2017年10月16日 月曜日

●【うどん】うどん兎屋@南区野間

北九州市小倉南区の「津田屋官兵衛」が本家の「豊前裏打会」。この5~6年は一気に出店ペースが上がり、北九州市、福岡市にとどまらず、東京、大阪、三重など全国各地に展開。

福岡市及びその近郊だけでも今年に入って「大地のうどん福津店」「萬田うどん」と2店舗がオープン。そして今日、3店舗目として「うどん兎屋」がオープン。グループ内でも屈指の人気店である「大地のうどん本店」で店長を努めた方が独立開業された店である。

奇しくも我が最愛ラーメン店「行徳家」の道向かい。店頭には津田屋官兵衛や大地のうどんから送られた花輪が並ぶ。正午半、席数に対し広めの店内には先客7名。入口右手の食券販売機には、ごぼううどんにぶっかけなど、師匠店同様のメニューボタンが並ぶが、その一角に「うさぎうどん580円」のボタンを発券。屋号を配したメニューとなれば俄然気になると、迷わずボタンを押す。

カウンター奥の厨房には店主と奥さんらしき女性に加え、2名の女性がお手伝い。注文が入ってから店主がうどんを茹で、奥さんが天ぷらを揚げる、豊前裏打会往年の夫婦調理スタイルでの営業のようだ。

待つことしばし、運ばれてきたうどんは、端正な盛り付けが印象的。具はごぼう天にエビ天、肉、きつね、ワカメにカマボコに、うさぎの形に切られたニンジンと豪華版。

まずはスメとひと啜りすれば、ホッコリ広がるダシの風味。外連味の一切ない、柔らかなうま味に思わず頬が緩む。あわさるうどんは、師匠店よりチト太めか?そして軽く縮れていて、啜った時の変則的口当たりがナンとも楽しい。カリカリ熱々の天ぷらを始め、色んな具との味わいコラボで、我が口の中はお祭り騒ぎ。師匠店の「具だくさん」を兎屋流にバージョンアップした感ありありの一杯に、うっとり完食。

店内BGMは映画「ブルースブラザース」のサントラ。店主はブルース好きだったのか。そうか、自分なりのうどんを作り、好きなBGMを流す店を開くのが彼の夢だったのか。店主の想いがヒシヒシと感じられる新店に惚れ惚れ。こりゃ全メニュー制覇に挑んでみるか…!

【うどん兎屋】
うさぎうどん580円
福岡市南区野間4-1-35
11:00~15:30&17:00~20:00 ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン132●チャンポン6●中華麺3●うどん76●そば16●その他80
◎10月の総ジョ グ距離0km / 通年145km◎

Posted by heno at 2017年10月16日 12:27