2018年05月16日 水曜日

●【ラーメン】KOMUGI@城南区別府

今年の2月に宮若市より屋号を変えての福岡市へ移転オープン=一から出直し開業した「KOMUGI」だが、3ヶ月後の昼時店内は女性客の数がやたらと多い。そして、ほぼ満席の店内をさばく若き夫婦の仕事ぶりもスッカリ板についている。

ほどなく差し出された「トリニボ」は、メニュー名こそチト厳ついが、その味わいは至ってマイルド美味っ。味わいベクトルが我が最愛醤油ラーメン店の一軒である「らぁめん蔵持」@中央区白金に相通じる、オーソドックスな関東風醤油ラーメンの味わいが、優し旨しダイスキ。

そしてコレまた麺が旨い旨いっ。エッジが立った中太麺はシュルッと軽い啜り心地と、ポクッと解けるコシと、噛み込むほどに広がる素朴な小麦の風味が、滋味スープと相性抜群っ。

チャーシューも豚ロース×豚バラ×鶏チャーシューの3種盛りに、揚げ白髪ネギの香ばしさとミツバのほろ苦さ。様々な食味&食感が入り交じり、おご馳走感が半端ない。オープン当時は無料提供だった「煮干し脂」が50円の別料金提供になっているが、ノープロブレム。この優し味王道醤油ラーメンは、このまま素直に愉しみたい。

KOMUGIはこのトリニボと、汁なし和えそばの「マゼソバ」の2枚看板なれど、スープと麺との抜群コラボを目の当たりにすると、次回もヤッパリ我はトリニボ。と思いつつ啜っていると、隣り合わせた男性二人組が二人ともマゼソバをオーダー。しかも、運ばれてきたそれはナンとも美味しそうなビジュアルに、わぁお我も啜ってみたひっ。うむぅ、次回来店時は、我にしては珍しく、何を啜るか真剣に悩みそうな予感…。

夜は「松福」@博多区東比恵の持ち帰り水餃子。 
それ自体も十二分に美味なのだが、ナニせパクチー馬鹿一代。 
水餃子に添え喰らえば、くぅ~タマラン旨いっ。

KOMUGI
トリニボ600円
福岡市城南区別府5-24-1
11:00~21:00 Pなし(店舗右側にコインパ有り) ※要確認

◎2018通年麺喰い
ラーメン70●チャンポン2●中華麺3●うどん39●そば5●その他3
◎5月の総ジョグ距離12m / 通年119km◎

Posted by heno at 2018年05月16日 21:37