2017年02月21日 火曜日

●【ラーメン】鶏白湯そば まつ尾@博多区東比恵

店の屋号は、その店の麺作りを表す。「麺屋はなもこし」が象徴的、ユニークな屋号の店のラーメンは、往々にして他ではナカナカお目にかかれない、独自な味わいが面白旨いっ。

「中華そば かなで」が先週から、定休日の火曜日のみ休日返上し、屋号を「鶏白湯そば まつ尾」と屋号を変えて営業開始。てっきり「とりぱいたんそば まつお」と発音するかと思いきや、店ブログによると「まつお」じゃなくて「まつび」?!

期間&期日限定販売の「鶏白湯そば」は、屋号の遊び心がラーメン作りにも遺憾なく発揮された超力作。先ずルックスが面白い。白磁の器一面に広がるスープの表面は、ソリャもう真っ白プクプク泡泡のカプチーノ状態。

コリャ何事か?とウキウキワクワク、レンゲでひと啜りすれば、泡の下には気持ち茶色が勝った鶏白湯が隠れていて、口に入れた瞬間はグイッとコクある鶏白湯のうま味が広がり、すぐその後を泡カプチーノのナンとも軽やかなあま味が追ってくるWテイスト。そして更に食べ進むと、徐々に具のアオサの潮の香がグラデーションで主張するトリプルテイスト。

麺はおそらく通常営業のものと共用だろうか?シュルッと口に収まり、コキンっと抗う食味がナンとも小気味よい。低温調理のモチッとチャーシューにコリッとシナチクと脇役も抜かりなし。サプライズ満載のスープと堅実に旨い麺と具が、ナンとも楽し旨しな一杯に心底感服。

注文が入る度に、厨房から漏れ聞こえてくる「グイ~~~ン」という音が聞こえてくる。どうやらドンブリにスープを注いだ後、別のボールに少量の鶏白湯を取り、電動泡立て器でカプチーノ状にしっかり泡立ててから、ドンブリのスープの上へと注いでいるのだろうか?ラーメンがエンターテイメント食の最たるものであることを、再認識。かつて「行徳家」の創作ラーメンで楽しんでいた感動を、店は違えど、今再び感じられたことのシアワセを噛みしめつつ、店を出る。

【鶏白湯そば まつ尾】
鶏白湯そば730円
福岡市博多区東比恵2-8-23
※「中華そばかなで」が期間&期日限定提供 営業は店HPで確認を

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン22●チャンポン2●中華麺1●うどん16●そば4●その他2
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年0km◎

Posted by heno at 2017年02月21日 13:59