HENO HENO: 2018年07月10日 アーカイブ

2018年07月10日 火曜日

●【ラーメン】元祖ラーメン長浜 元長家@早良区昭代

西新から飯倉へ抜ける飯倉街道沿いに、先週7日にオープンした「元祖ラーメン長浜 元長家」。その屋号は、今年の3月にオープンした「元祖ラーメン元長屋」@中央区今泉と限りなく似たているが、「元祖ラーメン」の後に「長浜」がついていたり、「屋」が「家」だったりと、微妙に異なる。そして店頭看板のセンスはチープシックな手書き感の元長屋に対し、ドコかイマドキなキチンと整った元長家と、決定的に異なる。

そして店頭の食券販売機。ナンと「ラーメン」に加えて「黒ごま豚骨ラーメン」や「つけ麺」もラインナップされている。麺メニューは「ラーメン」だけだが、麺の固さやスープへの脂の量、卓上のヤカンたれや胡麻、紅ショウガで味わいのバリエーションを楽しむスタイルこそ元祖のアイデンティティのはずなのだが…?

コリャいよいよ期待薄か?とおっかなビックリ待つことしばし、運ばれてきたドンブリには「元祖ラーメン長浜家」の文字。これは「元祖ラーメン長浜家」@中央区大手門=ケイチや、「元祖ラーメン長浜家」@博多区上川端=ケニ、そして元長屋とも、おそらく同じドンブリか?そして赤い天板のテーブルに、ヤカンたれ、紅ショウガ、胡麻に胡椒と卓上周りは、正に元祖。

こりゃイヨイヨ正体不明だなとスープをひと啜りすれば、おおっとカナリ元祖指数が高めで、かつ、お家騒動直後のケイチのような、安定感を感じる美味さでないのぉ?!初ラーメン店は基本でと、スープも麺の辛さも普通でたのんだのだが、脂少なめのスープはさながら「ナシ」。豚骨ダシがきっちり効いていて、コレ旨いっ、カナリ我がツボっ。

合わさる麺も普通の割りには絶妙にアルデンテ状に揚げてあり、絶妙なコリッとコシ。チャーシューも塩味仕上げで、醤油風味の元長屋より元祖指数高し。かつ、元祖よりチト厚切りなので、肉自体の味わいもシッカリ楽しめる。

いやぁ旨いな、こりゃ好きな味と、自然啜る速度が加速。ズルズル、ズルルぅと一気完食すると、「すいませんねぇ、暑いでしょう?冷房の調子がイマイチですし」と恐縮しきりに店主らしき男性。「いえいえ、美味しかったです」と応えると、おやおや?元長屋で同じように声をかけてきた男性店員さんでないのぉ??!!

SNS情報によると、やはりそうで、元長屋に勤められてた方と同一人物のようだ。て事は、ここ元長家は元長屋のセカンドブランドなのだろうか?それとも、その腕をかった経営者が男性店員をヘッドハンティングしてオープンさせた店なのだろうか??

【元祖ラーメン長浜 元長家】
ラーメン500円
福岡市早良区昭代1-2-15
11:00~23:00(昼休憩あり)・不定休 Pなし ※要確認

◎2018通年麺喰い
ラーメン94●チャンポン2●中華麺5●うどん53●そば6●その他4
◎7月の総ジョグ距離21m / 通年218km◎

Posted by heno at 22:08