2017年10月28日 土曜日

●【ラーメン】スパイスラーメン点と線.@東京都世田谷区

今回の東京遠征麺テーマは「我が最愛麺屋のルーツを探る」。昨日の「あぁ麺やまぐち」と「駒沢ひろの亭」は「地鶏らーめん はや川」と「久屋」の師匠店と、直球勝負だったが、今日は変則。福岡市の「侍.うどん」がリスペクトする札幌市の「路地裏カレィ侍」が、東京下北沢に出店した新業態店「スパイスラーメン点と線」。

住所を頼りに訪ねると、中心街の路地裏の、古ぼけたビルの2階。おそらく店の存在を知って、それ目的で訪れる客しか辿り着けない立地だが、正午前なのに既にほぼ満席。

店一押しという「スパイスパクチーラーメン」は、野菜てんこ盛りのルックスに、ふと侍.うどんを思い出す。先ずはスープとひと啜りすれば、およよぉ、こりゃ何種類のスパイスが使われているのだろうか…?!ナンとも複雑、なのにただ辛いだけじゃない、スパイスラビリンスの後に爽やかな甘味さえ感じる技アリ調味がググッと我がツボ。

加えて味わいを大きく左右する野菜のうま味。スープと共に飛び込むパプリカやタマネギのフレッシュなあま味や、ゴリッとジャキジャキな煮ゴボウの土の香に、パクチーのクセある風味など、それぞれ煌めく野菜感に思わず心酔。そしてさらに、コレだけパキンっと美味なスープと存分に渡り合う中細麺の豊かな小麦感。

途中フレッシュレモンを搾り入れ、爽やか酸味でうま味を更に際立たせつつ、いやはや旨いぞ、コリャ旨いっと一気完食。

美味ブランチ麺でシアワセ一杯、意気揚々と横浜へ向かい、明日の大会の受付を済ます。我が今回の背番号は「G3000」。ナンだか強そう!完走間違いナシ!!と己を鼓舞しつつ、横浜の町をぶらり散歩。

同行の次男に冬服を奢ったりと町歩きを楽しんだ〆は、横浜駅至近の遣れた飲食街にある「味珍(まいちん)」。豚ホルモン一筋、創業昭和36年の老舗である。

メインの豚ホルモンは、頭、耳、舌、胃、足、尾の六種。香辛料を使わず、醤油ベースの秘伝の和風タレで長時間煮ることで油を煮出し、においを消しているのだとか。

焼酎と共に、尾と胃を頼むと、店主よりタレの説明。酢醤油にカラシを溶かし入れ、好みで醤油を少量どうぞ、との事。カウンターに置かれた梅エキス少量を焼酎へ入れ、酢白菜を突きつつ待っていると、まずは胃が供される。幾重にも重なった肉層のそれぞれに異なる食感と、噛み込むほどに広がる豚豚しいうま味あま味。爽やかカラシ酢が好アシスト、臭みは皆無、しこたま旨いっ。

続いて供された尾は、胃よりズッとゼラチン質。なれど嫌味や諄さは皆無。豚足よりもプルプルもちもち、あぁ天国。

そして〆は煮込み。供される前に小鍋でチャンと加熱されるので、熱々ほかほか。ホルモンはモチのロンだが、ナンとも絶品なのが、味噌だしが染み染みの豆腐。白葱と七味を絡めつつ喰らえば、あぁタマランっと、ついついすすむ日本酒温燗。

もつ鍋然り、牛ホルモンを食べることには精通した九州だが、こと豚ホルモンの食べ方は関東が一枚も二枚の上手。いやぁタマラン、こりゃ是非とも全部位を食べてみたひっ。

【スパイスラーメン点と線.】
スパイスパクチーラーメン1200円
東京都世田谷区北沢2-14-5 イスズビル 2F
11:30~15:00&17:30~22:00・無休 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン142●チャンポン6●中華麺3●うどん77●そば16●その他8
◎10月の総ジョ グ距離37km / 通年182km◎

Posted by heno at 2017年10月28日 18:58