HENO HENO: 2017年12月 アーカイブ

2017年12月13日 水曜日

●【ラーメン】餃子と晩酌 まる@中央区六本松

半年ぶりの「餃子と晩酌 まる」は大化け。店舗が一挙に2倍の広さになってるでないのぉ。席も2倍になった恩恵で、午後8時前と居酒屋ゴールデンライムだが、無事着席!迷うことなく、ポテサラ、炙りイワシ天に焼き餃子をたのみ、角ハイボール発、島美人お湯割り経由、キンミヤハイボールを経て、再び島美人お湯割り。

やっぱり旨いっ、こりゃシアワセっと、カミさんと飲んだくれていると、おやおや?たまさか隣り合わせた席に、ezさん!コリャまたお久しぶりと、麺話、音楽話に花が咲く。

ナンともイイ感じに楽しく酔っ払い、〆は新メニューの「醤油ラーメン」。ナンでも店舗拡張に合わせて加わった、一風堂出身者の新スタッフが腕を振るって提供された一杯は、淡い醤油色のスープに三つ葉の緑と、スライスごぼ天の茶色に、ネギの白。

あちこちで醤油ラーメン新店が大爆発の福岡で、コリャまたオモロ美味そうな醤油ラーメンとの偶然なる出会いに感謝しきりでスープをひと啜りすれば、ナンとも軽やかな口当たりとともに、ふわり広がる淡いダシのうま味とあま味。いやはやイイねぇ、呑んだ後の〆にあるべきラーメンの姿がココにあるっ。

合わさる麺は中細縮れの、シャクッと食感。あれ?コレって今や博多醤油ラーメン伝説の一軒、「信兵衛」の麺食感に酷似だぞっ!加えて、スライスごぼ天の芳ばしい土臭さに、三つ葉の青味に、ネギの辛み。いやぁオモロイなぁ、やっぱり今年の博多はデラックスにオモロく旨い醤油ラーメンがオンパレード。

餃子と晩酌 まる
醤油ラーメン750円
福岡市中央区六本松2-3-17
19:00~27:00(日曜~25:00)・月曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン166●チャンポン7●中華麺4●うどん92●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:53

2017年12月11日 月曜日

●【ラーメン】地鶏らーめんはや川@南区玉川

誤解を覚悟で例えるならば、極上雑煮のつゆ。一口啜った瞬間の味わいは、正月の朝に家中に風味漂う雑煮のつゆ。なれど、食べ進むうち表情が変化し、洋食のチキン・コンソメ的な、独特の深いコクと鮮やかなキレ。

美しく澄んだスープに、透けて見える麺の曲線と、表面に浮かぶ鶏肉チャーシューに、ロングなシナチク、緑鮮やかな三つ葉と、葉桜チックな白ネギが、あまりに美しい。そして肝心のその味わいも、見た目以上の芸術品。

「醤油ラーメンの台頭」が、今年の福岡麺事情のトップワードとすると、そのワードを牽引する一軒は、間違いなく、ここ「地鶏らーめん はや川」。今年7月にオープンするや否や、5ヶ月間にわたりその人気ぶりが微動だにしない、昼時は行列必至のニューカマー。その人気に溺れることなく、しっかりと旨さを日々昇華するその様に、うんうん、間違いナシ、「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2017年・麺大賞」醤油ラーメン of the year awardは、この一杯で決まりっ。

地鶏らーめん はや川
地鶏醤油らーめん(鶏チャーシュー2枚) 720円
福岡市南区玉川町11-11
11:00〜15:00&18:00〜21:00(スープ切れ終了)・水曜休み Pあり(店頭の店向かって最も右手のひと区画のみ) ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン165●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 21:58

2017年12月10日 日曜日

●【ラーメン】ラーメンセンター筑紫野本店@小郡市乙隈

「ラーメンセンター」なる屋号。そして、トラック野郎がメインユーザーである県道53号線沿いの立地。ラーメンには浪漫がある。それ自体の味わいはモチロンだが、立地、店造り含めたイメージも味のうち。入店するや否や、クンッと鼻を擽る心地よい豚骨臭。うわっ、コリャ大当たり??

期待を胸に、入口横の食券販売機で、基本の「ラーメン」チケットを買い、出来上がりを待つ。

「いらっしゃいませぇ~!」「まずは5番さんの硬麺から行きますっ!!」。5~6名のスタッフに檄を飛ばしつつラーメンを作る店主の、イニシエなラーメン店ならではの仕事ぶりに惚れ惚れしつつ待つことしばし、運ばれてきたラーメンは、黒いドンブリこそイマドキだが、ラーメン自体は真性イニシエ。

ダシがしっかり効いていて、かつ脂のあま味も味方にして、円やかにあまいスープに、くらりっ。そして、合わさる麺のヘナチョコなよれよれ食感に、グイッとくらりっ。こりゃマストで紅ショウガ!とトッピングし、卓上胡椒も少々ふって啜れば、うわぁキタキタ、ナンちゃナイけどナンとも旨い極上普通味。

豚骨帝都のはずが、いつの間にか否豚骨店の新店開業が目立つ福岡だが、いやぁウレシイね!コレほどオールド・スタイルな店が繁盛しているとは。いやぁ旨い、いやはやウレシイと麺煩悩がシアワセを噛みしめつつ啜るこの一杯に幸アレ。

【ラーメンセンター筑紫野本店】
ラーメン500円
小郡市乙隈537
10:30~21:00・1st火曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン164●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:33

2017年12月09日 土曜日

●【ラーメン】中華そば かなで@博多区東比恵

コンスタントに期間限定メニューを発売する「中華そば かなで」の最新作は「酒粕鶏白湯そば」。ソリャもう熱々トロトロのスープは、鶏白湯のあま味に酒粕の発酵感が加わり、ひと啜りで五臓六腑がホッカホカ美味。麺も中太麺で、よく熱を蓄えたまま胃へと収まり、更にホカホカの温々。

具も焼いた厚揚げがのっていて、ほっこり感満載。生姜で更に温々感を増したところで、タマネギの辛みでキリッとリフレッシュ。また新たに温々旨さを楽しめる。これ正に寒き冬に最適レシピな一杯に、うっとり。

中華そば かなで
酒粕鶏白湯そば 730円 ※1日20杯限定
福岡市博多区東比恵2-8-23
11:00~22:30・火曜は「鶏白湯そば まつ尾」として営業 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン164●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:09

2017年12月08日 金曜日

●【ラーメン】やっちゃんち@中央区清川

3ヶ月ぶりに啜る「やっちゃんち」の「支那そば塩」は、お麩がバージョンアップ。形状が丸から四角へ変わり、赤や緑の柄入りに。相も変わらぬ極上美味なる鶏ガラだしを染み染みにして喰らえば、ジュジュッとフニュッとモチッと旨い旨いっ。

今年も「心生麺商人」@熊本市の「塩煮干し」「とら食堂」の「塩中華そば」「はや川」の「真鯛の塩らーめん」など、心躍る美味塩ラーメンに出会えたが、いずれも期間限定もしくは廃番メニュー。なので、昨年に引き続き「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!麺大賞」塩ラーメン of the year awardは「支那そば やっちゃんち」。うん、いやいや待て待て、そうか、あの店の塩ラーメンもドエラク旨かったじゃないか……!

支那そば やっちゃんち】 
支那そば・塩650円 
福岡市中央区清川3-12-1 
7:00~15:30(木曜11:00~15:00)・水曜休み Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い 
ラーメン163●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10 
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 13:04

2017年12月06日 水曜日

●【ラーメン】太一商店@行橋市行事

大分発の二郎系ラーメンチェーン「太一食堂」。モバイル会員限定販売の「九州一極太麺」は、厚さ1ミリ×幅2センチほどの超扁平面が、あたかも大分郷土料理のひとつ「やせうま」。ビチビチと躍り口へと収まり、むにゅっと解けるコシが、ひたすら楽し旨し。大盛り野菜シャキシャキとの食感コラボも相まって、こりゃ一種のトランス状態。無我夢中でガツガツとカッ喰らう快感よ。

これって以前からのサービスか?野菜や脂、タレの増しサービスは認識していたが、我が大好物の「おろし生姜」の無料サービスも。迷わずお願いすると、濃い味醤油豚骨がクキッと締まり更なる旨さっ。

太一商店】行橋店
九州一極太麺780円 ※モバイル会員&一日20食限定販売
行橋市行事3丁目28-60
11:00~23:00・不定休 Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン162●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎12月の総ジョ グ距離0km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:14

2017年12月05日 火曜日

●【中華麺】麺や佐渡友@東区三苫

醤油ラーメン専門店である「麺や佐渡友」なれど、四季毎に期間限定でアレコレ新メニューも販売。先日発売になった「酸辣湯麺」は、十八番の醤油スープではなく、鶏ガラだしに酢と辣油で調味したのだろうか?片栗粉で寄せることなくサラサラ食感のスープは、スキッとクリアなダシのうま味に、酸味と辛みが軽やかにのる様がナンとも独特美味。

麺は中細ストレート。ふわんと、ぽくっと、ナンとも軽やかな食味が、クリア味スープと相性抜群。具も、チャーシュー、ネギ、カイワレ大根に、炒り卵。スープに溶き卵を入れる溶き卵と違って、予め加熱して固形化下炒り卵の方が、スープの味わいを濁らせない。

端正にクリアな味わいを具現化すべく、ソコカシコに気配りされた感アリアリの、丁寧な一杯にウットリ。

【麺や佐渡友】
酸辣湯麺780円
福岡市東区三苫6-13-38
11:00~15:00 17:00~19:30・月曜休み Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン160●チャンポン7●中華麺4●うどん91●そば16●その他10
◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:22

2017年12月03日 日曜日

●【ラーメン】ワンタンメンの満月@ラーメン滑走路

アテーション・プリーズ。
只今より、日本全国ラーメンの旅へテイクオフしまぁすぅ。

福岡空港ビルの3階に先月21日にオープンした「ラーメン滑走路」。日本全国より10店舗が集結した、ラーメンコンプレックス。

我が初回フライトは、山形県酒田市。ラーメン消費量日本一と称される彼の地で創業昭和35年の老舗、「ワンタンメンの満月」。如何にも北国なイメージの塩気強い煮干しスープに、気分は一気にジェットストリーム。幸運なことに、仕事でチョクチョク福岡空港へ出向く機会がある。うん、ならば、全10軒を啜らねば。

【ワンタンメンの満月】
ワンタンメン880円
福岡市博多区下臼井778-1福岡空港ビル3階

◎2017通年麺喰い
ラーメン160●チャンポン7●中華麺3●うどん91●そば16●その他10
◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 21:57

2017年12月01日 金曜日

●`【うどん】麦兵衛@中央区春吉

柳橋市場近くの現場で終日仕事。午前中の仕事が目処が付き、あぁ腹減ったと、至近距離の「麦兵衛」でパワーチャージ。

ウルトラ久方ぶりに訪ねると、
わぁお!「カキと九条ネギとごぼううどん950円」?!

950円はとてもとても高価だが、我が好物3連発のメニュー名でないのぉ……。コリャどうやっても抗えないなと早々に白旗振って啜るのみ。

待つことしばし、運ばれてきたうどんには、見るからにプリップリな、ふっくらカキ。と、カキから滲んだのか?気持ち白濁したスメに、麺心トキメク。

いやはやコリャもうタマランぞとスメを一口啜れば、豊かな削り節のダシに加え、如何にもカキらしきダシのクセある旨み……?いやいや、カキ特有のエグ味が、ごぼうの土の香が加わることで、見事にエグ味が旨味へと昇華しているではないか。

うどんはぷりんぶりんっ&カキはプリップリとジューシー&ザクザクごぼう&その味わいを一新するシャキッと九条ネギ。全てが理にかなっている、理数系な思考でキチンとメニューを組み上げられたのだろうか?

福岡市中央区春吉1-7-18

兎にも角にも感動の旨さ。となれば、いよいよ惹かれるぞ、うどん屋酒。串揚げを中心にコレでもかと店内に掲げられたメニューが、犯罪的に旨そうで。聞くと、昼間から酒&アテ100%ウエルカムなのだとか?!いやぁ、エエ事を聞いたでぇ。ならば近々うどん屋昼酒だっ。

 

【麦兵衛】 
カキとごぼうと長ネギうどん950円 
福岡市中央区春吉1-7-18
11:30~14:30&18:00~23:00・無休 Pなし ※要確認

◎2017通年麺喰い
ラーメン159●チャンポン7●中華麺3●うどん91●そば16●その他10


◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:21

●【うどん】三井うどん@小郡市井上

うきは市へ買い出しに向かう途中にサクッと昼麺。今年は「うどんこまる」「萬田うどん」「兎屋」と、いずれもドエラク我がツボなうどん新店のオープンラッシュだったが、紙一重で「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2017年・麺大賞」the Rookie of the year awardの「三井うどん」で、ほっこりと滋味うどん。

今日はエラク寒いっ。なので、店に着くまでは熱々の「玉子とじうどん」で癒やさるつもりだったが、店頭に「小エビ天」、「ごぼう天」の写真と並んで「肉うどん」の写真が貼ってある。そして店内のメニュー書きも新しくなっていて、筆頭に肉うどん。しかも「肉うどん L」と「肉うどん S」と二種類も。コリャいよいよ、店の超一押しメニューに違いないと、肉うどんLをたのむ。

待つことしばし、差し出されたドンブリを一見して旨さを確信。小振りなドンブリに表面張力で留まるツユダクなスメに濁りはナシ。て事は、煮汁を完全に切った肉がのっているって事か。甘ったるい肉うどんは大の苦手、こりゃ大当たりだとひと啜りすれば、冷えた身体に染み入る滋味。ダシの加減、調味の加減が、旨くなり過ぎるギリギリで手前で塩梅された感アリアリの、この絶妙美味こそ三井うどんの味力。

そして、合わさる中太うどんの、コレまた絶妙なテロテロヤワヤワモチモチ具合。自然、滋味スメとの絡みもすこぶる良好で、癒やし系の食味にグイグイとフォーリン・ラヴ。

さらに、肉の調味加減も甘すぎず、辛すぎずの絶妙調理。結果、うどんの旨さをサポートする、正に肉うどんの具としてあるべき姿を具現化したかのような名脇役。

とうんうん、やっぱり大スキ、三井うどん。来年もチョクチョクお邪魔して、是非とも全てのうどんをくまなく啜ってみたひっ。

【三井うどん】
肉うどん L 540円
小郡市井上1027-5
11:00~15:00・不定休(12月4日休業の店内告知あり) Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン159●チャンポン7●中華麺3●うどん90●そば16●その他10
◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 12:02