスープが旨いっ。アッツ熱の口当たりと共にフワリと花咲く鶏ガラらしきダシの滋味。外連味は一切ナシ、ただひたすらに&かつ柔らかく広がるそのうま味にひたすらウットリ。

そして合わさる麺の中太縮れもグレードアップ感ある我がツボ食味。ビチビチ、シュルシュルと口に収まるこそばゆさの快感啜り心地に、ムチンッと解ける確かなコシとヒキ。加えて供する直前に炙られたチャーシューのスモーキー風味にトロロン半熟卵にパリポリしなちく。

なにもかもが虚仮威し感なくチャンと旨い実直美味。なので食べ終えたときの清々しい気持ちよさ。いやはやヤッパリ大スキ、やっちゃんち。今年もチョクチョクお邪魔したひっ。

 

支那そば やっちゃんち
支那そば塩600円
福岡市中央区清川3-12-1
7:00~15:30(木曜11:00~15:00)しばらく昼営業のみ・水曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン12●チャンポン3●中華麺2●うどん3●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:40 | Comments [0]

2016年01月21日 木曜日

●【つけ麺】虎辰@長崎県諫早市

片道4車線(?)ある幹線道路沿いに、コジャレた2階建て&「つけ麺 ラーメン 虎辰」の小豆色の幟。ここが目指す「虎辰」かと駐車場に車を止めようとするも、

おやぁ?ロールカーテンが閉まっているぞぉ…。

コリャ店休日かと諦め次へと向かおうとすると「へのさん、2階が店舗のようですよ!」と同行スタッフ。

うぬぅ、よう分からんぞぉ?と駐車場に車を止め、建物をぐるりと回ると、幹線道路の裏手側にイイ感じに草臥れた生成りの暖簾。

ナンともミステリアスな店造りだなぁと階段を上ると、2階が店舗。大きめの窓がアチコチ設けられた開放的な雰囲気&オサレなBGM&壁にはデザートメニューが写真入りで張ってあり、雰囲気はカフェ。

麺メニュー「其の一 味玉つけめん」。極太麺は茶色の斑点が見て取れる挽きぐるみ極太麺。「濃厚魚介豚骨」を唄うドロンと迫力満点の温つけスープは、おやおや?想定外の軽やか&円やか美味。モッチモチな極太麺の食味も然りで、随分とフェミニン美味。

同行スタッフがたのんだ麺メニュー「其の二 黒味噌らーめん」も、一見まっ黒クロスケで迫力満点だが、意外に旨い&食べやすいとの事。この他にも「其の三 鶏魚介らーめん」「其の四 豚骨らーめん」「其の五 ゆず塩らーめん」「其の六 ちゃんぽんジェノバ」「其の七 油そば」「其の八 汁なし担々麺」に、期間限定の「サンマー麺」に二郎系の「マシマシラーメン」と、とことん彩りメニュー満載のフェミニンなイケ麺屋。ナルホドこりゃ人気なハズだっ。

「KITCHEN TABATA」は
長崎新地中華街の中華料理店「大鶴」出身の店主が営む創作料理店。
なので、やっぱり一押しは長崎チャンポン。
豚の頭と鶏ガラから取るというスープは真っ白白助。
炒めラードの風味が懐かし系の、レトロ美味。
扁平中太麺のホワンホワンッに癒やされつつ、ズズッと完食。

虎辰
味玉つけめん823円
長崎県諫早市小船越町1006-1 2F
11:00~20:30・不定休 Pあり

【創作料理 王鶴 KICHEN TABATA】
  チャンポン800円
長崎県長崎市籠町2-22
11:30~14:30&18:00~23:00・日曜休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン11●チャンポン3●中華麺2●うどん3●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:29 | Comments [0]

2016年01月20日 水曜日

●【ラーメン】ラーメン仮面55@中央区薬院

あぁ寒い寒いっ。あぁあ恋しい恋しいあんかけ麺!で、「ラーメン仮面55」で冬季限定「あんかけラーメン」を啜る。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残す醤油色のスープに、こんもり盛られたあんとじの具。キャベツやニンジンなどの定番の野菜に加え、ナンとトマト?も入っていて、如何にもエスニック創作ラーメン名店の面目躍如。

コリャ旨そうだっ、と先ずはスープを啜れば、ソリャもうトロリとアッツ熱の口当たりと共に広がる味わいの芯は、極上滋味系醤油ラーメン。なのだが、すぐその後を追ってくる狂おしいほどに風味豊かなエスニックな香辛料の風味。中華そばのようで、スープカレーのようで、さらに摩訶不思議&魅惑的な香辛料の迷路を迷う快感よ。合わさる中太麺のサクッとプリッと感に、野菜メインの具のシャキッ、コリッに、トマトのプニュ。コレでもかと豊かな食味&うま味。

恐らく駄目な人にとってはトコトン駄目。なれどスパイス&滋味好きにとってはソリャもうググッと麺ハートにガブリヨリの独特美味に、デレデレと目尻が下がりっ放しで、一気完食。

ラーメン仮面55
あんかけラーメン750円
福岡市中央区薬院2-13-33
11:30~22:00・月曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン11●チャンポン2●中華麺2●うどん3●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 14:17 | Comments [0]

2016年01月19日 火曜日

●【ラーメン】香蘭@大分県佐伯市

いやぁ、エラクお江戸ぽい、二郎ぽいっ!

その発見は、正に単なる偶然。超久方ぶりに啜る「香蘭」@大分県佐伯市。さすが佐伯ラーメンの老舗の一軒、正午過ぎの店内はモチのロンで満席状態。さぁて、いつ席が空くかなぁ?と順番待ちしつつアチコチ眺めると、カウンター奥の厨房は、かつては老夫婦ふたりだったが、今日はお父さんと、その娘らしき中年女性。

時の移ろいをヒシヒシと実感しつつ壁の高い所に掲げてあるメニュー書きを見上げると、ラーメンはノーマルとチャーシューメンが、それぞれノーマル、大盛、特盛の3種。ヤンガーな同行スタッフは軒並み「特盛!」。で、ロートル麺馬鹿もツイツイ釣られて「じゃぁ私は大盛でぇ……」。

待つことしばし、ラーメン大盛が運ばれてくる。が、気持ち具がこんもり程度で大して大盛じゃないやんっ?!オーダー時の弱気はどこへやら、余裕綽々で箸をドンブリ底へ突き立て麺を混ぜると、

わぁおぉ、見た目以上に麺が多いぃ…。

恐らく麺を先に茹でてドンブリに盛り、後からスープを注いであるのか?麺を混ぜる度にかさが増して、正真正銘の大盛に。

おっしゃ喰らうぞぉ、と先ずはスープを啜れば、キリリときいた醤油ダレと濃密豚骨スープ×食後にふわり鼻へ抜けるこの風味はニンニクか?そして更に合わさる麺はカナリ太めの中太麺がドエライてんこもり。

前回喰らったときは気付かなかったが、コレって限りなく「二郎」@東京三田に近い味わいでないのぉ?!これで、イニシエ系にしては珍しく厚切り&モッチリ旨いチャーシューをてんこ盛りにすれば、より二郎指数がUP確実=香蘭の食べ方の正解は「チャーシューメン特盛」か?!

昨夜は「ちょいさぼ」@中央区渡辺通で飲む。
「そいさぼ」@中央区薬院の新業態店だけに、
料理のベースは沖縄×タイ。
いずれ劣らぬ美味アテのほとんどにパクチーが添えてあり、
しかもそれが味の要。
パク・マニアな我にとっては正に楽園居酒屋で、
ついつい酒が進みマクリっ。

 

【香蘭】
ラーメン700円
大分県佐伯市鶴岡町3-11-57
12:00〜14:00&18:00〜20:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン10●チャンポン2●中華麺2●うどん3●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:57 | Comments [0]

2016年01月17日 日曜日

●【ラーメン】南京ラーメン黒門@北九州市若松区

先週末に遠賀町から東へ7㎞ほどの北九州市若松区へと移転した「南京ラーメン黒門」。住所を頼りに県道26号の「高須青葉台入口」交差点を北へ曲がると、わぁお車が渋滞している…。コレって黒門渋滞!?とよく見ると、あぁ良かったぁ、交差点角の格安ガソリンスタンド渋滞か。

で、無事に到着すると、広々とした駐車場のある商店街の一角に真新しい純白の暖簾。引き戸を開けると午前11時半前だというのに、広々とした店内は満席状態&入口横のウェイティングスペースの長椅子にも10名ほどの先客あり。

開店1週間でもカナリの人気、みんな移転オープンを楽しみにしてたんだなぁと待つことしばし、通されたのは旧店と見紛うほどそっくりな深紅のカウンター席。そしてカウンター奥の厨房施設のレイアウトも、旧店のそれと限りなく似ている気がする。ラーメン作りに対する店主のこだわりを垣間見る気分で席に付くと、わぁお偶然隣り合わせた先客は、わぁおお久しぶりのろっくさん?!やっぱり皆さん、移転オープンを楽しみにされてたんだ。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、いつもより気持ち白濁強めか?ならばきっと……?とレンゲで掬いひと啜りすれば、ピンポ~ン大当たりぃ。軽やかな口当たりとともに、ダシのうま味&円みがコレでもかと味わえる極上滋味。そして合わさる麺の、これ以上にないと思えるほどに絶妙に柔揚げ具合。

ナルホド、「移転して更に美味しくなった」とのネット情報は伊達じゃナイ。いやぁ旨いなコリャ旨いっと、一心不乱にズルズル、ズズッと一気完食しれば、シアワセ一杯腹一杯。

南京ラーメン黒門
ラーメン600円+焼き海苔100円
北九州市若松区青葉台南3-1-5
月曜&4th火曜休み(定休日が祝日の場合は翌日を振替休業)Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン9●チャンポン2●中華麺2●うどん3●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:10 | Comments [0]

2016年01月16日 土曜日

●【ラーメン】シフク@博多区榎田

アッツ熱の口当たりとともに、ナンとも豊かに広がるダシのうま味。This is 鶏ガラ、上出来水炊きがイイ感じに煮詰まったかのような、軽やかなコラーゲン感とダシの旨味甘味っ。加えて極旨な中太偏平縮れ麺。密にスープを絡めつつ、スルルっと口に収まり、プリンプリンと躍り唄う。

味わいの芯は至ってシンプル。気取りも虚仮威しも一切ナシ。ただひたすらに直球勝負で己の旨さを主張するその様の気持ちよさ。「やっちゃんち」@中央区清川然り、創作系も確かにオモロ旨いが、直球ラーメンの潔い気持ちよさも、勝るとも劣らぬラーメンの味力。

らぁめんシフク
塩らぁめん600円
福岡市博多区榎田2-3-1
11:00~16:00&18:00~22:00(水曜は昼営業のみ)・日曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン8●チャンポン2●中華麺2●うどん3●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:01 | Comments [0]

2016年01月15日 金曜日

●【チャンポン】さゆりばぁば亭@博多区上呉服町

博多の大動脈、大博通りの筋道沿いに「さゆりばぁば亭」なる屋号看板。確かここは、かつて「中華そば 源ゴロー」。この店舗は、インパクト大な屋号が入店する宿命のなのか。

入口横に食券販売機。麺は「ちゃんぽん」「辛味噌ちゃんぽん」に、「焼ちゃんぽん」「辛味噌焼ちゃんぽん」の4種に、鶏モモと豚足の唐揚げに、ご飯とのセットメニュー。なんでも「ちゃんぽんと唐揚げの専門店」なのだとか。

「初店は基本メニュー」で選んだちゃんぽんは、もうもうと上がる湯気がシズル感ありあり。スープはトロントロンの濃厚タイプ。なれど、臭みは一切ナシの行儀良し。そして麺もチャンポン麺とするとカナリ細めのシュルッと小気味よし。どっさり具も然りで、一見これでもかとガッツリ系を装うも、その食味は至って軽快。

壁に張られた蘊蓄書きによると、店主の祖父母が久留米市で創業したチャンポン店「博多屋」の味を、店主の母親・さゆりばぁばが復活させ、店主が継ぎ、提供しているとのこと。

そう言われると、確かにあったよなぁ、このタイプのチャンポンが。など思いつつ、ズルズルと。

さゆりばぁば亭
ちゃんぽん700円
福岡市博多区上呉服町1-34
11:00~20:00・日曜休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン6●チャンポン2●中華麺2●うどん3●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:35 | Comments [0]

2016年01月14日 木曜日

●【つけ麺】らーめん点@長崎県長崎市

ふっくらと角が取れた極太麺は、あたかもうどん。なれど、もっちりと懐深いコシの後に、むちんっと小気味よく解ける様が「我中華麺なり」と主張する食味が、ソリャもう楽し旨し。

「濃厚魚介豚骨つけめん」なるメニュー名なれど、温つけスープは魚介&豚骨のダシこそ濃いが、余分な脂分を丹念に取り除かれているのだろうか?決して重くなく、ひたすら旨い。密なる味わいの後味に感じる爽やかな風味は柚子皮だろうか?味わいにキレがある様がコレまた我がツボ。

具は如何にも自家製の醤油風味がきいたシナチクに半熟玉子と、チャーシューが2枚。その1枚は麺の上に、そしてもう1枚は、食べ始めから温かモッチリなチャーシューが楽しめるようにと温つけスープに潜ませてある。

こまかな心遣いもナンともウレシイ一杯を一気完食しスープ割りをたのめば。魚介ダシのみで割ってあるのか、あたかもチョイ濃いめの魚介醤油ラーメンのスープ的味わいで、最後の一滴まで飲み干せる旨さにウットリ。

真っ黒マー油ラーメンの元祖「好来」@熊本県人吉市で修行した店主。そのDNAがストレートに形になった「点らーめん」に加え、水曜・木曜の全日&日曜の夜営業で「農協魚介豚骨つけめん」を、そして金曜・土曜・日曜は「にぼしらーめん」を提供。コリャ是が非でも機会を作り「にぼしらーめん」も啜りたひっ。

【らーめん点(ともる)】
濃厚魚介豚骨つけめん830円 ※水、木、日曜夜営業のみ販売
長崎県長崎市千歳町11-6
11:30~14:00 18:00~24:00・火曜休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン6●チャンポン1●中華麺2●うどん3●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:09 | Comments [0]

2016年01月13日 水曜日

●【うどん】うどん 秀まる@東区千代

夕方5時前、千代町でようやっと仕事が一段落したら、ソリャもう腹減ったぁ。で、久しぶりに博多ラーメン始原の一杯である「博龍軒」を啜るのさっと訪ねると、お~まいがぁ~~、シャッターが閉まっているぅ。

んで、こんな辺鄙な時間帯なれど店頭の「元気に営業中」の木札がウレシイ「うどん秀まる」へ緊急避難。ナニせ地味に我がブームなうどん店、全麺メニュー制覇を目指し、未食の「野菜天うどん」。

目一杯アイドルタイム、なので当然うどんはテロテロとのヤワヤワ。なれど、気持ち甘めのこのスメにはゴチゴチ硬うどんよりもテロヤワが相性ヨカですバイっ。目一杯アイドルタイム、なので野菜天は揚げたてサクサク。タマネギやニンジンにまじり我が好物のサツマイモやカボチャがドッサリで、いやぁ旨いね、やっぱ好きだね、秀まるうろんっ。

IMG_2041

IMG_2042

東京土産にもらったマルちゃん竹岡式ラーメンは
麺こそ果てしなく凡庸なれど、
粉末+液状スープの旨さが半端ないっ。
次回東京に行く機会には是非とも千葉まで足を伸ばし、
本場の本物竹岡式おば啜りたひっ。

 

【うどん 秀まる】
野菜天うどん450円
福岡市博多区千代4-29-16
11:30~20:00・日祝休み P:店頭に1台 ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン6●チャンポン1●中華麺2●うどん3●そば2●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 17:19 | Comments [0]

2016年01月12日 火曜日

●【ラーメン】太宰府八ちゃんラーメン@中央区天神

かつて「博多葱一」だった店舗に昨年夏にオープンした「太宰府八ちゃんラーメン」の天神店。開店半年、ようやっと訪ねると、午後2時前なれど店内は8割方埋まっている人気ぶり。入口すぐの食券販売機には麺が「ラーメン」「ねぎラーメン」「チャーシューメン」の3種のみと至って潔いラインナップ=ドンズバ我がツボ。

モチのロンで「初ラ店は基本メニュー」、ほどなく運ばれてきたドンブリは黒エースの高級アダルト仕様で、おや?白磁に雷文柄の本店のドンブリとは完全に真逆ベクトル。

そしてラーメン自体も本店のそれとは随分と異なる印象。ドカンッと剛力ボディーブロー炸裂な重濃オイリー豚骨スープこそ本店とまんま同じだが、合わさる麺は極細で、かつ量も少なめ。コレって20年ほど前、まだ先代が現役でバリバリだった頃に足繁く啜っていた「八ちゃんラーメン」@中央区白金のラーメンと限りなく似てる気がするのは我だけか……??

太宰府八ちゃんラーメン】天神店
ラーメン650円
福岡市中央区天神4-6-31
11:00~22:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン5●チャンポン1●中華麺2●うどん3●そば2●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:51 | Comments [0]

2016年01月11日 月曜日

●【うどん】松島@中央区赤坂

うどんのはなしを訪ねて ~その十四~

私の記憶が確かなら「博多さぬきうどん」@中央区大名から独立開業された「うどん処 松島」。なので開業当初は師匠店同様のクニッと硬ゴシの讃岐うどんタイプだった記憶があるが、久方ぶりに啜ると、もっちりゴシのうどんに、昆布と削り節らしきダシがシミジミ滋味な博多うどん。ゴリッと揚がったゴボ天をスメにつけ、衣がほどけていく際の食感の変化と、スメの味わいの変化を存分に楽しみつつ、うっとり完食。

うどん処 松島
ごぼう天うどん600円
福岡市中央区赤坂1-11-5
11:30~15:30&18:00~20:00(土祝11:30~15:00)日曜休み Pなし ※HPで要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン1●中華麺2●うどん3●そば2●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 22:10 | Comments [0]

2016年01月10日 日曜日

●【黄そば?】京風うどん はちや@田川市

前回啜った「あんかけ」に一口惚れした「京風うどん はちや」。コリャ是非とも目指せ麺全品制覇、で「ラーメン」を啜る。

色が濃いめのスープは、甘めの醤油味。うどんのスメにチャーシューの煮汁を加えて加熱したのだろうか?和テイストなダシのうま味×ぽったりと醤油ダレの風味。そして合わさる麺は細めの中太ストレート。ニチッと感が絶妙な揚げ具合で、ドンズバ我がツボ。

うどんのスメを流用したスープ+中華麺=関西で言う「黄そば(きぃそば)」だろうか?京風うどんの店だけに、その確率が高い気がする。兎にも角にも、やっぱり好きです、この一杯。こりゃ是非とも他の麺も全て啜りたひっ。

  • かけ
  • まるてん
  • ごぼてん
  • わかめ
  • きつね
  • 玉子とじ
  • あんかけ
  • 月見
  • けいらん(あんかけ卵とじ)
  • たぬき(あんかけ甘ぎつね入り)
  • 梅わかめ
  • 鶏なんばん
  • 親子(かしわと卵)
  • 他人(牛肉と卵)
  • 海老天
  • 海老天とじ
  • にしん
  • 鍋焼き
  • ラーメン
  • ちゃんぽん
  • カレーうどん
  • カレーラーメン

京風うどん はちや
ラーメン550円
田川市猪国1218-1
11:30~22:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン1●中華麺2●うどん2●そば2●その他1
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:36 | Comments [0]

2016年01月09日 土曜日

●【中華麺】Chinese Dining 城@早良区野芥

アチラコチラで評判の「Chinese Dining 城」。昨年末にオープンした中華料理新店である。住所を頼りに訪ねると、幹線道路のスーパーマルキョウ角を住宅街へ。かのディープ立地ラーメン屋「昔里」の斜め向かいに、およそ中華料理店らしからぬ外観。

午後2時前の店内は先客ナシ。調理担当の息子らしき若者と、その母らしき女性とお手伝いの女性の計3名で営業されている。入口右手の小上がり席につき卓上のメニューを見ると、麺は中華ラーメン、担々麺に皿うどん2種と、定食が唐揚げと油淋鶏2種で、おやおや?いずれも600円??昨年末は、麺類はワンコイン500円で提供していたようだが、新年を迎え100円値上げしたようだ。

迷わず頼んだ「中華ラーメン」は、五目そばのラーメン版。熱々のスープはオイスターソースチックな甘みの奥に鶏ガラらしき確かなダシのうま味。合わさる麺は細めの中太ストレート。麺線がわずか20センチほどしかない短さが印象的。結果、啜らずとも口に収まるので、具と共に口に納めるのに適している。コレ正に短麺ならぬタンメンなり?!

入口左手の奥に長いカウンターの一番奥が、厨房スペース。ガラス戸で囲い、調理の油がホールに跳ねないよう工夫されている。そしてガラス越しには様々なサイズの中華鍋や大型の蒸し器など、様々な調理器具が並ぶ。て事は、夜は様々な一品料理が楽しめるということか?ならば次回は是非とも夜、ハンドルキーパー確保して中華屋酒。

【Chinese Dining 城】
中華ラーメン600円
福岡市早良区野芥1-7-1
11:30~14:30OS&17:30~21:30・不定休 Pあり ※要予約

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン1●中華麺2●うどん2●そば2●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:26 | Comments [0]

2016年01月08日 金曜日

●【チャンポン】泰星ラーメン@博多区住吉

福岡麺情報通呟きに惹かれ「泰星ラーメン」で「ヘルシー野菜チャンポン」。第4回野菜ソムリエアワード全国2位の野菜ソムリエとコラボしたというチャンポンは「一杯に野菜約350gが入っていて、使う油もエクストラバージンのオリーブオイルを使い、麺の量も通常のチャンポンより少なめにした」との事。

待つことしばし、差し出されたドンブリには、こんもり丸くドーム状に盛られた野菜。箸で摘まみ頬張れば、微かに残すザクッと感と、しっかりと加熱したキャベツならではの豊かな甘み。ニンジンも可愛く星形に切られていて、野菜を美味しく食べさせる地道な創意工夫がそこかしこ。

合わさるスープは、豊かなうま味がナンとも甘い味わいで、おそらく前回食べたラーメンと共用か?この独特な味わいは、やはり川端で老夫婦が営んでいた頃の三九を思い出す。

そして合わさる麺は太もやしぐらいの太さで、チャンポン麺とすると結構細めで、コレまた特長あり。うぬぬ?ならばもしかして?!と、福岡チャンポン王にメールで尋ねると、ピンポ~ン大当たりぃ、三九のチャンポンも同じく甘味スープ&細麺だったとのこと。コリャいよいよ、当店と三九の関係が気になる気になる…。

泰星ラーメン

ヘルシー野菜チャンポン 750円
福岡市博多区住吉5-18-7
11:30~15:00&18:00~24:00・月曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン1●中華麺1●うどん2●そば2●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 11:50 | Comments [0]

2016年01月07日 木曜日

●【うどん】まことうどん@西区姪浜

おそらくこの冬一番の冷え込みか?エラク寒いッ、ならばカレーうどん!

久方ぶりに啜る「まことうどん」のカレーうどんは、以前にも増して旨さ倍増。なんてったってスメが絶品。トロンと熱々食感と共に、ヒリリっとスパイシーな本格カレー的辛味のすぐその後を追ってくる、うどんスメのダシの薫りとカエシの醤油風味。これぞあるべきカレー南蛮うどんのスメ的味わいに、思わず「ヤルね、美味いね」と頬が緩む。

合わさる麺は気持ち細めながらも、クニッとモチッと抗う確かなコシが、ほとんど揚げたて?加えて具の玉葱とネギの食感コラボ。いたってシンプル。なのに、いや、だから美味いっ。アレコレと具がのっていないからこそ、心底五臓六腑に染みる旨しカレーうどんに、ぞっこん完食。

【まことうどん】
カレーうどん700円
福岡市西区姪浜駅南1-3-26
11:00~15:00&17:30~21:00・月曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン0●中華麺1●うどん2●そば2●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:41 | Comments [0]

2016年01月06日 水曜日

●【ラーメン】新橋 纏@東京都港区

煮干し恋し その六

ウレシタノシの東京出張。午後からの会議を前に「新橋 纏」でサクッと昼麺。JR新橋駅から歩いてすぐの飲食街の一角に順番待ちの列。なれど、さすが大都会・東京の人気店、営業オペレーションがしっかり整えられていてるのだろう、客の回転がすこぶる早く、10分待たずに無事入店。

暖簾をくぐると正面に食券販売機。麺は「平子煮干しそば」「烏賊干鶏白湯醤油そば」「濃厚鶏つけ麺」と「淡麗烏賊干 塩つけ麺」の4種。いずれ劣らぬ魅力的なメニューだが、我がお目当ては平子煮干しそば。

イワシの煮干しのほとんどは片口イワシで作られるが、「平子」は真イワシ。片口イワシに比べ魚臭さが少なく口当たりもすっきりとしているが、煮干し特有の力強い濃いダシが取れるとの事。なるほど確かに口当たりのニボニボ感はほとんど感じないが、その味わいの芯は煮干しのうま味。

合わさる麺は中太ストレート、ぷりんっと解けるコシが楽し旨し。低温調理らしき、しっとりチャーシューとキチンと美味しいシナチクを囓りつつ、ズズッと完食。

これまでならば大感動の味わい。なれど最近は九州でも美味い煮干しそばが啜れるようになったせいか、あぁ美味かったぁ程度の感動で店を出る。

会議を終え夕方、所用があって東京大学へ立ち寄ったついでに
学生食堂に立ち寄り、天ぷらそば。

ひょっとして冷凍麺?いかにも学食的味わいだが、
スメを濃口の関東タイプか薄口の関西タイプの
2種から選べるオペレーションが、
さすが日本を代表する最高学府として
全国から学生が集う学食なり。

 

【新橋 纏】
平子煮干しそば750円
東京都港区新橋3-13-2 新共ビル1F
11:00~15:30&17:30~22:00(土祝~21:00)・日曜休み Pなし ※要確認

【東京大学 中央食堂】
天ぷらそば310円
東京都文京区本郷7-3-1 東京大学安田講堂 B1F
11:00~21:00(土日祝~14:00)
ランチタイムは学生&職員のみ利用、日祭日は麺類の販売無し ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン4●チャンポン0●中華麺1●うどん1●そば2●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:03 | Comments [0]

2016年01月05日 火曜日

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜屋2@中央区港

正午過ぎに終わる予定の仕事が押しに押して、早15時半過ぎ。巷のラーメン屋の多くは既に昼休憩時間。となると、ヤッパ頼りになるのは元祖でしょうっ!

で、まず元祖本家のヤへ向かうも、シマッタそうだった、明日6日の5膳地まで正月休みだったぁ。ならばケイチは元旦に啜ったので、残る真性元祖系の一軒、ケニで決まりっ。

半年ぶりに啜る一杯は、やっほぉ!ドンズバ我がツボっ。我がオーダー通り「ナシカタネギヤマ」仕様の一杯は、ナンともイイ感じにシャバいが、仄かに&確かに感じる豚骨ダシがナイスなスープに一発フォーリン・ラヴ。

合わさる中細麺の、コレでもかとてんこ盛りの多量感もかつての元祖。ただ嚙んだときの、あたかも新潟名物へぎそば的ニチッとクセあるコシこそ独特だが、ジャリッとネギとキシキシ肉。コレでもかと往年の元祖を思わせる、ナイスなジャンク具合がタマラン旨いっ。

4名いる店員の2名は東南アジア出身らしき外人若者。3軒ある元祖系の中ではダントツのグローバル度に加え、店片隅には「24時間営業」の貼り紙。お家騒動当時はイマイチ好みじゃ無かったが、今現在はラーメンの味わいはモチロン、店の元気さ込みで、やっぱケニがTHIS IS MY BEST GANSO !

【元祖ラーメン長浜家】2
ラーメン450円
福岡市中央区港1-1-16
24時間営業 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン3●チャンポン0●中華麺1●うどん1●そば1●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 15:41 | Comments [0]

2016年01月04日 月曜日

●【うどん】うどん 秀まる

「うどん秀まる」で年明けうどん、念願の「れんこんうどん」を啜る。

もうもうと湯気を上げつつ運ばれてきたうどんは、ソリャもうアッツ熱のスメ。なのだが、ダシの風味は飛ぶこと無く、気持ち甘めの味わいも相まって、ナンともほっこり美味。

合わさるうどんは茹で置きながらも、はけ具合を見ながら少量ずつを茹で足しているのだろう、しかっりとコシが残ったムッチリ美味。それに蓮根天のジャック、シャキッが加わると、なんとも楽し旨しな食感コラボ。

熱々スメでうどん、蓮根天とも食感が変化していく様がコレまた楽しと3分の2ほど食べ進んだところで、無料サービスのキムチをドーピングし、劇的味変も存分に楽しみつつ、ゆるゆる完食。

コレだけ旨くて、うどん大盛り&卓上キムチは無料サービスで、550円はナンともウレシイ大衆価格。うどんに加えて蕎麦の提供も始めたようだし、コリャちょくちょく再訪し、全麺制覇してみるか?!

【うどん 秀まる】
れんこんうどん550円
福岡市博多区千代4-29-16
11:30~20:00・日祝休み P:店頭に1台 ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン2●チャンポン0●中華麺1●うどん1●そば1●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 12:22 | Comments [0]

2016年01月03日 日曜日

●【ラーメン】久屋@南区大橋

新春三麺参り三麺目は、念願の「久屋」@南区大橋でラーメン屋酒。枝豆を香味油と山椒で焼き付けた「枝豆さんしょ焼き」や、台湾料理の「しじみの醤油漬け」チックな旨さ+パクチー酢漬けの薬味月の「豚耳の醤油八角漬け」など、料理センス×旨さ抜群のアテに、もう夢中。きっちり升までこぼしてく注いでくれる地酒も、ついつい進む進むっ。

イイ感じに酔っ払ったところで、〆は「あっさり醤油ラーメン」。と、既に酔っ払い=しらふの時より更にバカ舌状態のハズが、ナンとも豊かに舌にのる鶏ガラらしきうま味甘みが半端ないっ。

加えて細ちぢれ麺の軽やかな食味と、チャンと旨い具の数々。これぞ飲んだ後の〆にふさわしい軽やかな食味と豊かな味わい。

屋号に付いた「ラーメン居酒屋」の冠は伊達じゃない。ただラーメンを啜るよりも数段旨いラーメン屋酒。我が家の近所にあれば、ついつい帰宅前に引っかかること必至の旨さ&安さ。出身店の「JON PAN」然り、今年は、チョイ飲みうどん居酒屋に代わり、ラーメン屋酒が福岡麺トレンドか。

IMG_1950

昼はマルちゃん正麺「鴨だしそば」に
「游」@城南区荒江のチャーシューをのせて、チャーシュー南蛮そば。
低温調理のシットリもっちりチャーシューがヘタな鴨肉より抜群旨くて
ズルズル、ズズゥ~と一気完食。

 

ラーメン居酒屋【久屋】
あっさり醤油ラーメン600円
福岡市南区大橋1-19-18ロワールマンションⅠ1階
11:30~14:00&18:00~25:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン2●チャンポン0●中華麺1●うどん0●そば1●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 20:20 | Comments [0]

2016年01月02日 土曜日

●【中華麺】かなで食堂@春日市須玖南

新春の墓参りの道すがら、2016年三麺参り二麺目は「かなで食堂」で唯一未食だった麺メニューである「担々麺」。ほどなく運ばれてきたドンブリには、如何にも担々麺チックな黄土色のスープ&肉味噌との間に黒く広がるのは、熊本ラーメンではありがちな、ニンニク焦がし油=マー油だろうか?

ドラドラと、先ずはスープをひと啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、担々麺定番の芝麻醤らしきゴマのうま味とピリピリ辛味と、すぐその後を追ってくる、おそらく「濃厚とんこつ」と共用らしきスープの密なるダシの風味と、マー油由来なのか?ナンとも芳ばしい円みが、未体験のオリジナル美味っ。

合わさる麺は中細ストレート。イイ感じに柔揚げでトゥルンッと口に収まる触感が適度に軽めでうま味スープと相性良し。ならば肉味噌は?と喰らえば、甜麺醤だろうか?想定外に甘めの味付けが、ピリ辛円みスープと合いマクリ。

前回啜った「トマトんこつ」が豚骨のイタリアンなアレンジ版ならば、担々麺も単なるそれとは明らかに一線を画するオリジナル美味。ズズッと麺を啜り上げ、思わず〆に白飯オーダー!いやいや止めとけカロリー過多、とナンとかカンとか理性が勝ち、うっとり完食。

かなで食堂
担々麺690円
福岡県春日市須玖南1-182
11:00~22:30・火曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン1●チャンポン0●中華麺1●うどん0●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:21 | Comments [0]

●2016年 麺屋初商い

●2日現在営業中

【ラーメン】元祖ラーメン長浜家@中央区大手門

【ラーメン】元祖ラーメン長浜家@中央区長浜

【ラーメン】ラーメン仮面55@中央区薬院 https://goo.gl/kuhwOL

【ラーメン】MEN-LABO@今泉=ランチ https://goo.gl/kke2Aa

【ラーメン】支那そば月や@博多駅デイトス、新年は1日より営業&辛いそば新発売。https://goo.gl/5s5YgW

【ラーメン】久屋@南区大橋、1日はランチのみ、2日から通常営業

【ラーメン】笑喜屋@糸島市高田 http://goo.gl/oqIAZa

【ラーメン】ろくでなし@福津市中央

【ラーメン】濃厚とんこつ かなで食堂@春日市 http://goo.gl/mlg5F9

【ラーメン】一骨入魂@春日市 http://ow.ly/WoBtq

【ラーメン】幸心堂@大野城市若草

【ラーメン】博多豚十郎@筑紫野市 https://goo.gl/XNdw6I

【ラーメン】中華そば おさみ@うきは市 https://goo.gl/06F6cR

【ラーメン】しる商人@田川市 https://goo.gl/aB5kZz

【ラーメン】泰玄orかね庵@北九州市小倉北区、2日~4日は支那そば かね庵として営業 https://goo.gl/Qy2zeX

【ラーメン】志士@北九州市 https://goo.gl/Nb9X8r

【ラーメン】いちげん@佐賀県佐賀市

【ラーメン】心生麺商人@熊本県熊本市 http://goo.gl/5wPzc7

【ラーメン】にぼいち&マルイチ食堂@熊本県熊本市 http://goo.gl/WVnbR4

【ラーメン】いっぷくラーメン@熊本県熊本市 http://ow.ly/Wryf9

【ラーメン】日の丸ラーメン@熊本県荒尾市 http://goo.gl/o5t1VS

【中華麺】侑久上海本店@中央区天神、2日&3日はディナータイムのみ、4日から通常営業。http://ow.ly/WoDoP

【中華麺】随園@東区香椎宮前 http://ow.ly/Wuf3D

【うどん】港屋千兵衛@北九州市門司区 https://goo.gl/W8AiVZ

【うどん】おに吉@北九州市門司区 https://goo.gl/THIznx

 

●3日

【ラーメン】島系本店全店 https://goo.gl/M5QMnJ

【ラーメン】兼虎@中央区赤坂、新年よりつけ麺と煮干しらーめんに特化。https://goo.gl/HLmDHt

【ラーメン】海鳴清川本店、博多駅南店 http://goo.gl/foaEKq

【ラーメン】游@城南区荒江 https://goo.gl/IbfrFb

【ラーメン】一連@熊本県熊本市 http://goo.gl/6L8fBA

【中華麺】大名ちんちん、赤坂本店は3日から、博多駅前店は4日から営業。 https://goo.gl/oNM0p4

【うどん】うどん満月@八幡西区陣原 http://ow.ly/Wrz70

【そば】いまとみ@中央区高砂 http://goo.gl/w2jpI

 

●4日

【ラーメン】Chicken MEN 鶏麺@中央区渡辺通 https://goo.gl/Am2lQR

【ラーメン】中華そば かなで、4日(月) 11時~16時の営業。

【ラーメン】海鳴中洲店、平尾店 http://goo.gl/foaEKq

【ラーメン】MEN-LABO@中央区西中洲 https://goo.gl/KalGWO

【ラーメン】行徳家@南区野間

【ラーメン】けん翔らぁめん@東区多の津 http://ow.ly/WbQ48

【ラーメン】来来@飯塚市 http://goo.gl/nq9udG

【ラーメン】しのわ@久留米市 http://ow.ly/WcTOH

【ラーメン】麺空間 灯かり@熊本県合志市 http://ow.ly/WoBLc

【ラーメン】臨機@熊本県熊本市 http://goo.gl/6L8fBA

【つけ麺】サキマサ@熊本県熊本市 https://goo.gl/PvgMoT

【中華麺】マンダリンマーケット@中央区警固 http://goo.gl/WBKSdy http://goo.gl/4e83yF

【うどん】茶ぶ釜@中央区大濠 https://goo.gl/ZF6gki

【うどん】福岡麺通団@中央区渡辺通 http://ow.ly/Wrgq9

【うどん】唄う稲穂@中央区 http://ow.ly/WueMA

【うどん】 和助@城南区鳥飼

【うどん】侍.うどん@博多区博多駅前 http://ow.ly/Wry38

【うどん】大地のうどん博多店&筑紫野店

【うどん】長住うどん@南区長住

【うどん】権@志免町 https://goo.gl/7CmcGt

【うどん】津田屋官兵衛@北九州市小倉南区 ow.ly/Wv58J

【うどん】かつみ屋@佐賀県鳥栖市 https://goo.gl/DE7pSu

【うどん】へんろみち@大分県大分市 http://goo.gl/O110ut

【そば】木曽路@中央区荒戸 https://goo.gl/ECcXNn

 

●5日

【ラーメン】土竜が俺を呼んでいる@中央区大名 https://goo.gl/oskTCQ

【ラーメン】らぁめん シフク@博多区榎田 http://ow.ly/WcTDj

【うどん】大地のうどん@西区上山門

【うどん】福すけ@久山町 http://goo.gl/om1yNM

【中華麺】黄金の福ワンタンまくり@早良区飯倉 http://www.makuri.jp/

【うどん】大木戸@中央区舞鶴 https://goo.gl/pv2w3s

【うどん】大文字@大野城市  http://ow.ly/WoArH

【そば】芭蕉案@北九州市八幡東区 http://goo.gl/knQ4bE

 

●6日

【ラーメン】元祖長浜屋@中央区長浜 http://goo.gl/SqnUQd

【ラーメン】ふくちゃんラーメン@早良区  http://ow.ly/VCFej

【中華麺】熊猫食堂@早良区西新 https://goo.gl/qVKeFA

【うどん】誠屋@南区曰佐 https://goo.gl/mW7ES9

 

●7日

【ラーメン】ざいとん@東区香椎 http://goo.gl/AgFDsC

 

●8日

【ラーメン】やっちゃんち@中央区清川 http://goo.gl/t8RlJM

【ラーメン】味一番@早良区高取

 

●9日

【うどん】うどん日和@中央区六本松 https://goo.gl/B5Pq9P

 

●11日

【ラーメン】黒門@遠賀町、北九州市若松区青葉台南3-1-5へ移転オープン。https://goo.gl/fo6GQ1

Posted by heno at 00:38 | Comments [0]

2016年01月01日 金曜日

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜家1@中央区大手門

IMG_1907

2016年の初飯は、昨年よりも更に仕事の跡がヒシヒシと伝わる、味わいの玉手箱やぁ!的「味竹林」のおせちと、ならではの華やぎにプラスして、ナンとも優しい後味が我がツボな「麺屋たけもこし」ゆかりの東洋美人限定酒。互いの旨さを引き立て合う取り合わせに、こいつぁ春から縁起がいいやぁ。

昼は三社参りがてら三麺参り一軒目はケイチへ初詣。ヤは往年の営業スタイル通り、正月休業中なので、ケイチはよほど混雑してるのでは?とおっかなビックリ訪ねるも、想定外に空いている?!

毎度の如く「ナシカタネギヤマ~」とオーダーしつつ席に着くや否や、毎度の如く早々にラーメンが供される。も、ありゃりゃ?全然ネギヤマってないやんっ。だがしかし、肉はいつもより多めに盛られてないかぁ?コレってヒョッとしてお年玉?

おっしゃスープとひとくち啜れば、ナンともイイ感じにほんのり豚骨ダシがきいた滋味系。だが、いつもより元ダレが極少なめなため、ぼんやり寝ぼけ味。て事は、やるべきことはただひとつ、「元祖肉は調味料」。肉全てをスープに埋め込んで、グリグリかき混ぜ啜れば、肉の塩気がスープに映り、いやいやナカナカ旨い出ないのぉ。

おっしゃOK牧場!と麺を啜れば、おや今日の麺はいつもより細く感じるぞぉ?軽やかな啜り心地が淡系スープと相性抜群。そして見た目では少なく感じたネギも食べてみると結構な量が盛ってあり、ジャクジャクとピリ辛甘い味わいが、味わいに奥行きを演出。いやはやイイねぇ、こりゃ旨いねぇと一気完食。

【元祖ラーメン長浜家】1
ラーメン450円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜)Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン1●チャンポン0●中華麺0●うどん0●そば0●その他0
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km

Posted by heno at 13:35 | Comments [0]