2016年07月07日 木曜日

●【ラーメン】麺屋はし本@早良区室見

終日社内勤務の午後、だいたいならば「RON」@西区石丸で「ぶっかけ担々麺」を啜るべくペダルを漕ぐも、ふと発作的に猛烈願望降臨。

旨ひ豚骨が、啜りたひっ……。

で、いとも簡単に予定変更し、「麺屋はし本」へ。

今年の春にオープンしたばかりの麺屋はし本は、「一骨入魂」@春日市に勝るとも劣らない、我がツボ新ラ店。加えてどなたかのブログ?でナンとも旨そうな辛子高菜の写真をみかけ、是非再訪せねばとチャンスを狙っていたのだ。

パチンコ店「玉屋」1階の一画にある麺屋はし本。正午過ぎに訪ねると、いかにも昼休憩らしきパチンコ客らしき人物は1~2名で、そのほとんどはココのラーメンを啜りに外から訪ねてきたらしき客。サラリーマンの二人連れや若者客。開店3ヶ月ほどだがしっかりと顧客がついているようだ。店を仕切るのは、まだ20代らしきウルトラ若き店主と、その奥さんらしき若き女性のふたり。元気に声を出し合いながらの活気ある仕事ぶりが、たのもしい。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、マットな生成り色のスープに旨さを確信。今回のお目当てである辛子高菜を別皿に取り、高菜と並ぶ壺から紅ショウガならぬ白ショウガをドンブリにのせ、戦闘態勢完了。

先ずはスープとレンゲでひと啜りすれば、脂は最小限、コクッと広がるダシのうま味と、その味わいの輪郭を丹念に描き出す元ダレの風味。いやぁ旨い、こりゃしばらく辛子高菜ナシでスープ本来の味わいを堪能したひっ。

そして、合わさる麺がコレまた旨いのだ。気持ち扁平した細麺は、シュルルと小気味よい啜り心地と、コリッとサクッと、のちムチッとネチッと。ナンとも悦楽な食味にもう夢中。白ショウガの爽やか辛味がナイスなサポート、イヤハヤ旨いと一気瞬食し、早々に替え玉コール。漬け辣油が多めの辛子高菜をドーピングすれば、極上麺と辣油のあま味辛みと高菜のうま味。イヤハヤやっぱり我がツボなラーメンだなぁとウットリ完食。

【麺屋はし本】
ラーメン650円+替え玉150円
福岡市早良区室見5-1-24 玉屋室見店1階
11:00~23:00・不定休 Pあり(玉屋室見店駐車場を利用可)

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン93●チャンポン9●中華麺13●うどん34 ●そば8●その他12
◎7月の総ジョ グ距離0km / 通年32km◎

Posted by heno at 2016年07月07日 12:04