2018年01月30日 火曜日

●三角? 四角?? きつねうどんのおあげさん ~その二~

きつねうどんのおあげさんの形、地方によって三角と四角に分かれるのだろうか?取りあえず、あちらこちらで食べてみた。

 
筑豊製麺組合よもぎうどん】三角×2 
きつねよもぎうどん550円 
福岡県嘉麻市漆生3-5

筑豊地方、嘉麻市の「筑豊製麺組合よもぎうどん」は、三角おあげさんが2枚。北九州市小倉南区のご当地麺、牛すじ肉がどっさりのった「どぎどぎうどん」をよもぎうどんで食べさせる店だが、今回きつねうどんで食べてみると、いつもはどぎ肉の旨さに紛れていた、よもぎうどんの風味とスメのうま味が際立って、どエラク旨いっ。ジャクッと心地よい歯ごたえの揚げを囓りつつ、うはうは完食。

 
【大徳屋】三角(小)×3 
きつねうどん420円 
福岡市早良区西新4-9

福岡市西新の古くからの商店街の一角で営業する、いわゆる町の大衆うどん屋「大徳屋」は、小振りの三角おあげさんが3枚。濃い茶色の見た目通り、しっかりと調味されていて、うどんのスメに浸すほどに移ろう味わいの変化がナンとも楽し。

「二葉食堂」@博多区祇園町も三角だったし、やはり福岡県は三角おあげさん文化圏なのだろうか。ならば四角おあげさん文化圏は?おそらく、きつねうどん発祥の地といわる大阪府を始めとする関西圏は、四角文化圏なのでは?

我が推論を確認すべく、2009年に京都から田川市に移転してきた「八彌」できつねうどんを頼み、楽しみに出来上がりを待つ。と、運ばれてきたきつねうどんは……、

 
京風うどん八彌(はちや)】三角(大)×1 
きつねうどん500円 
田川市猪国1218-1

な、な、なんと、三角だぁ!しかもデカいっ。て事は、関西も三角おあげさん文化圏??など考えつつ啜れば、肉厚なあげのコクあるうま味と、ジュワッと染み出るダシの旨さ。コレまで啜ってきた福岡うどんのあげは、主役のうどんの旨さを引き立てる脇役的味わいだったが、このあげはうどんと対等に渡り合う主役。ただでさえドエラク旨いうどんとの共演に、うっとり完食。

◎2018通年麺喰い
ラーメン10●チャンポン0●中華麺0●うどん12●そば2●その他0
◎1月の総ジョ グ距離54km / 通年54km◎

Posted by heno at 2018年01月30日 12:54