2017年04月11日 火曜日

●【うどん】丼拓@東京都中央区

今日の次男の大学入学式に備え、昨夜上京。千葉に住む義理兄の取り計らいで、東京駅近くの新丸の内ビル7階のチャイナ居酒屋で食事をし、〆は義理兄オススメの「めん徳 二代目 つじ田」の日本橋八重洲店で、つけ麺。さすが東京を中心に11店舗を展開する人気店、固すぎず&柔らかすぎず、冷たすぎず&温すぎずな極太麺の旨さがお見事。途中、スダチと卓上の黒七味と酢で、豊かな味変も堪能し、ズルルと啜れば、お腹一杯シアワセ一杯。

【めん徳 二代目 つじ田】日本橋八重洲店
特製つけ麺1080円
東京都中央区八重洲1-4-6
11:00~23:00(土日祝 11:00~21:00)・不定休 Pなし ※要確認

で、今朝は、昨夜つじ田を訪ねる途中に偶然見つけた「博多うどんそば」の看板に惹かれて「丼拓」=どんたく。ナニせ東京駅すぐ近くに、博多うどん?!かつ屋号がコテコテの親父ギャグ的博多指向。で、ついついテンション上がりまくりで、昨夜ネットで調べると、久留米出身の店主が数年前にオープンした立ち食いうどん屋とのこと。

入口入ってすぐの左手に食券販売機。筆頭には牛肉や鴨肉つけ麺などがズラリと並び、博多うどん定番のゴボ天や丸天は2段目の列中央で、チト寂しい。が、うどんが硬麺と柔麺からチョイス可能で、柔麺のみ50円プラスとなるも「柔らかい博多うどん好きの方へお勧めの麺」とな?!ソリャ柔麺ば啜らなこて、博多んうどん好きの名折れやろうもんっ。

カウンターで食券を渡し待つ事しばし、「ごぼう天、お待たせしましたぁ」。お盆にのったうどんを受け取り、脇に置いてあるネギを添え、席へと運ぶ。

薄茶色の透明感を残すスメは、如何にも博多うろん。ではではお手並み拝見とひと啜りすれば、わぁお旨い、こりゃ旨いっ。昆布と削り節らしきダシの効き具合の優しさ然り、適度に甘いがキレも上出来な醤油カエシのうま味然り。この味わいなら、博多で出したっちゃ、いっちょん恥ずかしかなかばいっ。今や東京でこの博多味が楽しめる時代なのかと、ウハウハひと啜り、もうひと啜り。

合わさる柔麺は、モチモチ、プルルンッなこの食感は冷凍麺チックですばいな。ばってん冷凍麺にありがちな不自然なあま味は皆無で、キチンと旨い上出来うろん。ゴリゴリに固くとじたゴボ天かき揚げとの食感&味わいのコラボが、如何にも博多大衆うどん的楽しみ。

感心したのがネギ。博多うどん定番の白ネギを使っているし、なにより瑞々しいフレッシュ感。博多のイマイチはやっていない店じゃカピカピに乾燥した白ネギが置いてあったりするのだが、いやぁお見事、こりゃ相当に繁盛店なのだろうか??

【丼拓】
ごぼう天うどん410円+柔麺50円
東京都中央区八重洲1-4-20
7:00~21:00(土:8:00~15:00、祝日:10:30~15:00)・日曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン44●チャンポン4●中華麺2●うどん33●そば6●その他5
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年50km◎

Posted by heno at 2017年04月11日 08:02