2017年04月19日 水曜日

●【うどん】うどんの小町@北九州市小倉南区

ナゼかこの周辺に仕事で来るのは木曜日=この店の定休日で、ずっとずっとお預け状態だった「うどんの小町」。以前の店舗から八幡よりに数百メートルいったところに、20台ほど停められそうな大きな駐車場を備えた新店舗。

「津田屋官兵衛」@北九州市小倉南区が頂点のうどん野武士軍団「豊前裏打会」の初期メンバーの一軒である、うどんの小町。かつては「ひやかけうどん」を販売したりと、軍団内でも独自の営業スタイルを貫いている個性派。で、私の目当ては「牛すじうどん」。北九州市小倉南区のご当地麺「ドギドギうどん」なのだが、豊前裏打会店で販売しているのは、唯一ここ小町のみ。

待つ事しばし、運ばれてきた一杯は、美しく透明感ある黄金色のスメに躍る白いうどんと、ゴロゴロのった大振りの牛ホホ肉。さすが豊前裏打会が提供するドギドギうどん、いやぁ美人だねぇ、旨そうだねぇ!

うどんと共に供されたおろし生姜をタップリのせてスメを啜れば、素直に&上品に旨いスメに、ヒリリと映えるおろし生姜の辛味。ついつい食欲が喚起され、ズルルルルっとうどんを啜る。と、プルルぅサクっとナンとも心地よい歯触りと、噛み込むほどに広がるあま味。豊前裏打会には2タイプのうどんがある気がするが、このタイプの食味は初期メンバー店に多い気がする。

ドギ肉も脂身が丁寧に掃除されていて、かつ、針生姜とともに煮込まれたのか、臭みや嫌味は一切ナシ。チャンと調理され、チャンと旨い味わいも、さすがの豊前裏打会。いやぁオモロイ、ドギドギうどんも、調理の仕方でかくも異なる味わいに仕上がるものかと、感心しきりでズルズルと。

【うどんの小町】
北九州市小倉南区下南方1-3-24
牛すじうどん590円
11:00~17:00・木曜&3rd金曜 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン46●チャンポン4●中華麺2●うどん37●そば7●その他5
◎4月の総ジョ グ距離0km / 通年50km◎

Posted by heno at 2017年04月19日 16:04