HENO HENO: 2016年02月 アーカイブ

2016年02月28日 日曜日

●【ラーメン】行徳家@南区野間

アレコレと怒濤の創作ラーメン発表を続ける行徳家だが、なかなかタイミングが合わず、啜り損ねること3~4作…。今日こそはと万難排して訪ねると、おっしゃっ営業中!

先々週ぐらいから提供が始まった「スパイシー担々麺」は、巷の担々麺にありがちな、芝麻醤などのトロミをほとんど廃した熱々食感。啜った瞬間は至って穏やかだが、すぐにワニワニ、ピリピリ、ビリビリと顔を出す様々なチャイニーズ・スパイスが織りなす、何ともイイ感じに変則的な味わいがググッと我がツボ。加えて我が大好物のパクチーがてんこ盛り=こりゃハマるハマるっ。

行徳家
スパイシー担々麺 価格失念 ※期間限定 
福岡市南区野間4-4-35
11:30~15:00&17:30~23:00
(日祝11:30~22:00)・月曜休み&不定休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン31●チャンポン5●中華麺7●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:38 | Comments [0]

2016年02月27日 土曜日

●【ラーメン】JONPAN@中央区薬院

夜は大学受験が一段落した息子たち&カミさんと、久しぶりの家族4人揃って外食。となれば、モチのロンでフェバリット飲食店=「ゴールデン食堂」@南区長住で、ホルモン&ポッピー三昧っ。いずれ食べてもパーペキ抜かりなしな旨しホルモンに、息子たちも我も、ソリャもうニヤニヤ笑顔がこぼれるこぼれる。

楽しき&旨し食事の〆は、極旨麺。で、行徳家から久屋へと向かう途中、ふと思い出したのが「JONPAN」@中央区薬院の、今日まで限定販売の「鯛SAKURA ver.1」。コレまた極旨なイカ塩からポテサラを突きつつ、芋ロックをチビチやりつつ待つことしばし、差し出された一杯は言葉通りの「感動作」!

先ずはスープと一啜りすれば、ジュワジュワァっと広がる獣ダシ&鯛ダシらしきW白湯の柔らかな甘味と、桜餅を包む桜の葉の塩漬けを大量に使い作ったというタレの、ナンともイイ感じに溢れる塩気と、風味と、微かに躍るホロ苦感。

JONPAN名物の「ニボ神」が「変態」ならば、この一杯は「正面勝負なれど手元でイイ感じに球筋が変化する、ようこそホークスへお帰りなさい和田投手のツーシーム的味わいに、ドギマギとサプライズ経由のワクワクドキドキ感動美味っ。

しっとり&むっちりな低温調理のチャーシューに、よほど新鮮なのだろうか、にちにちと躍る鯛のむき身に、モチモチの生麩と、爽やかに&鮮やかに薫り立つ桜花の塩漬けの風味に、パリッと甘い春キャベツ=我が麺煩悩は春うらら。

JONPAN
鯛SAKURA ver.1 870円 ※期間限定
福岡市中央区薬院4-2-12
20:00~28:00・水曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン30●チャンポン5●中華麺7●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 20:47 | Comments [0]

●【中華麺】ぷらちな@中央区白金

とあるInstagramでその存在を知った「ぷらちな」。かつては天ぷら屋として営業していたが、今月4日から担々麺屋に業態変更したらしい。

正午過ぎに訪ねると、シュッと奥へ長い白木のカウンターテーブルが、如何にも天ぷら屋。その中央に座り卓上のメニューを眺めると、担々麺が「牛骨」に、黒胡麻たっぷりの「黒」に白胡麻の「白」の3種に、野菜やチーズ、トンカツ、シーフードなど具のバリエーション。

へぇ~、コリャあれこれあってオモロイぞっと、さらにしげしげ眺めると、なぬ?「牛骨醤油ラーメン」?!ひょっとして醤油&甘味=すき焼きテイストな山口県の下松牛骨ラーメンみたいな味わいなのか??

ほどなく差し出された一杯は、ソリャもうドデカい陶器の器が印象的。まずはスープと一啜りすれば、ぽわんと広がる牛骨白湯の甘味と、その味わいを輪郭を丹念に描き出す酸味の後味。コレってカノ担々麺名店「潤」@早良区西新の「中華そば」とよく似た味わいのベクトル=店の一押し担々麺も潤同様に激旨かも?!

合わせる麺は中太縮れ。プリプリッと口の中で躍る食味が楽し旨し。具は粗切りのミンチ肉に太もやしやニンジン、キャベツが少量のった、ライトなタンメン仕様。なので食べ進むうちに味わいのイメージは、醤油スープのチャンポン。大きなドンブリに顔を埋めるようにガツガツと一気完食。

【ぷらちな】
牛骨醤油ラーメン600円
福岡市中央区白金1-8-11 ダイヤモンドタワ-薬院南 1F
11:30~21:00・不定休 Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン29●チャンポン5●中華麺7●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:48 | Comments [0]

2016年02月26日 金曜日

●【ラーメン】銅羅@西区今宿駅前

福岡市西部の生の松原を抜けた海沿いの通り。かつては「一方」が営業していた店舗に今週月曜日にオープンした「銅鑼」。博多大将によると、濃厚ド豚骨人気店「西谷家」のグループ店なのだとか。

オープン一週間経たない店舗前には「元祖 糸島ラーメン」の赤い看板。ぬぬぅ?そう言えば同じく西谷家が手がけるも今は閉店してしまった「元祖伊都店」@中央区警固には「糸島産直ラーメン」のキャッチコピーが付いていたぞ?!そして純白の暖簾を潜ると、入ってすぐ左手の食券販売機には「豚骨ラーメン」と「中華そば」の2種のラーメン=まんま元祖伊都店と同じじゃないかぁ??!!

ほどなく運ばれてきた「中華そば」は、ド派手な紅白のドンブリこそ異なるが、イイ感じに透明感ある薄醤油色のスープに中太扁平な麺の取り合わせも、限りなく元祖伊都店の中華そばに似ているぞぉ…。

ならば先ずはスープと一啜りすれば、ソリャもう半端なくアッツ熱な口当たりとともに豊かに広がる魚介×鶏?×根菜??らしきダシ&香味油のうま味甘みと、微かに酸味さえ感じる熟成感ある醤油ダレの風味が、ソリャもう我がツボっ。

そしてスルスル、プリリンな中太扁平麺の楽し食味に、それぞれチャンと旨い具の数々との食感&味わいのコラボ加減が、一切抜かりなしのパーペキ美味美味。

おそらく今は閉店してしまった元祖伊都店と同じレシピで作られているのだろうか?味わいの印象が限りなく近い。しかし、だとすると元祖伊都国がオープンした4年前と同じ食材を使いつつも、売価は600円と据え置きでは、ちゃんと儲けが残していけるのだろうか??など要らぬ節介、するが厄介な心配をしつつ、ズルズル啜るぅ。

【元祖糸島ラーメン 銅鑼】
中華そば600円
福岡市西区今宿駅前1-3-18
11:00~21:00・火曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン29●チャンポン5●中華麺6●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:17 | Comments [2]

2016年02月25日 木曜日

●【中華麺】台湾素麺Veggie@熊本県熊本市

肉や魚は使わず、ニンニクとネギ以外の野菜を中心に作る台湾料理「台湾素食」が熊本で食べられると知り、ノコノコと「台湾素食Veggie」で昼麺。「ヒレトンカツ風定食」など、その味力を存分に楽しめそうなメニューもあるが、ヤッパリ麺馬鹿。「担々麺」「野菜五目麺」「麻婆茄子麺」と3種ある麺メニューから、肉味噌が大豆を代用して作られているという担々麺をたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたドンブリは、イイ感じに透明感を残すスープに旨さを予感。ナンでも「台湾風の担々麺です。辛さ控えめですから、お好みでコチラをどうぞ」と唐辛子みそも供される。

まずはそのままとスープを啜れば、熱々の口当たりとともにふわりと花ひらく滋味なるダシの甘み。えぇ?これだけ旨いのに、本当に肉や魚は使ってないのだろうか??と尋ねると、「キャベツやセロリなど10種ほどの野菜に、昆布を加えてスープを取っています」とのこと。

いやぁ、この旨さが野菜と昆布だけで出せるのか…!!と感服しきりで麺を啜れば、コレまた絶妙なる柔揚げでスープとの絡みがソリャもう抜群。ナンちゃナイけどシミジミ旨いぞウレシイぞっと、ウキウキもう一啜り、更にもう一啜り。

大豆を一旦潰して整形し直したという大豆ミートで作られた肉味噌は、まんま鶏肉ミンチな味わい。チョイとピリ辛仕様で気分はマイルド担々麺。加えてシャキッと旨い青梗菜や太もやし、パプリカなどの美味野菜も囓りつつ、ズルズル喰らえばお腹はいっぱいなのに、もたれた感は皆無のヘルシー美味っ。

そして昨日は脇屋シェフ・プロデュースの「蓮双庭」@博多区博多駅東で「激辛担々麺」。ガツンッと脳天直撃の花椒&ゴマ辣油の、ソリャもう思わず噎せ返るほどの辛味に、額や首筋から流れ出る汗を懸命に手ぬぐいでぬぐいつつ、ハホハホ、ウホウホ、ウハウハ完食っ。

台湾素食Veggie
担々麺700円
熊本県熊本市東区小峯2-5-8 コーポ宮田
11:00〜20:30 不定休 Pあり ※要確認

蓮双庭
激辛担々麺ランチセット ※価格失念
福岡市博多区博多駅東2-7-27 TERASO 2F
11:00~22:00・無休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン28●チャンポン5●中華麺6●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:32 | Comments [0]

2016年02月23日 火曜日

●【そば】豊しま@東京都新宿区


ウレシタノシのお江戸日帰り出張、正午過ぎからの打ち合わせを終え、午後2時過ぎ。我が大好物のテレビ番組「ドキュメント72時間」でその存在を知った「丸健水産」。おでんのネタを小売りしつつ、店の一角で調理し てくれて、立ち飲みおでんが楽しめる店。

店頭に貼られたポップ書きではんぺんが名物と知り頼むと、「この時間はお客さんが少ないから、すぐ温めて出しますよぉ。良かったら牛すじも温めますよぉ、ちょっと時間がかかりますけど。」と、お母さん。

イヤハヤありがとう、是非是非お願いします。あぁそうそう、ならば待つ間に突くおでん&酒も欲しいなぁと、大根や魚の練り物に「コレも名物ですよ」と進めていただいた野菜天団子もたのむと、「おタバコ吸われますか?」。いや吸いませんとこたえると、こちらへどうぞと店舗沿いに3個並べてあるテーブルのひとつに案内される。ナンでも他の2テーブルは喫煙席で、このテーブルのみ禁煙席なのだとか。

つなぎのおでんを突きつつ(と言ってもどエラク美味いのだが!)ワンカップ酒を早々空けて、追加にもう1カップたのんだところで、はんぺんと牛すじが登場。と、コレがソリャもう超ド級に旨い旨いっ。我が今まで食べてきたはんぺんと牛すじは一体何だったんだろう?と真剣に顧みるほどに、チャンと旨いタネにメロメロ&立ち飲みでフラフラになりつつ、ナンともシアワセな午後のヒトトキ。


美味おでんを小一時間楽しんで電車を乗り継ぎ移動し、〆は立ち食いソバ。どんだけ立って飲んだり&啜ったりが好きやネンッ!とひとりノリ突っ込みを楽しみつつ暖簾を潜ると…、

黄色の貼り紙が、おっしゃコレコレ!な「厚肉そば」。ナンでもかのホリエモンも大好きらしき、お江戸B級グルメの一品なのだとか。

ほどなく供されたドンブリは、ドッカ~ンと表面3分の一を覆い尽くしそうな、メニュー名に恥じぬ厚切り豚バラ肉。

厚さ2センチはある極厚豚肉はホロホロ柔柔にシッカリと煮込まれていて、LIKE A 鹿児島郷土料理のとんこつ。イイ感じにボソボソ&ボリボリ食味の蕎麦を遺憾なく楽しみつつ、ワシワシとカッ喰らう快楽を満喫しつつ、うほほと完食。
【豊しま】飯田橋店
厚肉そば680円
東京都新宿区下宮比町1
6:30~18:30(土祝~15:00)・日曜休み Pなし ※要確認
◎2016通年麺喰い◎
ラーメン28●チャンポン5●中華麺4●うどん8●そば3●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 16:22 | Comments [0]

2016年02月22日 月曜日

●【うどん】一道@北九州市小倉南区

うどんのはなしを訪ねて ~その十七~

4ヶ月ぶりの一道で、「うどんのはなし」で紹介されていた「肉ぶっかけ」。セルフ・カウンターで渡された一杯は、ザブザブの汁だく+こんもり盛られたスライス肉の甘煮+天かす=およそ「ぶっかけうどん」らしからぬ、普通にエラク旨そうな「肉うどん」。

セルフ・カウンター隣の具が並べられた棚から半熟卵天を取り、戦闘態勢完璧完了。おっしゃ喰らうぞっとツユを啜れば、わぁおポッタリと甘々美味。合わさるうどんは、その甘さをガッツリ受けてあまりある、もっちり太麺。むりんっむりんっと弾け踊る様が、ソリャもう悦楽。肉もホロホロに煮込まれているし、トロリンっな半熟卵天がコレまたタマランっ。

角切りの牛ホホ肉が旨いどぎどぎうどんの里、小倉南区ならではの、オリジナリティ溢るる肉うどんにワクワクドキドキ一気完食っ。

【こだわりうどん一道】
肉ぶっかけ+半熟卵天※価格失念
北九州市小倉南区津田南町1-38
11:00~14:00・水曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン28●チャンポン5●中華麺4●うどん7●そば2●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:30 | Comments [0]

2016年02月21日 日曜日

●【ラーメン】食堂英々@早良区城西

西新周辺の住宅街の一画に一年半前にオープンした「食堂英々」。300円と破格なれどキチンと美味しい豚骨ラーメンを提供していたが、この度メニューを一新。豚骨ラーメンは廃し、代わりに新発売したのが「清湯ラーメン450円」。

運ばれてきた途端に、湯気と共に豊かに薫り立つダシの風味に旨さを確信。レンゲを持つ手ももどかしく一啜りすれば、あっさりとした口当たりと共に、柔らかく、かつ豊かに広がるダシのうま味と香味油の甘み。

合わさる麺は中細縮れ。イイ感じに柔揚げなので、スープとの絡みがすこぶる良好=スープを絡め取りつつビチビチと口に収まるジューシーな食味と、ムニンッと躍る可愛いコシ。

キリッとエッジが立った切り口が男前のモチモチチャーシューに、コリッとシナチクに、シャキッと太もやし=最小公倍数的適正な具然り、トリッキーな大技とは無縁の、チャンと旨い実直美味なる一杯が、ナンとも気持ちよいっ。

「やっちゃんち」@中央区清川然り、「満月」@南区長住然り、この頃の福岡麺トレンドは、気持ちがよい中華ソバなのか?!

食堂英々
清湯ラーメン450円
福岡市早良区城西3-2-23
11:30~15:00&17:00~22:30(日曜11:30~20:00)・月曜休み Pなし ※要予約

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン28●チャンポン5●中華麺4●うどん7●そば2●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:14 | Comments [0]

2016年02月20日 土曜日

●【ラーメン】七福亭@城南区南片江

アッツ熱の口当たりとともに、軽やかに広がるダシの甘みと、一足遅れて顔を出すダシのコク。そして、シュルッと小気味よく口へ収まる麺の風味。取り立ててココが旨いって特徴がない、至って普通、なれど、いやだからこそ極上に旨い一杯に、目尻がデレデレ下がりっ放し。

七福亭
ラーメン+替え玉530円 ※ランチ価格
福岡市城南区南片江2-30-24
11:30~22:00・月曜&2nd日曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン27 ●チャンポン5●中華麺4●うどん7●そば2●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:08 | Comments [0]

2016年02月17日 水曜日

●【ラーメン】MEN LABO@中央区今泉

打ち合わせ&仕事の備品の買い出しを終え、やったLUCKY!天神で昼麺。で、迷うことなく一路「牛たん料理 蕃」へ。MEN LABO@中央区西中洲が、昼のみ店舗を間借りして、月替わりの限定麺をランチ営業しているのだ。

今月は「肉そば」。イイ感じに透明感を残すド醤油色のスープは、見た目通り。醤油ダレが醸す熟成風味がググイと我がツボ。麺は細麺or縮れ麺から細麺を選んだが、コレが大正解。キュンッと鯔背な醤油スープと、スルッと小気味よい細麺の食味が相性抜群の鯔背美味っ。脇を固める低温調理らしきモチモチチャーシューに、パリパリシナチクに、パリッと海苔に、シャキッと青菜は菜の花の茎?も万全抜かりなし。

数々の創作ラーメンを発売し続けるMEN LABOだが、そう言えば福岡創作ラーメンの雄「行徳家」もかつては、昼はカフェ営業していた店舗を夜のみ間借りして営業していたなぁ。創作ラーメン名店は一時の間借り営業が宿命なのか?など空想を楽しみつつズルズルと美味麺を啜る、束の間の午後のシアワセ。

IMG_2382

海沿いの田舎町にポツンと営業を始めた「TAGIRO HOTEL」は
あたかもバクダットカフェ。
個性溢れる人々が営む
レトロでローファイでアメリカンな空間で啜るナポリタンは
Wow! It's so QUITE!!

【MEN LABO】昼のみ間借り営業
福岡市中央区今泉1-20-21 牛たん料理 蕃
11:30~・火曜休み+不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン26 ●チャンポン5●中華麺4●うどん7●そば2●その他3
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 15:59 | Comments [0]

2016年02月16日 火曜日

●【ラーメン】元祖長浜屋@中央区長浜

相変わらずのウルトラ多忙=夕方4時とナンとも中途半端な昼麺タイム=元祖。で、先週に引き続き啜る元祖の「屋」のナシカタネギヤマは、やっぱり旨いっ。

同行スタッフと多数で一気にオーダーしたのが災いしたのか、ネギは全くネギヤマではない…。が、イイ感じにきいた豚骨ダシのさっぱりスープはとてつもなく旨いっ。するりと小気味よい啜り心地の麺を、食券販売機のボタンを間違って押してしまった「替え肉」をドーピングしつつ、ガツガツ完食すれば、お腹一杯元気一杯。

お家騒動以降、分家したケイチやケニは元祖の十八番であった24時間営業をしているが、未だに24時間営業を始めないヤ。だが、そのマイペースで堅実な営業体制だからこそ、このキチンと旨い味わいが提供出来ているのかも?あぁやっぱりラーメンは奥深いっ。

元祖長浜屋
ラーメン500円
福岡市中央区長浜2-5-38
年末年始のみ数日休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン25 ●チャンポン5●中華麺4●うどん7●そば2●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 22:02 | Comments [2]

2016年02月15日 月曜日

●【うどん】木村製麺所@太宰府市宰府

うどんのはなしを訪ねて ~その十六~

博多の奥座敷、太宰府の製麺所「木村製麺所」が供する「さいふうどん」。シュッと麺線が通ったベッピンしゃんうろんの、ぽわんっと軽い跳ねゴシの茹で置き触感と、シミジミと五臓六腑へ深く染み入る昆布だしがきいた滋味スメのコラボが、正に博多うろん。

開店当時は共に盛られていたゴボ天が別皿で供されたりと、随分とバージョンアップ。そしてメニューも「めんたいこ天」など、如何にも地方から訪れる客向けのメニューも登場。なんでも「うどんのはなし」で紹介されたことに加えて、NHKの「にほん縦断こころ旅」でも取材もされ、最近は日本全国から客が訪ねてくるとのこと。

博多の観光名所で啜る、ご馳走うどんにほっこり身体も温まり、さぁさ午後からの仕事もガンバンベェ。

木村製麺所
さいふうどん500円+ごぼう天180円
太宰府市宰府3-4-31
11:00~16:00・火曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン25 ●チャンポン5●中華麺4●うどん7●そば2●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:29 | Comments [0]

2016年02月14日 日曜日

●【ラーメン】ろくでなし@福津市

数々の期間限定麺を発表してきた「ろくでなし」の最新期間限定麺は、博多二郎。背脂の浮いた醤油ダレ勝ち目のスープに、幅1センチは優にある極太偏平麺に、てんこ盛りの太もやし&キャベツの茹で野菜に、極厚チャーシューに、こんもりニンニクと調理はまんま「二郎」@東京都三田リスペクトだが、こぢんまりとした博多ラーメンどんぶりに盛られているので、量はソコソコ=ロートル&軟弱麺喰いオヤヂにはウレシイポーション。

茹でるのに時間のかかる極太麺だが、ちゃんと手間をかけてあり、モッチリとヒキある食味があな旨し。休日の昼時で順番待ちの行列が出来る中、通常のレギュラーメニューや、人気のご飯とのセットメニュー加え、この手間の掛かる極太限定麺までこなす、見事なオペレーションに感心しきりで、うっとり完食。

 

ろくでなし
背脂極太麺700円 ※期間限定
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み) Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン25 ●チャンポン5●中華麺4●うどん6●そば2●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 22:34 | Comments [0]

2016年02月12日 金曜日

●【ラーメン】博多本丸@早良区東入部

昨年11月にオープンしたという「博多本丸」。住所を頼りに訪ねると、かつて蕎麦屋だった店舗に、純白の看板。そして店頭に「朝ラーメン」の幟。午前6時から営業し、午前9時までは通常550円のラーメンを500円で提供しているとか。

ほどなく運ばれてきたラーメンはnot at all 白濁。イイ感じに透明感を残す醤油色な男前に旨さを予感し一啜りすれば、コツンッと味わいの芯が定まった硬質美味。あたかも韓国冷麺の牛骨スープ的なこの味わいは、ナンともユニーク美味っ。

シュルッとコキンッとムチッと細麺の食感も楽しいし、合わさる肉厚チャーシューの、醤油ダレが利きつつもモッチリ肉本来の旨さを主張する様も、ナカナカ他じゃお目にかかれないユニーク美味。何処にでもありそうで、その実どれらくオンリーワンな味わいをほっこり楽しみ精算すると、「次回にどうぞ」と替え玉サービス券。

嬉しいサービスもアリの新ラ店。いつかまた、この辺りで昼麺する機会があれば、マストでここ、博多本丸。

【博多本丸】
ラーメン550円
福岡市早良区東入部8-12-8
6:00~21:00 ・火曜日 ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン24 ●チャンポン5●中華麺4●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 14:29 | Comments [0]

2016年02月11日 木曜日

●【ラーメン】博多一作@佐賀県佐賀市

先月17日にオープンしたという「博多一作」。住所を頼りに訪ねると、午後1時過ぎだというのに店内はほぼ満席状態。こりゃ開店早々に人気店か?!と入口左手の食券販売機に向かうと、ラーメンが「豚骨ラーメン」「塩豚骨ラーメン」に「赤ラーメン」の3種。迷わず基本の「豚骨ラーメン600円」のボタンを押す。

町屋作り的奥に長い店舗の、最も奥に位置するところに麺茹で釜があり、店主らしき若き男性が麺を上げつつ、ホール担当の若者4~5名に指示をする。その半分は東南アジア出身の外人か?片言の日本語ながら懸命に職務に励む姿が素晴らしい。はてさてどんなラーメンが出てくるのか?ワクワク&ドキドキ出来上がりを待つ。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、微かに透明感を残す白濁スープの表面に浮く気泡に旨さを予感。おっしゃコリャ当たりに違いないっともんどり打ってレンゲでひと啜りすれば、アッツ熱の食感とともに円やかに広がるダシ&脂の甘みうま味っ。豚骨臭はほぼ皆無、ひたすら豊かに甘く旨いこの味わいの後味はあたかもコーンポタージュならぬ豚骨ポタージュ。コレを不味いという人はいないと断言できるほど万人美味。

合わさる細めの偏平麺も然り。軽やかな啜り心地なれど、美味スープを豊かに絡め取りつつ口へと収まり、むちんっと躍るコシもあってコレまたエラク旨い旨いっ。

大判チャーシューのモッチリ美味も抜かりなし。加えて、パリパリ軽快なキクラゲにパリパリ海苔と具もパーペキ旨い高次元美味なる一杯に、うっとりぃ。

博多一作
豚骨ラーメン600円
佐賀県佐賀市唐人1-5-4
11:00~22:00(金土祝前日~24:00,日祝~17:00)・木曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン23 ●チャンポン5●中華麺4●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:09 | Comments [0]

2016年02月10日 水曜日

●【ラーメン】麺や兼虎@中央区赤坂

煮干し恋し その七

濃厚タイプからブランニューな「麺や兼虎」の「背脂煮干しそば」。一面に浮いた背脂に一瞬ひるむも啜ってみれば、ナンとも軽やか。3種の煮干しでとったというダシが、ニボニボし過ぎることなく素直に旨いっ。

合わさる麺はカナリ太めの中太麺。ボリボリとした食感が個性を主張。加えてコレでもかと盛られたタマネギがピリリと奏でる辛味=兼虎ワールド。名物のブ厚く一枚切りチャーシューを二枚に切り分け、濃厚つけ麺よりは薄味の煮干しスープとの馴染みを良くするなど、絶え間ない創意工夫が見事に結実した味わいに、うっとり瞬食。

麺や兼虎
背脂煮干しそば 780円
福岡市中央区赤坂1-1-18
11:00~15:30&18:00~21:30
(土日祝 11:00~16:00)  火曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン22 ●チャンポン5●中華麺4●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 20:29 | Comments [0]

2016年02月09日 火曜日

●【ラーメン】正隆@早良区荒江

城南区の荒江交差点に最近オープンしたという「正隆」。営むは親子らしき、調理担当の年配女性とサービス担当の若者。いずれも訥々とした接客から察するに、素人開業なのだろうか?

だがしかし、差し出された「醤油ら~めん」はカナリの本格美味。外連味の一切ない素直に&優しく旨いスープに、シュルッと小気味よい啜り心地とモチッとコシが楽し旨し麺に、チャンと調理した感満載の具の取り合わせに、ふと若き名店「やっちゃんち」@中央区高砂を思い出す。

メニューは醤油ら~めんに加え、温麺が「チャーシュー麺」と「水餃子ラーメン」に、つけ麺が「つけ担々麺」と「葱・生姜風味(醤油)」。おっしゃ次回は葱・生姜風味(醤油)。

夜は親父だらけの飲み会。
一軒目が想定外にイケてなさ過ぎだったので、
早々に河岸を変えて「たっちゃん」@中央区警固。

念願だった牛テールやホルモンの半端ナイ旨さにウシシと笑顔、
クイックイと芋お湯割りを煽り、〆は「たっちゃんポン」。

とろんっとあんとじのスープは
ノーマルちゃんぽんよりも醤油ダレがきいて、
熱々とろとろ旨い旨いっ。

 

【正隆】
醤油ら~めん650円
福岡市早良区荒江2-10-18
11:30~14:30&17:30~21:30・木曜休み Pなし ※要確認

たっちゃん
たっちゃんポン ※価格失念
福岡市中央区警固2-15-1
12:00~23:00・日曜 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン21 ●チャンポン5●中華麺4●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 19:23 | Comments [0]

2016年02月05日 金曜日

●【ラーメン】元祖長浜屋@中央区長浜

キリキリと超多忙で時既に16時。そりゃもうウルトラ腹減りハラホレ、この時間でも開いているラ店と久しぶりに「屋」。コレ正に「ナシカタネギヤマ~!」のオーダー通り。脂っ気最少なれどダシの風味が適度に効いたスープに、おや?こんなに細麺だったっけ??とサプライズ美味な固麺がソリャもう山盛り大盛りに、ジャクッと葱の風味が爽やかな味わい。

いやはやビックリ、ケイチ、ケニに比べると最近のヤはイマイチ我が好みではなかったが、今日の一杯はググッと我が麺心を鷲づかみ。コリャ次回の元祖詣ではどの店で啜るか、かなり悩みそうぅぅ……。

昨日は久しぶりの「一代」。
豚豚しいこの味わいは、どこかのラ店に相通じるのだが、
その屋号が思い出せない、ロートル・ぼけぼけ麺馬鹿オヤヂ一匹。

 

元祖長浜屋
ラーメン500円
福岡市中央区長浜2-5-38
年末年始のみ数日休み Pなし

【一代】
福岡市城南区松山2-5-10
ラーメン440円
11:00~20:00・水曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン20 ●チャンポン4●中華麺4●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 18:51 | Comments [0]

2016年02月03日 水曜日

●【中華麺】新高揚@東京都新宿区

ドタバタの東京一泊二日出張。午後2時過ぎにJR新宿駅西口で現地スタッフと合流し、取り急ぎやるべき仕事を指示し、仕事の備品を買い出しにヨドバシ新宿西口本店へ。そのついでにサクッと昼麺啜りに、ヨドバシ新宿西口総合館隣のビルの地階で営業する「新高揚」へピットイン。

かの名店「高揚」@佐賀県神埼町の修業先?もしくは修業先の関係店??長年気になりつつけていた新高揚。地階への階段を降り店内へ入れば、既にアイドルタイムゆえ先客ひとり。テーブル席に座りメニューを見ると、メニュー筆頭に「ぱいくーめん」。そして高揚@佐賀県神埼町の名物メニューも「パイクウメン」。て事は、やっぱり関係店なのだろうか??

ほどなく運ばれてきたぱいくーめんは、どエラク大振りのドンブリになみなみと注がれた醤油ラーメンの上に豚ロースの唐揚げ。先ずはスープとひと啜りすれば鶏ガラらしきダシのうま味と醤油ダレのハーモニーがナンともド直球な中華そば。

合わさる麺は「コシだけでなく、柔らかさの中にある舌触りと噛み応えをご堪能ください」という自慢の扁平中太麺。確かにテロンッと滑らかな啜り心地とプニュっと柔ゴシが楽し旨し。揚げたて熱々カリカリ&モチモチの豚ロース唐揚げとの食感コラボがおご馳走。

食べ進むうちに豚唐揚げの油がスープに馴染み、味わいの印象は「極上チキンラーメン」。どこか懐かしくてナゼかほっこり癒やされる一杯に元気をもらい、仕事に戻る。

ドタバタと午後11時半過ぎ。ようやく無事に仕事を終え、今日の宿のある蒲田へと移動前に「すごい!煮干しラーメン凪」の渋谷東口店で遅い晩麺。時既に24時前だというのに店内は満席&次から次へと新たに来店。なのに店員は、たったの一人でてんてこ舞い。で、我がオーダーの麺が待てど暮らせど運ばれてこない…。ヘタすりゃ終電に乗り遅れる=高額払ってタクシーか??ハラハラドキドキしつつ、大都会東京の人気ラーメン店の実情に驚き桃の木山椒の木。

【新高揚】
ぱいくーめん1180円
東京都新宿区西新宿1-16-13 桑原ビル B1F
11:00~23:00・無休 Pなし

すごい!煮干しラーメン凪】渋谷東口店
特製すごい煮干しラーメン1080円
東京都渋谷区渋谷3-7-2 第3矢木ビル 1F
11:00~25:00(日祝~22:00) Pなそ

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン18 ●チャンポン4●中華麺4●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 14:51 | Comments [0]

2016年02月02日 火曜日

●【中華麺】長浜百味@博多区博多駅前

2年間にオープンして以来、ずっと気になっていた「長浜百味」に、ようやっと訪ねる。夜7時過ぎの店内は、ナゼか若きカップル客ばかりが4~5組。しかもいずれも、豆もやしを茹でたもの?と豚のスペアリブを茹でたもの(ドエラク旨そうっ!)?と、店の看板メニューであろう「四川旨辛牛肉麺」を食べている。カップル同士のやりとりは、おそらく中国語。て事は、中国から来た留学生に人気の店なのだろうか??

注文を取りに来た店員に我が目当てである「四川旨辛牛肉麺」をたのむと、辛味の好みを問われる。「いやぁ、普通で。店のオススメの食べ方で」とお願いすると、意味不明な&不気味な笑顔……。

待つことしばし、運ばれてきたドンブリは、イイ感じに透明感を残す醤油色のスープにドバッと盛られた牛すじらいき角切り肉=どこか北九州市小倉南区名物のどぎどぎうどんチック。

はならばスープからと一啜りすれば、口当たりは熱々あっさりながらも、ふわりと広がる牛骨由来というダシのうま味あま味!と喜んでいると、徐々にだが、確実にビリビリと顔を出す爽快な辛味と風味がとどまることを知らない、ダイナミック美味。なるほど店員の謎の笑顔の真髄は、この半端ナイ辛味にありっ。

合わさる麺は細うどん的見た目の偏平麺。スルルと軽い啜り心地が、むにゅんっと躍るコシがスープとの相性抜群。そしてモッチリ柔らかく煮込まれた牛スジらしき肉の旨味と、シャキシャキの青菜の旨味。えぇ?こんなに旨いのならば、もっともっと早くに啜るべきだったなぁ…。ウレシイ後悔を楽しみつつ、次回は太もやし、スペアリブ経由に紹興酒も楽しみつつ、〆に麺っ!

【長浜百味】
四川旨辛牛肉麺790円
福岡市博多区博多駅前4-24-1
11:00~27:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン16 ●チャンポン4●中華麺4●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 19:01 | Comments [0]

2016年02月01日 月曜日

●【ラーメン】桜蔵@博多区住吉

2ヶ月ぶりに啜る冨ちゃんは、おやおや移転当時さながらの、ドカンッと濃いめのメガトンパンチ味。なので、まとった茹で湯でスープの味わいが薄まる替え玉時が、ロートル麺喰いオヤヂにとってはベストな味わい。チャーシューも随分と厚切りだし、いやはやワイルドだろ~?!

そして3年半ぶりに啜る「桜蔵」は、以前にも増してあっさり瑞々しい口当たり。なのだが、一足遅れて顔を出す豚骨ダシのうま味がハンパないっ。まさにダシの風味が味の要。同じ「豚骨ラーメン」とくくるのに無理があるくらいに店毎に、そして同じ店でもその日毎に異なる味わいの奥 深さこそ、豚骨ラーメンの魅力。

【冨ちゃん】
ラーメン600円
福岡市早良区飯倉4-1-38
11:30~21:00・火曜休み Pあり ※要確認

桜蔵
ラーメン500円
福岡市博多区住吉4-2-15

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン16 ●チャンポン4●中華麺3●うどん6●そば2●その他2
◎1月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:28 | Comments [0]