HENO HENO: 2017年04月13日 アーカイブ

2017年04月13日 木曜日

●【うどん】うどん麺蔵ゆうのや@中央区荒戸

その後、所用をあたふたこなし、夕方の便に飛び乗り19時過ぎに帰福。なにせカミさんも同行ゆえ、この時間から晩飯の用意は至難の業とダメもとで「ゆうのや」に電話を入れてみると、「20時から2名さんですね、大丈夫、空いてますよ」とウレシイ返答!

私の認識が正しければ、ラーメンの「一風堂」出身の店主が5年前にオープンしたゆうのや。開店当初こそ昼営業をしていたが、じきに夜専のチョイ呑みうどん店営業へシフト。連日連夜、予約ナシでは20時前はまず満席で入店できない人気店に。昨年末には、それまでの店舗から直線距離で500mほどのところの広めの店舗に移転し、3名体勢で大盛況営業中。

おったまげたのがアテの旨さ。シンプルなポテサラに、鶏肝やハツをかるく炙った焼き鳥など、ナンちゃナイけどナンとも旨いアテを突きつつ、田中六十五発、黒霧島水割りジョッキ経由の、花の露をグラス酒。

そして〆はモチのロンで、冷たいうどん×冷たいスメ=ひやひや。冷たいながらも豊かにダシのうま味を感じるスメと、中細扁平縮れ麺の変則的コシとヒキの豊かな食味。いやはやコレまたドンズバ我がツボなチョイ呑みうどん屋がまた一軒。こりゃ次回機会があれば、ここゆうのやか?それとも大濠公園挟んで迎えの「呑キング」?これで「茶ぶ釜」も営業再開したならば、美味チョイ呑みうどんトライアングルの完成だっ。

【うどん麺蔵ゆうのや】
ふたりでアレコレ呑み喰いして5300円
福岡市中央区荒戸2-1-26
◎2017通年麺喰い◎
ラーメン45●チャンポン4●中華麺2●うどん35●そば6●その他5
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年50km◎

Posted by heno at 20:09

●【うどん】UDON BUZEN@東京都港区

東京の朝の楽しみは、立ち食い蕎麦屋。早朝から営業していて、安くて旨い蕎麦が啜られる。が、今朝の朝麺ターゲットは「UDON BUZEN」。豊前裏打会の中で唯一の立ち食いうどん店である。

北九州市小倉南区の「津田屋官兵衛」発の野武士うどん屋軍団である「豊前裏打会」。そのほとんどは北九州市を中心とした九州で営業するも、九州圏外で初めて開業したのが「武膳」。

確か東京神田に一号店をオープンし、その後東京及びその近郊に6~7軒の店舗を展開。そして4~5年前には福岡パルコ地階に逆輸入オープンしたりする元気うどん店。そんな武膳が数年前にJR新橋駅の日比谷口ほど近くに開業したのが「UDON BUZEN」。

店頭の食券販売機には「究極の肉うどん」や「スペシャルうどん」など600円オーバーのハイクオリティ商品もあるが、中心は500円前後で、加えて朝8時から10時まで限定の「朝うどん」が300円と、気軽な立ち食いうどんニーズもきっちりカバーする。店内も店造り。

店内も落ち着いた感じの木彫カウンターだし、ハイチェアも備えられていて洒落ている。夕方はチョイ呑みうどん営業をするらしいが、なるほどイイ感じで楽しめそうだ。

我がチョイスはモチのロンでゴボ天うどん。裏打会名物の円盤状ゴボ天でこそないが、細長い姿揚げのゴボ天がこんもりと10数本。先ずはスメとひと啜りすれば、アゴだしチックな華あるうま味がリッチテイスト。

合わさるうどんは揚げ置きっぽいが、おそらく需要をきちんと先読みしての最小限揚げ置きなのだろう、草臥れた感じは皆無。揚げ立てならではの活きの良さはないが、ぷにゅっと愛らしいヒキは健在で、ある意味博多うどんチック。

ゴボ天も揚げ置きっぽいが、コレまたサクッとカリッとゴリッとで、十二分に美味っ。今や九州の裏打会の数軒では廃れてしまった、会伝統のネギの斜め切りもチャンと周到されているし、コレまた会公認の辛味調味料も卓上に用意されているし、立ち食いうどん店だからとて手抜き感は一切ナシ、しっかり美味なうどんを提供する、コレぞ豊前裏打会的店造りに感服しつつ、ズルズル完食。

UDON BUZEN
ごぼう天うどん510円
東京都港区新橋1-16-8
8:00~23:00(立ち飲み17:00~23:00)・土日祝休み

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン45●チャンポン4●中華麺2●うどん34●そば6●その他5
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年50km◎

Posted by heno at 10:05