2017年09月07日 木曜日

●【ラーメン】煮干し中華そば ぶっとび亭@山口県柳井市

山口県東部の広島県境にほど近い、柳井市。四国へのフェリーが出る柳井港の一画に、目指す「煮干し中華そば ぶっ飛び亭」。「麺屋アジト」や「自家製拉麺 まつかぜ」など、人気ラ店を立ち上げてこられた若き店主が、今年の4月にオープンさせた店なのだとか。

今が旬のラ店だけに、午後1時過ぎの店内はほぼ満席状態。僅かに空いたカウンター席に滑り込み、壁に張られたメニューを見ると、ラーメンは「煮干し中華そば」があっさりとこってりの2種×具のバリエーションに加え、つけ麺や「煮干しブラック」なるナンとも惹かれる期間限定メニューに、くらりっ。

ナニせド醤油真っ黒ラーメンが大好きな我、煮干しブラックに猛烈に惹かれるも、いやいや、やっぱり、初ラ店は基本メニューと、煮干し中華そばをたのむ。

ほどなく運ばれてきたラーメンは、イイ感じに透明感を残す醤油色のスープに、低温調理チャーシューの赤と、シナチクの黄色、ネギの緑に海苔の黒。必要最小限の具が、コレでもかとソレゾレ量多めに盛られている様に、若き店主のラーメン作りのセンスを感じる。

先ずはスープとひと啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに香味油由来らしき力強いあま味がグッと広がり、すぐその後をイリコだしの柔らかなうま味が追ってくる。同じ煮干しラーメンでも、青森のキンキンと金気の迫力で喰わせるタイプとは全く別物。優しく素直にイリコのうま味を堪能できるジェントリーさが中国地方の海沿い地区の共通した特長なのか?

合わさる麺は中細ストレート。ベルベットな口当たりとともに口へと収まり、コレまたジェントリーに解けるコシがググッと我がツボ。チャーシュー、シナチクともキチンと旨くて、屋号の「ぶっとび亭」とは正反対の、品格さえ感じる味わいのまとまり感に、うっとり完食。

となると、俄然興味津々の「煮干しブラック」!なれど、とあるInstagram情報によると、今月末から長期休業されるとのこと。その前に啜る事が出来た事に感謝しつつ、ズルズル完食。

煮干し中華そば ぶっとび亭
煮干し中華そば750円
山口県柳井市柳井134-24
11:00~15:00・日祝休み(9月24日より長期休業) ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン108●チャンポン5●中華麺3●うどん67●そば15●その他78
◎9月の総ジョ グ距離16km / 通年112km◎

Posted by heno at 2017年09月07日 13:10