2018年06月30日 土曜日

●【中華麺】濃厚担担麺 博多 昊@中央区清川

カウンター越しに差し出されたその瞬間に、フォーリンラヴっ。ナンとも美人!ならば間違いなく旨いはずっ!!

「濃厚担担麺 博多 昊(おおぞら)」。「銀座 昊」@東京銀座の味に惚れ込んだ店主が、ここ博多に昨年末にオープンさせた店なのだとか。「濃厚担々麺」との肩書きがイマイチ我が好みからはハズレるため、未食だった新店である。

入口横には食券販売機。麺メニューは「胡麻担々麺」と「汁なし胡麻担々麺」の冷と温に、「麻婆辣麺」「柳橋麺合」の4種。アゴだし醤油スープの「柳橋麺合」に惹かれるも、お初麺店は一押しメニューと、胡麻担々麺のボタンをポチリ。

待つことしばし、運ばれてきた瞬間に旨さを確信。ウィ~ンと聞こえていた調理音は、練り胡麻とスープを電動ミキサーでエアリーに撹拌していたのだろうか?細かな泡が見て取れる胡麻色スープは、口当たりは至ってバブリーに軽くて、フワッと広がるダシと胡麻のうま味、あま味。そして一足遅れて顔を出す、ピリッと広がるこの辛みは辣油?山椒??いやいや、クイッとフック感あるこの辛みは、これまで未体験な深い味わい。

合わさる麺は中細ストレートがナンとも良い加減に柔揚げプニンッ。独自の味わい豊かなスープのうま味を密に絡め取りつつも、己の旨さもシッカリと主張する。合わさる辛味噌は結構甘め。大粒のピーナッツのカリッと塩気と、シャキシャキ曲者のパクチーと相まって、コレまた旨い、深い、ダイスキっ。

950円はカナリ高価。なれど、コレまで濃口の担々麺を嫌ってきた我も、いやいや担々麺も奥深い!と納得せざるを得ない創作調味技術に感服。コリャ是非とも全品制覇してみたい店が、また一軒。

濃厚担担麺 博多 昊
胡麻担々麺950円
福岡市中央区春吉1-7-21
11:00~15:00&17:00~21:00・日曜&第一火曜 Pなし ※要確認

◎2018通年麺喰い
ラーメン91●チャンポン2●中華麺5●うどん51●そば6●その他4
◎6月の総ジョグ距離69m / 通年197km◎

Posted by heno at 2018年06月30日 20:53