HENO HENO: 2018年05月04日 アーカイブ

2018年05月04日 金曜日

●【ラーメン】中華そば陽気@広島県広島市

広島市南区の広島湾にほど近い住宅街の夕暮れ。その一角に、周辺を明るく照らす赤い暖簾&提灯の灯りと、住宅街の夕暮れには不似合いな、店頭の順番待ちの列。

我が前の列は、7人連れの三世代家族。漏れ聞こえてくる会話から察するに、埼玉へ嫁いだ娘一家の里帰りをもてなす親夫婦。「久しぶりに陽気に来たから!」と、店頭に家族を並べて記念撮影を始める娘さんの姿に、この店の歴史をシミジミと。

GOTRIP!によると「広島ラーメンとは第二次世界大戦後の混乱の中で生まれた、いわば広島県民のソウルフードの1つ。当時の広島は、原子爆弾の投下によって壊滅的な状態であり、そんな絶望的な状態から、広島の町は再生の道を模索する事になった。日々食べるために誰もが必死となっていた時代、闇市のような屋台が駅などの人の集まる場所を中心として自然発生していき、そんな屋台の中で、広島ラーメンは生まれたのだ。」のだとか。


広島ラーメンの元祖と言われる「しまい」(今は閉店してしまったとか)からラーメン作りを学んだ店の一店が、ここ「中華そば陽気」。因みに、同じく、くしまい発祥の店「すずめ」は2015年に閉店してしまったのだとか。

待つこと10数分で店内へ。カウンター席だけの店内はモチロン満席。客の全てがシアワセそうな表情でずるずるとラーメンを啜るさまに、ウキウキワクワク。壁に張られたメニュー書き短冊は僅かに「中華そば600円」の一枚のみ。至って潔いメニュー構成に旨さを確信。

カウンター奥の厨房には、母娘らしき2名とお手伝いらしき年配女性の女性の計3名。若き娘さんがチャチャッと麺を揚げドンブリへ注げば、お手伝い年配女性が、コレまたチャチャッと具を盛るコンビネーションが、感動的。

この日の店員では唯一男性の若者が運んできたラーメンは、ナルホド This is HIROSIMA RAMEN!黄土色に濁ったスープは見た目通りの醤油豚骨。ゴリッと押し出し感あるストロングなダシの風味が広島、広島。合わさる中太麺のエエ感じに柔揚げ具合と、パリッと旨い細モヤシも広島、広島。すずめの味わいに相通ずる、コレぞ昔ながらの醤油豚骨の旨さデス!的懐かし美味に、万歳三唱。

【中華そば陽気】 
中華そば600円 
広島市中区江波南3-4-1 
16:30~24:00 Pあり ※要確認

◎2018通年麺喰い 
ラーメン58●チャンポン2●中華麺3●うどん38●そば5●その他3 
◎5月の総ジョグ距離0m / 通年107km◎

Posted by heno at 16:57

●【ラーメン】米蔵@山口県山口市

元は「手打ち中華そば 侍」@山口県山口市の店主だった山根さんが、紆余曲折あって、昨年夏に開業された「中華そば 山」だが、ナンと開店半年ほどで屋号を「米蔵」に変更されたのだとか。最愛ラーメン店の一軒が、いみじくも亡き我が祖父の名前と同じ屋号に改名された。これも何かの縁なのだろうか?

前回訪ねた時は開店まもなくで、メニューを「手打ちつけ麺」のみに絞り込んでの営業だったが、是が非でも汁そばも啜りたいと再訪すれば、「手打ち中華そば」に加えて期間限定提供の「手打ち雲呑麺」までラインナップ。

運ばれてきたドンブリからはナンとも芳しきダシの香り。コリャ旨いに違いないとレンゲでスープを一啜りすれば、キュッと絞り込んだ感ある醤油ダレのうま味とググッと鼻へ抜ける魚介ダシの力強い風味。

そして合わさる手打ち麺。これ以上硬くするとスープの絡みが悪くなる寸前の絶妙な茹で加減。手打ちならではの豊かな食感とうま味が存分に味わえる。薬味の白髪葱との食感のハーモニーもナントも楽しい。

スープに麺ともに凛とした力強さを感じる絶品だが、トゥルリン雲呑と、モッチリりゃーシューが、優しい味わいの広がりをプラス。コリャ旨いな、遠路遙々再訪した甲斐があったぞと、ニヤニヤ完食。

【中華そば米蔵】
手打ち雲呑麺750円 ※期間限定
山口県山口市平野1-3-14
10:00〜14:00・火曜休み Pあり ※要確認

◎2018通年麺喰い
ラーメン57●チャンポン2●中華麺3●うどん38●そば5●その他3
◎5月の総ジョグ距離0m / 通年107km◎


Posted by heno at 05:42