2016年05月07日 土曜日

●【うどん】三喜@中央区春吉

福岡のごぼ天うどん #2

  • うどん:幅8ミリほどの丸めの角麺・茹で置き
  • ごぼう天:幅1センチ×長さ5センチほどの縦切り姿揚げ
  • ネ ギ:小ねぎが最初から
  • 薬 味:一味、七味

唯一の違和感は大振りなドンブリ。それさえ除けば、製麺所製茹で置きうどんをシッカリと再加熱した結果、角が丸まりテロテロヤワヤワスベスベな優し食感のうどんに、昆布ベースの母性溢れる滋味に削り節の鯔背な風味がのった絶品スメに、衣の粉に調味を施されたタイプなのか?ガリッと旨すぎるごぼ天と、コレぞ正に博多うろん的味わいに、うっとり。薬味に七味が置いてあるところもラッキー我がツボっ。

博多の台所、柳橋連合市場の細い路地を入った外れに「うどん楚ば 一日に一食は麺食を 三喜製麺所」の看板。製麺所が営むうどん屋「三喜」は、朝7時半ごろから営業開始。
場所柄か客のほとんどは地元の常連客。ピーチクパーチクと会話が花咲くカウンター席の奥の厨房で、夫婦らしき男女2名が絶妙な連携リレーで料理を仕上げていく様は、正に圧巻。

【三喜】
ごぼう天うどん430円
福岡市中央区春吉1-7-1
7:30~17:00・日祝日 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン69●チャンポン8●中華麺12●うどん16●そば5●その他9
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 2016年05月07日 12:55
コメント
コメントしてください




保存しますか?