HENO HENO: 2016年12月 アーカイブ

2016年12月31日 土曜日

●【ラーメン】一九ラーメン@南区老司

和の美学のひとつ、ハレとケの概念が全く無くなってしまったように思える昨今。祭事はともかく、四季折々の行事を尊ぶ風潮が年々薄れる中、どっこい、博多にゃ鯔背なラ店が現存する誇り。

午後1時前という時間帯もあろうが、店頭には順番待ちの列。きっと多くの常連客、大晦日恒例のこの店の一杯を楽しみに並んでいらっしゃるのであろう。コレって立派な行事食。

待つこと10分ほどで、無事店内カウンター席に着席。多くの客で活気ある店内で待つことしばし、運ばれてきたラーメンには、一筋の蕎麦。そう、これぞこの店恒例の大晦日メニュー。前回このタイミングで訪れたときもそうだったが、この店の歳末行事メニューを知らずに来店した客から

「蕎麦が入っているの?うちの子、蕎麦アレルギーなんですけど……」

店内の麺茹で釜ではラーメンと共に蕎麦も温めている。なので店主は

「一人前なら奥の別鍋で特別にラーメン茹でましょうか?」。

なれど、おそらく娘さんらしき女性が

「もしもの事があっては大変ですから、止められた方がいいですよ。本当にスミマセン」。

おそらく確信犯、毎年同じようなクレームを受けつつも年越しを祝う気持ちは捨てない。愚直なまでに店の伝統を守りラーメンに蕎麦を添える。

隣に座り合わせた若者3名は恐らく、かつての同級生が年末帰省でプチ・ラーメン屋同窓会。

「横浜に大したラーメンないんだよねぇ。家系は麺が太くて…」

「やろ?やろ?だけん博多が一番たいっ」

忙しく客のオーダーをこなす店主。きっと以前は「麺はバリカタ!」なんてオーダーに手を煩わせることなく、もう少しはスムーズに客をこなせただろうに、今や博多も豚骨至上主義だけでは、とてもとても。変わりゆく客の嗜好に対応しつつ、

「ありがとうございましたぁ~。どうぞ良いお年をぉ~!!」

色々とイマドキ企業努力をしつつ色々とイマドキ企業努力をしつつも、老舗ラ店スピリッツは忘れない。イヤハヤ素敵。やっぱりイカしてるぜ、博多豚骨ラーメンは。

年越し蕎麦は、もらい物の猪肉で
ナンちゃってドギドギ猪肉蕎麦。
あはは、今年も1年、麺馬鹿三昧。

 

【一九ラーメン】老司本店 
ラーメン450円 
福岡市南区老司1-33-13 
11:00~21:00・不定休 Pあり

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン182●チャンポン13●中華麺24●うどん68●そば15●その他31 
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 13:56

2016年12月30日 金曜日

●【ラーメン】七福亭@城南区片江

正月料理の食材買い物ついでにサクッと昼麺。だいたいならばアノ絶品チャーシューをお節の一品にと買い出しがてら「游」@城南区荒江で啜るつもりだったが、店頭には順番待ちの列がズラリ。ありゃりゃこりゃダメだとチャーシューだけ買いだし、昼麺は「七福亭」へ変更だ。

カウンター越しに差し出された瞬間、絶妙なトロミ感が見て取れるスープからフワリ臭い立つ豚骨臭に旨さを確信。こりゃタマランっとレンゲでスープをひと啜りすれば、グインッと躍る豚骨ダシの風味。微かな骨随感を感じるほどにドエラク濃密。そしてふわり鼻へ抜けるソリャもう豚豚しい風味。私は未だかつてコレほどに濃密なダシのスープを、ここ七福亭で啜ったことがない。

麺もモチのロンで、スルルとホクホク。フレッシュ青ネギの風味に、コレまた以前より更に旨くなった感あるチャーシューのシットリ、モッチリ。くはぁタマラン、こりゃ旨いと、迷わず禁断の替え玉コール。あぁあ旨いな、こりゃイケるっと血気盛んに一気完食。

「おごちそうさまでした、どうぞ良いお年を!」

「来年はいつから開けると?へぇ、そうね頑張るねぇ。」

客の九割方は常連客か、歳末の挨拶を交わしつつ店を後にする。地元密着型の極上普通味豚骨名店に、改めて惚れ直しつつ店を出る。

七福亭
ラーメン+替え玉  530円 ※ランチサービス価格
福岡市城南区南片江2-30-24
11:30~22:00・月曜&2nd日曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン181●チャンポン13●中華麺24●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 13:48

2016年12月29日 木曜日

●【ラーメン】めん屋 満月@南区長住

シンプルにじわっと旨い中華そばが啜りたくて、一年ぶりに「めん屋 満月」。脂感はほぼ皆無、なれど鶏ガラ&煮干しのうま味がクイッときいた我がツボスープに、ポワンと軽い中太麺に、厚切りチャーシュー&シナチクのシッカリ旨さに、トッピングでトロリ半熟味玉まで追加して、価格はウレシ過ぎる600円。派手さは皆無。なれどキチンと旨いっ×かつ値頃感が十二分にあり=これぞ日常食としてのラーメン店優等生。

【めん屋 満月】 
鶏しおラーメン味玉入り600円
福岡市南区長住5-16-11
11:30~15:00&17:30~22:30(日祝は~21:30)・月曜休み  Pなし

​◎2016通年麺喰い◎
ラーメン180●チャンポン13●中華麺24●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:10

2016年12月28日 水曜日

●【ラーメン】鶏そばカヲル@山口県周南市

山口県の麺好きtwitterでその存在を知り、是非是非啜ってみたひっと思っていた「鶏そばカヲル」。住所を頼りに訪ねると、JR徳山駅近くの一画に、目指す「鶏そばカヲル」を発見。

至近距離の超人気うどん店である「手打ちうどん くうかい」店頭には順番待ちの列。その影響か、そこら一帯は違法駐車天国…。そしてカヲル店頭にも、おそらくカヲルの客のものらしきBMW。

イカンよイカン!「一竜軒」@佐賀県唐津の例もあることだし、違法駐車が問題化すると、最愛麺店が周辺住民から嫌われ、結果、その店は移転せざるを得なく事だってあるのだよと、我が車は駅方向に100mほど行ったところにあったコイン駐車場に駐める。

午後2時過ぎと既にアイドルタイムのはずだが、店内は8割方客で埋まっている。一見コジャレたようで、その実、手作り感ある店造り。厨房では若き店主と、その母親らしき年配女性と、その友人らしき同じく年配女性。そしてホール担当が店主の奥さんらしき女性。家族経営のほのぼの感が居心地良いなぁと卓上のメニューを見ると、ラーメンが「鶏そば塩」「鶏そば醤油」に「トマトラーメン」。

待つことしばし、運ばれてきたドンブリを一目見て、その旨さを確信っ。ナンてったってイイ感じに透明感を残す黄金スープに、丹念に盛られた麺と具。ドデカいメンマのホロホロ具合に、豚バラ肉のロール・チャーシューの上にのった、この緑がかった物体は?と一つまみすれば、ナルホド玉ねぎのすり下ろしか。

先ずはスープとひと啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、豊かに広がる鶏ガラのダシのうま味あま味。おそらく鶏のモミジも使っているのだろうか?クイッとフック感ある後味が、深いコクを演出。合わさる麺は中太ストレート。スルルゥと軽やかスベスベに口へと収まる軽い食感と、モッチとプリッとな最上アルデンテ状態。

そしてモッチリ・チャーシューに、パリッと小松菜と、シャクッとシナチクと、食べ合わせで七変化する食感食味のバリエーションが、おご馳走感あり。

若き店主の出自こそ知らねど、こりゃタダモノではない、ハイレベルなネオ滋味なる一杯に、うっとり。こりゃ是非とも醤油もトマトも喰いたい啜りたひっ。

鶏そばカヲル
鶏そば 塩700円
山口県周南市栄町2-10
11:30~14:30&17:00~21:00・日祝休み Pなし ※要確認
​◎2016通年麺喰い◎
ラーメン179●チャンポン13●中華麺24●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 14:35

●【ラーメン】にぼしラーメンまるにぼ@山口県防府市

いやぁ、先日の「蔵持」@中央区白金の、如何にも東京イニシエ中華そば的一杯は旨かったぁ。と余韻に浸っていると、ふと思い立つ。

そうだ、東京中華そばと言えば「まるにぼ」が未食だったなぁ……。

昨日が仕事納めで、時間はある。思い立ったら吉日と、Go to 山口県防府市。

第一次のラーメンブームの時だったか?東京のラーメン店を紹介するテレビ番組でしょっちゅう取材されていた「たけちゃんにぼしらーめん」。いつか食べてみたいと想い続けていたラーメン店だが、たけちゃんで修行した方が2年前にオープンさせたのが、にぼしラーメン まるにぼ。

住所を頼りに訪ねると、防府市の住宅街の一画の、マンション一階に「煮干し」と染め抜かれた白い暖簾。午後1時前の店内は、ほぼ満席状態。あぁ良かった空席ありかと入口右手の食券販売機に向かうと、次々と来客が続き、我の後に順番待ちの列。こりゃカナリの人気店だ。

食券ボタンは麺が「塩らーめん」「塩平打めん」「塩つけ麺」の3種に、煮たまご、メンマ、梅干しなどトッピングが5~6種。基本の塩らーめんとチト迷うもナニせ平麺フェチ。で塩平打めんのボタンを押す。

ほどなく運ばれてきたラーメンは白磁の大振りなドンブリが印象的。先ずはスープとレンゲでひと啜りすれば、煮干しに加えてきっとアレコレいろんな食材を使って作られているのだろう、キュンッと広がる元ダレ&香味油のソリャもう豊かな風味と、それらを下支えするダシのうま味。そして、合わさる麺は中太平麺。スルルと収まる啜り心地然り、コリンっと弾けるコシ然り、どこか横浜家系ラーメン・チック。で、全体の印象は東京イニシエ中華そばと言うより、ナンともイマドキなキレある一杯に感服。

【にぼしラーメン まるにぼ】
塩平打めん690円
山口県防府市田島545-1
11:00~14:00(土日祝は~15:00)・月曜休み Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン178●チャンポン13●中華麺24●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 13:17

2016年12月26日 月曜日

●【ラーメン】らぁめん蔵持@中央区白金

啜った瞬間、フワフワふわりと広がる、豊かなダシの旨味&根菜由来らしき?素直なあま味うま味。気取りは皆無、実直に木訥に、だからこそ優しく、深く、温かいスープの味わいと、絶妙にトゥルリン、ムニンッな柔揚げ中太偏平縮れ麺。

加えて、厚さ1センチ弱はある厚切りチャーシューの、モッチリムッチリに、絶妙硬揚げの小松菜に、ジャクッとシナチクに、磯の香香る海苔で麺を包み喰らうオニギリ的麺喰らい。

期せずして、今年の福岡ラーメンは醤油ラーメンの大当たり年。市内各所に旨し醤油ラーメン店が多々オープンするも、我にとって一歩も二歩も秀でた感アリアリなのが、ここ「らぁめん蔵持」。

素直にダシの風味が旨い醤油スープに、コレでもかと大盛りの中太麺。これはこれで正統旨いも、ロートル麺オヤヂには、この麺の量はかなり過多…。と思いきや、「麺少なめ」なるメニュー発売。

イヤハヤ旨いっ、流石の旨さ。さらに、麺少なめながらも十二分に食べ応えある、旨し麺。ならばやっぱり、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2016年・麺大賞」醤油ラーメン of the yearは、ここ「らぁめん蔵持」で決まりっ。

らぁめん蔵持
麺少らぁめん680円
福岡市中央区白金1-10-5
11:00~15:00&17:00~21:00(土日祝 11:00~21:00)・水曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン177●チャンポン13●中華麺24●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:33

2016年12月25日 日曜日

●【ラーメン】ろくでなし@福津市中央

季節ごとの期間限定麺が楽しい「ろくでなし」のこの冬は「味噌ラーメン」。今回もさすがの名作、味噌ラーメンなれど、具に野菜はほぼ皆無。ドカンと中央に鎮座まします豚バラロールチャーシューとシナチクが、既にタダモノではナイ。

ドラドラとレンゲでスープをひと啜りすれば、ソリャもう半端なくドエラク熱々あっちっちぃ~な口当たりと共に、ふわり膨らむダシの旨味と味噌の風味と脂のあま味。調理中に厨房から火花が上がることこそなかったが、コレ正に焦がしラードな味噌ラーメン。

合わさる麺は中太縮れ。プリンプリンな食味がインパクトある旨さのスープと対等に渡り合う。具も巨大円形モチモチ・チャーシューに加え、粗切りに叩いた大粒ミンチ肉とごく少量のザク切りタマネギも入っていて、ニチニチ、シャクシャクと味わいに奥行きを演出。

シャキッと旨いシナチクまでのっていて、食味は味噌ラーメンというよりも、ラーメンの味噌風味スープ。好みで追加できるトッピングとして「野菜いっぱい」や「もやし」も用意されてはいるが、このラーメンは野菜なしで食べてこそ個性が際立つ一杯か。いやぁ旨い、こりゃオモロイとハホハホ完食。

ろくでなし
味噌700円 ※期間限定
福岡県福津市中央4-22-30
11:00~28:00(日祝~23:00)・無休(元日のみ休み) Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン176●チャンポン13●中華麺24●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:45

2016年12月23日 金曜日

●【中華麺】中国料理 Hana Chaina@糟屋郡志免町

とある麺店主Instagramで一目惚れした「Hana Chaina」の「季節野菜のスープそば」は、「吉野ヶ里あいちゃん農園」から仕入れるという、色とりどりの野菜がナンとも美しい。強火で一気に炒めあげ、素材の旨味を素直に引き出してあり、それぞれ異なるの食感&味わいコラボが楽し旨しダイスキ。

そして、それらの旨味をしっかりと下支えするのは、後味に軽いコラーゲン感さえおぼえるほどに、しっかりとダシのきいた鶏ガラスープ。合わさ生成り色の中太縮れ麺も、モチッとシャクッと2段ゴシ&豊かな風味が、ドンズバ我がツボ。この独特な食感に、ふと、今は閉店してしまった中華そば名店「信兵衛」を思い出す。

店HPによると、若きオーナーシェフはホテルニューオータニの出身なのだとか。ナルホド、きちんと高級感ある美味中華。次回は特別な日のお祝いにコース料理を楽しみたひっ。

中国料理 Hana China
季節野菜のスープそば1200円
福岡県糟屋郡志免町南里5-7-17
11:30〜14:30&17:30〜22:00・火曜、他一日 Pあり
◎2016通年麺喰い◎
ラーメン175●チャンポン13●中華麺24●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:56

2016年12月22日 木曜日

●【ラーメン】中るラーメン@筑紫野市

今、地場で最も元気な外食企業のひとつ、O.B.U Companyが手がけるラーメン店「中るラーメン」の筑紫野店。3年ぶりに訪ねると、随分とメニューが増えている。基本メニューである「豚骨ラーメン」を啜ってみたいが我がお目当ては、おそらく期間限定提供らしき「塩レモンらーめん」。

イイ感じに透明感を残す黄金スープのダシは鶏ガラ?なんとも豊かなダシの旨味に、思わずムフフと頬が緩む。合わさる麺は中細平麺。トゥルルと躍りプニプニ楽し。具の鶏肉はむね肉を塩麹で下ごしらえしたのだろうか?フワフワと柔らか&軽やかな食味が美味スープと相性抜群。

そして何よりレモンの効能。具として囓れば、爽やかな酸味で口の中がリフレッシュし、その先の食にまた新たな気分での旨さを演出。ならばとスープに沈めてみると、スープの旨味の輪郭をキリリと描き出し、これまた絶品。薬味はネギと水菜だが、水菜がパクチーだったらソリャもう昇天必至だろうなぁと惚れ惚れ完食。

中るラーメン】筑紫野店
塩レモンらーめん760円
筑紫野市武蔵4-5-20
11:30~23:30・無休 Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン175●チャンポン13●中華麺23●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:01

●【ラーメン】行徳家@南区野間

中るラーメン筑紫野店」、「真麺武蔵」に「ラーメン花道」など、最近福岡にはレモンを使ったラーメンを出すラ店が増えてきたが、その魁は「行徳家」。豚骨ラーメンの聖地、福岡であえて豚骨ラーメンは出さず、塩ラーメンと醤油ラーメンをベースに、様々な創作ラーメンを提供する。

行徳家店主、行徳 貴さん。大学時代の居酒屋でのアルバイトに始まり、豚骨ラーメン店、イタリア料理店、外食企業の洋食部門に和食部門と様々な料理を学び、その知識と経験をもとに、生涯にわたり創作ラーメンを作り続けた孤高の天才ラーメン職人。

時には1ヶ月に2作と、矢継ぎ早に提供された、100種類は優に超える独自の創作ラーメン。ただ単にのせる具を工夫するだけの創作ラーメンは多々ある。行徳さんはそれに留まらず、例えば醤油ラーメンだけでも、なま醤油や諸味、炒り粉や焦がしなど、一作ごとにスープ自体も創作した。ベジタルポタージュなど、それまでの概念を超えたつけ麺スープも創作した。

更に麺も、太麺、細麺、中太縮れに、幅5センチはある一反木麺などの太さの異なる中華麺に加え、うどんや蕎麦までも自家製し、常にラーメンの美味しさと楽しさを追求した。

「実は、創作ラーメンをまとめた本を出版したいんです」

書きためたレシピ帳を広げ、はにかんだ笑顔で訥々と、しかしとても熱くラーメン作りを語る彼の性格に惹かれつつ、酒を酌み交わした夜もあった。そんな、我にとって最愛のラーメン職人のひとりである行徳 貴さんが、今年の秋に亡くなくなった。そして行徳家は一旦閉店したが、先週、身内の手により営業再開した。

メニューは閉店時と、まんま同じ。だが、更なる美味しいラーメンを目指し、常に創意工夫を忘れない彼の意志は身内に継がれた。代表メニューである「塩レモンラーメン」は、スープの旨さはそのままだが、麺が中太麺から中太平麺へと変更され、更なる美味しいラーメンへと進化した。

「一つの味に特化するとラクですが、僕自身が楽しくない。
ワクワクしながら迷うお客様の姿こそ、行徳家らしい光景です」

力の源通信より引用

行徳家の第二章の幕が上がった。ワクワクと楽しくなる創作ラーメンの新作発表が楽しみだ。

行徳家
塩レモンラーメン780円 
福岡市南区野間4-4-35 Pあり

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン176●チャンポン13●中華麺23●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 11:35

2016年12月21日 水曜日

●【ラーメン】麺屋はし本@早良区室見

今年の福岡麺事情で印象的だったのが、美味なるうどん店に加え、我がツボな新規豚骨ラーメン店がやたらと多かったこと。なかでも今年の4月にオープンした「麺屋はし本」が、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2016年・麺大賞」豚骨ラーメン of the year

ポタッとマットな白濁スープは、最近流行の泡プクプクなカプチーノ系とは一線を画する、豚骨ポタージュ系。滑らかな口当たりとともに、コックリとコクある豚骨ダシの旨味+ナンともイイ感じにオゲレツ感ある脂のトロリ感。シッカリと作り込まれた丁寧な豚骨ダシの旨味に、ラーメンが本来持つべき野趣が加わる、その秀逸なるバランス感。

そして麺がひたすら我がツボ。適度なガサゴソ感ある啜り心地に、ホクッと広がる小麦感が、懐かしくもあり、新しくもあり。そしてチャーシューのイマドキ低温調理のもっちりレア感、なれど周辺部はソコソコきちんと熱が入っている感。

幹線通り沿いの大型パチンコ店の一階=パチンコ客の気軽な昼食ラーメン店と思いきや、目一杯しっかり作られた超本格王道&ネオ豚骨ラーメン。とても若干25才の若き店主の店とは思いづらい、絶品美味なるハイパー・バランスな一杯に、心の中でスタンディングオペレーションしつつ、うっとり完食。

麺屋はし本
ラーメン650円
福岡市早良区室見5-1-24 玉屋室見店1階
11:00~23:00・不定休 Pあり(玉屋室見店駐車場を利用可) ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン174●チャンポン13●中華麺23●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:35

2016年12月20日 火曜日

●【うどん】博多やりうどん別邸@福岡空港ターミナルビル3階

空港ビル大改装に合わせ、レストランスペースも大いにリニューアルされた福岡空港。印象的なのが麺屋の台頭。ビル2階にはラーメン店「一蘭」が先日オープン。そして来年1月には「因幡うどん」がオープン予定。そして3階には以、前から営業していた「なはまるうどん」に加え、西鉄プラザが以前は「はちや」として営業していたうどん店を「博多やりうどん別邸」としてリニューアルオープン。

カウンター席がメインの高級感ある店造り&メニューも「かけうどん」が500円と高めの価格設定で、いかにも空港ビルのうどん店。そして、「きつねうどん650円」は大判のきつねor関西風の刻み揚げかを選べたりと、交通ターミナルである空港ビルの立地を十二分に考慮したオペレーション。

そんな博多やりうどん別邸の代表メニューが、屋号そのままの「博多やりうどん」。黒田家の重臣、母里太兵衛が福島正則から拝領した天下三名槍の 1 つ「日本号」が全長十尺六分余=321.5cmだったことに由来したという長さ32㎝の槍ゴボ天と、フワフワとした食感がはんぺんチックな大判丸天と、博多うどんお約束の具が2種がコラボ。

更に「この度の味のリニューアルでは、博多うどんの柔らかさに加え、福岡県産小麦を使用したモチモチ感  のある麺に改良しました。また、うどんのスープには福岡県産の厳選された醤油や九州産の煮干し、  鰹節等を使用し、今まで以上にやさしい薫りと深い味わいに仕上げました。」という、ご当地感満載の意欲作。

合わせて今日される薬味も一味に加えて九州特産の柚子胡椒も添えられている。とことん作り込まれた感満載の一杯は、豊かなダシの旨味のスメに、スベスベ、プルンプルンの楽し食感のうどんに、揚げ立てらしきサクサク槍ゴボ天とムッチリ丸天で、おご馳走感&食べ応えもあり、食後の満足感も高い。

鹿児島県産のあおさや、有明産のあさりを具にした、惹かれるメニューのうどんも多々あり。そして夜はチョイ飲みうどん屋的利用の仕方も出来るとのこと。うししならば次回は出張帰り、是非ともうどん屋酒を楽しみたひっ。

博多やりうどん別邸】
博多やりうどん800円
福岡市博多区上臼井 348-1 福岡空港国内線ターミナルビル 3F
7:30〜21:00・無休

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン173●チャンポン13●中華麺23●うどん68●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:05

2016年12月19日 月曜日

●【ラーメン】とら食堂福岡分店@中央区六本松

福島県白河ラーメン名店「とら食堂」の福岡分店が昨日オープン。博多一風堂関連の力の源パートナーズがプロデュースし、現場でラーメンを作るのは「ラーメン侍」@山口県山口市の創業者である山根敦さん。完全無欠つのチーム出店で、昨日は長蛇の列&早い時間で完売閉店だったとか。

一口啜ると、熱々触感とともに豊かに広がるダシの旨味。ふわっと鼻へ抜ける独自のコクあるこの風味こそ、ウルトラ上出来醤油味中華そばの証。合わさる麺は白河ラーメンお約束の青竹打ち極太縮れ麺。ビチビチ躍る啜り心地と、むっちりもっちりな強固なコシが男前。

これ旨いっ、ドンズバ我がツボっ!なれど以前、ラーメン侍で痛感感動した麺の旨さには叶わない。昨日、今日と大人気繁盛で、麺を十二分に寝かせて熟成させる時間が足りないのだろうか?

夜メニューは牛タン塩焼きを筆頭に、惹かれるアテが7~8種。さらにラーメンメニューには小盛り130円引きの表記もある。となれば、オペレーションが熟れるであろう1~2ヶ月後に、ラーメン屋酒ねらいで夜訪問。

【とら食堂】福岡分店
手打中華そば730円
福岡市中央区六本松4-9-10
11:30~15:00&17:30~23:00(日祝は22:00まで)・月曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン173●チャンポン13●中華麺23●うどん67●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 19:06

2016年12月17日 土曜日

●【ラーメン】麺や佐渡友

久しぶりの完全休日と思いきや、午前中に一件仕事。サクッとこなし、さあさ昼麺。食べログレビューに惹かれマクッた「麺や佐渡友」だとも。

東区松島へ移転した「たのしや」がかつて営業していた店舗に、今週オープンした「麺や佐渡友」。午過ぎの店内は、ほぼ満席状態。僅かに空いたカウンター席に滑り込み、卓上のメニューを眺めると、ラーメンは基本の「醤油らー麺」に、「豚の背脂と香味油を使用。こってり風味がクセに!」の「こってり!」と、「魚介の濃厚な旨味と醤油を贅沢に使用。魚介の旨味をガツンと味わいたい方に大好評です。」の「魚介ガツン!!」。魚介ガツンに激しく惹かれるも、やはり初ラーメン店は基本メニューと、醤油らー麺をたのむ。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンは良い感じに透明感を残す醤油スープが、見るからに正統派。こりゃ旨そうだとレンゲでひと啜りすれば、豊かに広がる強めの魚介ダシと気持ち塩気強めの元ダレと、すぐその後を追ってくる鶏ガラと野菜のダシのあま味。そして、合わさる麺はトゥルトゥルと口に収まり、ポクポクとほどける食感が、ひたすら軽やか。

薬味にカイワレ大根がのっているのも手伝って、醤油ラーメンというより、和テイストが強めの中華そば。そう思ってドンブリから顔を上げると、カウンター奥の厨房で働く若き店主の白い割烹スーツ姿も、何となく和食職人っぽく見えてくるから、あら不思議。

唯一の難点は、カウンター席のテーブルの高さ。対して椅子はえらく低めなので、座高の高い我でもさすがに食べづらい。兎にも角にも、正統美味なる中華そば。次回は連れに誰か誘って、テーブル席で、魚介ガツン!!を啜りたひっ。

夜は北九州忘麺会で、ミシュランのビブグルマン受賞居酒屋「魚虎」@北九州市八幡西区。旨しアテを楽しみつつ、お久しぶりの面々と麺談義。北九州市に加え、佐賀県や長崎県から麺店主も集われて、会は大盛況。飯塚市「来来」店主の客をもてなす姿勢の徹底ぶりに大感動しつつ、夜が更ける。

あぁ楽しかったと一旦JR小倉駅に戻り、〆に旨いと評判の駅プラットフォーム立ち食いうどんを啜ろうかと立ち寄るも、既に閉店。まぁこの時間だしと高速バスの最終便で福岡へ戻り、ナシカタネギヤマ&焼酎で締める。

【麺や佐渡友】
醤油らー麺600円
福岡市東区三苫6-13-38
当面11:00~19:30・不定休 Pあり
※年内は29日15:00まで、新年は5日から営業

【元祖ラーメン長浜家】1
ラーメン450円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜)Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン172●チャンポン13●中華麺23●うどん67●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:01

2016年12月16日 金曜日

●【ラーメン】ラーメン屋 游@城南区荒江

塩味スープ=前回のタンメンのスープと同じもの?
と思いきや、ナンのソノ。

キリリとアッツ熱のスープは、
カキンッと芯ある鶏ガラらしきダシのうま味。

そして合わさる麺はシュルッと細麺。

プラス、白葱とキクラゲの鯔背な食味に、

大判&厚切りチャーシューのデラックスな旨味。

抑揚が効いた、魅惑の味わい格差こそ「ラーメン屋 游」の味力。

ラーメン屋 游】 
塩ラーメン700円 ※期間限定 
福岡市城南区荒江1-23-27 
11:30~15:00&17:30~23:00・木曜日休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ) ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン170●チャンポン13●中華麺23●うどん67●そば15●その他31 
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 21:01

2016年12月15日 木曜日

●【うどん】今浪うどん@北九州市小倉南区

ギュインッとドライブする醤油カエシとダシの豊かなうま味。

ぐにんっと躍る揚げ立てうどんのコシと小麦風味と、

もっちり旨い牛スジ肉。

切り干し大根のぬか漬けと、
鷹の爪とおろし生姜は、どぎどぎうどんのお約束。

そして更に、柚子胡椒?!

「ずっと昔から、柚子胡椒は置いてましたよ」

いやぁ知らなんだとひと匙添えると、

ピリリな辛味と、柚子の酸味香味が、バツグン旨しっ。

たいがい知ったつもりでいても、知らないことがアチコチと。

あぁだから、麺食べ歩きがヤメラレナイ。

【今浪うどん】 
肉うどん600円 
北九州市小倉南区北方3-49-29 
8:30~15:00・水曜+2nd&4thi木曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン169●チャンポン13●中華麺23●うどん67●そば15●その他31 
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:49

2016年12月13日 火曜日

●【ラーメン】支那そば やっちゃんち@中央区清川

朝9時に東比恵で仕事に使う車両を借り出し、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2016年・麺大賞」塩ラーメン of the year awardである「支那そば やっちゃんち」で朝麺を啜る。

先月、足の調子が悪く休業された1週間を使って作り方を改良したというスープは、ナルホド更に旨さが増している。熱々の口当たりとともに、なんとも豊かに広がるダシのうま味あま味に、思わずムフフと頬が緩む。

そして合わさる中太縮れ平麺の、独自の形状からくる触感×コシの楽しさと、噛み込むほどに広がる小麦感。そしてそして、しっとりモッチリのチャーシューに、コリッとシナチク、トロリ煮玉子に、絶品スープを豊かに絡め取りつつ、むにゅりと躍る麩。

あぁタマラン旨いなぁと啜っていると、食材を配達に業者が来店。すると、スープの素となる肉の加工方法を変えてみたいと相談する若き店主。現状に甘んずること無く、絶え間ぬ味の改良を忘れないその姿に感服。こりゃ来年も更なる旨い一杯が期待出来そうだと、ウキウキ完食。

支那そば やっちゃんち
支那そば塩650円
福岡市中央区清川3-12-1
7:00~15:30(木曜11:00~15:00)・水曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン169●チャンポン13●中華麺23●うどん66●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 09:12

2016年12月12日 月曜日

●【ラーメン】太一商店@行橋市行事

コレ正に麺神様のご加護の賜物?!午前中に平尾台での仕事が入る。よっしゃならば昼麺は、行橋市側に下り「太一商店」の行橋店で本日発売の「タンタン太一」を啜るのさっ。

2020年の東京オリンピック応援企画、世界各国の料理にインスパイアされた創作麺を月替わりで提供する「世界ウルルン太一」の第5弾は、中国の担々麺をウルルン太一して「タンタン太一」。通常の「ラーメン」と同じく、野菜やニンニク、タレなどの量を好みで選べるが、タンタン太一は加えて山椒の量が選べるオペレーション。野菜と山椒を多めでたのむと、ドンブリにこんもり盛られた野菜に、ミンチ肉と香辛料のトッピング。

先ずはスープとレンゲでひと啜りすれば、担々麺チックな芝麻醤チックなゴマの風味に豚骨ダシの円やかなうま味と香辛料の辛み×痺味、プラス酸辣湯麺チックな酸味。

コリャ前作に負けず劣らずナカナカのオモロ美味だぞ!と、この手の二郎系ラーメンを食べるときのお約束、スープ下の極太麺を持ち上げ野菜を沈める「天地返し」をした後、麺と野菜にかぶりつけば、ムリンっムリンっと躍る極太麺とジャキジャキ弾ける野菜の食感&味わいコラボ。肉ミンチも塊になる様に焼き付けてあるので、その存在感ある食感が、さらなる味わいコラボを演出。いやぁ旨い、こりゃドンピシャ我がツボだぁと、一心不乱にワシワシ完食。

太一商店】行橋店
タンタン太一780円
福岡県行橋市行事3-28-60
11:00~23:00・月曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン169●チャンポン13●中華麺23●うどん66●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:45

2016年12月11日 日曜日

●【ラーメン】生麺食感の中華そば@セブンイレブン

休日出勤の昼麺は、セブンイレブンのセブンプレミアシリーズの「生麺食感の中華そば」。東洋水産がPB製造するカップ麺。東洋水産といえば麺がバツグンに旨いマルちゃん正麺だが、この中華そばも中太偏平麺がカナリの旨さ。外連味の一切ないオーソドックスな醤油スープも我が好み。さすが業界最大手、コンビニのPB食品はセブンイレブンが圧倒的に他社より秀でている気がするのは、我のみか?

コンビニと言えばApplePayの使い勝手の違い。ローソンでの使い勝手がすこぶる悪い。SUICAとQUICPayを使い分けているのだが、特にQUICPayがローソンでは全く使い物にならない。巷のネット情報によると、ローソン独自のレジシステムとApplePayの相性の問題なのだとか。ファミマやセブンイレブンでは全くストレス無く使えるだけに、是非ともローソンも対策を。

Posted by heno at 12:17

2016年12月10日 土曜日

●【うどん】福ちゃんうどん@北九州市小倉南区

私の記憶が確かなら、北九州市小倉南区のご当地麺「どぎどぎうどん」の新店として、4~5年前にオープンした「福ちゃんうどん」。ずっと啜りたひっと焦がれ続けて、ようやっと本日念願成就。

どぎどぎうどんのメッカである小倉南区北方に、手作り感ある店造り。あたかも、ずっと昔から営業していたかの様な土地との馴染み感が半端ない。うどんはモチのロンで「肉うどん」と「肉肉うどん」と「かけうどん」。唯一、トッピングの玉ねぎ天に惹かれ迷うも、やっぱり初うどん屋も、初来店は基本メニュー、だなっ。

ほどなく運ばれてきたうどんは、ナンともイイ感じに透明感を残す醤油色のスメにうどんの白と、肉の赤に、ネギの緑に、おろし生姜の黄色。コリャ美しいぞと卓上の鷹の爪の赤を添えて、先ずはスメとひと啜りすれば、キュインッとドライブする醤油ガエシと生姜の風味と、すぐその後を追ってくるダシのうま味。

けへっ、コリャ旨いわっ!とうどんを啜れば、くにぃと抗うコシが味紛う事なき自家製手打ち&揚げ立てな中細麺。モッチリ&ムッチリ旨い牛スジ肉の激旨さと対等に渡り合うストロングな存在感が、うっとり我がツボっ。どぎどぎうどん店お約束の切り干し大根のぬか漬けも、ポリポリ旨いし、とても最近オープンしたとは思われない真性どぎどぎうどんの素性の良さに、一口惚れ。

【福ちゃんうどん】
肉うどん600円
北九州市小倉南区北方3-40-28
6:30~15:00・火曜休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン167●チャンポン13●中華麺23●うどん66●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 10:18

2016年12月09日 金曜日

●【中華麺】中華そば さくら@博多区美野島

この冬新発売の「豆腐辣麺」は、「中華そば さくら」名物の大振りドンブリにてんこ盛りで食べ応えアリアリっ。気持ちトロミがあるスープは、熱くて×うま味強くて×辛味軽くて=結果ナンとも優しい味わい。麺もチャンポン麺のホワンホワンだし、豆腐もフワフワだし、そりゃチョイ・ピリ辛だけど、コレほど優しさを感じる辣麺を、私は他に知らない。

イイ感じに草臥れた、L字のカウンター席の店内。いかにも常連らしきOL二人連れが店主に挨拶しながら席に付き、上司の愚痴話に花が咲く。遅れて入ってきた中年男性は初客か?「おすすめはありましか?」との問いに「そうですねぇ、豆腐辣麺が新発売ですが、辛いですからねぇ」。と親身になって応える店主。ほのぼのと温かな店の雰囲気に、ふと「深夜食堂」を思いです。居心地の良さも味のうち、しばらく間が空いたけど、やっぱりこの店の麺料理は是非とも全制覇してみたひっ。

しばらく来ない間に、メニューが3種増えている。こりゃ簡単に全制覇は終われないなと、嬉しい悲鳴。

中華そば さくら 
豆腐辣麺650円
福岡市博多区美野島2-15-16
11:30~14:00・火曜&日祝休み Pなし

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン167●チャンポン13●中華麺23●うどん65●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 13:47

2016年12月08日 木曜日

●【ラーメン】ラーメンSHOP祭尾商店

大手門の「博多一幸舎慶史」の道向かい、かつては「うどん ゆうのや」だった店舗に昨日オープンした「ラーメンSHOP祭尾商店」。午後1時過ぎに訪ねると、店内には先客3名。うち一名は私の記憶が確かなら、ゆうのやのご主人では?そう言えば昨日、「侍.うどん」店主のInstagramにも、ここのラーメンの写真が上がっていた。ゆうのやも侍.うどんも確か博多一風堂のご出身、と言うことは、ここ祭尾商店も博多一風堂出身なのだろうか??

ほどなく差し出されたラーメンは、スープ表面の脂の層が印象的。レンゲでひと啜りすれば、熱々の口当たりとともに、グインッと広がる豚骨ダシのコクと脂のあま味。元ダレの効き具合も絶妙な様然り、合わさる麺のホクホクとしたコシ然り、博多一風堂というより、オールドタイプの豚骨ラーメン。

価格も550円とお手頃だし、コレなら道向かいの慶史との棲み分けも出来て、共存できるのでは?など思いつつ、改めて店内を眺めると「博多大砲」の名札が就いた大きな花輪。て事は、若き店主は博多大砲のご出身なのだろうか?などアレコレ妄想を楽しみつつ、ズズッと完食。

【ラーメンSHOP祭尾商店】
ラーメン550円
福岡市中央区荒戸1-4-21

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン167●チャンポン13●中華麺22●うどん65●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 22:56

2016年12月07日 水曜日

●【中華麺】大明担々麺@早良区百道浜

なにせ師走。立て込む社内業務をかき分けかき分け、午後2時前。近場の麺屋でサクッとパワーチャージと「大明担々麺」のTNCぱパヴェリア店で、大好物の「豚蹄麺」。

白湯スープに中太麺と、豚足とシイタケ、タケノコと白ネギ。まずはそのままシンプルに旨さを楽しむ。そして次は、別の小皿で供された痺辛ラー油をプニプニ豚足に付けて頬張り、すぐさまモッチリ麺も追いかけて、食感と食味のコントラストを存分に楽しみ、サッパリ白湯で、ほっこりリセット。さて次はシイタケと麺か?いやタケノコからイクか??様々な食べ合わせによる味わいの変化がナンとも愉快な一杯に満悦なる、ヒトトキの午後の休息。

大明担々麺】TNCパヴェリア店
豚蹄麺680円
福岡市早良区百道浜2-3-2 TNC放送会館 1F
11:00~21:30・無休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン166●チャンポン13●中華麺22●うどん65●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 14:08

2016年12月06日 火曜日

●【ラーメン】らーめん火ばり@大野城市錦町

大野城市のショッピングモール「大野城イオン」1階に先月末オープンした「らーめん火ばり」。ナンでも九州産交リテール=熊本市のバス会社である九州産交のグループ会社が手がけるラーメン店らしい。

今のご時世、専門業種に留まること無い多角経営が今や常識かと店内に入れば、午後1時前の店内は満席状態。オープンして、まだ僅か10日ほどの厨房は大わらわ。

ラーメンは醤油、塩、味噌の3種あるが、迷わず塩。熊本阿蘇名産の赤牛の牛骨と、熊本天草名産の鯛のダシのWスープが自慢の店だけに、よりスープの素性がストレートに楽しめる塩が、きっとベストのはず。

待つことしばし、運ばれてきたラーメンはナンともイイ感じに透明感を残す黄金色のスープに旨さを確信。いざ啜るぞとテンゲで掬うと同時にフワンッと豊かに薫り立つダシの香りが、あぁもうタマランっと一啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、フワッと香る鯛ダシのうま味と、すぐその後を追ってくる牛骨らしき押し出し感ある風味。

味わい風味が異なるふたつを絶妙なるバランスで合わせて、奥行きある味わいを醸すWスープの真髄。プラス、具のアオサの磯の香も映えて、ナンとも淡く、かつ深く、さらに独創感ある味わいに、思わずムフフと頬が緩む。

合わさる麺はカナリ太めの中太ちぢれ麺。ビチビチ躍る啜り心地と、ソリャもうプリンプリンのコシが楽し旨し。とあるラーメン店主のブログによると、卵白粉を使うとプリプリ食感が出せるとのことだが、この麺も卵白粉が使われているのだろうか?

表面にタレが十二分に染みたチャーシューも旨いし、麺の様に細長いシナチクがコレまた我がツボ。シッカリと作り上げられた一杯に感服完食。あぁ旨かったと精算すると、次回に使えるクーポン券のサービスあり。なになに?ラーメン100円引き券?!うぬぬ、ならば近々再訪し、醤油味を啜ってみるか?!

らーめん火ばり
塩ラーメン600円
大野城市錦町4-1-1イオン大野城ショッピングセンタ内1階
11:00~22:00・無休 Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン166●チャンポン13●中華麺21●うどん65●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:33

2016年12月05日 月曜日

●【ラーメン】鳥鶏研究団@博多区博多駅前

夜は、とある忘年会。①参加人数30余名で貸し切り出来る②TVモニタが完備されている③料理が美味しい店の、3つの選択基準で「鳥鶏研究団」。

1ヶ月前の予約時に「既存の鍋料理がメインのコース料理で良いけど、焼き鳥がエラク美味しいから少しは出して」とお願いしたところ、「分かりました、考えてみます」と若き店主。

そして先日。会で流す予定の映像が備え付けのTVモニタでチャンと流れるかをチェックに店を訪れると「鍋は止めて焼き鳥メインでいきましょう。〆はラーメンで良いですか?」

メチャクチャ嬉しいお申し出だが、30余名の焼き鳥をたった一人で焼き上げつつの宴会営業はさすがに厳しいでしょう?と尋ねると「魚の刺身など作り置きできる料理で逃げるより、私の得意な焼き鳥でやらせてください。少々の不手際はあるかと思いますが、ナンとかやり遂げます」と心強いお言葉。

そして当日。宴会開始前の飲み放題ドリンクのメニュー取りと同時に突き出しの鶏皮の酢ものを提供。そして会の時間経過にドンピシャ寄り添い提供される焼き鳥の数々。モチロンいずれも熱々焼きたての芳ばしい食味に、参加いただいた方々が口々に「旨いねぇ!」「宴会で焼き鳥?て期待してなかったけど、コリャ美味しいなぁ」と讃辞の嵐!

途中、鶏唐揚げに茶碗蒸しと、焼き鳥以外の料理は突き出しを入れても、たったの3品。あとはこの店ならではの希少部位をメインに計10種ほどの絶品焼き鳥。そして〆は小ぶりの「昔なつかしい味しょうゆらーめん」。

何れの料理もしっかり旨くて、十二分に食べ応えもあって、お陰様で会も大盛況。「客に喜んでもらえる食の場の提供」が、おそらく若き店主の経営ポリシーか?おもてなしの気合いがビシバシ伝わる営業オペレーションに、いよいよゾッコン。また是非ちょくちょく寄らせていただきます!

昼は朝からの仕事を終えて午後2時前、「だるまラーメン」@八女市黒木町で遅い昼麺。同町出身の女優、黒木瞳が幼少の頃に食べたラーメン屋として有名な、黒木町の老舗のラーメン店の一軒。あっさり軽いスープに、イイ感じにヘナヘナな麺と、気持ちぶ厚く切られた無骨チャーシューが、ノスタルジー気分をかきたてる一杯。

【鳥鶏研究団】
昔なつかしい味しょうゆらーめん ※宴会コースの一品
福岡市博多区博多駅前4-31-11
17:30~24:00 Pなし ※要確認

【だるまラーメン】
ラーメン500円
八女市黒木町田本22-8
11:00~21:00・木曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン165●チャンポン13●中華麺21●うどん65●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 22:36

2016年12月04日 日曜日

●【チャンポン】ちゃんぽん玉ねぎ@西区野方

麺やスープに店独自の創意工夫が凝らされたラーメン店やうどん店の開店が花盛りの福岡だが、遂にチャンポンにも、独創的な新店が登場。

住所を頼りに訪ねると、店頭に「生麺ちゃんぽん」との力強い日除け幕。そしてメニューは基本の「ちゃんぽん」は「野菜がメインのちゃんぽんです。肉類や海鮮ははいっていません」?!野菜オンリーのちゃんぽんって事??しかも「お好みで魚粉を入れてお楽しみください」??!!

待つことしばし、運ばれてきたドンブリには、ドンブリ中央にこんもりと盛られたスライス玉ねぎが、ナンと生???!!!しかも茶褐色なスープの表面には紅色のラー油の斑点が。

コリャいよいよオモロイなぁと、先ずはスープとひと啜りすれば、円やかな口当たりとともに豊かに広がるうま味あま味っ。ラー油の辛味はほとんど感じない。ナンとも芳醇、なのに重さは皆無、ひたすら軽い食味?!合わさる麺は中太丸麺縮れ。プリンップリンッと躍るコシが楽し旨し。

そしてキャベツ、コーン、赤カマボコなどの具の絶妙な火入れ具合と、生玉ねぎ、カイワレのシャキッと爽やかな食感食味。コリャやたらと新鮮な旨さでないのぉ!と、ウキウキ気分で無我夢中で一気完食っすぅ。

あぁ旨かったとレジで精算しようとすると、カウンターに玉ねぎラー油。

「あっ、でもチャンポンに浮いていたラー油とは別物ですよ。
チャンポンのラー油はシナモンなどのハーブを使っています。
脂多めのスープを軽く食べて欲しいと腐心しました」と若き主人。

生玉ねぎを添えたのも同じ理由なのだとか。どうやら、この若き店主はタダモノではないようだ…。

【ちゃんぽん玉ねぎ】 
ちゃんぽん600円 
福岡市西区野方1-22-20 
11:30~14:30&17:00~21:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎ 
ラーメン163●チャンポン13●中華麺21●うどん65●そば15●その他31 
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 19:38

2016年12月03日 土曜日

●【ラーメン】東洋軒@北九州市小倉北区

カレコレ10数年ぶりか?超ウルトラ久しぶりに訪ねる「東洋軒」の一杯は、グンッと押し出し感あるストリング豚骨感が、ナルホド久留米ラーメン・チック。合わさる麺は、えぇ?太いとの印象は残っていたが、コレほどに太麺だっただろうか?!と顧みるほどの太麺。クニッとモッチリな存在感ある食味が心強い。

あたかも紅生姜チックな見た目の一品は、タケノコを紅に染めたもの。コリッとシャクッと食感と気持ち厚切りチャーシューの無骨なコシコシ感と、久留米ラーメンお約束の海苔が、アレコレ旨くてウットリ&ウハウハ&一気完食。

昭和37年創業という東洋軒は、店頭の暖簾がナンとも見事な出来映え。老舗ラーメン店ならではのアーティスティックな暖簾に惚れ惚れ。先日、同じく北九州市の老舗ラーメン店「マルケン」が暖簾をおろしてしまった。ならば、老舗の見事な暖簾が無くなる前に記録にとどめていきたい。

【東洋軒】
ラーメン700円
北九州市小倉北区黄金町1-4-30
11:00~15:00&16:00~21:00・水曜休み Pあり ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン163●チャンポン12●中華麺21●うどん65●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 11:38

2016年12月02日 金曜日

●【麺】ウイグル料理EPENDI@博多区博多駅南

Instagramでその存在を知った「ウイグル料理 EPEND」。上海の日本企業に約10年間勤務されていたという日本語が堪能なオーナーはウイグル自治区のご出身か?中央アジア全域で広く食べられているという手打ち麺「ラグメン」が食べられる。

今は閉店してしまった「いっとく食堂」のラグマンがドンブリに入った汁麺だったので、てっきりツユダクタイプかと思っていたら、運ばれてきたラグメンは、想定外の平皿提供。

ならば先ずは麺からイクかと頬張れば、ムッチリもっっちなこの食感は、味紛うことなき自家製手打ち&揚げ立てだ!生地の切り口が刀削麺の方にランダムな食感だし、いやぁ旨い、コレ大好きっ。

スープはトマト味ベースに、軽やかな香辛料の風味と具にのっているに羊肉のダシだろうか?豊かなコクも兼ね備える絶品。ラグメンは欧州のパスタの原型とも言われているらしいが、ナルホド納得な味わい。具の羊肉やトマトはモチロンだが、ピーマンのさわやかな青味がこの料理の旨さを際立たせる。あぁ旨いタマラン我がツボっとゾッコン完食。

改めてメニューを見ると、麺料理はあと2つ、「ウイグル湯麺 スコックアシ」と「ラム肉湯麺 ショルバチョップ」。モチのロンで近々再訪し全麺啜りたひっ。

【ウイグル料理EPENDI】
ラグメン890円
福岡市博多区博多駅南3-19-4
11:00~14:00&18:00~22:00・日曜祝日休み Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン162●チャンポン12●中華麺21●うどん65●そば15●その他31
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 13:39

2016年12月01日 木曜日

●【うどん】福岡麺通団@中央区渡辺通


久方ぶりに訪ねると、アレコレ魅惑の期間限定うどんがラインナップ。「豚汁うどん」や「たっぷり野菜のホクホクカレーうどん」にも惹かれるが、ナニせ次男が受験生と親バカ全開で「合格うどん」。

大判の南関揚げに太宰府天満宮の飛び梅を模したカマボコがのった、合格うどんは、「天神様にあやかり、難関(南関)を突破してください!」とのダジャレだけに終わらない旨さ満載。

南関揚げは甘さ控えめ&ダシ強めの炊きあげ具合が、まず我がツボ。『讃岐から送られてくるという生地で打ち立て&揚げ立ての中太うどんの強いコシ×南関揚げ独自のむっちり食感=良く咀嚼することで脳が活性化される。∴ 勉強が進み志望校に合格できる』が、合格うどん勝利の方程式?!薬味の三つ葉の風味も相まって、味わい豊かで食後の満足感もすこぶる高い。

あぁコリャナンとも旨かった。となれば近々再訪し、残る2メニューも啜ってみたひっ

福岡麺通団
合格うどん小380円
福岡市中央区渡辺通4-11-3
11:00~24:00(日祝~23:00)・年中無休 Pなし ※要確認

◎2016通年麺喰い◎
ラーメン162●チャンポン12●中華麺21●うどん65●そば15●その他30
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年44km◎

Posted by heno at 12:17