2017年09月22日 金曜日

●【ラーメン】製麺屋慶史 麺ショップ西月隈@博多区西月隈

博多の森での打ち合わせを終え、さぁさ昼麺。現場にほど近い「製麺慶史 麺ショップ西月隈」で、宿題麺の「きつねらーめん」。

今年の春にオープン以来、次々と期間限定麺を発売してきたが、エラク気になりつつも未食だった「きつねらーめん」を啜るのさっと訪ねると、「期間限定 うどんこ細麺」の貼り紙。製麺が本業の慶史だけに、この期間限定は啜らんわけにゃ、イカンでしょうっ。

だが待てよ?「きつねらーめん」×「うどんこ細麺」=単なる「きつねうどん」になるのでは?などアレコレ不安に思いつつ待つことしばし。セルフサービスのラ店だけに、オーダー時に渡されたブザーが鳴り、カウンターへ受け取りに。

カウンターで受け取り、取り放題薬味カウンターで、ネギ、おろし生姜と天かすをトッピングして、いざ啜らんっ。先ずはスープとレンゲでひと啜りすれば、キュンッとドライブする醤油ダレの密なる風味と、すぐその後を追ってくる鶏ガラらしきダシの豊かなうま味。

合わさる細麺は、確かにフワフワプルルンッ具合は細うどん。なれど、噛み込むほどに広がるスープとのコラボ味覚はキッチリとラーメン。そして更に、具のきつねからしみ出すほの甘いダシの味わいが醤油スープに徐々に映るさまが、楽し旨し。

きつねのお揚げさんのモッチリあま味もモチロンだが、心底感動美味なのがネギ。ド醤油熱々スープに九条ネギ系の青ネギがイイ感じに加熱されて、結果シャクッと心地よい食感と、熱々スープで加熱されることにより、至極自然に甘い旨いダイスキ。

一見ドエラク色モン的な印象が免れないきつねらーめんだが、その味わいは、わんだふぉ~!次回は是非とも基本麺の超扁平麺で啜りたひっ。

製麺屋慶史 麺ショップ西月隈
きつねらーめん600円
福岡市博多区西月隈1-16-15
5:00〜16:00・日曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン123●チャンポン5●中華麺3●うどん69●そば16●その他78
◎9月の総ジョ グ距離49km / 通年145km◎

Posted by heno at 2017年09月22日 14:59
コメント
コメントしてください




保存しますか?