2017年08月08日 火曜日

●【うどん】うどん大学@中央区赤坂

この夏ひやかけうどん in 2017 ~その五~

もともとは、うどん=温かい食べ物。製麺所製の茹で置きうどんを客の注文に合わせて温め直し、テロテロヤワヤワ状態で熱々のスメと合わせることで、スメの旨さを存分に味わうスタイルこそ、伝統博多うどん。

なれど二十数年前、冷たいうどん自体の旨さが主役の讃岐うどん食文化が博多へ黒船来襲。結果、冷たいうどん×冷たいスメ=讃岐うどんでいう「ひやひや」=ひやかけうどんを出す店が次々と登場。

5年前にオープンした「うどん大学」も然り。今は閉店してしまった「唄う!手打ちうどん稲穂」@早良区野芥に、讃岐うどん作りの手ほどきを受け、「二○加屋長介」@中央区薬院で、うどん居酒屋経営を学んだ名店。

スキッと澄んだスメはイリコらしきダシがガシガシときいたホロ苦美味。美しく盛られたうどんも本場讃岐さながらのイカ刺しゴシが楽し旨しダイスキ。今や博多でも、様々な味わいのひやかけうどんが楽しめるシアワセにドップリ浸りつつ、ズルズル啜るぅ。

【うどん大学】
ひやかけうどん450円+ちくわ天100円
福岡市中央区赤坂1-10-1
11:30~26:00・不定休 Pなし ※Pなし

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン91●チャンポン5●中華麺3●うどん60●そば13●その他78
◎8月の総ジョ グ距離16km / 通年82km◎

Posted by heno at 2017年08月08日 13:20