2017年05月09日 火曜日

●【うどん】博多わいわい亭@博多区

博多駅南のビジネス街の一角に、桜色のポップな看板に「博多わいわい亭」なるポップな屋号。かつては「肉ちゃんうどん博多駅南2号店」だった店舗が昨年9月に生まれ変わったのだとか。

ポップな店造りで、かつての北九州小倉南区発祥どぎどぎうどんの専門店から、居酒屋へと変身。夜はもつ鍋やホルモン鉄板、地鶏焼きなど揃え、昼もドギドギうどんに加え、生姜焼きや唐揚げ、塩鯖など定食が充実のラインナップ。

我が目当てはモチのロンでどぎどぎうどん。だが、待つ事しばし、運ばれてきた一杯は、一見して肉ちゃんうどんのどぎどぎうどんとは明らかに別物。

まずドンブリからして、シュッと逆末広がりに切り立った白磁のドンブリのオサレ感。加えてネギも九条ネギのようなシュッと鯔背な中太ネギが多めにトッピング。そして卓上には肉ちゃんお約束の辛唐辛子こそ共通だが、黒酢に加え、山椒や中華香辛料の八角などブレンドしたオリジナルの香辛料も置いてある。

まずは卓上のもろもろを使う事なく、そのまま本来の味をとスープをひと啜りすれば、クイッとフック感ある獣系のダシ。なるほど、メニューの蘊蓄書きによると牛骨をダシのスープを取っているとのこと。

コレはコレでアリなのだろうが、最近めっきりロートル指数上昇の我がヘタレな胃には、チト重め。なので、卓上の薬味をズラリとトッピングし味変して啜れば、わぁお、エスニックぅ~。うんうん旨ひぅ、この味わいはドンズバ我がツボっ。

うどんはムッチリ、だがドギ肉はイイ感じにガサゴソで、我が貧相な食味イメージだが、気分は一気にウイグル地区の土着麺料理。オリエンタルな風味&うま味×決して洗練されすぎることなくナンともイイ感じに野暮ったいこの味わいは、嬉し楽しダイスキ。

【博多わいわい亭】
和牛肉うどん660円
福岡市博多区博多駅南2-3-2
11:00~22:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン56●チャンポン4●中華麺2●うどん41●そば7●その他67
◎5月の総ジョ グ距離0km / 通年50km◎

Posted by heno at 2017年05月09日 13:32