HENO HENO: 2017年10月09日 アーカイブ

2017年10月09日 月曜日

●【うどん】二◯加屋長介@中央区薬院

昨今の福岡市は醤油ラーメン名店が花盛り。なかでもドンズバ我がツボなのが「らぁめん蔵持」。うま味抜群の醤油スープ×プリップリの中太ちぢれ麺がてんこ盛り=東京西新宿の「らぁめん満来」仕込みの、これぞ東京中華そば一杯に、ウットリ。

らぁめん蔵持
麺少らぁめん680円
福岡市中央区白金1-10-5
11:00~15:00&17:00~21:00(土日祝 11:00~21:00)・水曜休み Pなし ※要確認

日向峠の田舎うどん名店である「ひなたうどん」の2号店が、糸島市前原のイニシエ食堂「角屋食堂」向かいに、いつの間にか営業中。本店の息子さん夫婦たしき若き男女が作る、ひなたうどん名物メニュー「野菜天うどん」は、本店のそれより随分とコザッパリと仕上げられている。衣少なめでカリッと揚がった野菜天に、プリンプリンの食感の細うどん。スメもアッツ熱のスッキリだしで、丁寧に作られた感アリアリな一杯。なのだが、やっぱり本店のイナタい野菜天うどんが恋しいぞぉ。

【ひなたうどん】前原店
野菜天うどん500円
糸島市前原中央2-3-31
11:00~14:30&18:00~24:00 Pあり ※要確認

かつては大木町で営業していた「らーめん中」が、いつの間にか「クレイジーモルト」として柳川市に移転し営業中。店頭の「豚骨らーめん・創作麺」の看板に惹かれてたのんだ「BLK64」は、真っ黒スープのカレーラーメン。一見とてもスパイシーなのか?と思いきや、その味わいは王道クラシックカレー。かなり甘めでウスターソースのような風味が懐かし美味。中細縮れ麺にトッピングのチーズが辛み、旨さが加速。取り放題の辛子高菜を添え、味わいの変化も存分に楽しみつつ、一気完食。

【クレイジーモルト】
BLK64 800円
柳川市三橋町柳河823-1
11:30〜14:30&18:00〜21:00・月曜休み Pあり ※要確認

朝からの資料作りでボロボロに疲れた脳みそを労りたいと「二◯加屋長介」で休日昼酒。モッチリとした煮上げ方が抜群な鶏肝煮や、風味抜群のカナギの干物、軽い食感のハチノスをダシのきいたみそで煮た土手煮など、エラク美味なるアテに自然杯が、すすむすすむ!チョイ呑みのつもりが、ひやおろし、温燗経由の黒霧ロックで、夢心地。〆のひやかけをズズッと啜れば、ソリャもうお腹一杯シアワセ一杯。

【二◯加屋長介】
ごぼう天ひやかけ600円
福岡市中央区薬院3-7-1
16:00~25:00(日祝は13:00~)・土曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン131●チャンポン6●中華麺3●うどん75●そば16●その他78
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年145km◎

Posted by heno at 15:16