2017年09月18日 月曜日

●【うどん】こなみ@福津市津屋崎

台風一過、「こなみ」に秋到来。9月の声を聞いた先週、昨年に続き「けいらんうどん」を発売。

「今からうどんを茹でますので、お時間いただけますか?」

うどん作りに対する若き店主の真摯な姿勢に惚れ惚れしつつ、調理を眺めていると、まずうどんを茹で釜へと投入したら、前客へ提供するうどんを仕上げ提供し、その前客が食べ終えた器の洗浄。

その手際&段取りの良さに惚れ惚れしつつ眺めていると、我がオーダーのけいらんうどんの仕上げ作業が始まる。小振りの雪平鍋にスメをひとり前取り、加熱し、卵を溶き入れて、あんでとじる。調理が進むに連れ、グイグイ香り立つダシの芳しさに我が麺心はもうメロメロ。あぁ腹減ったぁ、いやはや早く啜りたひっ。うどんが出来上がるまでの時間がコレほどまでに楽しいうどん屋を、私はかつて知らない。

ウキウキ、ウハウハ待つことしばし、カウンター奥の厨房からわざわざホールまで出てきてから、うどんを差し出してくれる。くぅ、その気持ちがウレシイねぇとレンゲでスメをひと啜りすれば、ソリャもうアッツ熱&トロットロな口当たりとともに、ナンとも豊かに広がるダシのうま味と、醤油カエシの風味と、溶き卵のあま味。

ですバイですバイ、これですバイ!とうどんを啜れば、こなみ名物の中太ちぢれ麺がビロビロ躍り口へと収まり、ムッチン、プリリンと跳ねる腰がソリャもう楽し旨しダイスキ。

昨年はオプションだったつくねが今年はセットされていて、ムッチリ食感が増して、食べ応えも十分。いやぁ旨いね、コレからの季節はあんかけ麺に限るねと、ニヤニヤ完食。

こなみ
けいらんうどん850円
福岡県福津市津屋崎4-10-13
11:30〜だいたい日暮れ※売切れ終了.しばらくは土日のみの営業
営業はInstagramを要確認
Pあり(店頭2台+店舗の道はす向かい津屋崎千軒なごみの駐車場を利用可)

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン117●チャンポン5●中華麺3●うどん69●そば16●その他78
◎9月の総ジョ グ距離35km / 通年131km◎

Posted by heno at 2017年09月18日 13:33