2016年03月28日 月曜日

●【ラーメン】麺のようじ@大阪府大阪市

堺筋から2本東の松屋町筋沿いに「ラーメン つけ麺」のドデカい幟。無添加のスープがウリの「麺のようじ」だけに、如何にもコダワリを演出するような燻し銀な店構えを予想していたが、店頭ガラスには取材された雑誌の記事が貼ってあったりと、目一杯、庶民的。

もともとは京都の人気ラ店「拳ラーメン」出身で、数年前にここ大阪市に「大阪拳」の屋号で進出し、一昨年に屋号を「麺のようじ」に改名。

入口左手に食券販売機。全部読むのが面倒なほどに、いろんな創作麺が目白押し。ニボラーな我とすると「煮干しカレー」が気になるが、店頭立て看板の「店主オススメ」のキャッチコピーを信じて「蔵出し生醤油らーめtyん」のボタンを押す。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、チャーシューに煮玉子、海苔、シナチク、タマネギ、ネギ、紫タマネギに、ふんわりと盛られたカツオ節的見た目のものは、ナンと鶏節なのだとか?!ソリャもうハンパなく盛られたアレコレの具や薬味が、如何にもサービス精神旺盛な大阪的ラーメンである。

先ずはスープとレンゲでひと啜れば、キュイッと軽やかな酸味さえ感じるほどに密なる醤油ダレ×鶏ガラ由来らしきダシの風味のすぐその後を、スタートダッシュで追ってくる洋風なこの風味は、バター??ナニせバカ舌ゆえ真相は闇の中だが、啜った人の脳裏に克明に描かれるであろうナンとも個性的な後味こそ、この店の味力なり。

合わさる麺は幅1センチ×厚み1ミリほどの偏平麺。ツルツルと口に収まる触感がオモロイオモロイ。加えてシナチクが麺と見紛うほどに幅細長めで、麺と共に口に収まるも麺と極端に異なる食感コントラストが、コレまたお見事。

加えてコレでもかと盛られた具同士の味わい化学反応がプログレッシブ・ロックな魔界降臨。超足し算な味わいカオスな一杯に、超ロートル&保守的麺喰いオヤヂは、もうクラクラと感服しきり。

長男の頼んだ「ドロ鶏白湯つけ麺」は
石鍋の中でグツグツと煮えたぎる漬け汁に、この店の真髄を思い知る。

夜は、これから4年間住むであろう長男新居近くのホルモン焼き屋。
コリコリや上ミノなどホルモン4種の盛り合わせが400円!
かつ、どエラク旨い旨いっ。

さすが大阪南部はホルモン天国、
味&価格ともに最上級のレベルの高さに
改めて、やっ好ッキャネン大阪!!

 

麺のようじ
蔵出し生醤油らーめん850円
大阪府大阪市中央区高津2-1-2 大越ビル 1F
11:30~14:30&18:00~22:00・木曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン46●チャンポン8●中華麺11●うどん9●そば4●その他4
◎3月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 2016年03月28日 21:26
コメント
コメントしてください




保存しますか?