HENO HENO: 2016年04月 アーカイブ

2016年04月29日 金曜日

●【ラーメン】峰来軒@直方市感田

『軒』を訪ねて 第84回

どこぞのブログでその存在を知り、ずっと気になっていた宿題の軒、「峰来軒」。住所を頼りに訪ねると、目一杯住宅街の一画にイイ感じに草臥れた赤い看板。

午後2時前、暖簾を潜ると店内には全く人気なし。「すんませ~ん、いいですかぁ~?」と声をかけると、店の奥から主人が顔を出し「どうぞどうぞ、どこでも座ってくださいね」。

同行スタッフと2斑に別れて二つのテーブル席に付き、壁に掲げられたメニューの板札をながめると、最上段はチャンポン、うどん、ラーメン、さらううどん、焼きそば、焼きビーフンなど麺料理がずらり。そして二段目は唐揚げや八宝菜などの一品料理と焼きめし、オムライス、かつ丼などのご飯類に、三段目は定食類と、いわゆる町の中華定食屋的ラインナップ。チャンポンとしばし迷って、お父さんと代わって奥から出てきた娘さんらしき女性に「チャーシューメン」を大盛りで頼む。

待つことしばし、運ばれてきたチャーシューメンは想定外の豚バラ肉厚切りロールチャーシューがゴロゴロ5枚に、胡麻も白と黒が混ぜてあったり、最初から振られて出てくる白胡椒も敢えて白レンゲにのせて出てくるし、随分と今風な演出がそこかしこ。

先ずはスープをレンゲでひと啜りすれば、とろんと広がる脂の甘みとすぐその後を追ってくるダシのうま味。そして麺も随分と大盛りで、シマッタ大盛りなんか頼むんじゃ無かったぁと後悔するほどサービス満点。さらに見た目同様食味充分のチャーシューと、少量ながら炒めたキャベツも添えてあり、イマドキ元気なパンチある味わいが頼もしい。

カッキーン、カッキーン。

クローズされた奥の厨房から漏れ聞こえる硬質なものを打ち砕くようなこの音は、豚骨をハンマーで叩き割る音なのか?長年繰り返してきた調理を着実に&確実にこなしている感アリアリのイニシエ店の元気な一杯に、ビックリ&ほっこり。

【峰来軒】
チャーシューメン大600円
福岡県直方市感田2122-6
Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン66●チャンポン8●中華麺12●うどん14●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離32km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:57 | Comments [0]

2016年04月27日 水曜日

●【ラーメン】らーめん神@早良区有田

大体ならば得意じゃないタイプ。
なのだが旨いっ、やっぱ好きです「神」の豚骨っ。

「豚珍館」出身の若き店主が4年前に独立開業した、らーめん神。マットな茶褐色のスープは見た目通り、豚骨ダシのコクがハンパない濃い味タイプで、我が好みからは外れるはずが、イヤハヤこれがナンとも旨いっ。恐らくドエラク丁寧に余分な脂やアクを取り除きつつ、豚骨をグリグリと撹拌しつつ取られた結果なのか?嫌味が微塵もないコクと、すぐその後を追ってくる自然なあま味。

そして麺がコレまた旨い。細めの中麺は、殻の斑点が見て取れる全粒粉製。イイ感じにガサゴソ感を残す啜り心地と、嚙んだときのガサゴソ感と、噛み込むほどに広がる豊かな風味。コックリ旨いスープに対等に渡り合う、存在感あるその味わいが心強い。

もっちり旨いチャーシューに茹で卵までのっておご馳走感もしっかりあって、価格はウレシイ550円。その味力に改めて心底惚れ直しつつ、ウシウシ完食。

【らーめん神】
ラーメン550円+替え玉100円
福岡市早良区有田5-1-17
11:30~15:00&18:00~22:00(日祝は21:00まで)・月曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン65●チャンポン8●中華麺12●うどん14●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離32km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:42 | Comments [0]

2016年04月26日 火曜日

●【うどん】福岡麺通団@中央区渡辺通

ソレゾレにソレゾレの支援。うどんの売上げ全額を熊本・大分地震の義援金として被災地へ送るという「第17回薬院1丁目うどん祭り」。我がツボなラーメン店「麺道はなもこし」もうどんを出品するというし、ナニより大好きなうどんで被災地復興を応援できるのならばと、仕事の合間を縫って訪ねるも、想像以上の大盛況ぶり。コレじゃ午後の仕事に遅れてしまうと直接支援は諦めて、このイベントにも出店していて、しかも至近距離のうどん店「福岡麺通団」を後方支援することに。

春限定の「桜海老かき揚げ」は桜海老のサクサクもさることながら、新ものらしい玉ねぎのシャクリと瑞々しいあま味がタマラン我がツボ。アッツ熱のスメにつけて食感&味わいの変化も存分に楽しみつつ、ぶりんぶりんのうどんをカッ喰らうシアワセ。

【福岡麺通団】
桜海老かき揚げ小480円

※5月1日(日)に開店10周年記念でうどん全品100円均一販売

福岡市中央区渡辺通4-11-3
11:00~24:00(日祝~23:00)・年中無休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン64●チャンポン8●中華麺12●うどん14●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離32km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:23 | Comments [0]

2016年04月25日 月曜日

●【ラーメン】関東軒@佐賀県唐津市

唐津市のラーメン名店の一軒「関東軒」。看板メニューは醤油ラーメンの「支那そば」だが、むくむくと浮気心がわき超久しぶりにメニュー筆頭の「ラーメン」を啜る。

おや?こんなに白濁してたかなぁ??

「ラーメン」は白濁スープの豚骨ラーメンなのだが、以前啜ったときはもっと透明感が強かった記憶があるが…。どらどらとレンゲでひと啜りすれば、豚骨ダシの淡い風味の輪郭をキュイッとタレが描き出す。

合わさる麺は平打ち縮れ。しゅるるんっ啜り心地と、プニッとコシが躍る唄う。そしてシッカリ旨いチャーシューとシナチクが如何にも関東軒。

2011年に一旦閉店するも翌年8月に再開した関東軒。しっかりと往時の味わいをバージョンアップしつつ営業中。ならば次回は看板メニューの「支那そば」か?それとも再開を期に新発売された「味噌らーめん」?!

追記

いみじくも本日、関東軒と双璧の唐津市のラーメン名店「一竜軒」が1~2ヶ月休業されるとのお知らせが。関東軒へ行く道すがら、いつもどおり店頭駐車場満車で営業されている様子を確かめたばかりだったのだが…。また元気に営業再開される日を楽しみに待つのみか。

【関東軒】
ラーメン並570円
佐賀県唐津市和多田本村2-1
11:00~15:00&18:00~21:00・火曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン64●チャンポン8●中華麺12●うどん13●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離32km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:46 | Comments [0]

2016年04月24日 日曜日

●【ラーメン】麺屋台 粋@春日市春日原北町

我が座ったカウンター席にはズラリ焼酎五合瓶。そして奥の座卓席からはイイ感じに酔っ払った客の歓談の声。いやぁイイねぇ楽しいねぇ、休日午後のラーメン屋酒。

我が頼んだ「とんこつ(あっさり)」は、スキッとクリアな豚骨ダシが、どことなくすぐ近所の「天広軒」チック。コリッと小麦感ある細麺も然りだが、厚切り東坡肉チックなチャーシューが個性を主張。うぬぅならば、次回は「こくまろ(マー油入り)」。

【麺屋台 粋】
とんこつ(あっさり)550円
春日市春日原北町3-21大場ビル1F
11:00~15:00&18:00~27:00(日曜〜24:00)Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン63●チャンポン8●中華麺12●うどん13●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離32km / 通年32km◎

Posted by heno at 22:37 | Comments [0]

2016年04月23日 土曜日

●【うどん】博多讃岐うどん@中央区渡辺通

全メニュー制覇なんて、やっぱり無理だ。やっぱコレコレ、ゴボ天だっ!

久しぶりに訪ねた「博多讃岐うどん」の渡辺通店。我がツボな店なので、全メニュー食べてみたいとアレコレ5品ほど啜ってくるも、なにせ久しぶり。なので目一杯この店の旨いうどんを堪能したいと、大好物のゴボ天。

グインとダシの効いたスメに、麺線バラバラの暴れん坊ムリンっムリンつ太うどんに、ジャキジャキのゴボ天。いやぁ旨い、ナンとも旨いっとウハウハ完食。

【博多讃岐うどん】渡辺通店
ごぼう天うどん450円
福岡市中央区渡辺通5-13-3
10:30~20:00・不定休 Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン62●チャンポン8●中華麺12●うどん13●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離32km / 通年32km◎

Posted by heno at 22:21 | Comments [0]

2016年04月22日 金曜日

●【ラーメン】長浜ラーメンじろう。@早良区西新

ソレゾレにソレゾレの支援。「高福」@早良区西新で今週いっぱい、熊本県人吉市産の米焼酎を一杯飲む度50円献金する熊本大分地震に援助基金。そりゃ飲まにゃ、そりゃ喰わにゃと旨し酒旨し料理を大開放暴飲暴食。

そんで普通なら真っ直ぐに直帰、のハズが〆「じろう。」。絶品焼き餃子&ハイボール経由のシュルル甘豚骨。キビキビと、かつ客に対する心遣いがハンパないネパール人新人の働きぶりにも感動しきりにで、あぁあシアワセっ。

【長浜ラーメンじろう。】
ラーメン500円+シナチク
福岡市早良区西新5-4-1
12:00~15:00&18:00~27:00(日曜12:00~24:00)

Posted by heno at 22:25 | Comments [0]

2016年04月21日 木曜日

●【ラーメン】MEN LABO@中央区今泉

コイツは春から縁起がイイやぁ。昨年本店で啜った「はまぐりとアスパラの潮ラーメン」が「蛤と春野菜のあごだし塩ラー麺」としてンニュー美味美味っ。

なんてったってスープが旨いっ。ハマグリ由来?ある意味上出来魚介プラスな蕎麦スメ的うま味が、ソリャもうハンパないっ。淡麗なのだがエラク濃密なる滋味。加えて昨年は無かったレモンの柑橘酸味が、その滋味の輪郭を克明に描き出す様に、もうクラクラ。

そして中太縮れ麺。ビチビチ、シュルルゥ、と踊り唄い口へとおさまり、むにんっぷりんっ、コシコシと茶褐色の斑点が見て取れる通りに狂おしいほどに小麦風味豊か。

そいでもって、半生ぷりりんっなハマグリが3個ものって、パリっ甘っなアスパラも小気味よくて、かつ小皿でジェノベーゼ薬味も供されて、価格はたったの600円?!いやはや有り難やぁ、こりゃ心底感激モノだとウシウシニヤニヤズルルと完食。

IMG_2971

「焼加工鰹節」の文字に惹かれるも、思いの外ミルキー。

 

【MEN LABO】昼のみ間借り営業
蛤と春野菜のあごだし塩ラー麺600円 ※5月10日まで期間限定
福岡市中央区今泉1-20-21 牛たん料理 蕃
11:30~・火曜休み+不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン61●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離32km / 通年32km◎

Posted by heno at 21:36 | Comments [0]

2016年04月20日 水曜日

●【うどん】おやまうどん@東区和白

らうちた」のリポで惹かれた「おやまうどん」の「地鶏うどん」は期待以上のウルトラ我がツボっ。

大振りの地鶏炭火焼きと煮ゴボウが、こんもりと盛られた姿がナンとも男前だなぁと惚れ惚れしつつスメを啜れば、こきんっときいたイリコらしきダシの旨味っ。卓上のメニューには「うどんだしは(いりこ、あじこ、けずり)を使った昔ながらの味です」と記してあるが、ナルホド確かに郷愁をさそう昔味に我がうどん心は一口惚れ。加えて地鶏とゴボウの風味がイイ感じに映り、ソリャもう旨いのナンのっ。

合わさるうどんは細めの中麺。茹で置きながらもプリンッと愛らしいコシが楽しい。が、ナニせコレだけスメが旨いのだ。そして地鶏もキニキニ、ゴボウもゴリゴリと、旨さに拍車をかけてくる。なので、うどんもそれらの旨さに負けないように、もっともっと太めのうどんで食べてみたいっ。

いやしかし、こんなに旨かったっけ?おやまうどん。コリャちょくちょく再訪し、アレコレと他のメニューも啜ってみたひっ。

【おやまうどん】和白店
福岡市東区和白1480-3
10:00〜2200・無休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン60●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離32km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:59 | Comments [0]

2016年04月19日 火曜日

●【ラーメン】麺屋はし本@早良区室見

早良区室見のパチンコ店「玉屋」の1階。かつて「一本座」が営業していた店舗スペースに先日オープンした「麺屋はし本」は、博多一幸舎出身の方が店主とのこと。開店祝いの花輪を眺めつつ暖簾を潜った途端、「いらっしゃいませぇ~!」と元気一杯の声に迎えられる。ナルホドこの気合いの入り方は正に一幸舎魂。

入口右手の食券販売機にはラーメンが具のバリエーションで4~5種に、替え玉、ごはんに飲み物と至って潔い。初ラ店は基本メニューと「ラーメン650円」のボタンを押す。

ほどなく運ばれてきたラーメンは中央に盛られた多めの葱が印象的。先ずはスープとレンゲでひと啜りすれば、円やかに広がるダシのうま味あま味。豚骨臭はほとんど皆無&思いのほか脂分も控えで嫌味は一切なし、素直に広がるダシの旨さがカナリ我がツボ。

合わさる麺は中細ストレート。イイ感じにガサゴソ感ある啜り心地とニチンっと軽く粘るコシと、チャーシューもイイ感じに固めで食べ応えがあり、結果、素直美味スープに個性をプラスし印象深い一杯に。こりゃ旨いやと一気完食し替え玉!とコールしたい気持を、懸命になだめすかして店を出る。

麺屋はし本
ラーメン650円
福岡市早良区室見5-1-24 玉屋室見店1階
11:00〜23:00・毎月1日・11日・21日が休み Pあり(玉屋駐車場利用可)※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン60●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離28km / 通年28km◎

Posted by heno at 12:27 | Comments [0]

2016年04月18日 月曜日

●【麺】フォーデイズ@北九州市小倉北区

JR西小倉駅前に昨年オープンした「フォーデイズ」。北九州市では珍しいベトナム料理のフォー専門店である。

入口左手の食券販売機には、鶏ガラスープのフォーが具のバリエーションで4種に、牛骨辛味スープの「牛すじフォー」と、細めのベトナムビーフンを使った「ブンボーフェ」と、焼きそば仕立ての「ベトフォー炒め」。初麺店は基本メニューと、鶏肉のフォーのボタンを押す。

ほどなく出来上がったフォーは大振りのドンブリ。福岡市で食べるフォーは小振りのドンブリでオサレに供される店が多いが、さすが北九州市!サービス満点なポーションに、まずウットリ。

別皿で供されたパクチーとライムを添えて、先ずはスープとレンゲで啜れば熱々の口当たりと共に豊かに広がる鶏ガラだしのあま味とライムの酸味。

ならば麺はと米粉の平打ち麺であるフォーを啜れば、独特のスルスル触感&プニプニ食感が楽し旨し。鶏肉の下には太もやしとタマネギのスライスが忍ばせてあって、フォート共に頬張ればパリ、シャクと食感&味わいのハーモニー。

そしてベトナム料理に欠かせないパクチーのクセある風味が加わり、もう病みつき。さすが今や幻の塩ラーメン名店「かつらや」@久留米市の元店主が作るだけのことはある!あぁ旨いなタマランなぁと一気完食。

フォーデイズ
鶏肉のフォー600円
北九州市小倉北区室町2-11-8
11:00~18:00・水曜休み Pなし ※要確認

ラーメン59●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他9
◎4月の総ジョ グ距離4km / 通年26km◎

Posted by heno at 12:38 | Comments [0]

2016年04月17日 日曜日

●【ラーメン】天広軒@春日市原北町

かれこれ14年ぶりか?春日市春日原の老舗ラーメン店「天広軒」。

店舗がある雑居ビル一階の通路に入るや否や漂う豚骨臭。ウキウキ気分で暖簾を潜れば「いらっしゃいませぇ!」。お母さんの元気な声もおご馳走。

ほどなく差し出された一杯は、相変わらずイイ感じに透明感を残す豚骨スープ。ひとくち啜ればキュイッと微かな酸味さえ感じるタレの風味と豚骨ダシの豊かなうま味。同じく透明豚骨スープである「来々軒」@宮若市に相通ずるイニシエ美味なる味わいに、思わずムフフと頬が緩む。合わさる麺のポクポク、ニチッとなコシもレトロ気分。キシキシ旨いチャーシューを噛みしめつつ、ズズッと啜る昭和な一杯にほっこり。

IMG_2940

すべては春ならではの新玉葱を旨く食べるために。

二男坊ラーメンの実家「肉のうめぜん」で買った
薄切り地鶏焼きとともに頬張り、
「超王録 中取り」で流せば、あぁタマラン旨ひっ。
季節の旬を日本酒と楽しむ。

日本人に生まれたシアワセを実感しきりで、杯がすすむすすむ。

【天広軒】
ラーメン480円
春日市春日原北町3-58-1春日テルミナ1階
11:30~21:00・火曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン59●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他8
◎4月の総ジョ グ距離4km / 通年26km◎

Posted by heno at 20:46 | Comments [2]

●大地のうどんで熊本地震チャリティーうどん

明日4月18日月曜日、大地のうどん全店(本店、博多、筑紫野、高田馬場)で、5年前の震災の時と同じく、うどんチャリティーが行なわれます。「義援金セット」500円のみの営業で売り上げは全額、福岡市役所を通して被災者に配られるとの事です。

本店:福岡県福岡市西区上山門2丁目1-18

博多ちかてん:福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1朝日ビル地下2階

筑紫野店: 福岡県筑紫野市塔原西1丁目3-5
東京馬場店:新宿区高田馬場3-22-14 アビテヒデミ101

Posted by heno at 20:01 | Comments [0]

2016年04月16日 土曜日

●【つけ麺】久屋@南区大橋

熊本が大変だ。好きな麺屋も多々ある地区だけに、哀しみや心配がひとしお。何か力になれればと切に思う。余震もおさまらぬ今、せめて出来ることは義援金を送ることしか思い付かない。被災された皆さま、心からお見舞い申し上げます。どうぞ絶望することなく、元気を出して生きましょう。

フレンチドレッシング和えの新玉葱に卵黄添えたり、
花椒がきいた醤油ダレに漬け込んだ湯引き砂ずりなど、
相も変わらずセンス抜群の美味アテが
タマラン我がツボな「久屋」でラーメン屋酒。

〆に啜った「醤油つけ麺」は、
つけ麺自体の抜群なる旨さもさることながら、
〆のスープ割りがソリャもう絶品。
鶏ガラだしが効きマクリで
あぁこのスープで水炊き作って喰らいたひっ。

ラーメン居酒屋【久屋】
醤油つけ麺750円
福岡市南区大橋1-19-18ロワールマンションⅠ1階
11:30~14:00&18:00~25:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン58●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他8
◎4月の総ジョ グ距離4km / 通年26km◎

Posted by heno at 19:41 | Comments [0]

2016年04月15日 金曜日

●【ラーメン】一竜軒@佐賀県唐津市

白テーブルに深紅の器と紅ショウガこそ、旨さの日の丸。「一竜軒」の今日の一杯は、ことさら格別。骨の髄まで旨さを出し切ったコクありスープに正に昇天。ぽっくり麺をズビズバ啜り、こりゃタマラン、タマランしあわせ。あぁだから、麺食べ歩きはヤメラレナイっ。

【一竜軒】
ラーメン550円
佐賀県唐津市菜畑4070-2
11:30~15:00・日曜&第2&第4水曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン58●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他7
◎4月の総ジョ グ距離4km / 通年26km◎

Posted by heno at 23:48 | Comments [0]

2016年04月14日 木曜日

●【ラーメン】ろくでなし@福津市中央

昨日の「游」同様に四季毎に限定麺を販売する「ろくでなし」の、今年の春は「塩」。イイ感じに透明感を残すスープは鶏ガラだしの旨味は十二分なれど白湯的あま味は最小限。結果、至って軽くキレが良い食味が、正に春味。

合わさる麺もカナリ太めの中太麺が硬揚げで、スープとの絡みもソコソコな軽さと、麺自体のモッチリごしのコントラストが芽吹きの春。そして更にホロホロに叩かれたシナチクのシャクシャクと軽い食味。コレでホロ苦菜の花や桜の塩漬けなぞ添えられでもしたら昇天必至の、春爛漫。

ろくでなし
塩680円 ※期間限定
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み) Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン57●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他7
◎4月の総ジョ グ距離4km / 通年26km◎

Posted by heno at 12:03 | Comments [0]

2016年04月13日 水曜日

●【つけ麺】中華そば かなで@博多区東比恵

「中華そば かなで」でイレギュラー販売されている「鶏白湯つけ麺~貝出汁仕上げ~」。平打ち麺をつけスープへザブンッと潜らせズルルと啜れば、瞬間広がる鶏ガラ由来らしき柔らかなあま味のすぐその後を追ってくる、キュインッと濃密なる貝出汁のうま味。

アサリを酒で煮出したのだろうか?微かな酸味さえ感じるほどにギュンギュンなうま味が、鶏ガラの柔らか味わいの輪郭を克明に描き出す、コレまで食べた鶏白湯とは明らかに一線を画する初体験の旨さ。

具は低温調理のモッチリチャーシュー、プリプリのアサリ、ポリポリのシナチクに、風味が抜群の海苔。平打ち扁平麺とアレコレ合わせて頬張れば、それぞれに広がる豊かな味わいバリエーションが満足感高し。

ああ旨かったと、卓上に置かれたポットからつけスープへ温割りスープを注ぎ啜れば、温められたことで再び豊かに薫り立つ鶏ガラだしのアノ風味と、ペタペタと口にまとうコラーゲン感。コレだけうま味が残っているのだ、麺を一筋残しておいて、ここへ入れてラーメンとして啜ってもカナリ旨かっただろうなぁ。

コレだけ旨くて、量的にも十二分に食べ応えがあって、しかもイレギュラー販売で経費や手間が余計にかかりそうなのに、価格はウレシイ730円。コリャ是非ともチャンスを狙って再食したひっ。

中華そば かなで
鶏白湯つけ麺〜貝出汁仕立〜730円 ※facebookいいね&期日&時間限定販売
福岡市博多区東比恵2-8-23
11:00~22:30・火曜日休み Pあり(店の真ん前の2番&3番のみ) ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン56●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他7
◎4月の総ジョ グ距離10km / 通年22km◎

Posted by heno at 15:09 | Comments [0]

2016年04月12日 火曜日

●【つけ麺】游@城南区荒江

四季毎に期間限定麺を発売する「ラーメン屋 游」の春の新作は「グリーンカレーつけ麺」。薄緑のつけスープは目一杯スパイシーで、本格美味なるピリ辛甘さがコップンカー。甘みの元はココナッツミルクと豚骨スープなのだとか。

コレだけスパイシーなのに、コレだけ円やかにまとめる、游の豚骨スープの味力を思い知る。オッシャならば、次回は店のフラッグシップ麺でもある豚骨ラーメンをば啜りたひっ。

ラーメン屋 游
グリーンカレーつけ麺850円 ※期間限定
福岡市城南区荒江1-23-27

11:30~15:00&17:30~23:00・木曜日休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ) ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン56●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他6
◎4月の総ジョ グ距離6km / 通年12km◎

Posted by heno at 18:33 | Comments [0]

2016年04月11日 月曜日

●【ラーメン】支那そば やっちゃんち@中央区清川

うははぁ大正解っ!やっぱ旨いわ、たまらん旨いっ。

先週木曜に啜った「支那そば醤油」があまりにも絶品で、たまらず一週間空けずに再訪し「支那そば塩」。芳醇なるダシの効いた滋味スープは、醤油よりよりダシの旨味がストレートに、かつそれぞれの旨味が渾然一体となってナンとも円やかに味わえる。そして平打ち縮れ麺の絶妙なる柔揚げ具合。豊かにスープを絡め取りつつ口へと収まるビチビチ感に、もっちり、もちもち躍る悦楽ゴシ。

いやはや参った、タマラン我がツボっ。2016年はまだ3ヶ月しか経ってないが、きっと、いや間違いなくこれ以上の塩ラーメンに出会うことは無いであろう絶品一杯。で、早々だが「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2016年・麺大賞」塩ラーメン of the yearはこの一杯で決まりっ。

支那そば やっちゃんち
支那そば塩600円
福岡市中央区清川3-12-1
7:00~15:30(木曜11:00~15:00)・水曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン56●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他5
◎4月の総ジョ グ距離6km / 通年12km◎

Posted by heno at 13:41 | Comments [2]

2016年04月10日 日曜日

●【ラーメン】麺屋サキマサ@熊本県熊本市

博多鶏ソバ華味鳥」に「東風金菜亭」の「はかたとりめん」に、昨日の「ろくでなし宮若店」の「鶏中華そば」と、最近「鶏」を唄うラーメンがブーム?の福岡だが、熊本のつけ麺の名店「麺屋サキマサ」でも最近「鶏だしラーメン」なるラーメンが発売。

てっきり大振りなドンブリにダイナミックに盛られてくるだろうと思いきや、小振りで丸みを帯びたイマドキなドンブリに、鶏つくね、ホウレン草や鳴門などの具が端正に盛りつけられたオサレ仕様。

先ずはスープとひと啜りすれば、トロンッと広がる鶏ガラだしに加え、この芳ばしいうま味は焼きエビだろうか??ビスクのような鶏だしポタージュのような、どこか洋風なうま味あま味が独特美味っ。

麺は中太縮れ麺。トロトロのスープを密に絡め取りつつ口へと収まる様がオモロ美味。そしてホウレン草とトロトロスープの相性の良さに、ふと家系ラーメンを思い出すし、具の鶏つくねもナンコツが入っているのか?コリッと食感も混じりつつ、大葉らしき爽やか風味も加わりつつと、コレまた力作。

今のところ期間限定のテスト販売で、グランドメニュー化も考えてはいるが、ナニせメイン商品のつけ麺が極太麺。茹で上がるのに時間がかかるため、繁忙時間帯のオペレーション含めて判断したいとのこと。福岡から熊本に移転オープンして早半年、新たなメニュー作りに取り組む若き店主の笑顔に元気をもらい店を出る。

麺屋サキマサ
鶏だしラーメン630円 ※期間限定?
熊本県熊本市南区田迎6-2-20
11:00~15:00&18:00~21:00・水曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン55●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他5
◎4月の総ジョ グ距離6km / 通年12km◎

Posted by heno at 12:12 | Comments [0]

2016年04月09日 土曜日

●【ラーメン】ろくでなし@宮若市山口

ググッと我がツボなラ店「ろくでなし」の宮若店で「鶏中華そば」が新発売。こりゃ是非とも啜りたひっと車で向かうと、店内に流れるBGMはR.ストーンズの「ギミーシェルター」。そしてここへ向かう車中で聞いていたのが、同じくR.ストーンズの「ダイスをころがせ」。単なる偶然とは分かっちゃいるが、好きなラ店とのシンクロニシティを感じ、もうそれだけでシアワセ気分。

待つことしばし、供された一杯は想定外のガツンと個性派。啜った途端、カキンッと顔出す鶏油由来らしきクセある風味が自己主張しマクリで、その男前ぶりに思わず惚れてまうやろっ。すぐその後を追ってくる鶏ガラならではの密なる甘みとのコントラストが味わいに奥行きを演出。ドコでもアリそで、その実なかなかお目にかかれないその味わいにメロメロ。

合わさる麺は中細縮れ。しゅるるぅと踊りつつ口へと収まり、ほっくりと解ける軽い食味で個性派スープを懐深く受け入れるさまがお見事癒やし系。なのだが、チャーシュー代わりは肉厚鶏モモ肉とパンチ力ありと、食べ進む毎に姿を現す両極揺り戻し食味が、あなオモロイ旨いでないのぉ。

ろくでなし】若宮店
鶏中華そば600円
福岡県宮若市山口 2533-1 若宮たまごの里内
11:00〜21:00・月曜休み(祝日の場合は翌火曜) Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン54●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他5
◎4月の総ジョ グ距離6km / 通年12km◎

Posted by heno at 12:16 | Comments [0]

2016年04月08日 金曜日

●【うどん】めい泉@西区周船寺

最近話題の「グルテンフリーダイエット」。日経ヘルスによると、グルテンとは、小麦に含まれる「グリアジン」と「グルテニン」という2種類のタンパク質を水でこねることにより形成され、うどんやパンのモッチリ感の源となるタンパク質。このグルテンを含む食事を取らない健康法がグルテンフリーダイエット。
小腸がグルテンに過敏に反応する「グルテン過敏症」や、グルテンを消化しにくい「グルテン不耐症」の人たちがグルテンをとると、小腸の粘膜に問題が生じ、必要な栄養素が十分に吸収されなかったり、不要な毒素が取り込まれたりする。その結果、便秘や下痢、リウマチ、常に疲れやすい、片頭痛など、さまざまな不調につながるのだとか。
てっきり「ダイエット」=痩身法かと思いきや、この場合のダイエットは「diet」=食事法という英語本来の意味で使われていて、グルテンと小腸の相性の悪い人に限った体長改善健康法のことを指すとのこと。
ただグルテンフリーを実践すると体重が落ちる人も多々いるのだとか。グルテンによって小腸の粘膜が傷むと、絶えず出続ける炎症物質の影響によって脂肪合成が高まり、結果、太りやすく、やせにくい状態になるが、グルテンを含む食事をやめれば改善され、脂肪が蓄積しにくくなるとのこと。

とは言われても、我がうどん好きが止むはずもなく、昼麺は先日オープンした「めい泉」。切り立て&茹で立てのうどんながらも強固なコシではなく、もっちりと解ける様は多加水&長期熟成によりグルテンの形成を制御した=グルテンフリー気味のうどんなのだろうか?カツオなどの節が効いた華やかな味わいのスメと相性抜群の旨さ。

オープン間もなくでランチタイムは、ゴボ天や野菜天、きつねなどの5~6種のかけうどんから1種をチョイス+稲荷2個+サラダのランチセットが700円均一販売。我がチョイスはゴボ天だが、隣席の客がたのんだ海老天セットはエビ2尾に6~7種の野菜天が盛られた超豪華版。とほほぉ、同じ700円なら断然海老天セットが正解か……。壁のメニュー書きにはぶっかけうどんも数種書いてあるし、真性うどん好きの方は、オペレーションが落ち着くまで、もう少し待っての来店をオススメします。

「平日の自宅呑みは止める」を誓い
二夜連続で実践できたご褒美にと、
夜は「やまと」@早良区西新でホルモン焼き。
テッチャン、コリコリ、ハチノス、ハツが計100gの
ホルモンミニセットが500円と
ひとり焼肉飲みに最適。

有線テレビで日ハムvs楽天戦を眺めつつ小一時間ほど飲み食いして
あぁ旨かったと帰路へ付く。つもりが……

我が目の前には擂りゴマ山盛りの豚骨ラーメン……。

心底麺好きな我にとって、グルテンフリーは夢のまた夢。

【めい泉】
ごぼう天盛りランチセット700円
福岡市西区千里418-1 ハローパーク周船寺店内
【しばらく】西新本店
ラーメン ※価格失念
福岡市早良区西新1-11-24
11:00~24:00(木曜は夕方まで)・月曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン53●チャンポン8●中華麺12●うどん12●そば4●その他5
◎4月の総ジョ グ距離6km / 通年12km◎

Posted by heno at 12:12 | Comments [0]

2016年04月07日 木曜日

●【ラーメン】支那そば やっちゃんち@中央区清川

「やっちゃんちのラーメンが、喜多方仕様に変わります。先ずは麺がやっちゃんち特製、多加水太ちぢれ麺に変わり、スープはこれまで以上に旨味を抽出出来る材料を使い、淡麗ながらコクのあるスープを完成させましたぁ~。」と店主ブログ今までのラーメンでも十二分に旨かったのだ。それが更にバージョンアップとくりゃ、こりゃ啜らんわけにゃイカンでしょうっ。

ナルホド、まずスープが旨いっ。軽やかな口当たりとともにふわりと柔らかに広がる鶏ガラだしメインに、魚介に干し椎茸?根菜??ナンとも豊かなダシのうま味あま味。ひたすら実直に&丁寧にダシのうま味を取り切った結果と思われる淡麗&芳醇滋味に、もうウットリ。さらに一杯また一杯、このスープはいつまでも啜っていたひっ。

そして麺がコレまた旨い旨いっ。麺屋慶史へ特注したと言う、多加水の太平打ち縮れ麺は、ビチビチィと躍りつつ口へと収まり、ムッチリと抗い、ある瞬間にぱつんっと解ける複層的食感が、いやぁタノシウマシダイスキっ。以前は炙って出していたチャーシューが炙らずのっているが、コレが大正解。この滋味美味スープとタノウマ麺の味わいをスモーキー風味で邪魔すること無く、むしろもっちり甘みでコクを足しつつ更に旨さを持ち上げている。

パリパリシナチクも外連味一切ナシで旨さバージョンアップに一役買っているし、トドメは大きな麩。スープのうま味をシッカリと吸って、ふにゅぅと口で溶ける様に、もう昇天。

ラーメンはエンターテイメント性が高い食べ物だと思う。ドカ盛り二郎系や、ニボニボの特濃煮干しなど、コレでもかと個性を主張する味わいも確かに楽しい。が、やっちゃんちのラーメンは、ただただ素直に食べ物として美味しい様が、本当に気持ちよい。食べ重ねる度にドンドンとその味力に惚れ込んでしまう。こりゃきっと近々再訪必至で、支那そば塩。

支那そば やっちゃんち
支那そば醤油600円
福岡市中央区清川3-12-1
7:00~15:30(木曜11:00~15:00)・水曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン52●チャンポン8●中華麺12●うどん11●そば4●その他5
◎4月の総ジョ グ距離6km / 通年6km◎

Posted by heno at 12:51 | Comments [0]

2016年04月06日 水曜日

●【東風金菜亭】@博多区上川端町

北から川端通りアーケード商店街に入って間もなくの右手地階。かつて「川端らーめん」だった店舗を大改装し今月1日グランドオープンした「東風金菜亭」。かつて「Anyone」を営んでいたアニーさんが新規に手がける「はかたとりめん」の店である。

ラーメンははかた地どりで取ったスープをベースに、塩ラーメンの「金しお」と「白とり」に醤油ラーメンの「黒わさ」がノーマルと、辛味噌付きで、それぞれ2種類の計4種類。

我がチョイスは「白とり」。軽やかに白濁したスープは見た目通り、軽やかな口当たりとともに豊かに広がる鶏ガラだしの甘みが、ほっこり美味。麺は細めの中細縮れ。コレまたスルルと軽やかな食味で、材料にタピオカとアーモンドの粉末を使っているとのこと。多めに盛られたネギとキャベツがチト水炊き的かと一瞬思うも、具の鶏肉は炭焼きガッシリ食味で、いやいやヤッパリこれは、しっかりラーメン。

アニーさんらしい創意工夫がソコカシコの一杯。ならば次回はワサビの風味を生かした醤油ラーメンという「黒わさ」だ。

東風金菜亭
白とり700円
福岡市博多区上川端町11-1グレイスマンション地下一階
11:30~15:00&18:00~27:00

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン51●チャンポン8●中華麺12●うどん11●そば4●その他5
◎4月の総ジョ グ距離6km / 通年6km◎

Posted by heno at 12:04 | Comments [0]

2016年04月05日 火曜日

●【うどん】肉ちゃんうどん@博多区千代

うどんのはなしを訪ねて ~その十九~

北九州市小倉南区のご当地麺だが、当時はまだ広く知られることの無かった存在だった「どぎどぎうどん」。真っ黒醤油色のスメとサイコロ角切りの牛ホホ肉orスジ肉が特徴のうどんを、福岡市で恐らく最初に紹介した店。2005年に「肉肉うどん」として開業後FC展開し、市内に5~6店舗展開した頃、突如屋号が「肉ちゃんうどん」に。

イロイロと大人の事情で苦労されたのだろう、11年ぶりに訪ねると、うどんの前に小鉢でキャベツのゴマ油和えのサービスがあったり、具にカマボコがプラスされていたりで、サービス&味わいをバージョンアップ。

おろし生姜に鷹の爪をプラスして、つゆだくの真っ黒スメをレンゲで啜り、うどんを啜り、牛ホホ肉を囓る。ガツガツとカッ喰らうこの醍醐味こそ、どぎどぎうどんの味力。

結果、肉ちゃんうどんとしてのFC展開も福岡県の4店舗に加え、熊本や大阪にも1店舗ずつ出店するなど大健闘。きっとこれからは、どぎどぎうどんの旨さを日本全国へと発信されることだろう。

博多本家肉麺屋 肉ちゃんうどん】千代本店
肉うどん670円
福岡市博多区千代5-11-20
10:30~17:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン50●チャンポン8●中華麺12●うどん11●そば4●その他5
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 19:47 | Comments [0]

2016年04月04日 月曜日

●【つけ麺】博多一幸舎慶史@中央区大手門

各月限定で供される「博多一幸舎慶史」のつけ麺だが、今月4月は「鶏つけ麺」。「博多元勲」や「博多元桜」と数々の鶏白湯つけ麺名作を発表してきたラ店の大元締め的存在の店舗だけに自然期待が募る募るっ。

一幸舎プロデュースのつけ麺専門店仕様で、客席それぞれにつけ汁が冷めぬよう電磁調理器ホットプレートが配されている。まず供されるつけ汁は、そのプレートの保温のスイッチをオンしながら、その上に置かれる。見る見る沸々と沸き立つ泡を見ながら待っていると、麺が供される。

我が好みは麺の旨さが遺憾なく楽しめる、あつもり。茹で上げた麺の熱々状態を温つけスープに潜らせズバンっと啜れば、鶏ガラ×魚介ダシのわんだふぉなうま味とともに、むっちり、むりんっと躍る扁平太麺の素直なコシ。

温つけスープの具は鶏もも肉とシナチク。適度なおご馳走感も楽しみつつズルズル啜り、これで800円なら充分に納得価格。〆に卓上に置かれた割りスープを注ぎ入れ、ほっこりと残りスープの残り香を楽しみつつ、お腹一杯シアワセ一杯。

【博多一幸舎慶史】
鶏つけ麺800円 ※月替わり限定麺
福岡市中央区大手門3-7-6 生田ビル1F
11:00~23:00・年末年始以外無休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン50●チャンポン8●中華麺12●うどん10●そば4●その他5
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:09 | Comments [0]

2016年04月03日 日曜日

●【ラーメン】麺屋 若武@博多区祇園町

博多祇園町のキャナルシティから国道3号線へ抜ける道沿い。なれど、いろんなラーメン店が入れ替わり立ち替わり続ける、決して立地的に恵まれているとは思えない場所に先週オープンした「麺屋 若武」。3年半前に「博多一幸舎」から独立し今や昼時は行列必至の超人気店「博多一双」が手がけるセカンドブランドである。

「いらっしゃいませぇ~!!」

腹の底から出た威勢の良い声に迎えられ店内へ。午前11時過ぎ、開店間もない店内は先客なし。3名の店員がチャキチャキとそれぞれの仕事をこなしている。そしてBGMは氣志團のみ。ナルホドだから「リーゼント系ラーメン屋」なのか??

カウンター席に着き出来上がりを待っていると、3名のうち1名が巨大な穴あきお玉のような調理器具で寸胴鍋から豚骨を取りだし、もう一つの寸胴鍋へと移している。その形状から察するに豚の大腿部と臑の結合部分である「げんこつ」か?骨は丁寧に骨を整え別の寸胴へ移し、随や肉片は廃棄する丁寧な仕事ぶりが印象的。

カウンター越しに直接では無く、カウンター端でホール担当の店員が受け取り運んできた丁寧なオペレーションで供された一杯は、正にまっ黒クロスケ。ドンブリも真っ黒だし、スープの真っ黒はニンニクの焦がし油であるマー油。

どらどらとレンゲでひと啜りすれば、ナンとも芳ばしく、甘く、苦く、円やかなるマー油の風味と、そのうま味を底支えする豚骨ダシと脂の甘み。マー油使いの名店である「好来」@熊本県人吉市も真っ青の、オリジナリティ感溢るるマー油は「KIJI」によるとニンニクを6段階に分けじっくりと焦がし作ったもの。そして豚骨スープもマー油が加わることを前提に仕上げたスペシャル仕様。

熊本発の真っ黒マー油を真正面に取り入れつつも己の創意工夫を忘れない、その強かさが心強い。勢いあるラーメン兄弟が手がける新ブランド真っ黒ラーメンにウキウキ完食。

【麺屋 若武】
ラーメン600円
福岡市博多区祇園町3-2
11:00〜24:00 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン50●チャンポン8●中華麺12●うどん10●そば4●その他4
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 12:24 | Comments [0]

2016年04月02日 土曜日

●【うどん】英ちゃんうどん@宗像市徳重

うどんのはなしを訪ねて ~その十八~

国道3号線に「純手打 英ちゃん」のドデカい立て看板。「うどんのはなし」著者の山田氏はじめ、宗像市民が愛してやまないソウルうどん店「英ちゃんうどん」。かれこれ10年ぶりか?久しぶりに訪ねると、入口入って正面に食券販売機?!確か以前来たときは無かったようなと食券ボタンを眺めると、他のボタンは黒文字のメニュー表記なのに、ひとつだけ赤字で「トマ」黄色字で「タマ」黒文字で「うどん520円」。そして販売機横に「新発売 トマタマうどん」の貼り紙が。

老舗大衆うどん店が手がける創作うどん「トマタマうどん」は、いやゆるかけうどんにトロリ緩めの卵とじと、その上にのるのは一見ミートソースかと思いきや潰したホールトマト。

先ずはスメとひと啜りすれば、昆布だしメインのほっこりと優しい味わいがイニシエ博多うどんで以前食べた時と同じ印象。なのだが、うどんは以前のテロヤワから食味が変わり、茹で置きながらも確かに感じるコシとヒキ。恐らく自家製生麺を茹で置いたもだろのか?イイ感じにフワヤワモッチリ&スメの絡みもすこぶる良好で、コリャ旨いねウレシイねぇ。

ならばまずは卵とじを溶かし入れ啜れば、ほんのり甘い卵のトロリが月見うどんの変形美味。ではトマトとプラスすれば、卵とトマトは合うけれど、昆布だしメインのほっこり味スメにはイマイチ尖り過ぎか。ならばネギと共に卓上に置かれた取り放題の揚げ玉をドーピングして円やかさをプラスして、ズルズルズルルぅと一気完食。

ああ旨かったと出がけに店内をアレコレ眺めると、パックされた半生うどんがお土産販売している。ソコココに感じる、いわゆる普通のイニシエうどん店から脱皮すべく努力の跡に感服しきりで店を出る。

カミさん留守二夜目は「中華菜 高福」。
「立ち呑み 二代目」が本日着席中華料理店として
リニューアルオープン。

相も変わらず本格&格安中華一品料理に加え、麺メニューも充実。
こりゃ次回の中華飲みはココ高福か?熊猫食堂か?!

 

【英ちゃんうどん】本店
トマタマうどん520円
福岡県宗像市大字徳重845
7:00~24:00・無休 Pあり ※要確認

【中華菜 高福】
チャーシュー入り煮込み麺700円
福岡市早良区西新5-5-4
18:00~24:00・当分休みナシ Pなし
◎2016通年麺喰い◎
ラーメン49●チャンポン8●中華麺12●うどん10●そば4●その他4
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 13:51 | Comments [0]

2016年04月01日 金曜日

●【ラーメン】博多ラーメン 竹林@佐賀県有田町

ここ佐賀県有田町が本店と聞いたことがある「博多ラーメン 竹林」。隣町の伊万里から糸島へと徐々に支店を増やし、数年前には博多ラーメンの本場、福岡市の南区大橋へ進出を果たした人気のラーメン店である。

糸島店で8年前に啜って以来だが、運ばれてきたラーメンは一見して当時のそれとは別物。コレでもかと大量のキクラゲとネギがのっているし、ドンブリのガラも雷文から屋号へ変更になっている。

そして味わいもカナリ異なる印象。アッツ熱のぽってりコクありスープから、大量の具の弊害か?気持ち温めの口当たりとともにあっさり広がるダシのうま味。温いのはいただけないが、あっさり味は大歓迎。麺の印象は昔のまんま。細麺のガサゴソ触感とコリッと粉感あるコシが楽し旨し。

しかしこの変化は全店なのか?はたまたここ有田店だけなのか??福岡市の大橋店は未食なので、今度機会を見つけ啜りに行ってみるか。

長男の入学式出席のためカミさんは留守。で、夜は次男と居酒屋デート。気になっていた「とくや」@中央区梅光園は大当たり。
ナンちゃナイけどナンとも旨いポテサラに、鰆の炙り刺し、
新筍の炙り焼きも縦と横に切り方を変えることで
異なる食感&味わいを演出したりと、
いずれのアテも抜群の料理センスで、もうメロメロ。

【竹林】有田店
博多ラーメン600円
佐賀県西松浦郡有田町下本乙2573-1
11:00~22:00(日曜~21:00)・年末年始のみ休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン49●チャンポン8●中華麺11●うどん9●そば4●その他4
◎3月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 16:17 | Comments [0]