2017年12月01日 金曜日

●【うどん】三井うどん@小郡市井上

うきは市へ買い出しに向かう途中にサクッと昼麺。今年は「うどんこまる」「萬田うどん」「兎屋」と、いずれもドエラク我がツボなうどん新店のオープンラッシュだったが、紙一重で「独断と偏見だけでワガママ勝手に決める!2017年・麺大賞」the Rookie of the year awardの「三井うどん」で、ほっこりと滋味うどん。

今日はエラク寒いっ。なので、店に着くまでは熱々の「玉子とじうどん」で癒やさるつもりだったが、店頭に「小エビ天」、「ごぼう天」の写真と並んで「肉うどん」の写真が貼ってある。そして店内のメニュー書きも新しくなっていて、筆頭に肉うどん。しかも「肉うどん L」と「肉うどん S」と二種類も。コリャいよいよ、店の超一押しメニューに違いないと、肉うどんLをたのむ。

待つことしばし、差し出されたドンブリを一見して旨さを確信。小振りなドンブリに表面張力で留まるツユダクなスメに濁りはナシ。て事は、煮汁を完全に切った肉がのっているって事か。甘ったるい肉うどんは大の苦手、こりゃ大当たりだとひと啜りすれば、冷えた身体に染み入る滋味。ダシの加減、調味の加減が、旨くなり過ぎるギリギリで手前で塩梅された感アリアリの、この絶妙美味こそ三井うどんの味力。

そして、合わさる中太うどんの、コレまた絶妙なテロテロヤワヤワモチモチ具合。自然、滋味スメとの絡みもすこぶる良好で、癒やし系の食味にグイグイとフォーリン・ラヴ。

さらに、肉の調味加減も甘すぎず、辛すぎずの絶妙調理。結果、うどんの旨さをサポートする、正に肉うどんの具としてあるべき姿を具現化したかのような名脇役。

とうんうん、やっぱり大スキ、三井うどん。来年もチョクチョクお邪魔して、是非とも全てのうどんをくまなく啜ってみたひっ。

【三井うどん】
肉うどん L 540円
小郡市井上1027-5
11:00~15:00・不定休(12月4日休業の店内告知あり) Pあり ※要確認

◎2017通年麺喰い◎
ラーメン159●チャンポン7●中華麺3●うどん90●そば16●その他10
◎11月の総ジョ グ距離107km / 通年321km◎

Posted by heno at 2017年12月01日 12:02