2016年06月30日 木曜日

●【チャンポン】博多ちゃんぽんえいと@中央区六本松

札幌ラーメン「一輝」だった店舗跡に先月オープンした「博多ちゃんぽんえいと」。店頭看板には「とんこつ・鶏ガラ・やきあごから作った秘伝のスープと自家製の調味料から生まれたのが『博多ちゃんぽん』」とのこと。

午後1時過ぎの店内は先客ナシ。席に着きメニューを見るとチャンポンが「博多ちゃんぽん」「野菜2倍「麺大盛り」に「叉焼ちゃんぽん」の4種類。基本メニューである博多ちゃんぽんをたのむ。

すると「ご飯はどうしましょうか?」ランチタイムはご飯がサービスで付いてくると言う。チャンポンだけで大丈夫ですと遠慮すると「では、そこに置いてますザーサイだけでも、どうぞ」と奥の厨房へ。それじゃと小皿に取り食べてみると、コレがナンとも旨い旨いっ。こりゃチャンポンも期待出来そうだと、ウキウキわくわく出来上がりを待つ。

ほどなくチャンポンが運ばれてくる。豚肉やイカゲソにキャベツやニンジン、カマボコなど具がキチンと切り揃えられている丁寧な仕事の跡が好印象。先ずはスープと一啜りすれば、軽やかな口当たりとともにふわり広がるダシのあま味。脂感はほぼ皆無、3種のダシのうま味のみが柔らかに広がる滋味系でドンズバ我がツボっ。

合わさる麺は製麺所製茹で置きタイプ。調理過程でしっかりと加熱されているのだろう、若干太めの形状も加勢してポワンポワンと軽やかにおどるコシが楽し旨し。加えてキチンと切り揃えられた結果、均等に口へと飛び込んでくる様々な具の様々な食感と味わいのハーモニー。具だくさんなチャンポンの有るべき姿を具現化した一杯にウットリ。途中、卓上に置いてある焦がしニンニクや辣油で味わいの変化も存分に楽しみつつ、一気完食。

精算時に尋ねると、他で中華料理店を営まれていたが、こぢんまりした店舗でチャンポン専門店がしたくて、この店をオープンされたとのこと。道向かいにはドカ盛り野菜チャンポンの「威風堂々」に、すぐ裏手にはポッテリ濃厚チャンポンの「一鉄」。そして更に正統中華料理店のチャンポン「晴華楼」に、グツグツ鍋焼きチャンポンの「りゅうじ」と、今やここ六本松界隈は、ソレゾレに個性的なチャンポン天国だ。

 

【博多ちゃんぽんえいと】
福岡市中央区六本松2-5-15
博多ちゃんぽん650円
11:30〜14:00&17:00〜23:00・不定休  Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン92●チャンポン9●中華麺12●うどん34 ●そば7●その他12
◎6月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 2016年06月30日 13:04