HENO HENO: 2017年05月07日 アーカイブ

2017年05月07日 日曜日

●【麺】アジア麺厨房NANA LUNCH@中央区平尾

先月に開店を知って、ずっとずっと啜りたくて仕方なかった「アジア麺厨房NANA LUNCH」。住所を頼りに訪ねると、我が最愛つけ麺店の一軒である「まるげん」の北隣に、エスニック色調の立て看板。

それを目印に路地に入ると、「平尾とりあん」の店頭に、昼は「NANA LUNCH」で営業中の貼り紙。同じ店舗で昼と夜では違う営業=二毛作営業は、このすぐ近くの店舗で我が最愛ラ店の一軒である「行徳家」がやっていたなぁ、と思わずセンチメンタル・ジャーニー。

休日の、しかも午後2時だと言うのに店内には先客4名。開店してわずかだが、すっかり顧客が付いたのだろうか?!かつて今泉で開業し、薬院へ移転するも間もなく閉店してしまったNANAだが、新境地で順調な滑り出しを果たせたようだ。

かつて啜った「NANAちゃんぽん」に加え「ベトコンラーメン」「黒酸辣湯麺」「上海醤油ラーメン」と魅惑的な汁麺メニューから我がチョイスは「プノンペンラーメン」。

イイ感じに透明感を残す醤油色のスープは、いわゆるチャンと旨い中華料理屋で啜る五目そばのスープの味。ダシのうま味と醤油の風味が十二分にきいたリッチテイストに、桜海老の唐揚げ(?)に、セロリやパクチーや、トマトやネギや、オリエンタルな香辛料の風味も効いた味わいが、ドンズバ我がツボぉ!

合わさる麺は中太縮れ。イイ感じに柔揚げなので、スープを豊かに絡め取りつつ、口へと収まり、食感の心地よさ&旨さを存分に自己主張する。加えて口へと飛び込んでくる豚肉や、イカ、小松菜?、トマトなどの具の数々が織りなす食感&味わいのハーモニ-。

プノンペンラーメンというメニューは「中華さと」@大分県日田市にもあるが、博多のプノンペンは、よりオリエンタル、なのに良い意味でちとインチキ臭い上出来な旨さが、いやはや楽しいっ!この上質混沌ラビリンスな味わいは唯一無二。いやぁ旨い、これ大スキ!こりゃマジで是非とも汁麺全制覇!!

​【アジア麺厨房 NANALUNCH】
プノンペンラーメン680円
福岡市中央区平尾2-2-20 平尾とりあん店舗で午後のみ営業
11:00~15:00・不定休(最近は火曜か水曜休む事が多いとか) Pなし ※要確認◎2017通年麺喰い◎
ラーメン56●チャンポン4●中華麺2●うどん40●そば7●その他67
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年50km◎

Posted by heno at 13:54