2018年06月26日 火曜日

●【ラーメン】六味亭@糟屋郡志免町

事の起こりはガーソさん情報。志免町の和食店が、かつて「三洋軒支店」だった店舗に中華そば&担々麺屋を出店するという。昨日のプレオープンに続き、本日がグランドオープン。で、な、な、ナンと、本日は仕事が午前中で終わり、午後1時過ぎに東京からの客を福岡空港へ送らねばならない?て事は、空港至近距離の新ラ店で啜られる??!!

ウキウキドキドキ訪ねると、時既に午後2時過ぎだが、店頭には営業中のしるしである、純白の暖簾。良かった、まだ営業してると店内へ。こぢんまりした店内は先客5~6名。なれど店員はカウンター奥の厨房にホール担当を加えると、トータル10名弱。おそらく経営母体の和食店はカナリの実力店か?完璧に新業態店オープンをこなしてやるっ!的気合いがビシバシと。

麺メニューは「博多あご出汁中華そば」と「魚介担々麺」の2種×プラスの具のバリエーション。我が目当ての中華そばは、博多雑煮のダシとして有名なトビウオの稚魚=アゴと鶏ガラスープを黄金比でブレンドしたのだとか。

ほどなく運ばれてきたドンブリは、イイ感じに透明感を残す醤油色スープに、すぐ見て取れるようにと、一部をスープから浮かせて盛られた縮れ中太麺。そして具は、海苔、チャーシュー、ナルトにネギまでは定番だが、生昆布?がのってるあたり、ナルホド和食感覚を演出。そして、かつて「麺のようじ」@大阪で食べたことがある鶏節ものっている。

先ずはスープとひと啜りすれば、瞬間、軽く節感さえ感じるほどに効いたアゴのあま味と、一足遅れてほっこり広がる鶏ガラだしの豊かなうま味。

合わさる麺は、多加水で打たれ、十二分に熟成されているのだろうか?ブルンッと震える感ある豊かなヒキ。先日の「麺道はなもこし」の麺にも相通ずるこの食感もドンズバ我がツボ


きちんと余分な脂感が抜かれたチャーシューに、パリッと鶏節が更なるうま味を演出。コリッと生昆布の風味も手伝って、全体の食味印象は、どこか和テイストな、ほっこり懐かし系。卓上にはアゴ風味の酢や、山椒がきいた「六味スパイス」が置いてあり、豊かな味変も存分に楽しめる。イヤハヤこの一杯はド・スレートに我がツボっ。こりゃ是非とも機会を作り、もうひとつの麺メニューである「魚介担々麺」も啜りたひっ。

【中華そば担々麺 六味亭】
博多あご出汁中華そば600円
福岡県糟屋郡志免町志免東2-1-10
11:30~15:00・月曜休み(※変更あり) Pあり

◎2018通年麺喰い
ラーメン86●チャンポン2●中華麺4●うどん51●そば6●その他4
◎6月の総ジョグ距離55m / 通年183km◎

Posted by heno at 2018年06月26日 14:56