HENO HENO: 2017年12月 アーカイブ

2017年12月31日 日曜日

●【うどん】こなみ@福津市津屋崎

ラーメン記者、九州をすする!を訪ねて ~その三~

ご先祖様に気持ち良く新年を迎えていただこうと、お墓の大掃除。の前にサクッと昼麺、昨年に引き続き、お墓への道すがら「一九ラーメン」老司店。

もっと早めに来るつもりが、アレコレ所用を済まして出かけると、早正午前。で、当然、店頭には順番待ちの行列が。きっと誰もが、一年間で今日しか啜る事が出来ない、あの一杯を楽しみに訪れたのか?

言うても、歳末のラーメン店。なので、回転率が高く、待つこと10分弱で無事着席。そして、そこから5分弱で、我が目の前にラーメンが運ばれていくる。大晦日限定提供の蕎麦入りラーメンである。

お目出度気分を更に上げようと、紅ショウガを添えてスープをズズッと啜れば、独特の熱々触感とともに丸いあま味が円やかに広がる。合わさる中細麺も、半端なくアッツ熱。はほはよと噛み込めば、ホックリ解ける優しいコシが楽し旨しダイスキ。

蕎麦が旨いのか?いや、ナンちゃナイ。が、歳末の風物詩的楽しみ方が、ナンとも楽しい。「ありがとうございましたぁ~、どうぞ良いお年を~!」と威勢が良い店主の笑顔にシアワセのお裾分けを頂き、店を出る。

夜は「うどん こなみ」の持ち帰りセットで、
年越し蕎麦。迷わず、牡蛎蕎麦を作る。

 

クイッときいたダシ&カエシの風味と
具の牡蛎から映るうま味と、 
牡蛎との相性抜群過ぎる、春菊と柚子皮。

 

これ最高の酒のアテと、クイクイ2合。
あぁ、またも呑みすぎてもうたぁ。

【うどん こなみ】
年越し蕎麦+スメ600円
福岡県福津市津屋崎4-10-13 
11:30〜だいたい日暮れ※売切れ終了.しばらくは土日のみの営業  
営業はInstagramを要確認
Pあり(店頭2台+店舗の道はす向かい津屋崎千軒なごみの駐車場を利用可)

◎2017通年麺喰い 
ラーメン176●チャンポン7●中華麺4●うどん96●そば17●その他10  
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:04

2017年12月30日 土曜日

●【ラーメン】長浜御殿@城南区長尾

北九州市発の「拉麺エルボー」の宗像店。開店一年足らずして発売された、宗像店限定「味噌ラーメン」は、軽い食味と醸す味噌風味が、誤解を覚悟で例えるならば、ウルトラ上質な「サッポロ一番みそラーメン」。いやぁコリャ逆に新しい。ナルホド、今敢えて、この味噌ラーメン。

夜は帰省した長男と「ゴールデン食堂」。旨しホルモン諸々をガッシガシとカッ喰らいつつ、ホッピーでハッピー。んで、家族3名しこたま食べ&飲みして、支払いは、えぇっ?6000円ちょっと。て、チョッとチョッとぉ~、コレって安すぎぃ~!!(ザ・たっち&イッコー調で)。

〆はラーメン。「長浜御殿」でラーメンをアテに芋焼酎。いひひぃ、今夜のスープは、ダシ感が半端なく、ひちたすら旨い旨いっ。芋焼酎のアテとして啜れば、ソリャもう極楽極旨。

【長浜御殿】長尾本店
ラーメン490円
福岡市城南区長尾1-10-11
11:00~24:30・不定休 Pあり

◎2017通年麺喰い
ラーメン175●チャンポン7●中華麺4●うどん96●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:02

2017年12月29日 金曜日

●【うどん】ひとり堂@早良区石釜

小説「悪人」の舞台となった三ツ瀬峠の福岡市側で営業する「鳥飼豆腐」。もとは小さな商店だったが、今や野菜や地鶏、スイーツなど様々な商店が寄せ集まった、さながら産直施設の一角、かつて「牛すじラーメン歩」が営業していた店舗に先日、うどん店がオープン。

「ひとり堂」なる屋号然り、その屋号が躍動感ある墨文字で躍る大型暖簾からしてタダモノではナイ。メニューも「三ツ瀬野菜の天ぷら」など、消費者の心理をズバリと押さえた感が心憎い。大体ならば初うどん店はゴボ天と揺らぎなく啜ってきたのだが、珍しく揺れるざわめく。で、結局薬局、「野菜かき揚げうどん」をたのむ。

オーダーが入ってから、うどんを茹で、かき揚げを揚げて、ソレゾレ別の器で供される。先ずはスメとひと啜りすれば、アッツ熱の口当たりとともに、ふわり広がる抑揚感あるダシのうま味。決して華美にはしることなく、さりとて物足りないこともなく、必要最小限の風味を慎ましやかに主張する様が、心地よい。

うどんは細め。揚げ立てを一旦冷水で締めて、再びテボで温められて供されるが、こちらも強固なコシは皆無で、慎ましやかにプニュンッと躍る愛らしいコシがナンとも楽しい。サクッと揚がったかき揚げを囓り啜れば、食感と味わいのコントラストが、更なる味わいのコクを演出。

うどんにスメにかき揚げと、それぞれキチンと丁寧につくられたもの達が一体となることで、豊かな味わいを成す。滋味溢るる一杯に、うっとり完食。

【ひとり堂】
野菜かき揚げうどん650円
福岡市早良区石釜1185-1
9:30~18:00 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン175●チャンポン7●中華麺4●うどん96●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:32

2017年12月28日 木曜日

●【ラーメン】ら~めん陽向@熊本県熊本市

「粋と野暮」で啜った後、熊本市街地で歳末の買い物。老舗百貨店の「鶴屋百貨店」の、えらく広々とした売り場にビックリ。リビング用品のフロアでは家具やベッドも現物を置いて売られている。おそらく熊本で最も地価が高いであろう一等地で、売り場を贅沢に使った昔ながらの商売方法が成り立っている。地元に長年愛される百貨店での買い物が、ナンとも楽しくて、ついついアレコレ買いすぎる。

その後もアチコチでアレコレと買い物し、夕方6時、「らーめん陽向」に到着。お目当ては平日の夜営業限定で提供さている「煮干しラーメン」。背脂のアル・ナシが選べるが、店員の薦めに従い、アリでたのむ。

オーダーすると、「お時間いただきますが、よろしいですか?」そして、ガ、ガーーーとフードプロセッサーの駆動音の後、小型の鍋からフツフツと煮沸音が聞こえてくる。もしかして、オーダーが入ってから煮干しを細かく砕き、スープと合わせて一杯立てしているのだろうか??

コリャ楽しみだと待つことしばし、運ばれてきたラーメンは表面に背脂と泡が密に浮いていて迫力満点。

先ずはスープとひと啜りすれば、ガツンッと広がる煮干しの風味。煮干しの中でもイリコの比率が高めなのだろう、独特のニボニボなうま味に、じょっぱ辛い醤油味と、それらをひとまとめにする背脂のあま味。おそらく寒さの厳しい青森県の煮干しラーメンは、きっとこんな味わいなのだろうか?と思わせる力強い味わいに、思わず頬が緩む。

合わさる麺は中細外レート。良い感じに柔揚げで、インパクト・スープとは好対照に、ベルベットな啜り心地としなやかなコシが心地よし。そしてチャーシューも、豚でも最近流行の鶏ムネ肉でもなく、鶏モモ肉。しかも大きめに切ったものをタレに漬け込み、焼き上げたようだ。そして多めのシナチクに、白ネギの輪切りと、スープ以外は店独自の創意工夫が存分になされた感ある意欲作。

同じ煮干しラーメンでも「粋と野暮」とは味わいベクトル真反対の一杯。いやはやオモロイぞ、もっこす煮干しっ。こりゃ是非とも、日曜日限定で提供されているという「ライフイズジャーニー」の煮干しラーメンも是非是非啜りたひっ。

ら~めん陽向
煮干しラーメン背脂入り650円
熊本県上益城郡嘉島町鯰1804-1
11:00~15:00&18:00~23:30(土日祝17:00~23:30)・火曜休み Pあり
年末は31日まで、新年は2日から ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン175●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 18:12

●【ラーメン】江戸麺屋 粋と野暮@熊本県熊本市

最近の熊本市は、にわか煮干しラーメンブーム。「にぼら屋」に」心生麺商人」と、九州の中では早い時期から煮干しラーメンが親しまれてきた土地柄か、この冬はアチコチのラーメン店の限定メニューとして提供されているらしい。

先ず訪ねたのは、冬季期間限定で「濃厚煮干し醤油ラーメン」を販売している「江戸麺屋 粋と野暮」。待つことしばし、カウンター越しに差し出された一杯は、醤油スープの茶に、チャーシューの白、味玉の白と黄色に、ネギとほうれん草の緑と、紫タマネギと色とりどりで、ナンともオサレ。

先ずはスープとひと啜りすれば、キュンとドライブする醤油カエシと節度ある煮干しのニボニボ加減と、背脂の甘さ。うま味と風味とあま味のコラボ加減が、見た目同様のオサレ美味。

合わさる麺は中太ストレート。揚げ具合が絶妙に柔らかめなので、スープの絡みも良好だし、噛み込んだときのもっちり感も楽しい。更に噛むほどに広がる小麦の風味が、オサレ味のスープと好コントラストな素朴風味。ナルホドこれぞ屋号通りの、粋と野暮。

【江戸麺屋 粋と野暮】
中華そば しょうゆ780円
熊本市中央区南坪井町5-4 ドルハウスビル 1F
11:30~14:30&18:00~25:00・水曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン174●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:53

2017年12月27日 水曜日

●【ラーメン】ざいとん@東区香椎

本日午前中で本年は仕事納め。正月へ向けて午後からアレコレ買い出し予定だが、まずは、その一環もかねて腹ごしらえと、「ざいとん」へ。

福岡市で急増中の醤油ラーメンの中でも、カナリ我がツボなざいとんの「中華そば」。豊かにきいたダシの風味を弩ストレートに生かしきった醤油スープの旨さ。麺も中太丸麺が絶妙揚げ具合で、スープと絡みがすこぶる良好。

唯一の不満は麺の長さ。カナリ短めなので、一気に啜ったときの快感が希薄。あとはパーペキ、スープと麺と、チャーシュー、に白葱のシャリッと小気味よい辛みが好アクサセント、いやはや参った、やっぱ旨いな、ざいとんの中華そばは。

で、本日の来店目的のもうひとつ、歳末限定販売の節セットを購入。店ブログによると、そうだ節、ウルメ節、サバ節がブレンドされていて、京都周辺の料亭でも使われていると言う高級品なのだとか。

新年の雑煮&がめ煮のダシか?
それとも歳末の晩酌のアテのおでんのダシか??

さぁて、どうして食べようか…。ナンとも楽しい悩みにウキウキ。

ざいとん】 
中華そば550円 
福岡市東区香椎駅前1-17-24 香椎名店街 
11:30〜14:00&18:00〜24:00(日曜 11:30〜17:00)・月曜休み ※要確認 
Pなし(レガネット千早で買い物をすれば提携駐車場が40分無料)

◎2017通年麺喰い 
ラーメン173●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10 
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:25

2017年12月25日 月曜日

●【ラーメン】博多塩らぁめん みやびや@博多区博多駅南

「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2017年・麺大賞」塩ラーメン of the yearである「博多塩らぁめん みやびや」。前回は代表メニューである塩らぁめんを啜ったので、今日は「醤油らぁめん」。

素直にダシのうま味を生かしたふくいくたるうま味を醤油ダレがスキッとまとめ上げるスープに、ビチビチ、もっちり、さくりの独特食感中細縮れ麺。外連味の一切ない伸びやかな味わいが、コレまた我がツボ。チャーシューが塩は鶏肉だが醤油は豚バラロール。スープに合わせてチャーシューを変える演出が心憎い。

最近の福岡は、塩と醤油の2枚看板ラーメン店のオープンが顕著だが、我のように、塩が美味しかったから醤油も啜ってみたいと、単一メニューの豚骨ラーメン店よりは、リピーターの獲得が容易なのも、その一因なのだろうか?そして同じ理屈で、どの麺屋も最近は頻繁に期間限定麺を発売するのだろう、など考えつつ、うっとり完食。

【博多塩らぁめん みやび】
醤油らぁめん670円
福岡市博多区博多駅南2-7-10
11:30~15:00&18:00~22:00・不定休 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン172●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:54

2017年12月24日 日曜日

●【ラーメン】博多 一成一代@博多区東比恵

「博多 一成一代」が目出度く3周年で、金曜日から先着30名がラーメン30円。先着に間に合わなかったランチ客には、替え玉か味玉をサービスと、太っ腹サービス。

なにせ3年ぶり故、基本メニュー。迷わず頼んだ「ラーメン」+サービス味玉は、スープ表面にプクプクと浮いた泡=カプチーノ系?!そして卓上の薬味は辛子高菜と白生姜??!!そう言えば麺は慶史から仕入れているようだし、屋号に「一」もついているし…。もしかして、一幸舎出身の方が創業した店だったのだろうか!?

まずはスープとひと啜りすれば、ガツンッのゴツンッな弩豚骨。微かに随感さえ感ずるほどに濃密な豚骨ダシのうま味と野趣と、一発啜っただけで鼻腔奥にこびり付く臭みが、もうそれだけでエクスタシー。

合わさる麺もコレまたオモロ美味。微かに扁平した細麺は適度に縮れていて、ピロピロと心許ない啜り心地と、シャクリと解けるコシが、完全に手強いスープと一体となり、口へと収まる。このスープとこの麺の取り合わせは、どこか博多ラーメン始原系の一軒「赤のれん」と相通ずるものを感じマクリっ。

モチッとチャーシューに、トロッと味玉と、名脇役達の好演も相まって、グングン旨いっ、力強いっ!!オープン直後に啜った一杯とは全く別物の、オリジナリティ溢れる独創美味なる一杯に惚れ惚れしつつ、思わず替え玉コールをしそうになり、ふと我に戻る。ロートル麺喰いには、替え玉はオウンゴール、ここはググッと我慢して、旨し思い出をいつまでも楽しむ術が正解か。

【博多 一盛一代】 
ラーメン630円 
福岡市博多区東比恵2-17-23 
11:00~15:00(火~木&土日は翌24:30まで&金曜日は翌1:30まで営業・不定休  P無料店舗駐車場2台(提携駐車場もあり。20:30まで30分無料、20時以降1時間無料)
◎2017通年麺喰い 
ラーメン171●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10 
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:27

2017年12月23日 土曜日

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜家1@中央区大手門

夜は念願の「焼ジビエ罠 手止メ」@中央区警固でジビ三昧。蝦夷鹿に日本鹿、猪、猪豚など、ソレゾレにソレゾレ旨い網焼き肉だが、ナンと言っても雉、これが旨いっ。加えて、あれこれジビエの煮込みや猪肉のポテサラ、雉のだし巻き玉子など、料理もコレまた旨くて、酒も甲類焼酎のサワー系が充実していて、気分は東京下町大衆酒場。

そして〆はケイチで、ナシヤワネギヤマ。ナンと1年ぶりと、すっかりご無沙汰していたケイチだが、すっかりグローバル化していて、5名の店員のうち3名は外国人。しかも、そのひとりが厨房内でラーメンを作っている。これは素晴らしい、トランプさんに爪の垢ならぬ、この豚骨スープを飲ませたい!など考えつつ、ラーメンをアテに甲類焼酎をクイックイ。

【元祖ラーメン長浜家】1
ラーメン500円+焼酎200円
福岡市中央区大手門2-7-10
24時間営業(月曜7:00~9:00は清掃閉店、月曜が祝日の時は火曜)、年末年始も休まず営業 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン170●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 21:41

2017年12月22日 金曜日

●【ラーメン】福間ラーメンろくでなし若宮店@宮若市山口

「福間ラーメンろくでなし」の若宮店の、店舗&期間限定販売の「味噌ラーメン」。本店がこれまで販売してきた期間限定麺も、小手先の変化に逃げることなく、王道美味なる麺ばかりだが、若宮店のこの一杯も、シッカリと王道美味なる味噌ラーメン!

味噌とダシと脂のあま味が物凄い、コク深い濃厚な味わいなれど、後味のキレが良いので、食べ飽きることがないスープに、中太むっちり麺の小麦の風味に、もっちりチャーシュー、多めのシナチクに、キャベツ、ニンジン、太もやしなどの野菜との食感&味わいコラボ。

毎度毎度のろくでもなく美味なる、ろくでなしの期間限定麺。さぁて次回はどのような期間限定麺を提供してくれるのか?!

福間ラーメンろくでなし】若宮店
味噌ラーメン700円 ※期間限定販売
福岡県宮若市山口2533-1 若宮たまごの里
11:00~21:00・月曜休み(祝日の場合は翌火曜日) Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン169●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 18:10

2017年12月21日 木曜日

●【うどん】ドライブインかわら@田川郡香春町

五木寛之著「青春の門」の舞台にもなった田川郡香春町のソウルフード的一軒、「ドライブインかわら」の立食いうどん。どエラク冷え込む早朝7時半に訪ねると、店頭排気管よりモクモクと上る湯気に麺心ときめく。

入口左に食券販売機。うどんかそばが、それぞれ360円。そして、トッピングが丸天、たまご、エビ天、ごぼう天と至って潔い。モチのロンで「ごぼう天うどん410円」を買い、出来上がりを待っていると、次々訪れる客は全て、かけそばとおにぎり1個。

この時間帯ならではか?全てがオッサン客=前夜の過ぎた酒でドヨンっと淀んだ我が身をリフレッシュするには、うどんよりそばなのだろうか??

濛々と立ち上る湯気に負けじと、テボでうどんをシッカリと温め、ドンブリへと盛るお母さんの仕事ぶりに惚れ惚れしつつ出来上がりを待つ。

ほどなく供された一杯は、小振りな白磁のドンブリに、淡く澄んだ醤油色のスメと、うどんのとゴボ天の白。ならばと立食いカウンターに置かれたネギをスプーンで盛れば、わぁおビューティフォー!なんとも美しい、これぞ大衆うどんの鑑。

先ずはスメとひとくち啜れば、ほっこり優しい昆布ダシ由来らしきあま味と、絶妙に甘辛い調味具合。おうおう、コレコレ!これぞイニシエ系九州うどんのほっこり感と、シミジミ感動。

合わさるうどんも完璧イニシエ。適度に表面にガサゴソ感を残す中細麺は、その啜り心地然り、噛み込んだときの口溶け感然り、いやはや旨いっ。

食べづらいのでドンブリを左手で持ったままで啜ると、ジンジンと暖かみが掌に伝わるこの心地よさも立食いカウンターならでは。揚げ置きゴボ天の芳ばしい風味も相まって、あぁ旨いっ!(←宮川大助調で)ダイスキ、惚れてまうやろぉ~。(えっ?この時期にWエンジンっすかぁ??!!)

【ドライブインかわら】
ごぼう天うどん410円
福岡県田川郡香春町170-1
6:30~20:00・水曜休み Pあり ※要確認 
◎2017通年麺喰い
ラーメン168●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 04:18

2017年12月20日 水曜日

●【うどん】壬六うどん@東区蒲田

とある麺屋2軒に立て続けでフラれて、昼麺諦めモード。所用を片付けるべく移動をしていると、おおっと、このうどん屋も気になってたんだと、壬六うどん。

福岡市と久山町をつなぐ幹線道路沿い。付近には流通業や製造業の会社も建ち並ぶ一角に、広めの駐車場。店内も広めで、入口近くの本棚には漫画の単行本がビッシリ。加えて、店奥のレジ横にはコーヒーのサーバーがありアフターコーヒーが無料サービス。そしてメニューにはうどんに加え、ドンブリものや定食が豊富にラインナップと、これ正に店の立地にベストマッチな店造り。

なので、午後3時前だと言うのに、店内にはたくさんの食事客。いずれも如何にも常連さん、遅い昼飯を漫画本をめくりつつ楽しんでいる。

やっぱり、お初のうどん屋は、ゴボ天。運ばれてきた一杯は、店の造りからすると全く想定外の演出系。大振りのドンブリになみなみと注がれたスメ&別皿で供される長さ20㎝以上の棒状ゴボ天。

コリャおもろいねぇとスメをひと啜りすれば、サバやアジ節だろうか?うま味と風味を合い持った力強いダシの風味と、それらをひとまとめにする醤油かえし。

合わさるうどんは、もしかして冷凍うどん??チャンと加熱されているので、モッチリ感&プルルン感がすこぶる良好。ゴボウは事前に茹でられてから揚げられているのだろうか?シャクッと感が優し旨し。

キチンと作られた感アリアリの一杯に、大満足。チャンと旨くて、居心地良し。天晴れ素敵な一杯に大満足して店を出る。

【壬六うどん】
ごぼううどん550円
福岡市東区蒲田2-25-30
11:00~16:00・日曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン168●チャンポン7●中華麺4●うどん95●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 14:52

2017年12月19日 火曜日

●【うどん】笹うどん@中央区小笹

小笹の住宅街の外れで創業四十余年の笹うどんが、先月、同じ場所に店舗を建て替えて新装開店。午後1時過ぎの店内は満席状態で、相変わらずの人気ぶり。ホールのすぐ奥が、うどんを仕上げる厨房スペースだが、その奥がえらく広々と取られている。ドンブリや定食など、うどん以外のメニューにも力を入れて営業されると言うことか?

店舗変われど、うどんは変わらず。大振りのドンブリに、短冊切りのかき揚げゴボ天。美しく澄んだスメは昆布とイリコらしきダシのうま味の輪郭を、強めの塩気がキリリと描き出す。中細うどんはモチロン製麺所製茹で置きの柔うどん。スメに浸るにつれ食感が変化するゴボ天を囓りつつ、ゆるゆると啜るこのひとときこそ、福岡うどんの味力なり。

【笹うどん】
ごぼううどん540円
福岡市中央区小笹3-10-1
水曜休み Pあり

◎2017通年麺喰い
ラーメン168●チャンポン7●中華麺4●うどん94●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:19

2017年12月17日 日曜日

●【ラーメン】博多一幸舎HAKATA OLD STYLE@博多区福岡空港

2週に1回の割合で、福岡空港にて東京からの客の送迎がある。午前10時過ぎの到着予定だが、ネット情報によると遅延するとのこと。オッシャならば、午前10時から営業の「ラーメン滑走路」でブランチ・フライト。

施設内10店舗の中、先日は期間現地出店の「ワンタンメンの満月」で啜った。ならば今日は、もう一軒の期間限定出店でる「五行」で焦がしラーメンと決めていたが、先日適さか知ったGOOD NEWS。従来の麺の70%糖質カットした『糖質カット麺』?!コリャ啜らねばっと、提供店の一軒、「博多一幸舎HAKATA OLD STYLE」へ。

プロパーメニューにプラス50円で提供される糖質オフ麺。どらどらとスープの奥から麺を摘まみ上げると、かなり黄色がかった中太偏平麺。どらどらとひと啜りすれば、カチンとコチンで軽い食感が中華料理の「豆腐干絲」チック。そして合わさるスープは「カプチーノ豚骨」を唄う「博多一幸舎」からすると随分とあっさり&さっぱり。なので、昼麺には早い時間であるブランチ麺に最適。

【博多一幸舎HAKATA OLD STYLE】
ラーメン750円+糖質オフ麺50円プラス ※期間限定
福岡市博多区大字下臼井782-1 福岡空港3F ラーメン滑走路内
10:00〜21:45 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン168●チャンポン7●中華麺4●うどん93●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 10:00

2017年12月16日 土曜日

●【アーメン】一光軒@佐賀県相知町

開店1年を過ぎ、いよいよ脂がのってきたか?!今日の一杯は、前回啜った一杯とは、また一味違う旨さに、うっとり。

前回の鶏感全開のふくいくたる一杯も美味いが、今日のようなキリッと引き締まった一杯も趣あり。中太麺の絶妙柔揚げ具合も、ただただお見事。

紅の器に白レンゲ=旨さの証。カノ名店の味わいをシッカリと受け継ぐ、横道美味なるこの一杯こそ、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2017年・麺大賞」豚骨ラーメン of the yearなり。

【一光軒】
ラーメン550円
唐津市相知町町切902-1
11:30~19:00・日曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン167●チャンポン7●中華麺4●うどん93●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 07:38

2017年12月15日 金曜日

●【ラーメン】ラーメン ヤキニク フタバ@中央区警固

昨年の「満来」改め「蔵持」、今年の「地鶏らーめん はや川」に続き、東京発醤油ラーメンが、またも福岡市に。

類は友を呼ぶのだろうか?間口15mほどに対し、奥行き2mほどと、ソリャもう変則な&尖った2階建てビル。かつて、尖り雑誌ポパイがアメカジ・ファッションを紹介し始めた頃、福岡市ではまだまだ稀な輸入服飾店「something」が入居していたそのビルに、先日、コレまた尖ったラメン店がオープン。

入店間もなく供された「ラーメン」は、醤油スープに映えるタマネギの白に、豚バラ肉の茹で肉に、大振りキクラゲ、ワカメに海苔。おおっと、若き店主がラーメン作りを習ったという「イレブンフーズ」@東京都の独創ラーメンとまんま同じだぞっ。

先ずはスープとひと啜りすれば、鶏ガラだし?経由の昆布ダシ?具のワカメ??それともキクラゲ由来???な海藻風味がきいたなあま味うま味。この旨さは実際啜らねば、ワカメ、いや分かんめぇ。本家はとろみさえ感じるほどに、濃厚海藻風味だったが、今日の一杯は、豚骨帝都である博多人でも十二分に楽しめる、ライトバージョン。

麺は中太偏平麺。家系というより、めんちゃんこ亭。モチッと深いコシが絶妙に柔揚げなので、スープとの絡みがひたすら良好。

大振りのキクラゲのカリッとと、ワカメのシャキッと、タマネギのシャクッと、厚切り塩チャーシューのモチッと。魚介テイストのスープと、もっちり中太麺と、様々な具との味わいハーモニーを楽しんでいると、ふと思う。

イレブンフーズは東京下町のソウルフードだが、 この味わいは、限りなく博多ソウルフードのひとつ、 「元祖めんちゃんこ」と同じベクトルでないだろうか?!

兎にも角にも、グイッと我がツボ。コリャ夜のヤキニク営業も楽しんでみたひっ。

【ラーメン ヤキニク フタバ】
ラーメン700円
福岡市中央区警固1-14

◎2017通年麺喰い
ラーメン167●チャンポン7●中華麺4●うどん93●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 20:53

2017年12月14日 木曜日

●【うどん】茶ぶ釜@中央区大濠公園

四季折々の創作うどんが天晴れ見事な「茶ぶ釜」の、冬期うどん「きつねと香味菜うどん」。先ずはスメとひと啜りすれば、いわゆるオーソドックスなうどんの美味すめテイストに加えて、スイッと薫る鰹節テイストな深き風味は、ヒョッとしてスメに浮いているのが香味油で鰹風味??そして、中細ストレートうどんの。むにゅんっと躍り、ざわざわぁと解けるその食感もオモロ過ぎる、旨すぎるぅ。

肉厚きつね揚げの煮汁の絶妙甘辛具合に加え、感動的なのが揚げの上に盛られたミツル醤油の諸味。発酵感アリアリのふくいくたる旨味と、原料大豆の深味。そのままもモチロンありだが、この味わいは出来ることならうどん屋昼酒のアテに突いてみたひっ。

加えて香味野菜が半端ない旨さ。ありがちなネギやカイワレ大根のみならず、トータル4~5種ほどの存在感あるテイストがお見事&参りましたぁ。うん、ならば。「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2017年・麺大賞」うどん of the year awardは、この一杯で決まりっ。

讃岐うどん 茶ぶ釜
きつねと香味菜うどん700円
福岡市中央区大濠公園3-2
11:30〜14:30(土日のみ17:00~20:00も営業)
・火曜&1st月曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン166●チャンポン7●中華麺4●うどん93●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:34

2017年12月13日 水曜日

●【ラーメン】餃子と晩酌 まる@中央区六本松

半年ぶりの「餃子と晩酌 まる」は大化け。店舗が一挙に2倍の広さになってるでないのぉ。席も2倍になった恩恵で、午後8時前と居酒屋ゴールデンライムだが、無事着席!迷うことなく、ポテサラ、炙りイワシ天に焼き餃子をたのみ、角ハイボール発、島美人お湯割り経由、キンミヤハイボールを経て、再び島美人お湯割り。

やっぱり旨いっ、こりゃシアワセっと、カミさんと飲んだくれていると、おやおや?たまさか隣り合わせた席に、ezさん!コリャまたお久しぶりと、麺話、音楽話に花が咲く。

ナンともイイ感じに楽しく酔っ払い、〆は新メニューの「醤油ラーメン」。ナンでも店舗拡張に合わせて加わった、一風堂出身者の新スタッフが腕を振るって提供された一杯は、淡い醤油色のスープに三つ葉の緑と、スライスごぼ天の茶色に、ネギの白。

あちこちで醤油ラーメン新店が大爆発の福岡で、コリャまたオモロ美味そうな醤油ラーメンとの偶然なる出会いに感謝しきりでスープをひと啜りすれば、ナンとも軽やかな口当たりとともに、ふわり広がる淡いダシのうま味とあま味。いやはやイイねぇ、呑んだ後の〆にあるべきラーメンの姿がココにあるっ。

合わさる麺は中細縮れの、シャクッと食感。あれ?コレって今や博多醤油ラーメン伝説の一軒、「信兵衛」の麺食感に酷似だぞっ!加えて、スライスごぼ天の芳ばしい土臭さに、三つ葉の青味に、ネギの辛み。いやぁオモロイなぁ、やっぱり今年の博多はデラックスにオモロく旨い醤油ラーメンがオンパレード。

餃子と晩酌 まる
醤油ラーメン750円
福岡市中央区六本松2-3-17
19:00~27:00(日曜~25:00)・月曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン166●チャンポン7●中華麺4●うどん92●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:53

2017年12月11日 月曜日

●【ラーメン】地鶏らーめんはや川@南区玉川

誤解を覚悟で例えるならば、極上雑煮のつゆ。一口啜った瞬間の味わいは、正月の朝に家中に風味漂う雑煮のつゆ。なれど、食べ進むうち表情が変化し、洋食のチキン・コンソメ的な、独特の深いコクと鮮やかなキレ。

美しく澄んだスープに、透けて見える麺の曲線と、表面に浮かぶ鶏肉チャーシューに、ロングなシナチク、緑鮮やかな三つ葉と、葉桜チックな白ネギが、あまりに美しい。そして肝心のその味わいも、見た目以上の芸術品。

「醤油ラーメンの台頭」が、今年の福岡麺事情のトップワードとすると、そのワードを牽引する一軒は、間違いなく、ここ「地鶏らーめん はや川」。今年7月にオープンするや否や、5ヶ月間にわたりその人気ぶりが微動だにしない、昼時は行列必至のニューカマー。その人気に溺れることなく、しっかりと旨さを日々昇華するその様に、うんうん、間違いナシ、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2017年・麺大賞」醤油ラーメン of the year awardは、この一杯で決まりっ。

地鶏らーめん はや川
地鶏醤油らーめん(鶏チャーシュー2枚) 720円
福岡市南区玉川町11-11
11:00〜15:00&18:00〜21:00(スープ切れ終了)・水曜休み Pあり(店頭の店向かって最も右手のひと区画のみ) ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン165●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 21:58

2017年12月10日 日曜日

●【ラーメン】ラーメンセンター筑紫野本店@小郡市乙隈

「ラーメンセンター」なる屋号。そして、トラック野郎がメインユーザーである県道53号線沿いの立地。ラーメンには浪漫がある。それ自体の味わいはモチロンだが、立地、店造り含めたイメージも味のうち。入店するや否や、クンッと鼻を擽る心地よい豚骨臭。うわっ、コリャ大当たり??

期待を胸に、入口横の食券販売機で、基本の「ラーメン」チケットを買い、出来上がりを待つ。

「いらっしゃいませぇ~!」「まずは5番さんの硬麺から行きますっ!!」。5~6名のスタッフに檄を飛ばしつつラーメンを作る店主の、イニシエなラーメン店ならではの仕事ぶりに惚れ惚れしつつ待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、黒いドンブリこそイマドキだが、ラーメン自体は真性イニシエ。

ダシがしっかり効いていて、かつ脂のあま味も味方にして、円やかにあまいスープに、くらりっ。そして、合わさる麺のヘナチョコなよれよれ食感に、グイッとくらりっ。こりゃマストで紅ショウガ!とトッピングし、卓上胡椒も少々ふって啜れば、うわぁキタキタ、ナンちゃナイけどナンとも旨い極上普通味。

豚骨帝都のはずが、いつの間にか否豚骨店の新店開業が目立つ福岡だが、いやぁウレシイね!コレほどオールド・スタイルな店が繁盛しているとは。いやぁ旨い、いやはやウレシイと麺煩悩がシアワセを噛みしめつつ啜るこの一杯に幸アレ。

【ラーメンセンター筑紫野本店】
ラーメン500円
小郡市乙隈537
10:30~21:00・1st火曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン164●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:33

2017年12月09日 土曜日

●【ラーメン】中華そば かなで@博多区東比恵

コンスタントに期間限定メニューを発売する「中華そば かなで」の最新作は「酒粕鶏白湯そば」。ソリャもう熱々トロトロのスープは、鶏白湯のあま味に酒粕の発酵感が加わり、ひと啜りで五臓六腑がホッカホカ美味。麺も中太麺で、よく熱を蓄えたまま胃へと収まり、更にホカホカの温々。

具も焼いた厚揚げがのっていて、ほっこり感満載。生姜で更に温々感を増したところで、タマネギの辛みでキリッとリフレッシュ。また新たに温々旨さを楽しめる。これ正に寒き冬に最適レシピな一杯に、うっとり。

中華そば かなで
酒粕鶏白湯そば 730円 ※1日20杯限定
福岡市博多区東比恵2-8-23
11:00~22:30・火曜は「鶏白湯そば まつ尾」として営業 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン164●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:09

2017年12月08日 金曜日

●【ラーメン】やっちゃんち@中央区清川

3ヶ月ぶりに啜る「やっちゃんち」の「支那そば塩」は、お麩がバージョンアップ。形状が丸から四角へ変わり、赤や緑の柄入りに。相も変わらぬ極上美味なる鶏ガラだしを染み染みにして喰らえば、ジュジュッとフニュッとモチッと旨い旨いっ。

今年も「心生麺商人」@熊本市の「塩煮干し」「とら食堂」の「塩中華そば」「はや川」の「真鯛の塩らーめん」など、心躍る美味塩ラーメンに出会えたが、いずれも期間限定もしくは廃番メニュー。なので、昨年に引き続き「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!麺大賞」塩ラーメン of the year awardは「支那そば やっちゃんち」。うん、いやいや待て待て、そうか、あの店の塩ラーメンもドエラク旨かったじゃないか……!

支那そば やっちゃんち】 
支那そば・塩650円 
福岡市中央区清川3-12-1 
7:00~15:30(木曜11:00~15:00)・水曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い 
ラーメン163●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10 
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:04

2017年12月06日 水曜日

●【ラーメン】太一商店@行橋市行事

大分発の二郎系ラーメンチェーン「太一食堂」。モバイル会員限定販売の「九州一極太麺」は、厚さ1ミリ×幅2センチほどの超扁平面が、あたかも大分郷土料理のひとつ「やせうま」。ビチビチと躍り口へと収まり、むにゅっと解けるコシが、ひたすら楽し旨し。大盛り野菜シャキシャキとの食感コラボも相まって、こりゃ一種のトランス状態。無我夢中でガツガツとカッ喰らう快感よ。

これって以前からのサービスか?野菜や脂、タレの増しサービスは認識していたが、我が大好物の「おろし生姜」の無料サービスも。迷わずお願いすると、濃い味醤油豚骨がクキッと締まり更なる旨さっ。

太一商店】行橋店
九州一極太麺780円 ※モバイル会員&一日20食限定販売
行橋市行事3丁目28-60
11:00~23:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン162●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:14

2017年12月05日 火曜日

●【中華麺】麺や佐渡友@東区三苫

醤油ラーメン専門店である「麺や佐渡友」なれど、四季毎に期間限定でアレコレ新メニューも販売。先日発売になった「酸辣湯麺」は、十八番の醤油スープではなく、鶏ガラだしに酢と辣油で調味したのだろうか?片栗粉で寄せることなくサラサラ食感のスープは、スキッとクリアなダシのうま味に、酸味と辛みが軽やかにのる様がナンとも独特美味。

麺は中細ストレート。ふわんと、ぽくっと、ナンとも軽やかな食味が、クリア味スープと相性抜群。具も、チャーシュー、ネギ、カイワレ大根に、炒り卵。スープに溶き卵を入れる溶き卵と違って、予め加熱して固形化下炒り卵の方が、スープの味わいを濁らせない。

端正にクリアな味わいを具現化すべく、ソコカシコに気配りされた感アリアリの、丁寧な一杯にウットリ。

【麺や佐渡友】
酸辣湯麺780円
福岡市東区三苫6-13-38
11:00~15:00 17:00~19:30・月曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン160●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:22

2017年12月03日 日曜日

●【ラーメン】ワンタンメンの満月@ラーメン滑走路

アテーション・プリーズ。
只今より、日本全国ラーメンの旅へテイクオフしまぁすぅ。

福岡空港ビルの3階に先月21日にオープンした「ラーメン滑走路」。日本全国より10店舗が集結した、ラーメンコンプレックス。

我が初回フライトは、山形県酒田市。ラーメン消費量日本一と称される彼の地で創業昭和35年の老舗、「ワンタンメンの満月」。如何にも北国なイメージの塩気強い煮干しスープに、気分は一気にジェットストリーム。幸運なことに、仕事でチョクチョク福岡空港へ出向く機会がある。うん、ならば、全10軒を啜らねば。

【ワンタンメンの満月】
ワンタンメン880円
福岡市博多区下臼井778-1福岡空港ビル3階

◎2017通年麺喰い
ラーメン160●チャンポン7●中華麺3●うどん91●そば16●その他10
◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 21:57

2017年12月01日 金曜日

●`【うどん】麦兵衛@中央区春吉

柳橋市場近くの現場で終日仕事。午前中の仕事が目処が付き、あぁ腹減ったと、至近距離の「麦兵衛」でパワーチャージ。

ウルトラ久方ぶりに訪ねると、
わぁお!「カキと九条ネギとごぼううどん950円」?!

950円はとてもとても高価だが、我が好物3連発のメニュー名でないのぉ……。コリャどうやっても抗えないなと早々に白旗振って啜るのみ。

待つことしばし、運ばれてきたうどんには、見るからにプリップリな、ふっくらカキ。と、カキから滲んだのか?気持ち白濁したスメに、麺心トキメク。

いやはやコリャもうタマランぞとスメを一口啜れば、豊かな削り節のダシに加え、如何にもカキらしきダシのクセある旨み……?いやいや、カキ特有のエグ味が、ごぼうの土の香が加わることで、見事にエグ味が旨味へと昇華しているではないか。

うどんはぷりんぶりんっ&カキはプリップリとジューシー&ザクザクごぼう&その味わいを一新するシャキッと九条ネギ。全てが理にかなっている、理数系な思考でキチンとメニューを組み上げられたのだろうか?

福岡市中央区春吉1-7-18

兎にも角にも感動の旨さ。となれば、いよいよ惹かれるぞ、うどん屋酒。串揚げを中心にコレでもかと店内に掲げられたメニューが、犯罪的に旨そうで。聞くと、昼間から酒&アテ100%ウエルカムなのだとか?!いやぁ、エエ事を聞いたでぇ。ならば近々うどん屋昼酒だっ。

 

【麦兵衛】 
カキとごぼうと長ネギうどん950円 
福岡市中央区春吉1-7-18
11:30~14:30&18:00~23:00・無休 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン159●チャンポン7●中華麺3●うどん91●そば16●その他10


◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:21

●【うどん】三井うどん@小郡市井上

うきは市へ買い出しに向かう途中にサクッと昼麺。今年は「うどんこまる」「萬田うどん」「兎屋」と、いずれもドエラク我がツボなうどん新店のオープンラッシュだったが、紙一重で「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2017年・麺大賞」the Rookie of the year awardの「三井うどん」で、ほっこりと滋味うどん。

今日はエラク寒いっ。なので、店に着くまでは熱々の「玉子とじうどん」で癒やさるつもりだったが、店頭に「小エビ天」、「ごぼう天」の写真と並んで「肉うどん」の写真が貼ってある。そして店内のメニュー書きも新しくなっていて、筆頭に肉うどん。しかも「肉うどん L」と「肉うどん S」と二種類も。コリャいよいよ、店の超一押しメニューに違いないと、肉うどんLをたのむ。

待つことしばし、差し出されたドンブリを一見して旨さを確信。小振りなドンブリに表面張力で留まるツユダクなスメに濁りはナシ。て事は、煮汁を完全に切った肉がのっているって事か。甘ったるい肉うどんは大の苦手、こりゃ大当たりだとひと啜りすれば、冷えた身体に染み入る滋味。ダシの加減、調味の加減が、旨くなり過ぎるギリギリで手前で塩梅された感アリアリの、この絶妙美味こそ三井うどんの味力。

そして、合わさる中太うどんの、コレまた絶妙なテロテロヤワヤワモチモチ具合。自然、滋味スメとの絡みもすこぶる良好で、癒やし系の食味にグイグイとフォーリン・ラヴ。

さらに、肉の調味加減も甘すぎず、辛すぎずの絶妙調理。結果、うどんの旨さをサポートする、正に肉うどんの具としてあるべき姿を具現化したかのような名脇役。

とうんうん、やっぱり大スキ、三井うどん。来年もチョクチョクお邪魔して、是非とも全てのうどんをくまなく啜ってみたひっ。

【三井うどん】
肉うどん L 540円
小郡市井上1027-5
11:00~15:00・不定休(12月4日休業の店内告知あり) Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン159●チャンポン7●中華麺3●うどん90●そば16●その他10
◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:02