2018年03月30日 金曜日

●日々の麺

福岡市の伝説醤油ラーメン店「信兵衛」ゆかりの「中華そば しんちゃん」のラーメンは2種。「オススメ」と明記された薄口醤油ダレの「中華そば」は先日啜ったから、今日はもう一方の濃口醤油ダレの「支那そば」。

カツンとコクある醤油風味がナンとも鯔背。そして、。ポクッと解ける中細麺と、これでもかと醤油煮汁が染み入ったシャクシャクなメンマの味わいが、ナンともノスタルジック。

【中華そば ふくちゃん】
支那そば650円
福岡市中央区清川2-1-34
11:00~15:00&18:00~、不定休 Pなし ※要確認

西公園に舞鶴公園と、福岡市の二大花見エリアの真ん中に位置する「博多一幸舎 慶史」が、桜の開花に合わせて発売した「春・ON THE TOP」。3月&4月の月替わりメニュー、鶏ガラ×魚介だしの「鶏つけ麺」をベースに、桜の花びらを形どった生麩と、ピンク色の麺。そしてつけ汁には、はまぐりをトッピング。

見て楽しい、食べて美味しい一杯をウキウキと半分強食べ進んだところで、卓上に置いてある割りスープを多めにつけ汁へ注ぎ、麺も投入。慶史名物のIHヒーターでグツグツと加熱して食べる、いわば鍋焼きラーメンが、コレまた絶品。

博多一幸舎 慶史
春・ON THE TOP 850円 ※4月8日までの期間限定販売
福岡市中央区大手門3-7-6
11:00~23:00 Pなし ※要確認

今月13日と14日、北九州門司区で開催された「北九州ラーメン王座選手権2018」に出店した「Ramen・Cafe・Dining 温」で、その際に出品した「煮干しソバ」が、4月末まで期間限定販売中。

鶏×豚×煮干しのスープは、煮干しのニボニボ感は皆無の、うま味重視系。薬味のワカメや三つ葉、柚子皮の風味が映り、どことなく和テイストな味わいが、ググッと我がツボ。そして更に麺が旨いっ。気持ち扁平した細麺は、スルスルと軽やかに口へと収まり、ポクッと解ける食味が、ドンズバ我がツボ。

Ramen・Cafe・Dining 温
煮干しソバ650円 ※4月末までの期間限定販売
直方市上新入2035-15
11:00~14:30(予約をすれば17:30~20:00も食事可)・木曜休み Pあり

「讃岐うどん 茶ぶ釜」が、4月8日まで平日も夜営業中。コーンビーフといぶりがっこが入り、さらにトッピングの黄身の粉を炙り香ばしさをプラスしたポテサラに先ずヤラれ、とどめは「うどん屋さんのだし巻き」。ソリャもうフワッフワの軽やかな食感と、ジュワッと染みたダシのうま味と卵のあま味。若き店主の料理のセンスとスキルの高さを思い知る。

そして、〆うどんはシンプルにと、「ミツル醤油うどん」。茶ぶ釜名物、美しすぎる菊盛りうどんに、とろり温泉卵。ミツル醤油の薄口をチョイとかけて啜れば、むっちり、ぷるりん躍るコシと卵のあま味。それぞれのうま味の輪郭を、ミツル醤油が丹念に描き出す。

いやぁ旨いね、コリャ旨いとズルズル啜り、ふと顔を上げると、店の高いところに「伊吹いりこ」の段ボール。そうか、茶ぶ釜は香川県伊吹島産のいりこを使っていたのか…。コリャ次回は是非ともかけうどん!

【讃岐うどん 茶ぶ釜】
二人でチョイ飲みして4400円
福岡市中央区大濠3-2
11:00~14:30(土日は17:00-20:00も営業)・火曜&第一月曜休み
※4月8日までは平日も夜営業アリ Pなし ※要確認

◎2018通年麺喰い
ラーメン33●チャンポン1●中華麺2●うどん31●そば5●その他1
◎3月の総ジョ グ距離13km / 通年67km◎

Posted by heno at 2018年03月30日 11:37