2018年05月27日 日曜日

●【うどん】蕎麦なし椿や@中央区六本松

六本松の一車線一方通行の裏通り沿いに、シアワセの大型明かり窓。その正体は「蕎麦 和」@中央区六本松が2号店として昨年6月にオープンした「蕎麦なし椿や」。その屋号通り〆の麺は蕎麦ではなく、五島うどん。本業業の蕎麦屋酒をバージョンアップし、かつ昨今ブームのうどん居酒屋をミクスチャーしたかのような、悦楽美味酒&〆麺小箱名店。

我がチョイスは「椿やコース」。まず先付けは「本日の一品」メニューから「ゴルゴンゾーラ・ポテサラ」「焼き枝豆」「厚揚げ」をチョイス。チーズが薫る濃密味のポテサラと、あま味が強い焼き枝豆を、酸味ある「王録」で流しこみ…

もう一品のカリッと甘い「厚揚げ」は、うま味強めの「梵」で愉しみ…

更に前菜の「お出汁たっぷり季節の玉子とじ」。この季節はゴボウのスライスと煮穴子とミツバの玉子とじを、たっぷりツユダクのダシに浸しつつ喰らえば、あぁ旨いっ!一発昇天。

今日の刺身は、しめ鯖炙りにカンパチ、中トロ、鯨ベーコンに、体の昆布締め。旨しアテにソリャもう酒がすすみマクリの呑みマクリ。

続いて供されたのはかき揚げの「天ぬき」。スイートコーンとエンドウ豆、桜エビのかき揚げを、まずは塩で。そして後から供されるダシで揚げだし的に食べた時の味わい変化の感動。

カマンベールチーズの粕漬けにフルーツトマトと生ハムを合わせた、ナンちゃってカプレーゼで箸休めをして…

メインは鴨料理二種。まずは合鴨ロースト葱、肉厚椎茸の焼き物に、芋のお湯割りを合わせて…

 

続いて「合鴨もも、木の子、葱」の煮もの。蕎麦ツユで炊くことで、ふっくら鴨ももの、一切臭みのないうま味あま味と味わいのコクが、くふぅタマラン、コレまた感動的旨さっ。

そして〆は五島うどんを酢橘冷やかけで。ダシのうま味を際立たせる柑橘酸味と、コリッと弾ける五島うどんのコシと風味と、冷やっこいスメの豊かなダシ感に、うっとり&ほっこり。

蕎麦なし椿や
椿やコース 2人前7000円
福岡市中央区草香江2-1-23
18:00~24:00・不定休 Pなし

◎2018通年麺喰い
ラーメン73●チャンポン2●中華麺3●うどん43●そば6●その他3
◎5月の総ジョグ距離21m / 通年128km◎

Posted by heno at 2018年05月27日 22:05