2018年02月25日 日曜日

●【ラーメン】KOMUGI@城南区別府

「豚骨帝都」福岡市は今や昔。最近オープンするラーメン屋で、豚骨ラーメン専門店は少数派。多くの店が醤油&塩か醤油の専門店として雨後の竹の子状態。「KOMUGI]も然り。かつて「王ちゃんラーメン」として宮若市で営業していたが「いつかは福岡市でラーメン店を」との夢を叶えて、本日めでたくプレオープン。

屋号を改名するあたり、カナリの覚悟をもっての移転開業。メニューも「トリニボ」と「マゼソバ」と、豚骨ラーメンはナシ。我が目当てのトリソバは、かつて王ちゃんラーメンで啜った一杯を大幅バージョンアップした意欲作。

先ずもってスープが旨いっ。トリニボ=鶏ガラと煮干しでダシをとってあるのだろうが、いわゆる青森県のイリコ系ニボニボ、ゴリゴリとは完全別路線。円やか旨いダシの感じが、いわゆる関東チックな中華そばな味わい。

合わさる麺は中太偏平麺。スルスルな啜り心地と、パツンッと張りあるコシが、イマドキ美味。チャーシューも王ちゃん時代よりグッとグレイドアップ。豚チャーシューがバラとロースらしき2種に、鶏むね肉と、各種3枚。更にきちんと旨い海苔と三つ葉で、味わい変化の豊かさがおご馳走。

そして更に、無料サービスの「煮干し脂」。イリコをメインとした煮干しを脂で練り上げたのだろうか?チョイと添えれば、グインッとニボニボなうま味がターボ加速。かつて博多駅南で開業した頃の「支那そば月や」がゆず風味の「ゆず星」なる調味ゼリーを販売したことがあったが、それに勝るとも劣らぬ、ラーメンを食べる美味しさと楽しさを演出する別皿調味料提供に、ウキウキ。

唯一気になるのが、サーバーで供される飲料水のカルキ臭さ。入店間もなく飲んだときは、「こりゃラーメンのスープは大丈夫??」と思わず不安になるほど強烈だったが、スープにすると、調理過程でしっかり加熱するとカルキが抜けるのか?全く気にならず、ほっと一息。

兎にも角にもラーメン自体は大満足。コリャ早々に再訪し、もうひとつの麺メニューであるマゼソバも啜ってみたひっ。

【KOMUGI】
トリニボ500円 ※プレオープン価格
福岡市城南区別府5-24-1
11:00~21:00 Pなし(店舗右側にコインパ有り) ※要確認

◎2018通年麺喰い
ラーメン23●チャンポン1●中華麺0●うどん21●そば2●その他0
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年54km◎

Posted by heno at 2018年02月25日 11:22