2018年02月07日 水曜日

●【チャンポン】吉興@中央区警固

午後からの大名での打ち合わせを前に、サクッと昼麺。我がお目当ては、「兼虎」の2月限定販売「ニボ味噌二郎」。なれど、店頭には長蛇の列。アカン、時間がないと、すぐ近くの町中華なれど本格派である「吉興」へ。

ナニせ二郎気分だったので、吉興では具だくさんのチャンポンを啜るつもりだったが、メニューを見ると、なに?「ダル麺」??!!

具だくさんのチャンポンをアンとじしたかのような麺料理であるダル麺。熱々トロトロな一杯こそ、今日の寒空に啜るのに最適と、アッサリ心変わり。

ブォォォ~~、ブォォォォ~~~。

高力火力バーナならではの重低音に惚れ惚れしつつ待つことしばし、運ばれてきた一杯は、ソリャもう美人、美人!スープの茶に、青梗菜の緑、ニンジンとエビの赤、溶き卵と竹の子の黄、イカの白に、キクラゲの黒。ソレゾレがキラキラとその彩りを魅せる様に、一発メロメロ。

まずはスープとひと啜りすれば、熱々トロトロな口当たりと共に、シミジミ広がるダシの滋味。至って実直、かつ丁寧。食材の味わいを素直に引き出すことに徹した潔さが、吉興の味力。

合わさる麺は、気持ち太めのチャンポン麺。しっかりと加熱されていて、プルルと躍るヒキと、素直なあま味。加えて様々な具の、ソレゾレに最適な火の入れ具合。おそらく気持ち厚切りのニンジンとキクラゲは、事前に火を通してあるだろうか?ホクッとシャキッとなニンジンに、シャキッとプルルンなキクラゲと、素材の持ち味を引き出しきった加熱調理。

加えて、青梗菜や竹の子などは、最少加熱でシャキッと食感。さらに溶き卵も、最適加熱でフワフワあま味。全ての具が、それぞれ最適に加熱された結果が成す、様々な食感&うま味の、狂おしいほどのラビリンス・コラボ。中華料理は火の料理。調理の要を見事に実現した一杯に、天晴れ。

休題閑話。いやはや知らなかった。ダル麺って博多のご当地麺だったのか??→「福岡の中華食堂で密かに人気の謎の麺『ダル麺』を食べてみた」


【吉興】
ダル麺800円
福岡市中央区警固2-16-10 吉武ビル2F
11:30~15:00&17:30~23:00・不定休 Pなし ※要確認


◎2018通年麺喰い
ラーメン14●チャンポン1●中華麺0●うどん17●そば2●その他0
◎2月の総ジョ グ距離0km / 通年54km◎

Posted by heno at 2018年02月07日 12:57