HENO HENO: 2016年10月 アーカイブ

2016年10月31日 月曜日

●【ラーメン】麺屋はし本@早良区室見

4ヶ月ぶりの「麺屋はし本」は、いよいよ旨さ倍増。

まずもって、スープが激旨いっ。しっかりと乳化した豚骨100%スープは、深いコクと豊かなうま味。脂感は気にならない。ひたすらマイルドに&円やかに&深いのだが嫌味は皆無。濃厚なのだがマイルド。一見ナンちゃナサげナレど、その実シッカリと進化形な極上豚骨スープに、エヘヘと頬が緩みっ放し。

合わさる麺もしかり。ムチッとモチッと歯にまつわる感あるオモロ食感で、スープとの絡みがバツグンに良好な、コレまた進化系。加えてチャーシューも開店当初よりイヨイヨ攻めてる感ありありの赤身レア仕様。そのまま囓ればモッチリで、熱々スープに漬け込むと、モチッとサクッと。食感を変えつつもその旨さは不変の、コレまた上出来美味。

麺屋はし本 
ラーメン650円+替え玉150円 
福岡市早良区室見5-1-24 玉屋室見店1階 
11:00~23:00・不定休 Pあり(玉屋室見店駐車場を利用可) ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン145●チャンポン11●中華麺19●うどん57●そば15●その他29 
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 19:37

2016年10月30日 日曜日

●【ラーメン】チャタリング2@朝倉市須川

日曜日限定営業の「麺屋こばやし」で、
スダチうどんを啜るつもりでハンドルを切っていると、

国道386号線沿いの畑に「ラーメン」の幟。
だが、周辺に店舗らしき建物が見当たらない…。

こりゃ気になるぞと車を駐めると…

ナントもざっくばらんな手書き道しるべ。
謎感満載の店舗にラオタの血が騒ぐっ。
コリャ楽しいぞっ、と麺屋こばやしからアッサリ予定変更し、店探し。

だが、手書き地図をたよりに車を進めるも、見つからない。
おかしいなぁと戻り、道しるべを今一度確認し、再度探訪。
先ほどは行き過ぎた「来光寺」バス亭近くの筋を右折するも、
行き止まりには「日吉神社」。

こりゃダメだ、いよいよ分からないと諦めて
バックで来た道を戻り始めると、
日吉神社脇で農作業をしていたお母さんが、
大きく手を振り我を招く。

「ひょっとしてラーメン屋に行きなさるとね?
この細い道を左折したら、すぐよ。」

お礼を言いハンドルを切ると…

目一杯手書きの営業時間を記した小屋。
ここが店舗なのか?と駐車し近づこうとすると…

左手に「ラーメン チャタリング」の看板が。
「徒歩30秒」との看板に励まされ、矢印通りに進むと…

民家の奥に「チャタリング2」の看板をあげた民家。
おっかなビックリ店内へ入ると、
手作り感満載の喫茶店風な店内に、寡黙な店主。

席座りメニューを見ると、筆頭の「ラーメン」に続き
カレーライスなど如何にも喫茶店チックなメニューが5~6種。


我が目当てのラーメンは、 
昆布だろうか?和テイストなダシが効いた、あたかも「黄そば」。 
太めの麺もイイ感じにヤワヤワで、イニシエ気分満載の独自な味わい。

 

食べ終えて精算時に尋ねると、 
もとは国道386号線沿いで営業していたチャタリングだが、 
その場所にローソンが開店するのに伴い、 
自宅横の現店舗に移転されたのだとか。

ここ朝倉地区は「天下一品」もあるし、 
今や秘境&民家系ラーメン店の宝庫と化する!? 
麺屋探しの楽しさを堪能し、ご馳走様と店を出る。

【チャタリング2】 
ラーメン500円 
朝倉市須川2649 
11:30~21:00 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン144●チャンポン11●中華麺19●うどん57●そば15●その他29 
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 13:30

2016年10月29日 土曜日

●【うどん】めん天@北九州市若松区

福岡のごぼ天うどん #32

  • ​うどん:幅3ミリ×厚さ1.5ミリほどの扁平角麺・揚げたて
  • ごぼう天:長さ8センチ幅2センチ笹切りの限りなく姿揚げに近いかき揚げ
  • ネ ギ:豊前裏打会王道の斜め切り小ネギが最初から、適量
  • 薬 味:豊前裏打会オリジナル辛味「黄金」「おしどり」「黄柚子ごしょう」に、天かす

ソリャもうキチンとアッツ熱なスメは、華美感のない実直ほっこりなダシのうま味がドンズバ我がツボ。

うどんも然り。豊前裏打会には黄色がかったうどんと白みがかったものの2タイプがあるが、めん天は白みがかったタイプで、ぷるぷる、ぷにゅんっと、楽しいコシとヒキに加え、小麦感を感じる素朴な風味がコレまた我がツボ。

豊前裏打会名物のフリスビーごぼ天も、衣が最小限でカリッとジャクッと。食べ進むうちにこぼれた衣と揚げ油でスメの味わいがダルンッとねまる事も無く、最後の一滴までズズッと完食。

同じ敷地にはラーメン名店「南京ラーメン黒門」が営業する、正に麺天国に今月上旬にオープンした「めん天」は豊前裏打会の新う店。

野武士軍団を標榜する同会は、うどん麺作りのセオリーのみ共有すれば、商品作りは各店各様、それぞれに創意工夫を凝らした店造りが味力。

めん天も新店んがら、他店では見かけない天かすのサービスを実施。オペレーションが熟れてくれば、オリジナルメニューのうどんも発売か?今後が楽しみな新う店が、また一軒。

夜は「南京ラーメン黒門」の持ち帰りラーメン。
店舗で啜る営業時間早めのフレッシュ淡麗豚骨スープとは
一味違ったダシの効き&脂のあま味が、コレまた絶品。

めん天】 
ごぼう天うどん550円
北九州市若松区青葉台南3-1-6
水曜休み Pあり ※要確認

南京ラーメン黒門】 
持ち帰りラーメン600円 
北九州市若松区青葉台南3-1-5 
月曜&4th火曜休み(定休日が祝日の場合は翌日を振替休業)Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン143●チャンポン11●中華麺19●うどん57●そば15●その他29 
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 20:29

2016年10月28日 金曜日

●【ラーメン】長浜御殿 長尾本店@城南区長尾

諸事情あって、平日週末ながら家族揃って外食夕飯。我が最愛ホルモン焼き名店「ゴールデン食堂」@南区長丘で大感動。確かに東京には美味ホルモン店がてんこもり。なれど、我が住まう福岡市にもコレほど旨いホルモン焼きがあるシアワセを噛みしめる。

その後を考え気持ち控えめにオーダーしたこともあるが、家族3名でしっかり食べて飲んで、まさかの6000円アンダーとウレシ過ぎる格安感にも大感激しながら、〆はいつもの「長浜本店 長尾本店」。

ラーメンだけ啜るつもりが、
暖簾を潜った途端に薫り立つダシの香りにヤラれて、
厚揚げ&軟骨天をアテに芋ロック。

プクプク泡立つ豚骨カプチーノスープは
軽やかな口当たりとコクある後味。
そして、ダシのあま味とゴマの風味と胡椒&紅ショウガの辛み。
シュルッと小気味よく細麺啜れば、
ソリャもうあまりあるシアワセ。

【長浜御殿】長尾本店
ラーメン490円
福岡市城南区長尾1-10-11
11:00~24:30・不定休 Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン142●チャンポン11●中華麺19●うどん56●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎


Posted by heno at 20:06

2016年10月27日 木曜日

●【うどん】正ちゃんうどん@北九州市小倉南区

うどんのはなしを訪ねて ~その二十~

小倉南区の住宅街の一画に突如姿を現す、背筋がピンと伸びた店構え。その佇まいと、店脇の駐車場に車を止め降りた瞬間、ぶわっと薫り立つ醤油ダシの香りからして、既に名店。かれこれ10年ぶりかと、イイ感じに陽に焼けた暖簾を潜ると、午後1時過ぎの店内は先客4~5名が、それぞれに昼食を楽しんでいる。そして、もてなす3名は全て女性。柔らかく、それぞれの仕事をこなしている。ゆるゆると流れる寛ぎの時間こそ、老舗どぎどぎうどん店の魅力。

どぎどぎうどん=牛ホホ肉orッ牛スジ肉の角切りがてんこ盛り×濃口醤油で真っ黒なスメ。さぁて今日も啜ろうかと壁に張られたメニューを見ると「オススメ 豚バラ肉うどん」?!

待つことしばし、供されたうどんは両掌にすっぽり収まる小ぶりなサイズがナントも老舗。なのだが、表面に躍る長めの豚バラ肉があたかも大蛇。インパクトありありの見た目に惚れ惚れしつつ、卓上のおろし生姜&鷹の爪をドーピングし、戦闘態勢完了。

先ずはスメとひと啜りすれば、グインッと艶っぱくドライブする醤油カエシの密なるうま味。けへへぇ、コリャたまらんなぁと、うどんを啜れば、むっちり、むちんっと躍るコシ。以前食べた時より強めのコシはたまさかか?それとも更なる味わいを目指した確信か?!

ムチッとほどける豚バラ肉の甘味と生姜の爽やかな辛味と、鷹の爪。加えて別の小皿で供される切り干し大根ぬか漬けの、クセあるうま味。様々な味わいの足し算、掛け算が醸す独自の旨味こそ、どぎどぎうどんの味力。更なるうま味を目指し、新メニューにチャレンジする老舗の心意気に心底惚れ惚れ。

正ちゃんうどん
豚バラ肉うどん600円
北九州市小倉南区長行東1-11-3
7:00~17:00・月曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン141●チャンポン11●中華麺19●うどん56●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎


Posted by heno at 12:51

2016年10月26日 水曜日

●【ラーメン】博多一風堂@西区姪浜


博多一風堂 selected ramen in 2016 in Autumnは、「味噌白丸」「茸薫るベジ麺」「博多淡麗中華そば」に、この「博多肉そば」。

「2012 年に期間限定で発表した“肉食系ラーメン”の進化版。​​甘辛いタレで煮込んだ豚肉 110gと温泉玉子を大胆にトッピングしました。ガッツリいきたい時、スタミナをつけたい時、一杯で満腹になれる豪快な豚盛りラーメンです。」

「定番の博多絹ごしとんこつスープに、パンチの効いた豚煮込みのタレが溶け込みます。温玉を溶かすとさらにらろやかに。」「赤丸と同じ角刃麺線22番。弾力のある噛みごえに、スープや肉の旨味がしっかり絡みます」「甘辛く味付けした特製のタレで煮込んだ豚肉の量はたっぷり110g。ごはんにのせるのもオススメ。」

さすが世界を股にかける正に世界一のラーメン店である博多一風堂。味わいの感想は正に、卓上に置いてあった蘊蓄書き通り。凄いな旨いな、でもロートル麺喰いオヤヂには、かなりボリューミーだなぁとウハウハ、アヘアヘ。レンゲで別に供された韓国唐辛子×辣油のタレで味わいの変化を楽しめば、あらあら不思議、先ほどの豊満感はどこえやら、ズルズルズズッと一気完食。

【博多一風堂】姪浜店
博多肉そば940円
福岡市西区福重5-4-14
11:00~24:00(金土祝前~25:00)・年末年始のみ休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン141●チャンポン11●中華麺19●うどん55●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:05

2016年10月25日 火曜日

●【ラーメン】ラーメン居酒屋 嵐@早良区田隈

運ばれてきたラーメンは大振りドンブリに、ツユダク&麺多め。チッキショー、男前だねぇ!と惚れ惚れしつつ、先ずはスープとひと啜り。アッツ熱の口当たりとともにジュワッと広がる脂のあま味と、すぐその後を追ってくるダシのうま味。この味わいは、いみじくも昨日啜った「ラーメン十八番」と同じベクトルなれど、今日のスープはよりダシ感強めのストロング・スタイル。

合わさる極細麺も、固さ普通で頼んだにもかかわらず、コキンッと弾けるコシが男前。加えて大判×気持ち厚切り豚バラ肉チャーシューの存在感あるうま味あま味。

かつては「えび天ラーメン」がウリの「丸八ラーメン」で、その跡は「幸せひとつ」なる屋号のラーメン屋だった店舗に最近開業した「ラーメン居酒屋 嵐」。我の後に入店した客と若き店主(?)とのやりとりから察するに、幸せひとつを切り盛りしていた雇われ店主だった若者が、独立して我がオーナーのラーメン居酒屋 嵐を開業したという事なのだろうか??昼間のラーメン屋営業より、夜の居酒屋営業の方が来店客が多いとのこと。地方の飲食店の実情を垣間見られる様なやり取りが身につまされつつ、ズルズル啜る。

【ラーメン居酒屋 嵐】
ラーメン550円 
福岡市早良区田村7-4 
◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン140●チャンポン11●中華麺19●うどん55●そば15●その他29 
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:15

2016年10月24日 月曜日

●【ラーメン】ラーメン十八番@早良区干隈

昨日、仕事の移動中に発見した「ラーメン十八番」。高い位置に掲げられた看板には「呼び戻しスープ」の文字。て事は久留米ラーメンか?!そして店舗入口横には、外へ開かれた焼き鳥持ち帰りカウンター。て事は、以前「ラーメン屋 游」の若き店主がその存在を教えてくれた新ラ店か??!!

午前1時前に訪ねると、ラーメン店舗部分は5~6席のカウンター席と、その奥に小上がり座敷。「いらっしゃいませぇ~!」と気配りが細かな、若き店長とホール担当の若き女性。

カウンター席に座りメニューを見ると、ラーメンは基本の「十八番ラーメン(スープ自慢豚骨ラーメン)」に「辛ネギラーメン(白ネギとスープの相性バツグン)」と「チャーシューメン(熟成チャーシューたっぷり)」。モチのロンで迷うことなく基本メニューをたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、ナルホド!久留米ラーメンお約束の小片の海苔が2枚添えられている。コリャいよいよコツンッとフック感ある呼び戻しスープなのか??とひと啜りすれば、えぇ?いやいや待て待て、コリャ博多ラーメン。軽やかな豚骨ダシのうま味と、トロンと重量感ある脂の甘味=ナントも豚豚しいこの味わいは、どこか懐かし感ある懐かし系王道豚骨。

合わさる麺は麺線短めの極細麺。シュルッと小気味よく&一気に口に収まる感が今風美味。そして、厚めに切られたチャーシューも然り。懐かし王道系の両手ぶらりん力石徹@あしたのジョー・チックと思いきや、ビミョーに今風チューンナップされた一杯が550円。いや、素晴らしっ!!

このエントリーに上げるにあたりgoogleってみると、どうやらお持ち帰り専門店  十八番」が手がける新業態店のうようだ。いやぁ旨い、この価格でこの味わいは大納得。是非とも次回はラーメン屋酒!

【ラーメン十八番】
十八番ラーメン550円
福岡市城南区干隈1-16-27 Pあり。

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン139●チャンポン11●中華麺19●うどん55●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:40

2016年10月23日 日曜日

●【中華麺】中華と炭焼き RON@西区姪浜

午後からの北九州市での打ち合わせを前に、サクッと昼麺。「博多一風堂」の秋の限定ラーメン4種のうちで、唯一未食の「博多肉そば」を啜ろうと姪浜店を訪ねると、店内には順番待ちの列が十数名…。これを待っていては仕事に遅れてしまうとサッサと諦め、道斜め向かいの「中華と炭焼き RON」へ転がり込む。

いみじくも、ここRONでも「肉そば」なる期間限定麺を販売しているはずだよなぁと卓上のメニューを眺めるも、見当たらない…。が、代わりに「プリプリえび塩湯麺」なる惹かれる期間限定麺のチラシを発見!

ほどなく運ばれてきたドンブリは、透明なスープに、大振りのエビの赤、溶き卵やタケノコの黄、青菜の緑に、キクラゲの黒が映え、ナントも美人。美人麺にハズレなしが我が麺喰い経験則、コリャ大当たりか?!ともんどり打ってスープを啜れば、アッツ熱の口当たりとともに優しく広がる鶏ガラらしきダシのシミジミ滋味。

合わさる麺は中太縮れ。プリプリと口で躍る様がナントも楽し。大振りのエビも卵白と片栗粉をまぶして揚げられているのか?トゥルントゥルンのプリップリ。加えて溶き卵のトロリンな甘味に、タケノコや青菜のシャキッシャキに、キクラゲのトゥルリン、パリパリ。そして、様々な食感と味わいのハーモニーをしっかりと下支えする鶏清湯の滋味。コレぞ、様々な具をドンブリ的に楽しむ中華麺の鑑。

中華と炭焼き RON
プリプリえび塩湯麺780円
福岡市西区石丸1-12-25
店内飲食は11:00~15:00&16:00~20:00は惣菜販売のみ・火曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン138●チャンポン11●中華麺19●うどん55●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:30

2016年10月22日 土曜日

●【ラーメン】博多担担麺 大吉@博多区博多駅前

豚骨博多の醤油ラーメン 八十三

自分の好みの麺屋を探すのに最も有効な手段は、口コミ。自分の好みと近い味覚を持つブロガーや食べログ・レビュアーを見つけて参考にさせて頂くこと。で、今日の昼麺は、我が信頼するtakuchan15904さんが高評価の「博多担担麺 大吉」の「醤油ラーメン」。

今年の3月にオープンしたという博多担担麺 大吉。麺メニューは豚骨スープで作るという「博多担担麺」に「チャンポン」「醤油ラーメン」「塩ラーメン」に「台湾ラーメン」の5種。「鶏ガラスープ、あっさりして」というキャッチコピー込みで塩ラーメンに惹かれるも、初志貫徹で「辛いのが苦手な方におススメ!!」という醤油ラーメンをたのむ。

待つことしばし、運ばれてたラーメンの、イイ感じに透明感を残す醤油色濃いスープに旨さを確信。こりゃタマランぞとひと啜りすれば、ギュインと広がる醤油ダレの醸造感ある風味と、鶏ガラらしきダシのうま味。外連味は一切ナシ、食材のうま味をしっかりと生かしきった豊かな味わいに、思わずムフフと頬が緩む。

合わさる麺は中太偏平縮れ麺。シュルシュルルと唇を滑る瑞々しい啜り心地がナンとも楽しい。チャーシューも脂身のないシットリタイプで、楽し食感の麺との相性抜群。コリコリのシナチクも囓りつつ、一気完食。

カミさんの頼んだ塩ラーメンも、ナントも素直&豊かな味わいで、「やっちゃんち」@中央区清川に相通ずるものを感じる。となると、他の麺3種も気になる、気になる。

【博多担担麺 大吉】
醤油ラーメン550円
福岡市博多区博多駅前3-5-23
11:00~15:00 17:30~23:00・日曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン138●チャンポン11●中華麺18●うどん55●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 11:25

2016年10月21日 金曜日

●【ラーメン】ラーメン博多玉@南区大橋

あぁ大橋も麺天国。

西鉄大橋駅西口のいつものコインパーキングに車を止め、左に行けば我がツボな醤油ラーメン店「久屋」。なれど、午後から大切なプレゼンを控え、昼麺は細麺の軽い食味で勢いを付けたいっと、右へ。目指すは、王道長浜豚骨ラーメンが楽しめる「博多玉」。

キチンとアッツ熱なスープは、軽やかな口当たりとともに円やかに広がるダシのあま味。合わさる極細麺のシュルッと小気味よい啜り心地と、コリッと小麦風味が、ナンとも気持ち良い。モチッと旨い薄切りチャーシューに、多めに盛られたネギが、味わいに奥行きを演出。ナンちゃナイけどキッチリ旨い、極上普通味豚骨ラーメンにウットリ完食し、よっしゃ、コレからのプレゼンを是が非でも勝ち取るぞっ。

【ラーメン博多玉】
ラーメン500円
福岡市南区大橋1-14-8
11:00~23:30・日曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン137●チャンポン11●中華麺18●うどん55●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:16

2016年10月20日 木曜日

●【うどん】琴平@中央区赤坂

福岡のごぼ天うどん #31

ソリャもうアッツ熱なスメは、あごだしだろうか?ぶわんっと広がる豊かなダシのあま味が半端ないっ。合わさる細めのうどんも、揚げ立てながらも良い感じにヤワヤワ&モチモチで、スメとの良く馴染み、これまたしっかり旨いっ。細め短冊切りのごぼ天のカリッとサクッと感が味わいの好アクセント。卓上のおろし生姜もドーピングし、キリッと豊かなうま味をまとめ上げ、ズルズル啜れば、お腹一杯、シアワセ一杯。

「琴平」なる屋号は如何にも讃岐うどん。なれど、豊かに旨いスメと、ヤワモチうどんがてんこ盛りは、福岡うどん。ずらりと並んだうどんドンブリメニューが、超優良な町のうどん屋さん。次回こそ通年販売のおでんんと酒を楽しんでみたひっ。

【琴平】
ごぼう天うどん550円
福岡市中央区赤坂2-2-47
11:00~21:00・月曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン136●チャンポン11●中華麺18●うどん55●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:19

2016年10月19日 水曜日

●【ラーメン】博多一風堂@南区塩原

「博多一風堂」の秋の限定ラーメン4種のひとつ、「博多淡麗中華そば」。「福岡・糸島の北伊醤油と鶏ガラ 100%の甘くスッキリとした清湯スープ」は、鶏ガラだしのうま味がそこはかとなく染みるシミジミ滋味。

合わさる麺は極細ストレート。シュルッと軽い食感と、ニチッと粘るヒキと小麦の風味が、滋味スープと絶妙な相性。「しっとりと炊き上げた自家製の鶏チャーシューをたっぷり 5 枚のせ、細かく刻んだ柚子皮は絶妙な風味のアクセント」。

博多一風堂】塩原店
博多淡麗中華そば790円
福岡市南区塩原3-21-4
11:00~24:00・年末年始のみ休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン136●チャンポン11●中華麺18●うどん54●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離8km / 通年44km◎

Posted by heno at 13:46

2016年10月18日 火曜日

●【ラーメン】福間ラーメンろくでなし@糟屋郡新宮町

飛ぶ鳥を落とす大躍進。2013年に福間町で開業した「福間ラーメンろくでなし」だが昨年に宮若市に2号店、そして今月1日ここ新宮町に3号店をオープン。

午後1時前に訪ねると、比較的広めの店内はほぼ満席状態。開店1ヶ月足らずでスッカリ人気店。僅かに空いたカウンター席に滑り込み卓上メニューを眺めると、呼び戻しスープの「こってり」と一番搾りスープの「あっさり」の2枚看板メニューに加え、「旨辛麺620円」。1号店が期間限定麺に、2号店は鶏白湯チャンポンと、各店それぞれにオンリーワンな麺メニューを配する店造り。

待つことしばし、運ばれてきた旨辛麺は、溶き卵とニラが表面を覆う見た目が、あたかも「辛麺屋 枡元」@宮崎市。先ずはスープとひと啜りすれば、ジュンッと押し出し感あるダシのうま味と豆板醤チックなピリ辛味。

合わさる麺は中太縮れ。固めの揚げ具合がゴチゴチと、パッコン味のスープに戦いを挑むアグレッシブ美味と、その諍いを納めようとトロリン甘い溶き卵。

店の勢いそのままに、ガツンと旨い一杯に感服。もともとラーメン居酒屋を唄う、ろくでなし。店の一角には焼酎五合瓶のキープ棚が置かれているし、いつの日かラーメン屋酒を楽しみたいな。

福間ラーメンろくでなし】新宮店
旨辛麺620円
福岡県糟屋郡新宮町下府3-18-1
11:00~24:00・水曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン135●チャンポン11●中華麺18●うどん54●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:57

2016年10月17日 月曜日

●【うどん】小麦冶@大野城市錦町

福岡のごぼ天うどん #30

  • うどん:幅3ミリ×厚さ2ミリほどの膨らみ感あるの角麺・揚げたて
  • ごぼう天:長さ10センチ幅3センチほどの笹切り姿揚げ
  • ネ ギ:小ネギが最初から
  • 薬 味:一味、柚子胡椒

以前よりカツオ節感が増した熱々スメに、モチモチ&プルプルなうどんの取り合わせで、以前より随分と食べ応えが増したポーション。「昆布だしメインのスメと、テロテロ&ヤワヤワなうどんが、小振りなポーション」なる我が博多うどんの定義がすると、この一杯は福岡うどん。ゴリッと旨いごぼ天とともに、ハホハホ啜り、途中、柚子胡椒を添えて味わいの変化も存分に楽しめて、価格はウレシ過ぎる330円。

「博多ラーメンはかたや」や「博多ラーメン膳」に「生粉蕎麦 玄」と安くて美味しい麺店をチェーン展開している昭和食品工業が手がけるうどんチェーン「小麦冶」。2002年に1号店として、ここ大野城店をオープンさせ、着々と支店を増やし、現在は福岡市を中心に12店舗を展開。

小麦冶の「冶」は、きちんと作るという意味を持つ漢字。しっかりと熟成させた生地を使い、打ち立て、切り立て、湯がきたての三立て製法で作るうどんに、5種の削り節と羅臼昆布で毎朝取るというダシがきいたスメで、かけうどんが170円と格安美味。

小麦冶】大野城店
ごぼう天うどん330円
大野城市錦町3-6-33
11:00~24:00・無休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン134●チャンポン11●中華麺18●うどん54●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:15

2016年10月16日 日曜日

●【ラーメン】ちくしの太閤ラーメン@筑紫野市永岡

かれこれ9年ぶりか、久方ぶりに「住吉ラーメン太閤」。先ずはスープとひと啜りすれば、軽やか美味なる味わいは前回と同じだが、さらに乳化感が増して、ナンとも円やかに甘いこの味わいは、どこか「しばらく」@早良区西新に相通じるものを感じるぞぉ。オッシャならばと、しばらくで必ずそうして食べるのと同じく、卓上の擂りゴマを山盛りにドーピング。円みスープにゴマのコクが加わりドンズバ我がツボな味わいに。いやぁ旨い、こりゃタマランと一気完食。

このエントリーを上げるにあたりgoogleると、あれれ?屋号が「住吉ラーメン太閤」から「ちくしの太閤ラーメン」に変わったのか?!


夜は東京からのお客さんと「中華菜 高福」@早良区西新で、打ち上げ宴会。ピータンやエビのクミン炒めなど以前からの料理に加え、最近力を入れているという鮮魚の蒸し料理など旨し一品と、他店ではナカナカお目にかかれない粕取り焼酎。自然と会話も盛り上がり、楽しい宴。オッシャ次回は平日夜、月曜~木曜限定販売の週替わり麺狙いで再訪だっ。

ちくしの太閤ラーメン
ラーメン550円
福岡県筑紫野市永岡1490
11:00~15:00&18:00~21:00・火曜日&第1・3月曜日休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン134●チャンポン11●中華麺18●うどん53●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 11:46

2016年10月14日 金曜日

●【そば】たかべん0番ホーム店@群馬県高崎市

関東出張最終日。早朝、群馬県高崎市でレンタカーを借り、長野県軽井沢へ向かい、ひと仕事。思っていたより時間が掛かり、午後3時前に高崎市に帰ってくる。

博多一風堂が手がけるうどん店「イチカバチカ」の高崎店で啜りたひっと思っていたが、早々に羽田へ向かわねば、帰りの飛行機に間に合わない…。で、駅前のレンタカー屋で車を返し、高崎駅の立ち食いうどん・そば店「たかべん」でサクッと昼麺。

駅弁「だるま弁当」で有名な高崎弁当が経営する立ち食いうどん・そば店である「たかべん」だが、ラーメンも置いてありラオタの間では結構な人気店なのだとか。しかし我が気分は「関東圏出張の楽しみは、駅で啜る立ち食い蕎麦」。季節限定販売という「舞茸天そば」をたのむ。

たのんでから僅か1分弱で供された舞茸天そばは、気持ち甘めの真っ黒スメに、小麦感満載の蕎麦が、ナンとも気分。ゴロッと大きくかき揚げされた舞茸天をほぐし、スメで温め直して頬張れば、シャクッと広がる舞茸のうま味風味。量も十分あって食べ応えもあり、価格は450円。早&安&旨な、コレぞJAPANESE Fast Foodの優れた一杯。サクッと平らげ、あたふたと新幹線に飛び乗り、羽田へ向かう。

【たかべん】0番ホーム店
舞茸天そば450円 ※期間限定
群馬県高崎市八島町222 JR高崎駅構内0番線ホーム
7:00~20:00・無休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン133●チャンポン11●中華麺18●うどん53●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 15:13

2016年10月13日 木曜日

●【ラーメン】蕾 煮干本家@埼玉県さいたま市

朝からの東京での仕事を終え、午後の現場である埼玉県伊奈町へと移動途中にサクッと昼麺。JR大宮駅西口に広がる飲食街の一角にある「蕾 煮干本家」へ転がり込む。

埼玉県きってのラーメン屋激戦区という大宮地区。駅周辺にも、あまたの人気店が軒を並べている。その中の一軒「蕾 煮干本家」は、同じく大宮駅近の「つけめん 蕾」のセカンドブランド。屋号通りに煮干しが効いた「つけ麺」や「中華そば」が啜られるとか。

我が目当ては汁麺の基本メニューである「中華ソバ」。なれど、開店僅か30分と言うのに既に完売とのこと。わぁお、ナンという人気ぶり?!店員のススメに従い、もうひとつの汁麺メニューである「本日のバリ煮干中華そば」をたのむ。

日替わりで使う煮干しを変えて提供するという「本日のバリ煮干中華そば」。「本日の煮干し 片口イワシと真イワシのブレンドです!!! 上品な味わいになってます。」との事。

まずはスープとひと啜りすれば、アッツ熱の口当たりともに、キンッと広がる煮干しのうま味。イワシ煮干し特有の金気こそあるが、ニボニボ感や苦みは皆無、正に上品に広がるダシのうま味がジェントル美味。

合わさる麺は中細ストレート。コリコリと弾けるコシと広がる小麦風味の素朴な味わいが煮干しスープと相性抜群。ネギと共に添えられたタマネギのみじん切りが、味わいに爽やかさをプラスして、最後の一本&一滴まで食べ飽きることなく、ズズッと完食。

夜は群馬県高崎市に泊まる。グルメ漫画「孤独のグルメ」でも紹介された通りに、高崎市のご当地B級グルメは「焼きまんじゅう」。それを模して作り上げたという「だるま餃子.com」の「焼きだるま餃子」は、カリッとモッチリな皮と、中華香辛料が効いた肉アンを、甜麺醤ベースのタレで食べさせる独創美味。高崎市の名刹「達磨寺」から商品名を付けたという若き店主。「個性あるこの餃子で、高崎市の存在を広く外へ知ってもらいたいんですよ!」と楽天で通販もしているのだとか。

確かに初体験の旨さだねぇ、いやいや旨いねと同行スタッフと盛り上がり、〆は中華そば。きっちり効いた鶏ガラのダシに映える甘めの醤油ダレに、かなり柔茹での中太麺のモッチリが染みまくりの味わいに、ほっこり癒やされ、さぁさ明日ももう一仕事ガンバンベェ。

【蕾 煮干本家】
バリ煮干しそば780円
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-159-2
11:00~15:30&17:30~23:00・日曜休み Pなし ※要確認

だるま餃子.com
中華そば ※価格失念
群馬県高崎市田町119-1
11:00~22:00・月曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン133●チャンポン11●中華麺18●うどん53●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 11:40

2016年10月12日 水曜日

●【ラーメン】博多一風堂@東京都台東区

横浜での仕事を終え、明日午前中の仕事に備え、東京へ戻り御徒町に泊まる。晩飯は、いつかは寄って&酔ってみたいと惹かれていた「やきとんま~ちゃん」。

お江戸やきとんの代表店の一軒「秋元屋」@中野区野方出身の若き店主が焼くやきとんは、ソリャもう旨い旨いっ。まず肉の鮮度が抜群で「ベンテン刺し」が悶絶ものの旨さ。かつやきとんもネタも大きく、かつ絶妙な焼き揚げ具合。なので、ソリャもう酒が進む進む。ホッピー発なか追加し、地酒経由の、〆にフローズンきんみやで、ソリャもう極楽美味。

良い感じに酔っ払い、フラフラと歩き向かったのは「一風堂」の上野広小路店。お目当ては、11月30日までの期間限定販売の4種のラーメンのひとつである「茸香るベジ麺」。この麺の販売店はここ上野広小路店含めた関東の5軒のみ。しかも、「​IPPUDO PARIS で大人気のベジタリアンラーメンが日本に凱旋!」(HPより引用)コレを啜らずして福岡市へ帰れるものか!

「ポルチーニなど数種の茸や野菜で出汁を取ったスープは、動物性の食材ゼロとは思えない深いコクを実現」とのことだが、正に然り。スッキリ&クッキリ旨い、あたかもコンソメスープ・チックなコクのある旨さは、仕上げのオリーブオイル(?)の成せる技か??

ニンジン色の平麺はパプリカを練り込んだものとのことだが、コツンッと小気味よいコシと共に豊かに広がる甘みはナルホド、パプリカパプリカ!加えてエリンギや、赤く丸い野菜はビーツだろうか?具の野菜の、それぞれの食感と味わいがコレまた豊かで、食味の満足感も高い。

そしてさらに「ブレッドジャンクション」@福岡市のパン、「リュスティック」まで付いていて、麺を食べ終えた後のスープに浸して囓れば、お腹一杯シアワセ一杯。

ポタージュ系のベジ麺は創作ラーメン作りの天才「行徳家」@福岡市南区で食べたことがあるが、コンソメ系ベジ麺は正に初体験、かつ驚きの旨さ。さすが世界の一風堂がフランス・パリへ出店の際、「鶏醤油」と2枚看板で売り出したメニューだなぁと感服しきりで一気完食。

博多一風堂】上野広小路店
茸香るベジ麺950円
東京都台東区上野3-17-5
11:00~26:00(金土祝前日~27:00)・年末年始のみ休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン131●チャンポン11●中華麺18●うどん53●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 22:10

●【ラーメン】唐そば@東京都渋谷区

2泊3日の関東出張。朝一番の飛行機で東京入りし、ドタバタと渋谷での仕事を終了し、横浜への移動の前にサクッと昼麺。JR渋谷駅に近い「唐そば」で啜る。

もとは北九州市の黒崎商店街のはずれで創業40年の老舗ラーメン店「唐そば」。1999年、代替わりの際、二代目の強い意志で黒崎の店をたたみ、ここ東京渋谷の駅前に出店。初代の父の味を受け継ぐラーメンに加え、豚骨魚介のつけ麺が大人気。店頭には「つけ麺」の幟が立ち、店内の客の7割はつけ麺を啜っている。

我が目当ては、モチのロンでラーメン。しっかり茶褐色に濁ったスープは、ギュギュッと豚骨ダシの風味が詰まりつつも脂分は控えめな、ド直球ストロング・タイプ。合わさる麺は中太だし、具に茹でモヤシはのっているし、ナルホドこりゃ北九州ラーメンだ。かつて一回だけ、黒崎の唐そばで啜った事があるが、確かにこんな味だったような気もするが、確証はなし。それよりなにより、北九州ラーメンチックな一杯が、ここ大東京で認められ、繁盛している様がナンとも嬉しい。

【唐そば】
ラーメン700円
東京都渋谷区渋谷2-22-6
11:00~23:00・無休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン131●チャンポン11●中華麺18●うどん53●そば15●その他29
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 13:35

2016年10月10日 月曜日

●【麺】美松コーヒー本店@東区香椎駅前

らうちた」でその存在を知り、いつかは啜りたひっと惹かれ続けてきた「美松コーヒー本店」のエスニック麺シリーズ。ようやっと念願叶っての来店、「エビ・チキン・アボガドのトムヤムクンヌードル」「チェンマイのカオソーイ風ココナッツヌードル」「タイの塩ヌードル・バミー」より筆頭のトムヤムクンヌードルをチョイス。

待つことしばし、運ばれてきた一杯は、ドカンとのったアボガドに、赤いスープにゴロゴロ浮いたエビと、正にメニュー通りの盛り付け。と思いきや、おやおやこの赤みがかった肉はチキン?それとも豚肉のハム??そして我が大好物のパクチーがどっさり盛られていて、麺喰いテンション上がりマクリっ。

先ずはスープとひと啜りすれば、思いの外エスニック度は低めで、ミネストローネにエスニック・フレーバーを軽くプラスした感じの食べやすい味わい。カフェが本業のこの店なので、自然多いと思われる女性客を意識した調理加減なのだろうか?

合わさる麺は中太縮れ麺。プリンプリンッと躍るコシがナンとも楽し。具のアボガドのモッタリ感との食感&味わいのコントラストが面白い。そして目一杯盛られたその他の具や、我が好物のパクチーのクセモノ風味も存分に楽しみつつ、まったり楽しむ休日午後のカフェ飯。

【美松コーヒー本店】 
エビ・チキン・アボガドのトムヤムクンヌードル(ライスorサラダ付き)750円 
福岡市東区香椎駅前1-14-19 
9:00~28:00(土曜11:30~28:00、日曜11:30~24:00) Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン130●チャンポン11●中華麺18●うどん53●そば15●その他29 
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:06

2016年10月09日 日曜日

●【チャンポン】味一番@中央区唐人町

福浜団地への入口に、ナンとも良い感じに陽に焼けた赤い暖簾が老舗の証。大村崑のオロナミンC、松山洋子のボンカレー、浪花千栄子のオロナイン軟膏と、レトロ三大看板に囲まれつつ、これから始まるソフトバンクホークスのクライマックスシリーズ第二試合に胸躍らせつつ、息子と戦況を予想しつつ啜る、底浅ドンブリに山盛り盛られたレトロ・チャンポンを啜るシアワセ。

【味一番】 
チャンポン650円 
福岡市中央区唐人町3-5-2 
水曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン130●チャンポン11●中華麺18●うどん53●そば15●その他28 
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 11:50

2016年10月07日 金曜日

●【ラーメン】一風堂@熊本県熊本市

先ずはスープとひと啜りすれば、トッピングに添えられたバターも加勢して、ナンともまるんっと円やかな味噌スープ。プラス、昨日啜った「元祖肉肉うどん」同様にコンモリ盛られたおろし生姜が味わいの好アクセント。シュルッと小気味よい啜り心地の中太ストレート×麺線極短な麺のコリッとラー麦的食感との鮮明なる味わいコントラスト。


「​​​​国内の一風堂62店舗で、秋の限定ラーメンの販売をスタートいたします。今回は「一風堂ラーメン名作選​」として、「博多肉そば」「味噌白丸」「博多淡麗中華そば」「茸香るベジ麺 from Paris」の4種類のラーメンをご提供(※各店1種類ずつの提供​となります​)。」九州では唯一、ここ熊本十禅寺店のみで提供されている「味噌白丸」は、「2014年・冬の限定ラーメンがグレードアップ。白丸のスープに数種の味噌をブレンドし、風味豊かでコクのある味わいに仕立てました。トッピングも豊富でボリューム満点。たっぷりのせたおろし生姜が身体を芯から温めてくれる芳醇な一杯です。」いやぁオモロイ、さすが一風堂。ならば、この白丸味噌含め4種提供されている今年の秋の一風堂限定麺を全制覇してみるか!?

一風堂】熊本十禅寺店
白丸味噌790円
熊本県熊本市南区十禅寺2-8-1
11:00~25:00・年末年始のみ休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン130●チャンポン10●中華麺18●うどん53●そば15●その他28
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 15:00

2016年10月06日 木曜日

●【うどん】元祖肉肉うどん@太宰府市水城

かれこれ4年ぶりか、久方ぶりに訪ねると、以前は製麺機が置かれていた小部屋がテーブルが置かれた個室に変わっている?!チェーン店舗のほとんどが冷凍うどんと思しき麺を使っている「元祖肉肉うどん」で唯一、自家製麺が楽しめる店だったのに…、とトホホ気分だったのだが、待つことしばし、運ばれてきたうどんは、ムッチリモッチリ、素直&深いコシとヒキが、うっとり我がツボ!

そして何よりグインッと醤油カエシがきいた真っ黒スメと、むっちり旨い牛スジ肉と、こんもり大盛りしてみらったおろし生姜。いやぁ旨いっ、やっぱり旨い!やっぱり我にとって元祖肉肉うどんは、ここ太宰府店に限るっ。

元祖肉肉うどん】太宰府店
肉肉うどん650円
太宰府市水城3-4-6
11:00~23:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン129●チャンポン10●中華麺18●うどん53●そば15●その他28
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:39

2016年10月05日 水曜日

●【うどん】福岡屋@博多区中央街

福岡のごぼ天うどん #29

  • うどん:幅3ミリ×厚さ2ミリほどで膨らみ感があり
  • ごぼう天:長さ8センチほどの両端皮付き短冊切り姿揚げ、揚げ立て
  • ネ ギ:小ネギが最初から、適量
  • 薬 味:干し海老入り天かす

熱々のスメは、昆布ダシがメインと思われる、シミジミ滋味。塩加減も軽めの我がツボタイプで、ツイツイ、もうひと啜り、更にひと啜り。うどんも、むっちりと深いコシと噛み込むほどに広がる小麦の風味が、コレまたタマラン旨いっ。

さらに、こんもりと盛られたゴボ天は、両端に薄く皮を残すよう切られた効能か、囓ったときのジャクジャク感に加え、ナンとも豊かな土の香りがググッと我がツボ。かつ、細長短冊形状の姿揚げなので、くどさもなく、ウドンとスメとの一体感も秀逸美味。

加えてうどんと共に供される「干し海老入り天かす」を加えれば、ソリャもう豊かなうま味とコク。これだけ旨くて、食べ応えも十二分にあれば、「ごぼう天うどん」が600円も十二分に納得価格。

今年の4月、JR博多駅前再開発に伴い出来た、新規地下街のフードコート「駅から三百歩横丁」にオープンした福岡屋は、かの超人気チョイ飲みうどん居酒屋「二○加屋長介」@中央区薬院の「釜喜利」@中央区大名に続くサードブランド。

丁寧な作りで付加価値を付けたのうどんを、相場より高値で商う経営スタイルに、ふと、かつての一風堂を思い出す。なんでも、来月と新年早々に立て続けて東京へ2店舗出店予定という二○加屋長介。福岡発の全国区うどん店と成る日も近い?

【福岡屋】
ごぼう天うどん648円
福岡市博多区中央街8-1 JRJP博多ビル B1F
11:00~14:30&16:30~24:00(土日祝 11:00~24:00)・無休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン129●チャンポン10●中華麺18●うどん52●そば15●その他28
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:04

2016年10月04日 火曜日

●【麺】游@城南区荒江

四季の移ろいに合わせ名作限定麺をリリースする「游」の最新作は、ナンと汁なし油そば?!待つことしばし差し出されたドンブリには、釜揚げ熱々平麺とタレに、こんもり多めの豚ソーキ肉(?)に、游定番のタマネギ、太もやし、海苔、黄身に、イリコの粉末。

ドンブリの底へと橋を突き立てグリグリと麺と具を和えれば、瞬間猛烈に薫り立つイリコ魚粉の薫りに一発ノックアウト。

コリャたまらんっとズルリひと啜りすれば、醤油タレの風味と、タレに使っていた紅ショウガの辛みと、黄身の甘み、イリコの風味に、タマネギシャキ辛甘、太もやしのパリっに、ソーキ肉のモッチリ、平麺のプルプリンと、ソリャもう半端なく重層的な様々な食感&味わいのシンフォニーに、もうクラクラ。

元来汁なし麺はあまり好んで啜らないので、巷の油そばとして旨いのかは皆目見当が付かないが、単純に一麺料理として喰らえば、いやぁビックリ、こんな麺の喰らい方もアリアリ、アリ!コリャ試しに他の店でも果敢に油そば啜りコレクションでもしてみるかっ!?

ラーメン屋 游 
油そば750円 ※期間限定 
福岡市城南区荒江1-23-27 
11:30~15:00&17:30~23:00・木曜日休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ) ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン129●チャンポン10●中華麺18●うどん51●そば15●その他28 
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:00

2016年10月02日 日曜日

●【ラーメン】博多豚骨 麺屋蓮々@宗像市宮田

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン 番外編

4年前にオープンしたらしき「博多豚骨 麺屋蓮々」。屋号通り豚骨ラーメンがメインの店だが、「鶏白湯ラーメン」もカナリ旨いとのInstagramに惹かれて訪問。

住所を頼りに訪ねると、宗像市の、緑の稲穂がたわわに実る田園風景の中に、ぽつりと真っ黒な外観。こりゃナンだか厳ついぞと、おっかなびっくり扉を開けると、そのイメージとは180度真逆な、ふくよかな店主の優しい笑顔。

席に座り壁に張られたメニューを見ると、「数量限定 鶏白湯ラーメン800円」。メインの豚骨ラーメンは550円と普通だが、鶏白湯はエラク高額?!

ナニせお初のラーメン屋だし、ならば豚骨ラーメンに予定変更??
いやいや虎穴に入らずんば虎児を得ず、初志貫徹で鶏白湯だっ。

カウンターに大皿で供されていた惣菜から「ピリ辛もやし」と「辛子高菜」を小皿で取りつつ、待つことしばし。運ばれてきたラーメンは真っ白なドンブリに美しく白濁した鶏白湯にネギの白と緑が、ソリャもう美しいのなんのっ。美人麺にハズレなしが我が麺喰い経験則、コリャ期待出来そうだともんどり打ってスープを一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、ナンとも軽やか&円やかに広がる鶏ガラだしの滋味。

外連味の一切ない、ひたすら素直に鶏味美味なるそのあま味に、一発メロメロ。よほど贅沢に鶏ガラを使い、かつよほど丁寧にスープを取られているのだろう。この味わいなら800円は超納得価格。

合わさる麺はカナリ細めのストレート。かつ麺線も短めで、ススッと啜った第一印象は、絶品スープに対してチト物足りなさを感じる。中太の縮れ麺なぞ合わせて啜りたひっ、と食べ進んでいくとアラ不思議?

いやいや、この細麺が正解かも…。うんうん、このウルトラ素直な鶏白湯は、ウルトラ細麺で多くからめとりつつ食べるのが大正解!シャキッとピリ辛のネギと、最初からふられた黒胡椒が、まさに絶妙薬味。、なのだが「ピリ辛もやし」と「辛子高菜」は、この滋味スープの邪魔をしそうなので後回し。あぁ旨いコリャ旨いと、うはうは完食。

同行のカミさんから一口もらった豚骨ラーメンもコレまた我がツボ、おっしゃ豚骨ラーメン狙いで近々再訪決定だっ。

【博多豚骨 麺屋蓮々】
鶏白湯ラーメン800円
宗像市宮田1-8-10
11:00~15:00&17:00~22:00・水曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン129●チャンポン10●中華麺18●うどん51●そば15●その他27
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:24

2016年10月01日 土曜日

●【ラーメン】しる商人@田川市夏吉

白濁豚骨博多の鶏白湯ラーメン 番外編

様々な創作ラーメンを入れ替え提供する「しる商人」の最新作は「鶏白湯塩らーめん」。と言っても、運ばれてきたラーメンは、茶褐色のスープが醤油ダレ強めの豚骨ラーメン・チック。

こりゃ面白いなぁとひと啜りすれば、おそらく丸鶏に加えモミジもタップリ使ってあるのか?グインッと押し出し感のある鶏ガラだしのうま味と、元ダレの気持ち強めの塩気が、スパッと切れ味鋭い鯔背味。合わさる麺は中太縮れで、プリンプリンの、モッチモチ。量も多めで食べ応えも十分あって、お腹一杯シアワセ一杯。

しる商人
鶏白湯塩らーめん650円
田川市夏吉1424-5
11:00~15:00・火曜休み(祝日の場合は翌水曜日) Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン128●チャンポン10●中華麺18●うどん51●そば15●その他27
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年36km◎

Posted by heno at 12:59 | Comments [0]