2017年03月09日 木曜日

●【ラーメン】純豚骨ラーメン鶯@筑紫野市原田

太宰府市の顧客へ納品ついでに、本日グランドオープンの「純豚骨ラーメン鶯」。住所を頼りに訪ねると、店頭には開店を祝う花輪がずらり。「秀ちゃんラーメン」や「杏仁荘」に「麺の小やま」と、アチらコチらの麺屋から届いている。この店、タダモノではないなぁと店に入れば「いらしゃいませぇ~!」と4~5名の店員がそれぞれに元気な声。

そしてカウンター席に付くと、写真入りのメニューには「なるべくご迷惑をおかけしないようオープンから当分上記のメニューで提供させていただきます」の文字。そしてその横には食後に口元をぬぐえるようにと置かれたティッシュペーパーのボックス。こりゃいよいよ、タダモノではないぞぉ、この店。

オープン直後で絞り込んだメニューとのことだが、ラーメンが具のバリエーションで7種あり、店一押しの「肉月見ラーメン850円」は、たっぷりのチャーシューに卵の黄身がトッピングされていて、この店の出自を思わせる盛り付け。しばし迷うも、初ラ店は基本メニューと「ラーメン600円」をたのむ。

オーダーが通るとカウンター奥の厨房で調理が始まる。ジャッジャッと釜からすくったスープをざるで漉す=日々豚骨を継ぎ足し作る「呼び戻し製法」のスープに期待を募らせ出来上がりを待つ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、イイ感じに茶褐色のスープに多めの薄切りチャーシューに、海苔も一枚添えてある。コリャ旨そうだとレンゲでスープをひと啜りすれば、グイッと広がる豚骨ダシのコノうま味は、ナルホド佐賀ラーメン・チック。オープン直後でこの旨さ。日々コクが増していく呼び戻し製法ゆえ、今後の味わいも楽しみだぞっ。

合わさる細めの中太麺もコレまた旨いっ。気持ち柔らかめに茹で上げられていて、スープを豊かに絡め取りつつスルルと口へと収まりモチッと抗う食感然り、噛み込むほどに広がる小麦感然り、コレまた我がツボ。量も博多ラーメンに比べると2割増しか?食べ応えも十分にある。途中、多めの薄切りチャーシューを楽しみつつ、うはうは完食。

いやはやナンとも美味しいラ店が、また一軒。またこの周辺で昼時を迎える事があれば、是非再訪&再食したひっ。

【純豚骨ラーメン鶯】
ラーメン600円
福岡県筑紫野市原田3-1-17
11:00~15:00&17:00~21:00・水曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン29●チャンポン4●中華麺1●うどん23●そば5●その他2
◎3月の総ジョ グ距離30km / 通年35km◎

Posted by heno at 2017年03月09日 13:04