HENO HENO: 2016年07月 アーカイブ

2016年07月31日 日曜日

●【ラーメン】七福亭@城南区七隈

今日も暑い。とても暑い。ナノに啜りたひっ、旨し豚骨ラーメンが。で、先週ふられた「七福亭」へ再チャレンジ。

極細麺に変わっているとの噂の「七福亭」だが、確かに以前より麺は細めに感じるも極細というほどでもないか?ナニヨリ感じるのは食感のスマートさ。ツルルと口に収まる啜り心地に、パリッと張りあるコシが、福岡県産ラーメン用小麦粉「ラー麦」チック。自家製麺の七福亭だが、ひょっとして使う小麦粉を変えたのだろうか?

ソレよりナニより大きな変化は、以前は入っていたキクラゲがなくなっている。そして、その代わりというわけではないのだろうが、ネギが随分と大盛り。さらにチャーシューも以前よりトロリとイマドキの味わい。

スープは相変わらず。いや、相変わらずの味わいベクトルだが、今日のスープは大当たりっ。口当たりは至って軽やかだが、豚骨のダシ感アリアリの後味が豊かなコクを演出。いやぁ旨いなタマランなぁと禁断の替え玉コール。卓上の胡麻と辛子高菜をドーピングして、ガッツリ完食。

七福亭
ラーメン+替え玉530円 ※ランチ価格
福岡市城南区南片江2-30-24
11:30~22:00・月曜&2nd日曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン102●チャンポン9●中華麺13●うどん44●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 11:40

2016年07月30日 土曜日

●【うどん】こなみ@福津市津屋崎

開店1ヶ月で早くも新メニューが発売。冷たいスメ×冷たいうどん=冷やかけにちくわ天と我が大好物そろい踏みの「梅冷やかけちくわ天のせ」は、中央に鎮座する梅干し日の丸が、あたかも先日啜った「游」@城南区荒江の「梅冷やかけ」

なれど、味わいのベクトルは180度真逆。キリリと勢いあるキレが味力の游に対し、こなみのこの一杯はナンとも優しい癒やし系。キンキンではなく、ナンとも絶妙にぬる冷たいスメは、ふわりと広がるダシの風味と軽やかなあま味。合わさるうどんも茹でる直前に手揉みされているのか、ゆるやかに縮れた麺線の口当たり然り、冷うどんながらもコシコシではなく、むっちりと深いコシ。

そして特筆すべきはちくわ天の旨さっ。必要最小限の薄衣の成せる技か、パリサクッ経由のムチッと食感がナンとも小気味よい。かつ衣に塩をほんの少し入れてあるのか、ちくわの練り物としてのうま味が豊かに広がる。途中、梅肉を突きつつ、レモンも囓りつつズルズル啜れば、ご馳走感も十分で、お腹一杯シアワセ一杯。

カミさんが頼んだ「季節のサラダうどん」も
カリカリに揚げられたクリスピーごぼ天がプラスされていて
前回私が啜った時よりバージョンアップ。

こなみ
梅冷かけちくわ天のせ690円
福岡県福津市津屋崎4-10-13
11:30〜15:00(喫茶15:00〜18:00&金曜のみ酒場17:00〜22:00)不定休 Pあり(店頭2台+店舗道はす向かいの津屋崎千軒なごみの駐車場を利用) ※営業はFacebookを要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン101●チャンポン9●中華麺13●うどん44●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:53

2016年07月29日 金曜日

●【うどん】権@糟屋郡志免町

店主Instagramの「数年ぶりに作りましたが美味すぎたんで、販売します」に大納得の「練り込みうどん権」の「冷やかけうどん」。冷やッ冷やのスメのダシの効き具合と仄かに甘味後味に、ツルッツル、コシッコシの冷細うどんの楽し食感。加えて、おろし生姜、ミョウガ、大葉、大根おろしに胡麻とネギとアレコレ薬味の豊かなる味変化。

以前啜った権の「トマトと鶏肉の冷やかけ」「うどんの小町」の「冷ごぼう天うどん」然り、豊前裏打会の出す冷やかけうどんはことごとく絶品美味っ。ならば是非とも会加盟全店で、ソレゾレに趣向を凝らした「夏の冷やかけうどんフェア」なぞやってくれると、すこぶるウレシイのだが。

練り込みうどん権
冷やかけうどん 550円
福岡県糟屋郡志免町大字南里34-4
11:00~22:00・2nd&4th木曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン101●チャンポン9●中華麺13●うどん43●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 15:46

●【ラーメン】麺道はなもこし@中央区薬院

濃厚も旨いが淡麗こそ味力。

久方ぶりに昼時の「はなもこし」。メニューは汁麺2種だが「淡麗」に惹かれ「淡麗鶏塩そば」。確かに鶏ダシは随分「淡」いが、合わさる魚介ダシと相まってナンとも「麗」しい。加えて中細ストレート麺のシュルッと小粋な啜り心地と、ムチネチ艶っぽいコシとヒキ。

そして生姜の風味が味わいターボな低温調理鶏チャーシューに、ベッピン美味な味玉&シナチク。福岡の塩ラーメンと問われれば迷わず「やっちゃんち」だったがイヤハヤそうは問屋が卸さない。美味名店目白押しのココ福岡で暮らせるシアワセ。

麺道はなもこし】 
特製淡麗鶏塩そば900円 
福岡市中央区薬院2-4-35 
11:45~&19:00~(スープが亡くなり次第閉店)・日曜休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン101●チャンポン9●中華麺13●うどん42●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:54

2016年07月28日 木曜日

●【うどん】秋月@北九州市小倉北区

福岡のごぼ天うどん #23

  • うどん:幅4ミリ×厚さ2ミリほどの膨らみ感あるの角麺&麺線長め・揚げたて
  • ごぼう天:長さ7センチほどの拍子切りを扇状にかき揚げ
  • ネ ギ:中ネギが最初から、少なめ
  • 薬 味:一味、七味、岩塩

さすが創作うどんが名物の「うどん秋月」ゆえ、うどんと別皿で供されるゴボ天もナンとも独特。細めの拍子切りにしたゴボウを扇状に厚めに揚げてあるので、扇の要と先端とで大きく食感が異なる様がナンとも楽しい。

うどん自体もカナリ大振りのドンブリになみなみとスメを盛った出し方が、ナンともユニーク。ならば味わいは?とひと啜りすれば、節系のダシと醤油のカエシがキュンと効いているが、後味がほんのり甘い味わい然り。そしてうどんもモッチリ、ほっくりなコシと素朴な風味然り、カナリ長めの麺線然り。全体の印象は「博多さぬきうどん」をよりおご馳走に仕上げた感じで、ドンズバ我がツボっ。

5年前、おそらく北九州市初のイマドキなチョイ飲みが楽しめるうどん店としてオープンした「うどん秋月」。昼営業で創作うどんと並ぶ名物が『

「錦雲豚の究極カツ丼」。厚めの豚肉をウルトラ薄衣で揚げたカツの食感食味がナンとも楽しい一品。

 

うどん秋月】 
ごぼう天うどん520円 
北九州市小倉北区馬借2-1-22 
11:30~14:30&18:00~24:00(金曜~25:00、土曜は夜営業のみ~25:00)・日曜休み Pなし(店舗道向かいの馬借駐車場の駐車料が無料利用可能)

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン100●チャンポン9●中華麺13●うどん42●そば9●その他14 
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 13:19

2016年07月26日 火曜日

●【黄そば】游@城南区荒江

今日も暑いっ。で、気分は冷麺で思い付いたのが、勤め先にほど近い「游」。昨年啜って大感動した「冷やし中華」か?いやいや先日啜ったこれまた名作「冷やし煮干しラーメン」か??いやいやいや、温麺ではあるが先日来再食したいと惹かれマクッている基本メニューの「ラーメン」か???

答えが出ぬまま店に着き、カウンター席に座りつつイヨイヨ決断せねばと焦り出す。と、若き店主が

「へのさん、冷たい麺の新作も準備できてますけど?」

「豚そば」の鰹節ベースのスープをキンキンに冷やし、冷たい扁平中華麺と合わせた、あたかも冷やかけうどん的ウルトラさっぱり爽やかなる冷麺ですと?!て事は魚介ダシのスープ×中華麺=黄そばの冷やかけ??!!コリャ気になるっ、是非啜りたひっとコロリ改心、冷麺新作をたのむ。

ガラガラガラァ~と大型製氷機から氷を掬いキンキンの冷水を作り、麺を揚げ、カランカラン、ジャブジャブ、麺を締めて、ドンブリに盛る。テキパキとした仕事ぶりに惚れ惚れしていると、カウンター越しにサッと供された一杯は、黄金色の麺とスープの中心にポンと添えられた大振りの梅干しが、日の丸冷やかけ。

先ずはスープとひと啜りすれば、冷やッ冷やな口当たりとともに、キュンッと躍る鰹節のうま味っ。そして合わさる麺は扁平中華麺のツルッとコシコッと。游の麺はもともととても旨いのだが、プラス冷水での締め具合がナンとも絶妙で、ただ固いだけでじゃない懐深いコシと風味がタマラン我がツボっ。途中、ドデカい梅干しを崩しつつ、その風味が冷スープに映る様も存分に堪能しつつ、爽やか完食。

ラーメン屋 游
梅冷やかけ500円 ※期間限定・このメニューのみコインパーキング100円補助ナシ
福岡市城南区荒江1-23-27
11:30~15:00&17:30~23:00・木曜日休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ) ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン100●チャンポン9●中華麺13●うどん41●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:40

2016年07月25日 月曜日

●【ラーメン】麺や由布@大分県由布市

JR湯布院駅から歩いて2~3分、駅前通から南へ外れてすぐのところに幸せの黄色い外観。「Meeyaの福岡ラーメン食べまくりんこ」によると「無添加と素材に拘る湯布院の穴場。北海道出身の作る真面目なラーメン。」とのこと。

暖簾を潜ると、如何にも生真面目そうな中年店主と、カウンター席には先客2名。どうやら常連さんか、店主と会話を楽しみつつズルズルとラーメンを啜っている。

壁に掲げられたメニューを見るとラーメンは「塩」「醤油」「味噌」におそらく夏季限定らしき「冷やし中華」の4種類。Meeyaさん一押しの醤油か?いや、生真面目店主が作るスープの真髄を味わうには塩が最適か。

ほどなく差し出されたラーメンはイイ感じに透明感ある黄金色のスープが、如何にも旨そうっ。では先ずはとレンゲでスープをひと啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、コツンッと硬質な鶏ガラらしきダシのうま味。巷の鶏ガラメインのラーメン店では魚介ダシや根菜など足して、ふくいくたる柔らかなうま味が多数派。なれどコノ一杯は鶏ガラ至上主義。コレだけストレートに鶏ガラのダシの旨さのみを追求した、ある意味ストイックな凜とした旨さは初体験。

合わさる麺はカナリ麺線短めの中太縮れ。シュルッと小気味よく口へと収まる啜り心地然り、コリっと解ける硬ゴシ然り、どこか鯔背で凜味スープと相性抜群。気持ち厚切りのチャーシューの、軽く中国香辛料的クセある風味に、醤油味が染みた太めのシナチクの旨さと、生真面目にキチンと作りました感全開の滋味にシミジミ感動。

【麺や由布】 
塩ラーメン650円 
大分県由布市湯布院町川上立川3728-18 
11:30~15:00&18:00~23:00 (水曜は夜営業のみ)・不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン100●チャンポン9●中華麺13●うどん41●そば9●その他14 
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 13:53

2016年07月24日 日曜日

●【ラーメン】タンテール富士@中央区赤坂

休日出勤を終え仕事仲間とお疲れ打ち上げ、久方ぶりに「タンテール富士」で絶品タンにテールに、酢モツにサガリにレバニラに餃子で、ソリャもう芋焼酎がヤメラレナイ、トマラナイ。

で、〆はやっぱり「テールラーメン」。口当たりは至って軽いがシッカリとテールのダシがきいた熱々スープと、細めのホックリ麺と、タップリのったテール肉にセロリに梅干しと、味付けセンス抜群の一杯にウットリ。

タンテール富士
テールラーメン800円
福岡市中央区赤坂3-13-33
18:00~・月曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン99●チャンポン9●中華麺13●うどん41●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 20:21 | Comments [0]

2016年07月23日 土曜日

●【ラーメン】くまちゃんラーメン@城南区神松寺

我がツボな豚骨ラ店の一軒である「七福亭」の麺が極細麺に変わっているとの興味津々情報を確かめるべく向かうも、シャッターが閉まっていて「身内に不幸がありましたので、本日は休ませていただきます」との貼り紙。其れはそれはご愁傷様ですと、次なる昼麺を考える。と、

そうだ、「くまちゃん」@城南区神松寺で啜ろかっ。

コレが現在のくまちゃん。
そして下が昨年正月のくまちゃん。

客の来ないラーメン店として地元テレビの「貧乏大脱出プロジェクト」的な番組に出演し、新たなる店造りに励んだくまちゃん。

コレが以前のラーメン。
そして下が現在のラーメン。

店舗然りラーメン然り、一目瞭然。キチンとラーメン店としての魅力をグレードアップ感ありありで感服しきり。そして肝心のラーメンの味わいも確実にグレードアップ。味わいの芯こそ以前啜った「あっさり」と同ベクトル。なれど、もっと明快に。口当たり軽め、なれど随感まで感じる深いコク。誰もがスッと享受できるほどに間口を広くした盛り付けと味わい。

麺も無敵に素敵。ぽくっと素朴そうで、その実しっかりと計算されつくした感ある懐か新しい食味にまた感服。アレコレのった具もパーペキ旨くて価格は580円とコレまたシビれるぅ。

番組ではいろんなラーメン屋がサポーターとして登場したが、おそらく実質的な味わいグレードアップ功労者は「拉麺空海」@那珂川町。自店の良いところを100%公開しつつ、この店の個性もチャンと際立たせつつ、ナンとも美味なる一杯がココに結実。

【油山とんこつ研究所 くまちゃんラーメン】
くまちゃんラーメン580円
福岡市城南区神松寺1-22-19
11:00~21:00・火曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン98●チャンポン9●中華麺13●うどん41●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:18

2016年07月22日 金曜日

●【うどん】餃子ギャング福岡軒@中央区六本松

福岡のごぼ天うどん #22

  • うどん:3ミリ四方の角麺・揚げたて
  • ごぼう天:直径2センチほどのゴボウを長さ8センチほどに笹切り姿揚げ・揚げ立て
  • ネ ギ:中ネギが最初から
  • 薬 味:一味

個人的にはあまり好みではないゴボ天の別皿盛りだが、チョイ飲みうどん屋で食べてみると、ゴボ天が酒のアテに抜群美味っ。イイ感じに薄切りのゴボウがイイ感じに薄衣でパリッと揚げてあって、パリパリ、シャキシャキ、ついつい焼酎ソーダ割りが進む進む。

あまりの旨さについつい食べ過ぎ、ふと気がつくと、残り半分ほど。イカンイカン、うどんの具が無くなってしまうと、うどんを啜り始める。我がチョイスは我が好物の冷やかけうどん。ついつい啜るのが遅くなってしまったが、冷スメ×冷うどんの冷やかけならば、うどんが伸びる心配もナシ。

まずはスメとひと啜りすれば、ヒンヤリ冷や冷やの口当たりと共に豊かに広がるダシのうま味と適度に甘めの調味具合然り。そして合わさるうどんのイイ感じの細さと、イイ感じに固すぎない懐深いコシ然り。コレ正に稲穂系讃岐うどんの旨さ溢るる一杯に、思わずウットリ。

かつて「呑キング」だった店舗に先月オープンした「餃子ギャング福岡軒」。(因みに呑キング店主は現在、赤坂の「屋台けいじ」でうどんを出しているとのこと。)「うどん大学」@中央区赤坂が「宇どんヤ かまわん」@中央区春吉に続き手がける三軒目のチョイ飲みうどん店は、餃子が一押しメニュー。鉄なべでカリッカリに焼き上げた博多チックな一口餃子を、甘酢&白コショウで食べれば、ハイボール経由で焼酎サワー。雲仙ハムカツなど他にもアレコレ旨いアテもあり、イヤハヤついつい飲み過ぎ&食べ過ぎるシアワセ。

【餃子ギャング 福岡軒】

 

ごぼう天うどん(ひや)650円
福岡市中央区六本松2-2-10 アクアリゾート六本松 1F
17:00~27:00・3rd月曜休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン97●チャンポン9●中華麺13●うどん41●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 22:21

●【ラーメン】味噌蔵ふくべえ@中央区大名

大正通りの「華風福寿飯店」から天神方向へ入った路地に「味噌ラーメン専門」の真新しい看板。今月5日にオープンしたという「味噌蔵ふくべえ」である。暖簾を潜るとカウンター10席ほどのこぢんまりした店内には先客3名と、カウンター奥の厨房には元気な接客が気持ち良い夫婦らしき若き男女。

入ってすぐに食券販売機。ラーメンは「熱旨野菜の味噌ラーメン740円」と「熱旨野菜の黒胡麻味噌担々麺840円」の2種。そして「当店は麺が140gと多めです。少なめが良いお客様には70gのミニがあります。(味玉をサービスします)」旨の手書きの但し書き。迷わず筆頭ボタンの味噌ラーメンを押し、ミニでたのむ。

席に座ると「かなで食堂」名物の濃縮プーアル茶の素。
ナンでもかなで食堂の友人とのこと。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンはこんもり盛られた野菜とサイコロ・ゴロゴロ・チャーシューに半熟味玉が、ソリャもうおご馳走感半端ない。

コリャ旨そうだともんどり打って、先ずはスープとひと啜りすれば、ナンとも円やかな味噌のうま味。誤解を覚悟で例えるならば、ウルトラ旨いサッポロ一番味噌ラーメン。なんでも、全く外連味のないこの素直美味は、数種をブレンドしたという味噌風味のコクと、野菜由来という円やかな甘味なのだとか。

麺は如何にも札幌味噌ラーメン的な黄色強めの中太縮れ麺。むりんむりんと躍るコシが楽し旨し。加えてナンとも絶妙な加熱加減のシャキ旨てんこ盛り野菜に、キッチリと旨すぎるサイコロ・チャーシューと半熟味玉。740円はチト高いなぁと食券を買ったが、この旨さ&このおご馳走さならウルトラ納得価格。

四の五の言いつつも、未だ豚骨至上主義的ここ福岡で、味噌ラーメンで勝負をかける店主の想いが存分に味に出た感アリアリの一杯に、一口惚れ。コリャ近々に再訪し、もうひとつの麺メニューである黒胡麻味噌担々麺も啜れば。

【味噌蔵ふくべえ】
熱旨野菜の味噌ラーメン・ハーフ740円(麺70g+半熟味玉1個)
福岡市中央区大名1-9-24
11:30~14:30&18:00~24:00(金土~25:00)・日曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン97●チャンポン9●中華麺13●うどん40●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:23

2016年07月21日 木曜日

●【中華麺】RON@西区石丸

気になっていた「スーラー担々つけ麺」は、思いの外、ウルトラ本格中華料理。如何にもジャパニーズ中華チックなのは薬味のレモンのみ。温つけスープはスーラーとのメニュー名のわりには酸っぱさほどほど。担々麺チックな胡麻のうま味とヒリヒリ躍る唐辛子の「辣」がソリャもうダイナマイトっ。中太縮れ麺の両手ぶらりんストレート勝負味と、絶妙な塩加減の本格叉焼の旨さとの取り合わせが、小手先感は皆無のガッツン中華料理美味。

中華と炭焼き【RON
スーラー担々つけ麺650円
福岡市西区石丸1-12-25 Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン96●チャンポン9●中華麺13●うどん40●そば9●その他14
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:44

2016年07月20日 水曜日

●【うどん】山椒カレーうどん菊すけ@大分県由布市

日帰り出張で久しぶりに湯布院に。であれば昼麺は、ここで決まり。屋号にずっと惹かれていた「山椒カレーうどん菊すけ」へ。住所を頼りに訪ねると、湯布院市街地とは国道は挟んで反対側の山手。湯布院の街並みを一望できる高台に、古民家風のオサレな店構え。

待つことしばし、運ばれてきたドンブリは茶色が強いスメの表面に担々麺チックな肉そぼろ&おそらく摺られたばかりの山椒に、こんもり盛られた白髪ネギ。こりゃタマラン旨そうだっともんどり打って先ずはスメを啜れば、スパイシーなカレーの風味とひりりとシビれる山椒の辛み。

おそらくこの二つだけだと、互いが強固にソレゾレ個性的な辛みを主張してケンカしてしまうのだろうが、シッカリときいた鰹節らしきダシのうま味が仲立ちして、見事にマッチした未体験の新鮮カレー味へと昇華する様が、正に感動的旨さ炸裂。

そして合わさるうどんも完璧美味。おそらく注文が入ってからの揚げ立てか、むっちりと太めのうどんが個性的カレー味をどっしりと受け止め、豊かな味わいに。そしてこんもり白髪ネギがコレまたイイ仕事しまくり。新鮮なままうどんと共に食べたり、スメに浸してそれのみを食べたり、都度都度で表情がことなる味わい風味が、コレぞ名脇役。

あぁ旨いコリャ旨すぎるとズルズル啜っていると、白飯とニンニクフライが供される。えぇ?ニンニクフライはしつこくなるだけじゃないのぉ?と白飯にかけたカレーとともに食べてみると、いやいやコノ香ばしさ、この甘味がタマラン旨いっ。

さらに最後にはマンゴーとパイナップルのスムージーまで供される。ヒリヒリ、ビリビリとシビれた口が、ひゃっこい甘味で一気にクールダウン&リセットされるさまも愉快。コレだけ旨くて、食べ応えも十二分にあって税込み1144円は十二分に納得価格。

カレーうどんは山椒がきいた辛口「赤」とカシューナッツがきいた気持ち甘口「白」の2種類。こりゃ是非とも白も完食してみたひっ。

山椒カレーうどん菊すけ
カレーうどん赤1144円
大分県由布市湯布院町川上1269-36
11:00~15:00・木曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン96●チャンポン9●中華麺13●うどん40●そば9●その他13
◎7月の総ジョ グ距離4km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:53

2016年07月19日 火曜日

●【ラーメン】月や@中央区薬院

今年の5月末にオープンした「月や」の薬院店。薬院のマンションの1階にカフェ風のオサレな店構えが、如何にも月やチック。結果、午後1時前の店内は7割方女性客。店造りがドンピシャはまった集客ぶりが心強い。

甘めの醤油ダレがきいた優しい味わいのスープに、細いうどん大の扁平モチモチ麺。ナンちゃナサげでチャンと旨い一杯に、うっとり。店facebookによると、創作麺も近々販売予定とか。ついでに博多駅南の創業店名物だった「ゆず星」も復活販売してくれるとウレシイな。

支那そば月や】薬院店
支那そば600円
福岡市中央区薬院3-3-23
11:30~22:00・日曜休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン96●チャンポン9●中華麺13●うどん39●そば9●その他13
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:03

2016年07月18日 月曜日

●【うどん】筑豊製麺組合よもぎうどん@嘉麻市漆生

福岡のごぼ天うどん #21

  • うどん:5ミリ四方の角麺・揚げたて
  • ごぼう天:直径1.5センチほどのゴボウを長さ8センチほどに笹切り姿揚げ
  • ネ ギ:中ネギが最初から、大め
  • 薬 味:七味・一味

名物よもぎうどんを夏季限定冷やかけで啜る。イイ感じに冷水でしめられたよもぎうどんは、クニリ、ムチリと素直に深いコシ。噛み込むほどに広がる小麦とヨモギの豊かな風味がおご馳走。

ゴボウ天は縦に長い笹切りで皮が広く付いているためか、ザクッとクリスピーな食感と豊かに広がる土の風味が、ムッチリよもぎうどんとソリャもう相性抜群。

合わさるスメは冷え冷えスッキリ、なれどダシの風味もシッカリと感じられる力強い味わい。氷が2個ほど浮いていて、食べ進むほどに、より冷え冷えクール。よもぎうどんが更にしめられコシが増していく変化もナンとも楽しい、コレぞ冷やかけうどん名作なり。

北九州市小倉南区のご当地うどんである「どぎどぎうどん」を6年前、筑豊に紹介。かつて長崎出島で水揚げされた砂糖を江戸へと運んだシュガー・ロード長崎街道沿いの土地柄か、本場小倉よりも随分と甘めに調味された牛スジ肉と、長大なゴボウ天を組み合わせ、独自の味わいへと昇華。月替わりで創作うどんを販売したりと、うどん作りの情熱を感じる名店。

【筑豊製麺組合よもぎうどん】
ごぼう天うどん(冷やかけ)550円
嘉麻市漆生3-5
11:00~16:00・木曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン95●チャンポン9●中華麺13●うどん39●そば9●その他13
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:44

2016年07月17日 日曜日

●【ラーメン】かね庵@北九州市小倉北区

あるときは豚骨ラーメン「泰玄」。そしてあるときはと中華そば「かね庵」と、同じ店主が同じ店舗で二毛作営業。で、今日はかね庵。メインの「支那そば」に加え夏季限定の「冷やし担々麺」もメニューに載っているが、確か店のFacebookで「カレーラーメン」を見かけた気がして尋ねると「醤油スープベースで良ければ出来ますが」。

出てきたラーメンは、ソリャもうカレー。シャリッとタマネギのあま味がきいた味わいを魚介ダシの醤油スープが優しく際立たせる。ナルホドこりゃ旨い!が、乳化した豚骨スープと合わせると更に旨いかも。

うん?ひょっとして……??!!

で、このエントリーを書くにあたり店Facebookを確かめると、やっぱりそうだ、カレーラーメンは豚骨ラーメン泰玄のメニューだったのか。イヤハヤまたまたしくじった。イヤな顔をすること無く対応してくださった店主に感謝しきり。次回は是非とも泰玄でカレーラーメン啜りたひっ。

支那そば専門店【かね庵(らーめん泰玄)
カレーラーメン750円
北九州市小倉北区末広2-3-2
10:30~ 不定営業(主に週末) Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン95●チャンポン9●中華麺13●うどん38●そば9●その他13
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:47

2016年07月16日 土曜日

●【つけ麺】ろくでなし@福津市中央

おそろしく秀才肌、時期ごとに繰り出し創作麺がコトゴトク名作揃いの「ろくでなし」。最新作の「つけ麺」も、トロンと豚骨&フワッと魚介が薫り立つ温つけスープに、絶妙な締め具合の極太麺がコッツン、モチモチ、ふわ小麦。加えて一足遅れて薫る柚子の爽やか風味。

さらに極太シナチクの旨さもさることながら、2センチ弱と超厚切りの炙りチャーシューの気持ち強めの塩加減が、濃厚味つけ麺に絶妙なアクセント。結果、決して食べ飽きること無く、いや旨いコレまた名作と感動しつつ、最近すっかり音沙汰ない創作麺の天才肌の安否を気遣いつつ、ズルズルと。

ろくでなし
つけ麺700円 ※期間限定
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み) Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん38●そば9●その他13
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:27

2016年07月15日 金曜日

●【うどん】牧のうどん@博多区博多駅中央街

福岡のごぼ天うどん #20

  • うどん:5ミリほどの角麺・揚げたて
  • ごぼう天:長さ5センチほどの笹切り姿揚げおき
  • ネ ギ:中ネギが卓上セルフ
  • 薬 味:一味

超久しぶりに啜る「牧のうどん」の「ごぼう天うどん」は、随分と丁寧な仕上がりに。以前の記憶では衣がアチコチ破れはずれたゴボ天をざっと盛った荒くれ仕様だったが、今日の一杯は随分とチャンとしている。ゴボ天もチャンとしてるし、固麺でたのんだうどんもキチンとエッジが立っているし、卓上に置かれているネギも丹念に小切り。

ではでは啜りますかと、牧の儀式。運ばれてすぐの状態なのに、既にドンブリ内のスメがうどんに吸われて、ごく少量。これじゃぁ旨く啜れない、うどんとスメの黄金比を再現すべく、やかんで供されたスメをドンブリへ注ぎ、ドンブリぎりぎりまで注いだところで戦闘態勢完了。

先ずはスメとひと啜りすれば、気持ち塩辛目に調味された昆布ダシがブイブイきいた独特美味なる味わいが完璧牧の。そして、するんっと口へと収まり、ブリンッブリンッと踊り、ムワリムワリと薫る小麦感のうどん。さらに己のガリガリもさることながら、厚めの衣が調味料。徐々にスメに溶けるにつれて、グイグイと力強い味わいへとベクトル変化させる様が感動的ですらある、大衆美味。

牧のうどんを啜り尽くせ 再び

20店舗全てを啜りきったと安堵していたら、今年の3月に21番目の店舗が、今が旬の博多駅のバスターミナルビル地階にオープン。ビル側面には世界のファストフードの雄、マクドナルドの横に吊された「牧のうどん ご来店をお待ちしております。」の垂れ幕看板に感動。

地下一階の店舗入口には、確かグループ店では唯一の食券販売機。そしていずれのメニューもうどんと蕎麦が同価格。確かいずれの店舗も、注文が入ってから茹でる蕎麦がうどんより若干割高に設定されていたはずだが。おそらく博多の玄関口に当たる立地=蕎麦食文化圏からも多くの客が立ち寄る可能性大=なるべくスムーズにオペレートするためには変に価格差など付けずに一律価格で販売した方が賢明との判断だろうか?

店内は限られたスペースで数多くの客に対応すべく、テーブル席もカウンター席形式。そして店奥の厨房も他店舗に比べ随分と小規模なれど、働く人数は他店舗の2~3倍。郊外型店舗とは完全に異なる都心仕様の店造りに感心しきりで、ズルズルと。

【牧のうどん】博多バスターミナル店 
ごぼう天うどん480円 
福岡市博多区博多駅中央街2-1 博多バスターミナル B1F 
10:00~23:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん38●そば9●その他13

 

◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:18

2016年07月14日 木曜日

●【そば】生粉蕎麦 玄@西区内浜

安くて旨い蕎麦が食べられる「生粉蕎麦 玄」の4号店が今週、西区内浜の大型商業施設であるウエストコート姪浜に目出度くオープン。こりゃ啜らねばと訪ねると、施設の北側に建つ飲食店ビル1階のもっとも奥まった場所。「回転寿司 富士丸」のドデカい写真入り看板の隣に、こぢんまりと「生粉蕎麦 玄」の看板。

奥に広い店内はおそらくグループ4店舗の中で最大か?決して恵まれた立地とは思えないが、店内は8割方客で埋まっており大盛況。やっぱり旨安グルメは無敵の人気?!

入口に食券販売機。うわぁ、これプレッシャー。確かに客のオーダー管理&精算が確実に行えるし、結果、人件費をおさえての営業が可能=旨安蕎麦提供のためには至極有効とは思うのだが、ナニせこちとらロートル麺馬鹿オヤヂ。ボタンに書かれた小さな文字をいちいち細かく読むなんて、謂わば神業。んで、初志貫徹。おそらく本店には置いてないが、天神店では販売している「カレーざるそば」があるのでは?とザザッと見渡せば、Pンポ~ンやっぱりあった!しかも価格は2年前と変わらずの490円?!

見紛う事なき揚げ立てのコリッコリなコシの細打ち冷蕎麦と、ヒリリとスパイシー辛い温カレーつゆ。四の五の小難しい解釈とは無縁の、啜って素直に旨ひっ×しかもエラク安ひっ=お店に対して申し訳なくなるほど安旨でコスパ最高な蕎麦にウハウハメロメロ一気完食。で、あまったカレーつゆもセルフサービスの蕎麦湯で最後の一滴まで完食すれば、ただでさえ多めの蕎麦も手伝って、ソリャもうお腹一杯シアワセ一杯。

生粉蕎麦 玄】姪浜店
カレーざるそば490円
福岡市西区内浜1-7 ウエストコースト姪浜
11:00~22:30 Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん37 ●そば9●その他13
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:42

2016年07月13日 水曜日

●【ラーメン】銅鑼@西区今宿駅前

アチコチの麺友情報によると今年の2月にオープンした「銅羅」@西区今宿駅前の豚骨が、限りなく元祖テイストとのこと。「西谷家」のグループ店とのことなので、てっきり濃厚ド豚骨ラーメンかと思っていたが…?とワクワクドキドキ啜ってみれば……、わぁおわおわお!なるほどコリャ、かつて本店と支店の2店で営業していた頃の元祖長浜屋の都市伝説「年に一度だけ、べらぼーに旨いラーメンを出す」的なウルトラ・デリシャスな元祖味でないのぉ。

口当たりは至って軽やかだが、一呼吸遅れて顔出すクイクイッとフック感ある豚骨ダシのうま味と、コリッと小気味よいコシと風味の細麺と、イイ感じにシャバシャバなチャーシューと。イヤハヤ旨いコリャ旨すぎると一気完食。

【元祖糸島ラーメン 銅羅】
豚骨ラーメン550円
福岡市西区今宿駅前1-3-18
11:00~21:00・火曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん37 ●そば8●その他13
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:22

2016年07月12日 火曜日

●【ラーメン】笑喜屋@糸島市高田

麺屋の屋号って、とても大切だと思う。正に「名は体をあわす」。思わず誰もが店を始めるとき、どんな店にしたいか思いを込めて屋号を考えるのだろう。だから屋号がその店の味を表していることが多々ある。

屋号は「笑喜屋」。で、夏季限定販売の冷やしラーメンは、魚介系のダシがメインなのか?加えて、どエラク暑い夏にヒヤリと冷たいスープが、しかも甘めな調味加減でホッコリ感満載なのが、ナンとも「喜」。

合わさる麺は想定外のストレート細麺。冷麺=中太縮れ麺のイメージがあるが?と訝しみつつズズッと啜れば、シュパンッと小気味よい啜り心地とコリッとコシ。加えて、肉味噌に温泉卵、大切りのシナチクに、太もやし、キクラゲ、プチトマトなど、アレコレ豊富な具との食感&味わいのコラボ加減がエラク楽しくて「笑」。

オリジナリティ溢れる創作冷やしラーメンは、ドンブリ一杯の「笑」と「喜」がシアワセ一杯腹一杯。
【笑喜屋】
冷やしラーメン改650円
糸島市高田5-24-8
11:00~25:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん37 ●そば8●その他13
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:13

2016年07月11日 月曜日

●【うどん】吉@早良区西新

福岡のごぼ天うどん #19

  • うどん:幅4ミリ×厚さ2ミリほどの膨らみ感あるの角麺・揚げたて
  • ごぼう天:幅1.5センチ×長さ7センチほどの板切り・かき揚げ
  • ネ ギ:中ネギが最初から
  • 薬 味:一味

ソリャもうアッツ熱のスメは、昆布ダシの柔らかなうま味がシミジミ旨い滋味系。合わさるうどんもウルトラ熱々。自家製手打ちの揚げたてなれど、その味わいは至って柔らか。

つるつると口に収まり、ぷりんっと解ける軽い食味が小粋ですらある鯔背味。ごぼ天のゴリッと食味が正に好アクセント、お江戸の蕎麦屋よろしくサクッと平らげサッと店を後にするのが似合いそうな、シュッと背が伸びた一杯に、うっとり。

地下鉄藤崎駅のすぐ近く。いわゆるチャンと普通な店構えが、ドコでもアリそうでその実なかなかお目にかかれない、普段着うどん名店。チャキッとした仕事ぶりのお母さんと、それを支えている感が半端ない寡黙な店主。うんうん夫婦はかくあるべし、と羨みつつズルズルと。

【うどん吉】
ごぼう天うどん450円
福岡市早良区高取2-18-16
11:00~20:00・日曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん37 ●そば8●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:56

2016年07月10日 日曜日

●【うどん】田中の麺家@久留米市城島町

福岡のごぼ天うどん #18

  • うどん:幅4ミリ×厚さ2ミリほどの角丸麺・揚げたて
  • ごぼう天:直径2.5センチほどの笹切り姿揚げ・揚げ置き
  • ネ ギ:中ネギが最初から
  • 薬 味:黄色一味

先ほどの「麺家こばやし」と同じく本業が製麺所のうどん店なれど、味わいの印象は180度異なる面白さ。まずスメが違う。滋味勝負の麺家こばやしに対し、ここ「田中の麺家」はイイ意味で甘めの大衆味。そしてうどんも、ムッリン、プルルンッな演出系な餅食感で、素朴に旨い麺屋こばやしと正反対。唯一の共有点は笹切りゴボ天の大きさと食感。

佐賀市の田中製麺所が昨年、製麺工場の一画にオープンさせた田中の麺家。「揚げひたしうどん」などオモロ旨そうなメニューがずらり。今週末はオープン一周年記念で様々なイベント&サービスを予定しているとか。

田中の麺家
ごぼう天うどん450円
福岡市久留米市城島町六町原795
11:00~15:00(土日祝~16:00)8月15日までは無休

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん36 ●そば8●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 14:21

●【うどん】麺屋こばやし@うきは市浮羽町

福岡のごぼ天うどん #17

  • うどん:3ミリ四方角ほどの膨らみ感あるの角麺・揚げたて
  • ごぼう天:直径3センチほどの笹切り姿揚げ
  • ネ ギ:小ネギが最初から、少なめ
  • 薬 味:韓国唐辛子?リンゴ酢

まずもって、スメが絶品。昆布ダシの滋味なるうま味にカツオ、サバなど削り節の華ある風味のコラボ加減に調味の塩気加減と、とことんバランスが良好な滋味に、まずウットリ。加えて、細めのうどんは見紛う事なき揚げ立て。むち、ぷりんっと解け、噛み込むほどに広がる豊かな小麦の風味もググッと我がツボ。

ゴボ天は子持ち太めを笹切り姿揚げ。この優し味なスメとうどんには揚げ置きゴボ天がよく似合う。適度に己の存在も主張しつつも、スメとうどんに馴染もうとする健気さがGOOD JOB!

派手さないが丁寧な仕事がなし得る抜群美味なる普通味うどんに、ぞっこん。加えて、この旨さで価格は僅か350円。製麺所が営むうどん店だから実現できた低価格との説明を受け、いよいよ惚れ惚れ。機会を見つけメニュー全制覇してみたい麺屋が、また一軒。

明治39年創業という老舗の製麺業者である小林製麺工業が、工場の道向かいに先々月にオープンさせた「麺屋こばやし」。かけうどんが230円と、製麺業が本業だからなし得る低価格かつ美味なるうどんがうけて、正午半過ぎに着くと、順番待ちの客が3組。開店わずか1ヶ月少しだが、すっかり人気店。

麺屋こばやし
ごぼう天うどん350円
うきは市浮羽町浮羽町古川989
11:00〜15:00・日曜のみ営業(今月24日は休業予定、営業詳細はFacebookで確認を)

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん35 ●そば8●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:21

2016年07月09日 土曜日

●【ラーメン】ラーメン匠@糟屋郡粕屋町

本日も休日出勤。朝からの仕事を夕方無事に終えて、東京からの客を空港へ送り、無事業務終了。では、イザ啜らんっ「ラーメン匠」を。

きっかけは、とあるtwitter。「八木山バイパス手前にあったラーメン匠」と言えば、確かみおせるさんがゾッコン惚れ込み通っていたラ店?!しかも「店主は飯塚市麺屋ゆぶきのお父様」だったのか??!!

住所を頼りに訪ねると、福岡空港から5分ほど。吉塚から篠栗へと抜ける旧道沿いに、爽やかな空色の看板。店頭では職人さんが店頭の電灯工事中。先月10日にオープンしたとのことだが今ごろになって?とおっかなビックリ暖簾を潜ると、午後7時過ぎの店内は先客なし。

カウンター奥の厨房には店主らしき年配男性と、パートらしき女性。仕事の段取りを打ち合わせしている。テーブル席に座りメニューを見ると、ラーメンは醤油と味噌の2種に、それぞれ具のバリエーションが4~5種。素直に行くなら筆頭の「醤油ラーメン」だが、店頭に貼り紙してあった「地鶏ラーメン」がナンとも気になる、気になる。

ほどなく運ばれてきた地鶏ラーメンは、美しく澄んだ醤油色のスープに端正に盛られた麺と具の数々。ナンとも美人=こりゃ旨いに違いなひっとワクワクドキドキ、レンゲでスープをひと啜りすれば、ふわりと広がるナンとも豊かな鶏ガラらしきダシのうま味。狙った感は一切皆無、ごくごく自然に、素直に旨いこのさまは、あたかも我が最愛醤油ラーメンの一軒「やっちゃんち」に相通じるものを感じる滋味。

そして合わさる麺がコレまた旨いっ。キリッと角が立った気持ち扁平の中細麺は、その形状通りにシュルッと小気味よく口へと収まり、コリッとムチッと解け、薫る小麦感。鯔背食感と味わい素朴感を併せ持つこの味わいは、ひょっとして「製麺屋慶史」の麺なのか??

加えてナンとも旨い具の数々。ひょっとしてダシを取るのにも使っているのか?老鶏らしいコリッとキシキシ食感の地鶏肉は、噛みしめるほどに広がるうま味が半端ない。あぁやっぱり、地鶏ラーメンを頼んで正解だったなぁと、シアワセ噛みしめつつ、ゆるゆる完食。

開店当時は昼も営業していたようだが、店内に貼られた案内によると、現在は夜7時からの営業となっているようだ。そしてメニューにはラーメンに加え、「とりかわ」や「はまぐり酒蒸し」など惹かれるアテもずらり。我が家から遠いこの店はナカナカ叶いそうにないが、チョロッとラーメン屋酒を楽しんで、〆には「さらさらラーメン」なる惹かれるメニュー名のラーメンを啜ってみたいぞっ。

【ラーメン匠】

地鶏ラーメン700円
福岡県糟屋郡粕屋町若宮2-7-2
19:00~26:00・月曜&水曜休み(7月11日~13日は休み)Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン94●チャンポン9●中華麺13●うどん34 ●そば8●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 19:10

2016年07月07日 木曜日

●【ラーメン】麺屋はし本@早良区室見

終日社内勤務の午後、だいたいならば「RON」@西区石丸で「ぶっかけ担々麺」を啜るべくペダルを漕ぐも、ふと発作的に猛烈願望降臨。

旨ひ豚骨が、啜りたひっ……。

で、いとも簡単に予定変更し、「麺屋はし本」へ。

今年の春にオープンしたばかりの麺屋はし本は、「一骨入魂」@春日市に勝るとも劣らない、我がツボ新ラ店。加えてどなたかのブログ?でナンとも旨そうな辛子高菜の写真をみかけ、是非再訪せねばとチャンスを狙っていたのだ。

パチンコ店「玉屋」1階の一画にある麺屋はし本。正午過ぎに訪ねると、いかにも昼休憩らしきパチンコ客らしき人物は1~2名で、そのほとんどはココのラーメンを啜りに外から訪ねてきたらしき客。サラリーマンの二人連れや若者客。開店3ヶ月ほどだがしっかりと顧客がついているようだ。店を仕切るのは、まだ20代らしきウルトラ若き店主と、その奥さんらしき若き女性のふたり。元気に声を出し合いながらの活気ある仕事ぶりが、たのもしい。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、マットな生成り色のスープに旨さを確信。今回のお目当てである辛子高菜を別皿に取り、高菜と並ぶ壺から紅ショウガならぬ白ショウガをドンブリにのせ、戦闘態勢完了。

先ずはスープとレンゲでひと啜りすれば、脂は最小限、コクッと広がるダシのうま味と、その味わいの輪郭を丹念に描き出す元ダレの風味。いやぁ旨い、こりゃしばらく辛子高菜ナシでスープ本来の味わいを堪能したひっ。

そして、合わさる麺がコレまた旨いのだ。気持ち扁平した細麺は、シュルルと小気味よい啜り心地と、コリッとサクッと、のちムチッとネチッと。ナンとも悦楽な食味にもう夢中。白ショウガの爽やか辛味がナイスなサポート、イヤハヤ旨いと一気瞬食し、早々に替え玉コール。漬け辣油が多めの辛子高菜をドーピングすれば、極上麺と辣油のあま味辛みと高菜のうま味。イヤハヤやっぱり我がツボなラーメンだなぁとウットリ完食。

【麺屋はし本】
ラーメン650円+替え玉150円
福岡市早良区室見5-1-24 玉屋室見店1階
11:00~23:00・不定休 Pあり(玉屋室見店駐車場を利用可)

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン9●中華麺13●うどん34 ●そば8●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:04

2016年07月06日 水曜日

●【そば】生粉蕎麦 玄@中央区天神

どなたかのブログ?twitter??で惹かれた「生粉蕎麦 玄」の夏季限定創作蕎麦「桜海老のちらし揚げ」は、冷蕎麦に桜海老の姿揚げと大根おろしにレモンの皮のスライスがトッピング。蕎麦猪口で供された冷ツユをぶっかけて、ズルルと啜れば、コリッと小気味よいコシの蕎麦とサクッと香ばしい桜海老に、大根おろしとレモンの爽やかさを、気持ち甘えのツユがまとめる、ひゃっこい美味名作。

こりゃ旨いなとズルズル啜る、啜る、啜れども、ナカナカ蕎麦が減らない、無くならない。そうかそうか、ここ玄は押し出し式の蕎麦打ちマシーンで効率的に切り立て&揚げ立て蕎麦を提供することで、どエラク安くて旨い蕎麦がタップリと楽しめるのだった。なのに、久方ぶりでウッカリ大盛り蕎麦を頼んだ我の愚行が原因か。

コレだけチャンと旨くて、コンナに食べ応えがあって、価格はナンと580円?!ナンとも魅力的な大衆蕎麦名店だなぁとこのエントリーを上げるにあたりgoogleってみると、ナンと今月、我が日常行動範囲内の西区姪浜に新たな支店をオープン予定?!しかも長浜本店同様に蕎麦屋酒も楽しめる??!!こりゃオープンが楽しみ楽しみっ。

生粉蕎麦 玄】長浜本店
桜海老のちらし揚げ 蕎麦大盛り580円 ※季節限定
福岡市中央区長浜1-2-24
11:00~22:30・年中無休 Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン92●チャンポン9●中華麺13●うどん34 ●そば8●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 11:50

2016年07月05日 火曜日

●【ラーメン】ラーメン力@早良区飯倉

福岡市から佐賀県へと抜ける早良街道沿いに真新し緑の暖簾。北九州市の超人気ラーメン店「力」がトレードマークである緑の暖簾を引っさげて、今月1日、福岡市へ進出オープン。

ブログによると、力本店で修行し暖簾分けしてもらった若き店主がオープンさせたらしい。至って簡素なインテリアの店造りこそ師匠店ゆずりだが、入口左手の簡易な食券販売機のメニューボタンはラーメンと替え玉のみと」。メニューを極限絞り込んでの営業開始のようだ。

店主ひとりで&開店数日でまだまだ熟れぬオペレーション、待つことしばし、差し出されたラーメンは大振りのバラ肉チャーシューが如何にもラーメン力。先ずはスープとひと啜りすれば、ポッタリ・ポタージュ状の口当たりとともに、まるんっと広がるコラーゲンなあま味と、一足遅れて顔を出す豚骨ダシの軽やかな旨味と、ふわりと鼻へ抜けるスモーキーな風味。味わいのベクトルは限りなくラーメン力なのだが、より軽く甘いポタージュ感が印象的。

合わさる麺は絶妙アルデンテ。コレだけポタージュなスープだけに、キチンと密にスープを絡め取りつつ口へと収まり、コツンッと弾けるコシと小麦風味。

ラーメン力らしいドカンと重ための力強いうま味を踏襲しつつも、現在の自分の力量をわきまえつつ、新たな旨さを追求する真摯なラーメン作りの姿勢に思わず感服。北九州市発のラーメンが、ココ福岡市でどのように変化し、どのように独自の旨さを追求するのか?はたまた師匠店に忠実な旨さに収束していくのか?今後の味わいの変化が楽し旨そうなラ店が、また一軒。

【ラーメン力】福岡店
ラーメン600円
福岡市早良区飯倉2-1-11
11:00~14:30&18:00~23:00(スープが無くなり次第終了) Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン92●チャンポン9●中華麺13●うどん34 ●そば7●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:12

2016年07月04日 月曜日

●【中華麺】長浜将軍@南区西長住

正にうだる様な暑さ。で打ち合わせ移動中、昼麺は「長浜将軍」長住店に決定。福岡冷やしラーメン好き王ブログで惹かれた「冷やし雲呑麺」をばイザ啜らんっと訪ねると、座ったカウンター席に立てられた卓上メニューに「酸辣湯麺780円」。

てっきりラーメン専門店と思い込んでいた長浜将軍長住店だが、ラーメン以外にも昼の定食メニューに、夜は居酒屋メニューなど、溢れんばかりに豊富なメニュー。そして我は真性酸っぱ麺フェチ。この店の味力の真髄を楽しむには、ラーメンから遠いメニューを食べるのが王道か?など一人言い訳しつつ「すんませ~ん、酸辣湯麺をくださ~い」。

ホール担当及びカウンター奥の厨房も、働くひとは全て女性。ナルホドこりゃ営業スタイルのシステム化が完成した企業系飲食店なのか、などアレコレ妄想しつつ待つことしばし。運ばれてきた酸辣湯麺は、あたかもカレー皿のような気持ち底が深い平皿に、コレでもかと盛られた大盛りが、適度に演出but馴染みやすい大衆性も感じる、絶妙ラインの出来上がり。

先ずはスープとひと啜りすれば、スープはひょっとして豚骨ラーメンのスープと共用なのだろうか?酸っぱ辛さのすぐその後を追ってくる、気持ちミルキーなダシのうま味がイイねイイね。

合わさる麺は中太縮れ。ビチビチ躍る啜り心地とコリッと硬揚げのアルデンテ食感。コレはコレでオモロ旨いがナニせロートル麺喰いの悲しさか。我が好みは、ま少し柔揚げ。とは言いつつもコレでもかとアレコレ調理された具だくさんトロミあんとじのご馳走感が半端なくて、結果、食べ終えたときの満足感はすこぶる高い。

いやぁ全く上出来。チャンと旨い一杯に大満足!と精算すると、メニュー書きの表記は780円なれど、それは税抜き価格。で、842円を払う。やっぱり大衆食の代表選手的イメージが強い麺料理は、内税表記が基本かと。

【長浜将軍】長住店 
酸辣湯麺842円 
福岡市南区西長住1-8-36 
11:00~24:00・不定休 Pあり ※HPより転載

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン9●中華麺13●うどん34 ●そば7●その他12 
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:37 | Comments [0]

2016年07月03日 日曜日

●【ラーメン】ラーメン樹@熊本県熊本市

おぉっと2週続いて休日出勤…。でも熊本日帰り出張だし、ピンチをチャンスに!で「ラーメン樹」。福岡市と同じく豚骨帝国だった熊本市に昨年オープンした非豚骨ラーメン店だが、巷の麺ブログが地味に高評価=コレってドンズバ我がツボなラーメンなのでは!?と惹かれていた宿題店である。

突如降りしきる豪雨の中、正午過ぎに訪ねると、こぢんまりした店内には先客数名。なれど次から次へとポツポツ続く来客。客席はどこか「麺匠 明石家」@福岡県北九州市チックなL字カウンター席のみ。奥の厨房で一心不乱にラーメン作りに取り組んでいる店主らしき若者の仕事ぶりに惚れ惚れしつつ、入口すぐの食券販売機に向かえば、ラーメンは「中華そば」と「鶏豚骨」×それぞれ塩と醤油の計4種。ボタン筆頭の中華そば醤油としばし迷うも、我が好みは醤油より塩。で、「中華そば(塩)」のボタンを押す。

L字カウンター奥のオープンな厨房での、店主らしき若者の丁寧な仕事ぶり&漏れ薫るダシの香りにウキウキ惚れ惚れしつつ待つことしばし、ラーメンが運ばれてくる。美しく黄金色に澄んだスープと丁寧に盛り付けらた具の数々に、旨さの予感が確信に。

先ずはスープと一啜りすれば、魚介ダシの風味のすぐその跡を追ってくる獣ダシの円やかなうま味。卓上蘊蓄書きによると「国産丸鶏、鶏ガラ、モミジ、背ガラとたっぷりの魚介から抽出した和風出汁を合わせ、弱火でコトコト煮だし、鶏の旨味と野菜の甘味を封印させた黄金スープです」との事。えっ、ここは熊本か?てっきりお江戸かと?!的、至極洗練された地味に一発ノックダウン。

そして、とどめは麺。細めの中太ストレート麺はスラスラと唇を擽りつつ口へとおさまるベルベット食感は、正にカノ名ラ店「黒門」@福岡県北九州市。この麺なら存分に滋味スープを堪能できるぞと、ウハウハ満足。加えて大振りながら端正な味わいのチャーシューとシナチクに、シャキッと青々しいホウレン草に磯の香満開の海苔と、名脇役がキチッと脇を固める心強さ。

イヤハヤ好きです、このラーメン。今やラーメンは熊本がオモしろ旨いっ。今月半ばからは「九州観光周遊ドライブ」なる九州自動車道割引サービスも始まることだし、ここ樹を始めアレコレと熊本の元気ラーメンドライブをば楽しみたひっ。

【ラーメン樹(いつき)】 
中華そば 塩 680円 
熊本県熊本市東区保田窪5-9-83 
11:30~15:00&18:00~21:00・木曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン9●中華麺12●うどん34 ●そば7●その他12 
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:45

2016年07月02日 土曜日

●【ラーメン】ろくでなし@福津市中央

毎度名作な期間限定ラーメンが楽しめる「ろくでなし」。発売されてから早2ヶ月近く、ボチボチ次の期間限定麺と切り替わるのでは?とドキドキ訪ねると……、良かったぁ間に合ったぁ!メニューにしっかり「鶏白湯」の文字。

待つことしばし、運ばれてきたドンブリは腰高タイプのイマドキな器に、コンモリ盛られた白湯と、目に鮮やかなアオサの緑と玉ねぎの白。いやぁ美しいね、美人だねぇとテンション上がりっ放しでスープを一啜りすれば、口当たりはアッサリなれどクイックイとフック感ある鶏ガラだしのうま味あま味。脂のあま味にたよらずダシ勝負。プラス、アオサから滲む魚介ダシのうま味も相まって、ソリャもう旨い旨いっ。

合わさる麺は中太ストレート。シュルッと小気味よい啜り心地と、コキッと固揚げの小麦感ある風味が、ダシ勝負のスープとピシャリはまるはまる。加えて温スープに解けたアオサのヌラッとあま味と、玉ねぎのシャクシャク甘辛味と、アオサの下に隠れていた厚切りチャーシューのモッチリ美味。

別の小皿で供された辣油も粗切りのニンニクや生姜、ゴマなどが一時期巷で大ブレークした食べる辣油チックの力作。なれど、この美味ラーメンにこれ以上のうま味は我には不要。もう一口、更に一啜りと旨しスープをズルズルと。

ろくでなし
鶏白湯680円 ※期間限定
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み) Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン92●チャンポン9●中華麺12●うどん34 ●そば7●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 12:57

2016年07月01日 金曜日

●【ラーメン】博多元気一番!!@中央区春吉

先月1日は博多ラーメン界に2大事件勃発。ひとつは「元祖長浜屋直系の一軒が遂に帝都・長浜を巣立ち、旧博多部へ移転」。そしてもうひとつは「スープの味が命!まずはスープからお召し上がりください、が店のポリシー。最初から辛子高菜をのせて食べようものなら即退店を強いられるカルトなラーメン店「元気一杯」がセルフパロディ?!辛子高菜ラーメン専門の姉妹店を出店」。

まず屋号からして堂に入っている。元気一杯ならぬ元気一番。しかも「!!」とダブルコーテーション付きの「博多元気一番!!」。更に「春吉1丁目1-1店」と続く。そして店頭には元気一杯が営業中であることを示す唯一の目印である青バケツが下がっている。が、合わせてド派手な「とんこつ」幟が猛烈に営業中をアピール。

「いらっしゃいませぇ~!!」

店に入ると元気一杯同様にコレでもかと元気溌剌な声に迎えれる。示されたカウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンは「たかなラーメン」と「たかななしラーメン」がいずれも750円。パロディ返しで、たかななしラーメンを啜るのも一興か?いやいやお初のラ店は基本メニュー、たかなラーメンを頼む。「麺の固さはいかがしますか?そして辛子高菜の辛さは?」。では、普通の中辛で。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは見るからにコラーゲン感満載のスープに、ロートル麺喰いオヤヂは腰が引けマクリ(^0^;)。先ずはスープとレンゲで一啜りすれば、Yes! This is TORN TORNな豚骨ポタージュ。熱々トロトロな口当たり然り、あたかもトウモロコシのようなホックリしたあま味が全開な味わい然り、コレって限りなくポタージュスープ的うま味あま味。

合わさる麺は、くにゅんっと躍るコシがチョイとクセモノ。トロントロンなスープをコレでもかと絡め取りつつ、ジュルルゥと口に収まる様がインパクト大。で、肝心の辛子高菜だがコレが思いの外、良くも悪くも普通味。高菜本来の味わいよりも、漬ける段階での漬け汁のうま味が勝った明快味+それに軽く唐辛子をまぶしたぐらいの辛味ゆえ、店頭看板の「名物たかなラーメン」の文字は、チト???

替え玉には「普通の替え玉150円」に加え「カレー味替玉」なる、とことんスープの味を変えてしまいそうなものまでラインナップ。更に巷の麺ブログによると、高菜を最初からラーメンにのせず、別皿で欲しいと頼んだところ「それは出来ません!」とキッパリ断られたとのこと。ここまでとことんセルフパロディな売り方はナンとも愉快。ならば次回はたかななしラーメンを啜ってみるか?!

【博多元気一番!!】春吉1丁目1-1店
たかなラーメン750円
福岡市中央区春吉1-1-1
11:00~23:00 Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン91●チャンポン9●中華麺12●うどん34 ●そば7●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 13:18