2017年09月21日 木曜日

●【ラーメン】ザ・ナガハマラーメン@南区大橋

「なぜ元祖のようなラーメンを出す店が、元祖の他に出来ないのか?」

福岡の麺事情七不思議の話題のひとつとして、10年ほど前はよく話題にのぼっていたが、2009年の元祖のお家騒動が解禁の狼煙となったが如く、その後はアチコチに元祖チックなラーメン店がオープン。つい最近はラーメンチェーン「はかたや」が「はかたやエクスプレス」なる新ブランドで、まんま元祖な店造り。

そして先日、西鉄大橋駅西口の飲食店が数多く営業する一角に、「ザ・ナガハマラーメン」がオープン。店頭の「王道の味 長浜ラーメン」と染め抜かれた赤提灯が象徴的、こちらも「元祖長浜屋」と瓜二つのラーメンが啜られる新店なのだとか。

住所を頼りに訪ねると、かつて「あすか」が営業していたビル一階に、ポップなフォントの屋号看板。「ザ」の文字の日の丸が描かれた純白の暖簾を潜ると、カウンター席のみ10席ほどの店内は先客ひとり。

席に着きテーブルを眺めると、茶筒状のタッパーにタップリと入れられた擂りゴマ&角柱容器の紅ショウガ&胡椒缶が、レトロな長浜ラ店を演出。さらに醤油ダレの器は小型のヤカンだし、替え玉に加えて替え肉もるあたりが元祖長浜屋チック。なれどメニューは基本の豚骨に加えて「味噌とんこつ」もあるし、トッピングには煮玉子や魚粉などあり、十二分にイマドキなラーメン店。

ほどなく運ばれてきたラーメンは大振りの黒いドンブリこそイタダケナイが、スライス状のボロボロとしたチャーシューがコレまた元祖チック。まずはスープとひと啜りすれば、ナルホドこれまた味わいのベクトルは限りなく元祖チックだが、だがかなりのダシ薄め。ならばとチャーシューをスープへよくよく漬け込み、チャーシューの塩気を映して啜れば、ナンともイイ感じに味が調う当たりも、コレまた元祖。

麺も量も多めで、コレまた元祖。太さは元祖よりチト細めで、チトぷりっと感強めで、結果、元祖より旨い気がする。チャーシューの肉質も元祖より上質でチャンと旨い。

となれば、我が元祖の食べ方と同じく、ゴマをドバッとかけて、紅ショウガも添えて、胡椒をポンポンポンと3回ふって戦闘態勢完了。ズルズル、ズズズ、ズル、ズルルゥと一気完食。

【ザ・ナガハマラーメン】
ラーメン550円
福岡市南区大橋1-16-17
11:00~21:00 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン121●チャンポン5●中華麺3●うどん69●そば16●その他78
◎9月の総ジョ グ距離49km / 通年145km◎

Posted by heno at 2017年09月21日 12:40