HENO HENO: 2017年10月11日 アーカイブ

2017年10月11日 水曜日

●【麺】ラーメン屋 游@城南区荒江

ラーメン記者、九州をすする!を訪ねて ~その一~

 

最近、麺神さまが我に優しい。午前中の所用を終え、あぁ腹減ったぁ。ならばと、その現場からすぐ近所の「ラーメン屋 游」で豚骨ラーメン啜りたひっと立ち寄ったら、「へのさん、新作がイケますけど?!」と若き店主。

ナンでも抑もは夏季限定で出すつもりだった「まぜ麺」。レシピはとうに完成していたが、どうせなら専用の器を取り寄せてから、秋の期間限定にしようと温めていたのだとか、たまさか本日、その器が入荷予定だったので、いつでも出せるようにと下ごしらえを万全に整えたところに、ノコノコと我が訪ねてきたのだとか??!!

で、いとも簡単に心変わりし頼んだまぜ麺は、游名物の扁平中太麺が釜揚げ状態のアッツ熱。具は辣油から自家製という辛味噌と生玉子とニラに、コレまた游名物のタマネギのザク切り。

さぁさ喰らうぞと麺をグリングリンっ。具と麺の下タレをよくよく絡めて、ズビビと啜れば、瞬間、汁なし担々麺。かつ名古屋台湾まぜそばチックでもある。

シャリッと瑞々しいタマネギと、シャキシャキ風味豊かなニラが、イイ仕事しまくり。かつ、3分の1ほど食べ進んだところで生玉子を割り入れ啜れば、独自のあま味が味わいの奥行きを演出。

野球で例えるならば大らかな天才、長嶋茂雄。セコセコした感は皆無、悠々と大らかに、次々と期間限定麺メニューを考案&発売する様が、ナンとも気持ちイイ。セコセコした感じが皆無の居心地の良さ。あぁだから游が好き。

そんな游も紹介された
西日本新聞の連載「ラーメン のれんのヒストリー」が一冊の本に。

ラーメン記者、九州をすする!」。
出版にあたり写真を撮り足し、
今は閉店してしまった「行徳家」と「未羅来留亭」は
新たにコラムを書き下してある。

いみじくも両店とも我が最愛ラ店、
筆者のラーメンに対する愛をヒシヒシと感じつつ、
ページをめくる。

 

【ラーメン屋 游】
まぜ麺850円 (白飯付き)

福岡市城南区荒江1-23-27
11:30~15:00&17:30~23:00・木曜日休み Pなし(コインパーキング100円補助アリ) ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン131●チャンポン6●中華麺3●うどん75●そば16●その他79
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年145km◎

Posted by heno at 12:26