2017年03月29日 水曜日

●【ラーメン】らぁめん高砂家@中央区笹丘

かつては「馳走麺うどん濱家」だった店舗に今月中旬にオープンした「らぁめん高砂家」。巷の噂によると中央区高砂の焼き鳥屋が出店した新業態店。店長は醤油豚骨の横浜家系ラ店「六角家」やカプチーノなド豚骨ラ店「博多一幸舎」で修行した経歴をもつというが、提供されるのは非豚骨な塩&醤油ラーメン。

我がチョイスは店一押しらしき「塩ラーメン」。ほどなく供された一杯は、チャーシューが2種3枚に、薬味もシナチクにネギ、水菜とオリジナリティを主張。

先ずはスメとひと啜りすれば、外連味は一切ナシ。愚直なほどに滋味なる鶏ガラだしのうま味あま味。そして合わさる麺も奇をてらうことなき中太麺。ド・ストレート、なのだが、だからこそキチンと旨い味わいに加え、卓上には調味料として魚粉が置いてあるオペレーション含め、印象は限りなく初期の「やっちゃんち」に近い。

ナンでも川端にも「麺屋ひとしお」なる非豚骨ラ店が最近オープンしたと言うし、かつては豚骨至上主義であった博多のラーメン事情が間違いなく変遷している様を実感。メランコリックにかつての博多ラーメンを想うもよし。なれど、成るべくして成る変化を素直に受け入れ楽しみたい。

【らぁめん高砂家】
塩ラーメン600円
福岡市中央区笹丘1-31-3
11:00~23:00・不定休 ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン37●チャンポン4●中華麺1●うどん30●そば6●その他3
◎3月の総ジョ グ距離45km / 通年50km◎

Posted by heno at 2017年03月29日 12:26